rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1056 [2018/10/29]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ドイツ・ファンタスティーク大賞 2018
◇ペリー・ローダン近況


◆ドイツ・ファンタスティーク大賞 2018

 Deutscher Phantastik Preis の本年の受賞作は、以下のとおり。

□ Bester deutscher Roman 国内長篇部門

・Kai Meyer / Die Krone der Sterne / 星の冠
 ――Fischer Tor 社

□ Bestes deutschsprachiges Romandebüt 国内長篇新人部門

・Julia Dippel / Izara - Das ewige Feuer / イザラ――永遠の炎
 ――Planet! 刊

□ Bester internationaler Roman 国外長篇部門

・Leigh Bardugo / Das Lied der Krähen / Six of Crows / 鴉の歌
 ――Six of Crows の1巻目、Knaur 社

□ Beste deutschsprachige Kurzgeschichte 短篇部門

・Gerd Scherm / Der geheimnisvolle Gefangene / 謎だらけの虜
 ――Alex Jahnke 編 Reiten wir! - Phantastikautoren für Karl May『われらは乗る!――カール・マイにかわるファンタジー作家たち』に収録、Edition Roter Drache 刊

□ Beste deutschsprachige Anthologie/Kurzgeschichtensammlung短篇集部門

・Sandra Florean 編 / The U-Files - Die Einhorn Akten / Uファイル――一角獣作戦
 ――Talawah 社

□ Beste deutschsprachige Serie シリーズ部門

・Bernhard Hennen & Robert Corvus / Die Phileasson-Saga / フィレアッソン・サーガ
 ――Heyne 社

□ Bestes deutschsprachiges Hörspiel/Hörbuch 音声部門

・Sam Feuerbach,Robert Frank / Der Totengräbersohn 1 / 墓掘りの息子1
 ――Audible Studios

□ Bestes deutschsprachiges Sekundärwerk 二次創作部門

・Nautilus - Abenteuer & Phantastik / ノーチラス――冒険とファンタジー
 ――Abenteuer Medien 刊

□ Bester deutschsprachiger Grafiker / アート部門

・Lydia Rode
 ――Prinzessin Insomnia & der alptraumfarbene Nachtmahr『不眠王女と悪夢色の夢魔』(Albrecht Knaus 社)に対して

□ Bester deutschsprachiger Comic コミック部門

・Florian Biege / Die Stadt der Träumenden Bücher - Buchhaim / 夢見る本たちの都市――ブーフハイム
 ――Aalbrecht Knaus 社

【関連サイト】
・ドイツ・ファンタスティーク大賞については
[ http://www.deutscher-phantastik-preis.de/ ]


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2983 . Christian Montillon / Kants letztes Kunstwerk / カント最後の作品
2984 . Susan Schwartz / Projekt Exodus / エクソダス計画
2985 . Hubert Haensel / Die kupferfarbene Kreatur / 赤銅色の獣
2986 . Leo Lukas / Sonnenmord / 二百太陽殺し
2987 . Michael Marcus Thurner / Schlacht ums Gondunat / ゴンドゥナート争奪戦
2988 . Michelle Stern / Die HARUURID-Mission / ハルウリド作戦
2989 . Uwe Anton / Das Kortin-Komplott / コルティンの謀略
2990 . Susan Schwartz / Die beiden Rhodans / ふたりのローダン
2991 . Leo Lukas / Die Eismönche von Triton / トリトンの氷瓦

□ Perry Rhodan-Heft 2983話「カント最後の作品」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 新銀河暦1552年5月22日、銀河系、惑星レプソ――

「惑星首都オルバナに店をかまえる立派な画商、アッシャーマン・カントは~」
「裏社会では、界隈随一の殺し屋オモールとして知られていたり」
「とはいえ」
「――無関係なヤツは、巻きこまない」
「――子供には、けっして手をださない」
「――オレの殺しはアート、だぜ」
「……」
「この日――」
「ジョン・C・シェルトンとかいう男から仕事の依頼」
「――商売敵のファルガ社の全身擬装の女を殺してほしい?」
「――護衛はオクストーン人ひとりにロボット多数?」
「報酬は破格」
「相応に困難」
「それだけに~」
「――オレ史上最大の傑作かも、だぜ」

 宙港――

「アッシャーマン・カントは、身分を偽って~」
「直径900mのシェレムドック級の商船《ベルヴィヌス・グリン》を下見」
「――ここが、標的が乗る船か……」
「――妙だぜ、ウソくさい臭いがプンプンしてやがる」
「超小型の探査機をバラまいて、ひとまず引き上げ」
「ところが」
「――探査機が……ぜんぶ見つかって壊された?」
「――やっぱり……カタギの船じゃねえ」
「……」
「アッシャーマン・カントは、ツテを頼って~」
「超高性能のデフレクターを手配」
「――これで完全に姿を消せるはずだぜ」
「《ベルヴィヌス・グリン》に、ふたたび侵入」

 船内――

「すぐ見つかってしまいました」
「――ずぎゅーん」
「撃たれまくって、逃げ回る」
「――超カタギじゃねえ」
「――何が目的でココまでするんだ?」
「ともあれ、このままでは捕まってしまいます」
「アッシャーマン・カントは~」
「大怪我に備えてストックしていた自分のクローン肉体を~」
「プログラムしたのを、呼びよせて~」
「プログラムどおりに、殺されるように仕組んだり」
「――ずぎゅーん」
「――う……ぐったり」
「が」
「標的を護衛するオクストーン人は~」
「はじめから仕掛けを見抜いていて~」
「――!」
「アッシャーマン・カント(本人)を拘束」

 船内――

「オクストーン人の護衛の正体は~」
「――新USOの司令官モンキー?」
「商船《ベルヴィヌス・グリン》の正体は~」
「――新USOの特殊船《ハール・デフィン》?」
「全身擬装の女の正体は~」
「――ゴンドゥナートのゴンダ=異銀河の異種族の国家の女首長?」
「――プオレンギルさん?」
「目的は何かというと~」
「――ゴンドゥナートの不穏分子をあぶりだすために、囮捜査していた?」
「で」
「オクストーン人の護衛=新USOの司令官モンキーのいうコトには~」
「――死んだコトにして見逃してやるから?」
「――依頼人を売れ?」
「アッシャーマン・カントとしては~」
「断れるはずもない」
「……」
「――ずぎゅーん」
「――う……ぐったり」
「プオレンギルさん(ロボット)を華麗に殺して……演じてみせたり」

 惑星首都オルバナ――

「アッシャーマン・カントは、依頼人を呼びだして~」
「――仕事は済んだぜ」
「報酬をもってきた依頼人を~」
「モンキーが捕らえてみれば~」
「プオレンギルさんの旗艦である五球船《タイリッティル》の乗員のひとり」
「――ゲオン人グナルド・ショシムル?」

 以下、次号――

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 10月も終わりです。


d-information ◆ 1056 [不定期刊] 2018/10/29
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]