rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1053 [2018/10/08]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2980 . Christian Montillon / Die Eisigen Gefilde / 氷野
2981 . Verena Themsen / Im Bann der Erkenntnis / 認識の呪い
2982 . Kai Hirdt / Die Vernichtungsvariable / 破壊変数
2983 . Christian Montillon / Kants letztes Kunstwerk / カント最後の作品
2984 . Susan Schwartz / Projekt Exodus / エクソダス計画
2985 . Hubert Haensel / Die kupferfarbene Kreatur / 赤銅色の獣
2986 . Leo Lukas / Sonnenmord / 二百太陽殺し
2987 . Michael Marcus Thurner / Schlacht ums Gondunat / ゴンドゥナート争奪戦

□ Perry Rhodan-Heft 2980話「氷野」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 新銀河暦1552年、銀河系――

「テラノヴァバリアに閉ざされた星系ソルで~」
「事件発生」
「――ぴかーっ」
「銀河系全域に〈超光効果〉発生」
「――ダメだ、コリャ……」
「――早く何とかしないとっ」
「アトランは~」
「テラノヴァバリアが解けた星系ソルを出て~」
「銀河系の球状星団テルザン5へ」
「そこで」
「ペリー・ローダンに~」
「――巨艦《ラス・ツバイ》を、貸してくれっ」
「――搭載艦《ブジョ・ブレイスコル》だけは残していくからっ」
「無理を通して~」
「巨艦《ラス・ツバイ》で、くじら座矮小銀河へ」

 銀河系から距離250万光年のくじら座矮小銀河――

「アトランは~」
「――銀河系の〈超光効果〉を~」
「――原エイリスで、中和できるかも」
「――という思いつきを、実行してみたいのだ」
「くじら座矮小銀河には~」
「超知性体〈それ〉が~」
「原エイリス貯蔵庫4つを、隠してあって~」
「貯蔵庫の原エイリスをプログラムして~」
「超知性体〈それ〉の〈力の球形体〉だった局部銀河群に撒くと~」
「よその超知性体は入れなくなる」
「そもそもは、そうした置き土産だったはず、なのですが」
「ともあれ」
「先般――」
「なりゆきから別行動になってしまった~」
「《ウッズ・ロジャーズ》のフローレンス・ホーニゴールドさんと~」
「合流して~」
「――エイリス貯蔵庫を探すのだっ」
「フィッツジェラルド・クレムの護符を~」
「先般同様にまた探知装置がわりに用いて~」
「――星系スパルルドにありそう?」

 星系スパルルド――

「恒星スパルルドをめぐる~」
「巨大な人工物」
「くじら座矮小銀河の星間航行種族がいうトコロの〈氷野〉」
「人工物に暮らす原住民スプランドがいうトコロの、スプランドハイム」
「――ピラミッドを横切りにした下半分、みたいな?」
「――ゆがんだ6面体?」
「雪と氷に覆われた表面に~」
「アシカに似た3つ眼の知性種族スプランドが、暮らしていたり」
「……」
「アトラン」
「フィッツジェラルド・クレム」
「ロボットに戻ったカピンのタマレイルさん」
「フローレンス・ホーニゴールドさん」
「一同は~」
「ローリン型スペースジェット+TARA=X=T型ロボット2体で~」
「スプランドハイムへ」
「で」
「宙港の酒場で~」
「――アナタが、あの高名なホーニゴールドさん?」
「長細い両足と漏斗状の眼をした装甲生物カレッズのテッズペルデルと~」
「知り合いました」
「話を聞いてみると~」
「――何年か前から?」
「――スプランド種族の神話に出る5凍魔の1柱ルドスポルの祠で?」
「――ルドスポルの像が?」
「――生命を得て、語りはじめた?」
「――大司祭のスポントロは?」
「――以来、老いた様子がない?」
「――スポントロの娘スルパッリさんは?」
「――像の掌から水を飲んでから、予言があたる?」

 人工天体スプランドハイム、ルドスポルの祠――

「スルパッリさんは~」
「ルドスポル像の言葉が聞こえたり」
「――ルドスポルさまや、パパや、ワタシに働く力は?」
「――あそこの壊れた貯蔵庫から来たのですね?」
「――直せる誰かが、ココに来るのですね?」
「……」
「予言のとおり到来した、アトラン一行は~」
「――ようこそっ」
「――貯蔵庫は、こちらですっ」
「フィッツジェラルド・クレムが~」
「護符で貯蔵庫に入ろうとしたトコロへ~」
「――ちょっと待ったっ」
「カレッズのテッズペルデルが~」
「宇宙船で飛んでくると、アトラン一行を誘拐」
「話を聞いてみると~」
「――ゲメンの若芽《パルタマスパ》の司令官スドイには?」
「――高価なハイテクをもらった恩があって?」
「――貯蔵庫を見つけたら献上しないといけない?」
「アトランは~」
「TARA=X=T型ロボット2体を呼びよせて~」
「――ワレワレを解放しないと、キミの宇宙船はスクラップだっ」
「脅して、無事にふたたび貯蔵庫へ」

 人工天体スプランドハイム、エイリス貯蔵庫――

「貯蔵庫の監視者=半生体・半機械のトルブは~」
「――〈深淵の騎士〉のオーラですね」
「――超知性体〈それ〉の護符ですね」
「アトランとフィッツジェラルド・クレムの資格を認めて~」
「――巨艦《ラス・ツバイ》の~」
「――搭載艦《ブジョ・ブレイスコル》をはずしたくぼみに~」
「――エイリス風船を積みこむのですね?」
「作業に全面協力」
「ついでの話として、エイリス貯蔵庫の破損について語って曰く」
「――エイリス・カーヴの時に~」
「――エイリス風船ひとつが裂けたのです」
「とかいう」
「エイリス風船の最後の1個を積みこもうというトコロで~」
「カレッズのテッズペルデルの知らせをうけた~」
「ゲメンの若芽《パルタマスパ》が出現」
「司令官スドイは~」
「――エイリスを引き渡すのです」
「脅してきますが~」
「――断るっ」
「アトランは、コレを拒否」
「ゲメンの司令官スドイは~」
「――エイリスを破壊しても、ゲショドさまの不興を買いそうだし」
「逡巡したあげく、攻撃を断念したという」

 以下、次号――

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 小銀河ケトゥス、としていましたが……。
 くじら座矮小銀河、です。


d-information ◆ 1053 [不定期刊] 2018/10/08
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]