rlmdi.
| ペリー・ローダン |

PRAETORIA 計画

《プラエトリア》出現――

「《プラエトリア》――自由テラナー連盟の、秘密兵器」
「《プラエトリア》――さしわたし21kmにおよぶ機動要塞」
「――!」
「――こんなもの、どこから?」
「よく見れば~」
「各部は、クェーサー級フラグメント船――一辺3kmの立方体」
「クェーサー級フラグメント船116隻が~」
「最新型、ジュピター級ウルトラ戦艦――直径2500mを、核として~」
「合体している、のでした」
「――バリア強度は、116倍っ」
「――総合火力は、何十倍っ」
「アルコン帝国新鋭戦艦グワロン級も、敵ではありません」

西暦2004年、このニュースは、瞬く間に全世界をかけめぐり、日本でも多くのヒトの心を揺り動かしたのだった。


設計図――

《プラエトリア》117隻は、いったい、どのように組み合わさっているのだろうか?

(1) ブロックA(中心に球形艦1+フラグメント船20)が1コ

(2) ブロックB(フラグメント船16)が6コ

(3) ブロックAの上下前後左右にブロックBが合体 -> 完成形

6方向に穴が開いていて、中心の球形艦が見えるあたりがデザインのポイント……らしいのだった。


合体だっ――

《プラエトリア》を合体させよう……と思った。この思いは日々つのるばかりであった。だが、駄菓子屋にサイコロキャラメルを求めた探索の旅は徒労に終わり、116個の立方体を紙で組み立てる作戦は、12個目で飽きて挫折。

が……唐突にアイディアが湧いた。

クェーサー級

ダ○ソーに何かあるのでは? てことで、行ってみると、教育玩具と称してポスビ船みたいなもの12隻パックを100YENで売っている。合体に必要なのは116隻だから、10パック購入。4隻オマケがついてくる。

合体!《プラエトリア》-(1)


上下左右前後、計6コの突起部のうち、まず1コを合体させたところ。ポスビ船は表面に凹凸があるが、合体にはローテク=ガムテープを使うから、まったく問題はない。

合体!《プラエトリア》-(2)

左右前後の突起部と中央部の合体は、多少工夫がいる。

ジュピター級

ちなみに、ダ○ソーでは、スーパーボールと称してジュピター級球形艦みたいなものも販売していた。これは1隻100YEN。

完成!《プラエトリア》-(1)

合体完了まで1時間を要した。なお、見た目にはわからないが、合体にはガムテープ(小)1巻100YEN(これもダ○ソーで調達)を要した。

完成!《プラエトリア》-(2)

中心に球形艦が見える。《プラエトリア》1基の建造コストは計1200YEN(税抜)であった。

分離した117隻

帰還する117隻(+オマケの4隻)。分離には15分を要した。なお、再度合体するには、またガムテープ(小)1巻が必要となる。

こうして、わたしはプラエトリアを手ずから合体させた、おそらく最初の人類になったのだった。
まあ、特段、自慢できるものではない……のだけれど。


21. Aug 2004
produced by rlmdi.