rlmdi.
| ペリー・ローダン |

Pilzdom

Die Tolkander / トルカンダー

1997/7 r.psytoh / 西塔玲二
- 監修 / y.wakabayashi

PERRY RHODAN Nr.1800 -
NGZ1288-1289年 / 銀河系とトレゴンの諸銀河で


クイックモーション

「〈無限への架け橋〉は、ペリー・ローダン、ただ、きみのためにある。
幾千の友が死に、幾百の惑星が滅ぶかもしれない。
しかし、どれほどの代価を支払うことになろうとも、きみは渡らねばならない。
ガローン人とヘリオートスの世界をめぐり、〈蜂窩〉の道を進むがいい。〈橋〉を歩む、そのことによって負う責任を自覚しながら……」
――新銀河暦1220年、サイバークローン、ヴォルタゴの予言

 〈死のクリスタル〉に覆われた火星はソル系に〈死の放射線〉をまきちらす。異宇宙で危機の元凶と戦うローダンのぎりぎりの選択――それは、異宇宙のいらない惑星トロカンと火星の交換。
 火星は失われた。で、人々はそれなりに不満をつのらせる。
 ローダンは異宇宙からの帰途、遠いハマメシュの銀河でジャンキーを救済したり胞子船を作ったり、いろいろしていた。
 そのあいだにもトロカンに勃発する緊急事態――新銀河暦1222年9月15日、いきなり惑星を包む謎のフィールド。急行したテラ主席科学者ボリス・ジアンコフは偵察艦《ポリアミド》ともどもフィールドに接触し、爆死。で、人々はかなり不安をおぼえた。
 ローダンの《バジス》が帰還したのは半月後。
 人々の視線は冷ややかだった。
 そして、謎のクイックモーション・フィールドに覆われたトロカンの不毛な地表では、外界の数百万倍で時間が流れていった。

*

 人々はローダンたち不死者を疎んじ、思うままに道をひらく。
 自由テラナー連盟は宇宙ハンザ同盟を吸収し、巨大な軍事国家に生長。アルコン人の水晶帝国はM-13球状星団を中心におよそ1万の惑星を支配下に置く。両大国の脅威を前にブルー人ら非ヒューマノイド諸種族とアコン、アンティはフォーラム・ラグルンドを結成。ギャラクティカムは形骸化した。
 自由テラナー連盟に飼い殺しにされるローダンは、かつてヴォルタゴに聞いた「無限への架け橋」をあてもなくさがして無為に日々を送っていたが――新銀河暦1235年、ついにキレた。かれはふっつりと世間に姿を見せなくなる。
 やがて、ひとりまたひとり、活性装置携行者や優秀な人材が失踪する。そのひとり、イホ・トロトは快活にこう言いのこして消えた――「キャメロットに行く」

*

 そして、新銀河暦1288年10月12日、クイックモーション・フィールドが消えた。トロカンには現地時間で24億年をかけて育まれた未知の生命と文明。
 おしよせるマスコミ。うろたえる自由テラナー連盟。そして、かつて冥王星があった軌道に、1隻の謎の宇宙船が出現する。
「こちらキャメロットのペリー・ローダン。ハロー?」
 うぅむ、めげないやつ。
……てなわけで、あたらしい災厄の日々のはじまりである。

ゴエッダがめざめさせられ、旅へと送り出された

「ゴエッダがめざめさせられ、旅へと送り出された」
「死のまぎわ、トレゴンの第四使徒ゼンディキル・ペルヴォラト・ゾウンは、通りすがりのクメログに、〈バオリン=ヌダの武器庫〉に届けて、と、この伝言をのこした」
「ところがどっこい、宙賊クメログ、無人の〈バオリン=ヌダの武器庫〉を遊び半分で壊滅させるわ、自分も〈無限への架け橋〉に閉じこめられるわ」
「だが、その〈橋〉はソル系行き」
「てことは、伝言の宛先はソル系?」
「まさか、謎のゴエッダは銀河系に?」
「あれよあれよといううちに大挙襲来するトルカンダー艦隊と〈母〉ゴエッダ」
「ゴエッダの座する〈夢幻泡〉に突入したアトランは、データバンクからきわめつきのあやしいネタを引っぱりだす」
「謎のシャバッザは、長く封印されていたゴエッダに、解放の代償としてこう要求した」
「ソル系で卵を産むのだぁ、って?」
「それ、破壊と同義語」
「そして、封印されていた他の3つの災厄も解放されたとか」
「グージレズ」
「――ノーロヴォンのカオスメイカー」
「グァン・ア・ヴァー」
「――ルイパズの怪物たち」
「ジイ・ネヴェヴェル」
「――プイドールの夢女」
「そして、封印者トレゴン連合の巨大施設〈ヘリオートスの堡塁〉」
「6つ建造するつもりが、まだ完成したのは2つ」
「建造中の3号機は、ローダンの目の前で大破」
「〈ヘリオートスの堡塁〉2号機はいずこかに向けて発進する」
「たぶん、行く先はソル系」
「うんうん、それで?」
「けっきょく、ソル系は完全に荒廃」
「たぶん、銀河系もほとんど壊滅」
「それを救えるのは……」
「〈無限への架け橋〉の向こうでトレゴンのほほん漫遊中のローダンとブリー」
「おおっ!」


Die Tolkander / トルカンダー
――from Private Cosmos 18
1997/7 r.psytoh with y.wakabayashi
produced by rlmdi.