rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン | 刊行物 | 講座資料 | rlmdi.について |

Kugelshiff

刊行物 | rlmdi.

紙の刊行物を紹介します。
ご興味をお持ちの方は、記事の下をご覧ください。


論述

ローダンとは何か
「宇宙英雄ローダン・シリーズ」第500巻刊行記念論集

2015年7月の早川書房版「宇宙英雄ローダン・シリーズ」第500巻刊行を記念して、ペリー・ローダンとは何かを論じてみました。

A6文庫版 56ページ

[有]


翻訳

PERRY RHODAN Rundfahrt durch Terrania - Anschlag auf die Residenz テラニア市街遊覧-太陽系政庁破壊計画

/ ウーヴェ・アントン 著 西塔玲司 訳 イラストレーション/レックス
付録「テラニア市街-新銀河暦1289年(西暦4876年)10月当時」 / スヴェン・パーペンブロック

本書は、Perry Rhodan-Heft Nr.2000 ES『それ』のとじこみ短篇 Rundfahrt durch Terrania - Anschlag auf die Residenz 「テラニア市街遊覧――太陽系政庁破壊計画」の全訳。本編の途中にはさんで――または読後に――気楽に読めるのと同時に、初心者のために、自由テラナー連盟の首都テラニアの歴史をつうじてこれまでのストーリーを解説する仕掛けになっている。

A5 表紙込20ページ
とじこみ付録「テラニア市街」 A4

 表紙

 とじこみ付録

* 本書は、当会rlmdi.が、PERRY RHODAN-Heft 刊行元 VPM、著作権者、早川書房から、ファンによる小規模の非営利活動を前提として、特別に出版の許可を得たものです。

[少]


Das Internetz in den Händen der Arbeiterklasse - Ein Begebnis aus dem Jahr 1997 労働者階級の手にあるインターネット

/ Angela und Karlheinz Steinmüller 著 西塔玲司 訳

 シュタインミューラー夫妻は旧東ドイツ出身のSF作家。
 妻アンゲラは1941年ベルリン生まれ。ベルリンのフンボルト大学で数学を学ぶ。情報処理分野で働いた後、1980年からフリーの作家。
 夫カールハインツは1950年クリンゲンタール生まれ。ケムニッツ工科大、フンボルト大学で物理学、哲学を学ぶ。1977~1981年、作中に登場するZKIでエコロジー・モデルの研究に携わる。1982年からフリーの作家。現在は1997年に共同創設者となったリサーチ会社の科学担当重役でもある。
 夫妻の結婚は1973年7月13日(金曜日)。1980年から共同で数多くのSF作品(『アンディーモン』や『大赤斑の夢』等)を発表。ドイツ統一後もSFシーンの一線で活躍を続け、数度にわたってクルト・ラスヴィッツ賞を獲得している。本作は2004年度の同賞短篇部門の第2席。統一から7年後のドイツを舞台に、西側になじんだかに見えたある研究者の現実が、一通の電子メールから大きくゆらぐさまを描く。


*本書は、日本の読者に本作品を紹介する目的で、部数限定かつ非営利を前提に、著者から刊行の許可をいただき、「労働者階級の手にあるインターネット」刊行会が企画・刊行したものです。趣旨にご賛同いだだける個人に印刷等に要した実費相当額でお分けします。
*本作品は、商業出版物『21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集 時間はだれも待ってくれない』高野史緒・編(東京創元社 2011/9/29刊)に収録されました。こちらもご検討ください。

[少]


ドイツ・ヘフト紹介

Dämonenkiller note デーモンキラー・ノート / rlmdi. 編

デーモンキラー・ヘフト概説

[少]


MYTHOR note ミュトール・ノート / rlmdi. 編

ミュトール・ヘフト概説

[少]


ペリー・ローダン・ストーリー紹介

PERRY RHODAN NOTE ペリー・ローダン・ノート / rlmdi. 編

1980年代に作った本です。ローダン・ヘフト500話までをまとめた初版と、1099話までをまとめた2版(タイトル・リスト付)がありました。

Rhodan Title '95 ローダン・タイトル '95 / rlmdi. 編

ヘフト 1757 冊 + 850 冊 / ポケットブックス 385 冊 / 短編集 18 冊……ローダン・シリーズ原書の全タイトルを網羅(95年6月現在まで)

Atlan Data File 86 アトラン・データ・ファイル 86 / rlmdi. 編

アトラン・ヘフト 1 - 750 解説

Weg nach Estartu エスタルトゥへの道 / 西塔玲二

ローダン・ヘフト 1250 - 1299 を詳説した力作

Tarkan ruft! タルカンが呼ぶ / 西塔玲二

「エスタルトゥへの道」につづきローダン・ヘフト 1300 - 1350 を詳説

Projekt Meekorah プロジェクト・メーコラー / 西塔玲二

ローダン・ヘフト 1350 - 1399 を詳説

[少]

Rückkehr im die Milchstraße 銀河系に還る / 西塔玲二

ローダン・ヘフト 1400-1499 ストーリーノート


ペリー・ローダン4コマ・コミック

あら。すか

アラスカ・シェーデレーアの真実な冒険

alaskajacket1

「この本の描写はフィクションですが~」
「登場する人物・団体および描かれた出来事は~」
「ペリー・ローダン世界に実在する人物・団体がしでかした出来事と~」
「無縁といえるほど違っているわけではありません」

alaskasample0

「――不思議少女キトマ」
「――サイノスのシュミット」
「――殲滅スーツ」
「――人形使いカリブソ」
「かわいそうな真実が暴かれてしまいました」

『あら。すか』 は rlmdi. がつい出来心で発行してしまった、本文8ページ・薄っぺらな4コマ本です。

[有]


ペリー・ローダン情報誌

PERRY RHODAN INFORMATION

軽装版(8~16ページ)情報誌

1980年代に3冊刊行しました。

Private Cosmos プライベート・コスモス

軽装版(8~16ページ)情報誌

*初期の号は、上記「PERRY RHODAN INFORMATION』、『Atlan Data File 86』などに挟みこんでオマケのような形にしていました。

PrivateCosmos23


翻訳参考書?

d-Freund(仮)「ドイツ大衆娯楽小説の読解/翻訳作法」の試作品

ドイツSF翻訳参考書みたいなモノを作ろうとしたら、変な育ち方をしはじめました。
読む人は果たして楽しんでくれるだろうか、とか首をかしげながら、せっかくなので、まとまったトコロまで冊子の形にしてみました。少しずつ意見をうかがってみて、評判が良いようなら続きをやろうか……くらいの、そうした意味合いのほんの試作品です。

d-Freund


ファン作品

ファン作家によるオリジナル作品

Lonely Girl from North Country 1st -なにげない言葉を / 佐野有希

2403年3月、舞台は惑星ハイグレード。ターゲットは、時代祭ケイ
――長引く銀河間戦争に動揺する人々の気持ちをつかんで、いま人気急上昇の反体制ロック・シンガー
太陽系帝国の威信をかけて投入される太陽系秘密情報局の精鋭たち。そして、特務工作艦《Lonely Girl from North Country》のクドウとウエザム
……誤算だらけの作戦が始まる

[少]

Lonely Girl from North Country 2nd -生まれたままの風 / 佐野有希

2405年12月、太陽系帝国首脳部は《Lonely Girl from North Country》のアンドロメダ銀河派遣を決定した……
精鋭すぎるがゆえに(?)けむたがられる太陽系秘密情報局の特務工作員クドウとウエザムは、いまもっとも危険な島の王との戦いに投入される。もちろん、そんなことはおかまいなし、いつでもどこでもかれらはおのれの信じる道を行くのだが。

[少]


氷惑星 / 眞願干支淋

eisweltjacket1

本文解説より「本書は、思いつきの鼻歌に端を発し、二箇月の難産の挙句、結果的に『ローダン能』台本、『謡本のようなもの』に形を成した。
 本作は漸く物語の体裁をとった草稿に、ただ雰囲気から謡の記号の様な物を付記した戯物である。韻も字数も未熟の故、流石に不遜な作者も節博士までは記せずにサシ上歌と云った辺で諦めている。素人仕事の数箇月ではこの程度が限度であろう。伝統芸能を嘗めてはいけない。
 本というのはじつに生き物のようで、恐ろしい。数ヶ月間で、気づけばこんな事態となっている。同人誌というモノもまた嘗めて掛かってはいけないのである」云々

*若干部数を和紙印刷・和綴本として制作しました。

[少]


講座資料

日本SF大会の「ペリー・ローダン夏期講座/講習」で用いた資料は別に一覧にしてあります。


刊行物について

これまで、上記のような紙の刊行物を少部数作成し、SF大会などの場を借りて(同じ読者活動の参加者として印刷費などの実費をご負担いただく形で)おわけしてきました。
刊行して年月を経たものは、かなりを当サイトのコンテンツとして公開していますが、紙の刊行物も残部のある限り実費をご負担いただく形でおわけします。
ご興味をお持ちの方は yw@rlmdi.org まで、お問合せください。
[有]または[少]と表示したものは2015年8月現在、手元にまだ残りがあります。


rlmdi. はドイツのSF、周辺娯楽小説を日本に紹介しようという、複数個人の私的な共同作業です。
真面目とおふざけが同居していますので、適宜読み分けていただけましたら恐縮です。
produced by rlmdi.