rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1050 [2018/09/17]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2977 . Michelle Stern / Die Kokon-Direktive / 繭指令
2978 . Michelle Stern / Der Spiegelteleporter / 鏡テレポーター
2979 . Uwe Anton / Das Despina-Mysterium / デスピナ=ミステリウム
2980 . Christian Montillon / Die Eisigen Gefilde / 氷野
2981 . Verena Themsen / Im Bann der Erkenntnis / 認識の呪い
2982 . Kai Hirdt / Die Vernichtungsvariable / 破壊変数
2983 . Christian Montillon / Kants letztes Kunstwerk / カント最後の作品
2984 . Susan Schwartz / Projekt Exodus / エクソダス計画
2985 . Hubert Haensel / Die kupferfarbene Kreatur / 赤銅色の獣
2986 . Leo Lukas / Sonnenmord / 二百太陽殺し
2987 . Michael Marcus Thurner / Schlacht ums Gondunat / ゴンドゥナート争奪戦

□ Perry Rhodan-Heft 2977話「繭指令」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 新銀河暦1552年、銀河系――

「アウレスのアダムの画策に、のせられて~」
「テクノ・マハディは~」
「星系ソルの諸システムを、制御下に置いて~」
「星系ソルの全体を、テラノヴァバリアで封鎖して~」
「惑星テラの太陽系政庁を、封鎖して~」
「報道媒体を、操って~」
「暫定政府的な福祉評議会を、設置して~」
「おもてむきは~」
「このところたびかさなる異常事態を収拾する、救世主的な扱い」
「本来の政府である、自由ギャラクティカー連盟の~」
「本来の首長である、政庁首席ヘケネル・シャロウンは~」
「何もかも思うにまかせない状況にあったり」
「こうしたなか~」
「封鎖された星系ソルの中で~」
「もとアルコン帝国皇帝ボスティクの死と~」
「海王星の人工惑星ワンダラーで生成された播生素が、からんで~」
「〈超光効果〉発生」
「――ピカーっ」
「銀河系全域に広がった何かがもとで~」
「すべての恒星が出すクイントロンが、変わって~」
「すべての恒星が出す光といっしょに、広がって~」
「変わったクイントロンが~」
「銀河系全域の生き物の知覚を、鋭敏にして~」
「――ピカーっ」
「――アタマが、痛いよー」
「――イライラするよー」
「――きーっ」

 星系ソル――

「テクノ・マハディの構成員も~」
「〈超光効果〉の発生と被害に、心を痛めていたりして」
「――何か手を打たないとっ」
「こうしたなか~」
「政庁首席ヘケネル・シャロウンは~」
「いささかなりとも動けるようになって~」
「レジナルド・ブルの〈繭指令〉作戦~」
「すなわち、テラノヴァバリアを政府の管理下にもどす作戦を~」
「支持したり」

 恒星ソル近傍――

「ロレッタ級テンダーからなるテラノヴァ艦隊が~」
「――ずずずずっ」
「恒星ソルからエネルギーを吸い上げて~」
「――ばりばりばりっ」
「テラノヴァバリアを、展開しています」
「――このうち20隻は、止めないと~」
「――テラノヴァバリアは、消えないんだよなあ」
「というコトで」
「――有力なテクノ・マハディの構成員を、寝返らせたい」
「《ロレッタ108》を牛耳るテクノ・マハディの構成員」
「ハイパー物理学者レファルト・ユトングと~」
「リマ・ポルトメッサさん」
「――レファルト・ユトングの方は?」
「――秘密工作員を使って、独自に調べていたりして?」
「――アウレスのアダムのやりかたに、疑念をいだいているらしい?」

 5月7日――

「レジナルド・ブルの作戦にもとづいて~」
「超能力を有するネズミビーバー、グッキーは~」
「〈テラ超常人協会〉=略してTIPIから~」
「テラナーとエプサル人の血をひく、若い超能力者カレブ・バラシを~」
「スカウトしてきて~」
「ふたりでパラブロックして、超能力発揮」
「――むんつ」
「カレブ・バラシの超能力は~」
「バリアのエネルギーを使って、自分の分身を作って~」
「望むトコロに送って、思うままに動かすことができるという」
「いうなれば、鏡テレポーター」
「パラブロックしたグッキーも~」
「分身が見聞きした物事を、見聞きできるという」
「――ブリーが陽動するあいだに~」
「――《ロレッタ108》の様子を、探るんだっ」
「で」
「手応えを感じて~」
「自分たちで、出向いていくことに」

 恒星ソル近傍、テラノヴァ艦隊《ロレッタ108》――

「グッキー+カレブ・バラシは~」
「寝返らせる候補=レファルト・ユトングと接触」
「リマ・ポルトメッサさんは~」
「――裏切り者っ」
「思うのですが」
「じつは」
「レファルト・ユトングは~」
「アウレスのアダムの熱烈な崇拝者で~」
「――グッキーを捕らえるのだっ」
「囮をつとめていただけ、という」
「――もうひとりの若いのは、どうなってもかまわないっ」
「――わはは」
「グッキー+カレブ・バラシは~」
「――!」
「――パラ罠にかかった?」
「――むんっ」
「力をあわせて、すんでのところを逃れたりして」
「……」
「この様子を見た~」
「リマ・ポルトメッサさんは~」
「――テクノ・マハディの正義って……?」
「信念がぐらついてしまった、らしい」

 惑星テラ――

「テクノ・マハディを代表するひとりにして、福祉評議会の一員である~」
「ポジトロニクス技術者タンゴ・ブロシュが~」
「――〈超光効果〉は~」
「――超知性体〈それ〉が人類にあたえた罰なのです」
「――ボスティクの死が、引き金になったのです」
「――人類を超知性体〈それ〉の総督に服従させる目的なのです」
「とか」
「――テラノヴァバリアのスイッチを切れば~」
「――〈超光効果〉が、銀河系全域をもっと悪い状態にするのです」
「とか、適当なコトを語るのに対して~」
「政庁首席ヘケネル・シャロウンは~」
「――ソレって、オカシイですよね?」
「すっぱり反論」
「聞いたテクノ・マハディの構成員の多くが~」
「信念がぐらついてしまった、らしい」

 恒星ソル近傍――

「レジナルド・ブルの次なる作戦」
「――どどーん」
「ロレッタ級テンダーを~」
「きわめて精密に、正確に砲撃」
「――どどーん」
「バリアを破って~」
「ロレッタ級テンダーの、恒星ソルからエネルギーを吸い上げる施設を~」
「――どどーん」
「――ばーん」
「ロレッタ級テンダーを、1隻、また1隻と~」
「――どどーん」
「――どどーん」
「――ばーん」
「――20隻も機能停止させれば~」
「――テラノヴァバリアは、ゆらぐはずなんだよなあ」
「が」
「レジナルド・ブルが~」
「《ロレッタ97》に向かおうとしたトコロで~」
「《ロレッタ97》に乗艦するテクノ・マハディの構成員が~」
「――!」
「信念に殉じようと、艦のバリアを解除」
「――どかーん」
「《ロレッタ97》の1200名の乗員は、道連れに」
「レジナルド・ブルは~」
「迂闊に攻撃できなくなってしまうのでした」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 9月もなかばです。


d-information ◆ 1050 [不定期刊] 2018/09/17
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]