rlmdi.
| ペリー・ローダン |

PRAETORIA 計画 II

合体!《プラエトリア=ミョルニル》――

 新銀河暦1332年7月、アルコン帝国領ハヨク星団――

「自由テラナー連盟艦隊が、また、なにやら、はじめました」
「――合体! 《プラエトリア=ミョルニル》」
「号令一下~」
「クェーサー級フラグメント船――一辺3000m――116隻が~」
「ジュピター級ウルトラ戦艦――直径2500m――を、核として~」
「なにやら、造船ドックのようなモノを、構成」
「大マゼラン星雲にむかう、発見者級艦10隻のエンジン改造やらを~」
「おこなうのでした」

 西暦2004年、このニュースは、またも瞬く間に全世界をかけめぐり、日本でもふたたびヒトの心を揺り動かしたのだった。


設計図――

《プラエトリア=ミョルニル》117隻は、いったい、どのように組み合わさっているのだろうか?
本文描写がいまひとつのため、以下は推測まじりである。

(1) ブロックA(中心に球形艦1+フラグメント船20)が1コ

(2) ブロックB(フラグメント船16)が2コ

(3) ブロックC(フラグメント船16)が4コ


(■部分は1隻分凹んでいる)

(3) ブロックAの上下ブロックBが合体、ブロックAの右にブロックCを連結 -> 完成形


(■部分は1隻分凹んでいる)

両脇で計8個の凹みが造船所の役割をするあたりがデザインのポイント……らしいのだった。
ちなみに、ミョルニルは、北欧神話の雷神トールがふるっていた槌の呼称。
最近では、若い娘さんがふるう姿を良く目にする。


合体だっ――

てことで、夢の《プラエトリア=ミョルニル》合体!

完成!《プラエトリア=ミョルニル》 -(1)

合体完了まで、これまた1時間。見た目にはわからないが、合体用のローテク=ガムテープを少しケチった。そのため、合体直後にして、実はすでに崩壊寸前である。

完成! 《プラエトリア=ミョルニル》 -(2)

横向きにすると崩れるので、カメラの方を横にして、2246話の表紙の雰囲気をだしてみる(角度はちょっと異なるが)。

こうして、わたしは《プラエトリア=ミョルニル》を手ずから合体させた、おそらく最初の人類でもあるのである。


20. Dec 2004
produced by rlmdi.