rlmdi.
| ペリー・ローダン |

Lonely Girl from North Country 1st

――なにげない言葉を

1996/2/14 yuki sano / 佐野有希
illustration / y.wakabayashi


Lonely Girl from North Country 1st

目次
Interview ―― 時代祭ケイ
プロローグ
1. セピアになどならない、たぶんずっとこのままずっと……
2. 傷ついても、生きるために飛ぶ……
3. READY STEADY GO! この胸の磁石が示すまま……
エピローグ

おまけ
時代背景 AD2400-2406年
つづき Lonely Girl from North Country 2nd――生まれたままの風

2403年3月、舞台は惑星ハイグレード。
ターゲットは、時代祭ケイ……長引く銀河間戦争に動揺する人々の気持ちをつかんで、いま人気急上昇の反体制ロック・シンガー。
太陽系帝国の威信をかけて投入される太陽系秘密情報局の精鋭(?)たち。そして、特務工作艦《Lonely Girl from North Country》のクドウとウエザム。
……誤算だらけの作戦が始まる。


登場人物

ユーキ・クドウ
太陽系秘密情報局中尉、《Lonely Girl from North Country》指揮官
ボナム・ウエザム
太陽系秘密情報局軍曹、《Lonely Girl from North Country》乗員
〈ぽしえっと〉
《Lonely Girl from North Country》搭載のプラズマ付加ポジトロニクス
ナナオ・ワカブキ
太陽系秘密情報局少尉
ヒロフミ・キクチ
太陽系秘密情報局伍長
ロベルト・セイパーヘーゲン
太陽系秘密情報局支援艦《アーク・ロイヤル》艦長
エヴイット・マクガイア
ウルトラ戦艦《ジェネラル・デリングハウス》副長
アンドレイ・シンゴ・ブリュロフ
太陽系秘密情報局少佐。クレーテ支局長
テオドシウス・ミレトス
太陽系秘密情報局准将。第VII局局長
アラン・D・マーカント
太陽系秘密情報局長官
アトラン
アルコン人、USO政務大提督。タカ派
ペリー・ローダン
太陽系帝国大執政官。大宇宙を継ぐ者
時代祭ケイ
惑星ハイグレードの反体制ロック・シンガー

解説

 本書は、ペリー・ローダン・シリーズのファン・ストーリー。
 PRFCミレニアム・ソルの会誌「ELEMENT」に掲載した連作短編を大幅に加筆、改訂したものである。
 佐野有希氏の単行本としては二冊目だが、内容からすると既刊「Lonely Girl from North Country 2nd ――生まれたままの風」の前作にあたる。
 あいかわらず、同じことしか語れないのだけれど。どうです、けっこう、イイでしょう?
 著者について、あまり余計なことを書く必要もないと思う。
 読んで、少しでも楽しんでいただければ幸いである。

はじまり |


Lonely Girl from North Country 1st
1996/2/14 yuki sano with y.wakabayashi
produced by rlmdi.