rlmdi.
| ペリー・ローダン |

Thoregon / トレゴンの顛末

from Rhodan-Heft Nr.1800-2199 & Rhodan-Taschenbuch Andromeda

 宇宙は、カオタークとコスモクラートの戦場。カオタークは、カオテンダーを軸とする武力と策略をもって、生命・文明・超知性体のネガティヴな発展形〈物質の沼〉の誕生と、コスモヌクレオチドの変容を企図する。対するコスモクラートは、〈物質の下僕〉とコスモ・ファブリク、〈力強き者〉、〈胞子船〉、〈大群〉、〈深淵の騎士団〉を投入し、カオタークを圧倒した。コスモヌクレオチドを防衛し、生命・文明・超知性体のポジティヴな発展形〈物質の泉〉の誕生を促進――だが、誤算があった。澎湃としてたちあらわれた超知性体たちは、〈物質の泉〉形成に足る宙域をそれぞれの〈力の球形体〉として確保することが叶わなかったのだ。
 2200万年前、弱小の超知性体トレゴンは「間引き」を怖れた。〈星のメールストローム〉の高エネルギー領域に発生した〈鼓動〉――高次勢力が直接干渉できない絶対真空――に籠もり、コスモクラートにもカオタークにも与せぬ道を標榜。ついに、〈鼓動〉とみずからの〈力の球形体〉に対する不可侵の約定を、勝ちとる。
 超知性体トレゴンは、アルゴリアン種族の技術で、通常空間に依存しない移動システム〈無限への架け橋〉を開発。〈無限への架け橋〉の起終点施設メガ=ドームを全宇宙に送りだし、超知性体たちに呼びかける――トレゴンに加われ、と。
 セガフレンドー銀河の超知性体エスタルトゥが、はじめて呼びかけに応えた。だが、エスタルトゥがセガフレンドー銀河の〈鼓動〉に籠り約定を結んだ直後、主を欠いたエスタルトゥの〈力の球形体〉=〈力の真空〉は、隣接宙域の超知性体ク・ウーガルに吸収され、応戦したエスタルトゥもまた滅ぶ――だが、その残滓の1片は、時空を超えてきた1隻の船に救い出され、新たな超知性体の萌芽の一部として、宇宙に旅立っていった。これが、今から1800万年前のこと。
 歳月が流れ、幾千の〈トレゴン〉が誕生し、瓦解していった。
 ポーリガ銀河は、〈トレゴン〉とコスモクラートとカオタークの係争の中で、数奇な歴史を歩んだ――300万年前、コスモクラートに与するクロゼイル種族は、ポーリガ銀河の〈トレゴン〉と〈鼓動〉を滅ぼした。280万年前、隣接するコハゲン・パスメレイクス銀河が、〈深淵の騎士団〉の〈ドムラト聖堂〉建設をめぐり、コスモ・ファブリクとカオテンダーが激突する戦場となり、破壊された。コスモクラートは、戦死した〈物質の下僕〉の補充要員として、クロゼイル種族の力を一身に集めた支配者トル・サマホを徴用。主を欠いたポーリガ銀河は、コハゲン・パスメレイクス難民による〈ドムラトの騎士団〉の支配するところとして〈ドムラトの地〉の呼称を得た――〈ドムラトの地〉は、今日までコスモクラートにもカオタークにも〈トレゴン〉にも属さない〈第三の道〉の銀河である。
 トラドム銀河も、数奇な歴史を歩んだ――20万年前、トラドム銀河の超知性体ヴァイアとミュレイン銀河の超知性体ミュルは〈トレゴン〉を建てた。だが、トラドム銀河の反乱種族は両超知性体を滅ぼし、〈トレゴン〉を支配。強大な軍事力を背景に周辺〈トレゴン〉を征服し膨張した。
 新銀河暦13世紀末、ダ・グラウシュ銀河では、6体の超知性体をおさめる規模の〈鼓動〉が誕生しようとしていた――この〈トレゴン連合〉6体の1体は、1800万年前のセガフレンドー銀河に発した超知性体の萌芽を起源とし、いまは〈それ〉と呼ばれていた。
 〈トレゴン連合〉の〈力の球形体〉諸銀河とダ・グラウシュ銀河に対し、〈物質の下僕〉トル・サマホの《マテリア》を先鋒に、9基のコスモ・ファブリクが襲いかかる。だが、幾多の危機をくぐりぬけ、〈トレゴン連合〉は創設の年をむかえることができた。
 〈それ〉は〈無限への架け橋〉を利用して宇宙船《ソル》を1800万年前のセガフレンドー銀河に派遣し、みずからを生む。《ソル》は、ドムラト銀河で現実時に帰還し、独力で〈トレゴン〉の起源を探り、やがて超知性体トレゴンの座〈最初のトレゴン〉にたどりつく。
 一方、〈それ〉の〈力の球形体〉に属する銀河系=〈力の真空〉には、〈ドムラトの地〉からクロゼイル種族の末裔ゼーレンクヴェル氏族が到来し、超知性体〈ゼーレンクヴェル〉を形成して、一時これを支配。同時期、アンドロメダ銀河の〈力の真空〉には、没落した超知性体ク・ウーガルが侵入していた。つづくトラドム銀河の軍事勢力の襲来に、銀河系諸種族は総力をあげてこれと戦い、やがて〈トレゴン〉に疑念をいだく。
 超知性体トレゴンは、〈最初のトレゴン〉でメタヌ――超知性体カッバの遺骸を素材とする擬似コスモヌクレオチド――を建設していた。ここから射出される擬似メッセンジャーは〈無限への架け橋〉を抜けてすべての〈鼓動〉に至り、各地の超知性体を抹殺するだろう。超知性体トレゴンが、すべての〈トレゴン〉の広大な宙域を支配するのだ!
 コスモクラート・ヒスモームが介入する――《ソル》に隠した仮の肉体に降臨し、超知性体トレゴン、〈鼓動〉、〈無限への架け橋〉、すべてを無に帰さしめる。真相が明かされる――超知性体〈それ〉は、いわば二重スパイ。〈トレゴン連合〉創設も《ソル》の彷徨も、すべてはこのためだった……。
 新銀河暦1312年、〈トレゴン〉は2200万年におよぶ歴史の幕を閉じた。

Perry Rhodan-Heft 1800-2199 / Perry Rhodan-Andromeda


Thoregon トレゴンの顛末
――from Private Cosmos ex 2004
2004/8/15 r.psytoh with y.wakabayashi
produced by rlmdi.