rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1045 [2018/08/13]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2972 . Verena Themsen / Invasion der Geister / 亡霊たちの侵攻
2973 . Uwe Anton / Zirkus der Zerstörung / 破滅のサーカス
2974 . Susan Schwartz / Anschlag auf Wanderer / ワンダラーの陰謀
2975 . Kai Hirdt / Der Herr der Zukunft / 未来の支配者
2976 . Michael Marcus Thurner / Hyperlicht / ハイパー光
2977 . Michelle Stern / Die Kokon-Direktive / 繭指令
2978 . Michelle Stern / Der Spiegelteleporter / 鏡テレポーター
2979 . Uwe Anton / Das Despina-Mysterium / デスピナ=ミステリウム

□ Perry Rhodan-Heft 2972話「亡霊たちの侵攻」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 銀河系から距離250万光年の小銀河ケトゥス――

「憶えて、いるでしょうか?」
「アトランは~」
「新銀河暦1517年に~」
「アトプの裁判官船《クヴァンク》を奪って~」
「銀河系から、宇宙の終わりへとおもむいて~」
「〈時の彼方の国〉のテズと交渉してから~」
「裁判官船《モッキンバード》に乗せられて~」
「超知性体ゲショドと配下のゲメンがおさめる、サシュパヌ銀河に戻されて~」
「――とにかく、銀河系に帰らないと」
「ショド=ダッカル空間を漂う廃船の集塊ゲショドロムを、経由して~」
「銀河系にほど近い、小銀河ケトゥスへ」
「そこの、赤色巨星のトソンをめぐる星環で~」
「アトランと~」
「サシュパヌ銀河の人類種族メネスの王族のフィッツジェラルド・クレムと~」
「ゲショドロムにいたロボットのタマレイルさん」
「一同は~」
「超知性体〈それ〉の原エイリス貯蔵庫を、探索」
「いろいろあって、追いつめられて~」
「フィッツジェラルド・クレムの三角形の護符が開いた門の中へ~」
「――!」
「逃げこんだのでした」

 銀河系、生体宇宙船ドラン《ジェイソン》――

「超知性体〈それ〉の遺産の管理人エルンスト・エラート」
「TLD工作員オピテル・キント」
「理論時間学者アイカトウ・ザカラさん」
「USO工作員その1、テラナー女性マーナズ・ウィンターさん」
「USO工作員その2、オンリョン人テッスネル・ヴェッルデリド」
「USO工作員その3、ザウという名のカエル顔の小男」
「以上の面々は~」
「星系ヴェガにあらわれた人工惑星ワンダラーで~」
「ホムンクの身体を――遺憾ながら両手足を欠いた状態で――収容」
「その示唆するトコロにしたがって~」
「ドラン《ジェイソン》に乗りこんで~」
「銀河系から3500光年のコオリス銀河=おおいぬ座矮小銀河の~」
「星系マドゥラントの惑星トオで、保管してあった~」
「〈不和の記録〉を読んで~」
「3万年前のトオゴンドゥ種族が超知性体〈それ〉の勘気をこうむった経緯を~」
「学んでから~」
「銀河系へと、戻っていました」
「と、そんなトコロへ」
「――!」
「エルンスト・エラートの三角形の護符からあらわれたのが~」
「アトラン」
「フィッツジェラルド・クレム」
「ロボットのタマレイルさん」
「……」
「アトランとしては~」
「自分が不在のあいだに何年たったか、心配だったのですが~」
「――今日は?」
「――新銀河暦1552年4月13日?」
「ようやく本当に確認できて、一安心」
「アトランは~」
「ホムンクに尋ねて曰く」
「――〈放浪者〉=超知性体〈それ〉に仕える〈親知らず〉は、わかるか?」
「回答は~」
「――このホムンクのような人工生命でしょう」
「くらいの薄い反応」
「――ならば」
「――メネスについては?」
「――超知性体ゲショドについては?」
「――小銀河ケトゥスにあるエイリス貯蔵庫については?」
「尋ねてみましたが~」
「これまた、ほとんど知らない模様」
「……」
「ちなみに」
「ココで出会った運命のふたり」
「ロボットのタマレイルさんの中身は、カピン」
「USO工作員のザウは、20万年前のカピンの実験動物」
「たがいに興味津々らしい」

 銀河系、星系ソル――

「しばらく前に~」
「惑星アウレスから来たアダムなる人物が~」
「星系ヴェガにあらわれた人工惑星ワンダラーで~」
「別の時間線のペリー・ローダンを勧誘して~」
「星系ソルにやってきて~」
「秘密組織テクノ・マハディという~」
「――人類は超知性体から自由であるべきだ」
「――科学は政治から自由であるべきだ」
「という思想を同じくする人類の科学者+支援者のネットワークの~」
「科学者をいくらか抱きこんで~」
「星系ソルを、テラノヴァバリアで封鎖」
「テラノヴァバリアの中では~」
「アダム+テクノ・マハディ勢が~」
「――邪魔者のレジナルド・ブルを捕らえるか始末するのだ」
「とかやって、けっきょく取り逃がしたり」
「――ならば、強力な助っ人を呼びます」
「依頼をうけてきた、もとアルコン帝国皇帝ボスティクが~」
「レジナルド・ブルを捕らえようとしたり」

 銀河系、テラノヴァバリアが封鎖した星系ソルの近く――

「アトランは~」
「《ガルブレイス・デイトンVII》で~」
「提督アンナ・パトマンさんと対面」
「現状について、いろいろ知ったり」
「……」
「一方」
「タマレイルさん(中身はカピン)と~」
「ザウ(脳にトリツォム器官)は~」
「感じたのです」
「――何人もの意識が?」
「――テラノヴァバリアを抜けようとして?」
「――巧くいかないでいる?」
「タマレイルさん(中身はカピン)は~」
「試したり、探ったりして、曰く」
「――テラノヴァバリアを抜けて~」
「――バリアの中にいるペドポールを探知できないわねえ」
「――恒星ソルの中にある〈6次元の台座〉で~」
「――誰か何かやろうとしているから? みたいな?」
「ザウの助力を得て、ようやく~」
「――テラノヴァバリアを抜けようとしている意識たちは?」
「――〈ホオリス星〉から来ている?」
「アトランは~」
「一同といっしょに〈ホオリス星〉へと急行」

 銀河系、球状星団テルザン5――

「目下、ココでは~」
「セヴコオリス銀河のトオゴンドゥ種族の手になる~」
「〈一是全〉なる人工知能が指揮するロボット艦隊が~」
「中性子星〈ホオリス星〉と赤色矮星からなるパルサーの周囲に集結」
「このパルサーを転送機にして~」
「セヴコオリス銀河から~」
「トオゴンドゥ種族の五球船の艦隊が~」
「やってくるとか、来ないとか」
「……」
「到着したアトランは~」
「巨艦《ラス・ツバイ》を指揮するペリー・ローダンと再会」
「簡単に近況報告などしたりする」
「一方」
「アトランに同行してきた~」
「タマレイルさん」
「ザウ」
「両名は~」
「SEMT帽で《ラス・ツバイ》の艦載脳アナンシと接続」
「――テラノヴァバリアにたかる意識たちは?」
「――セヴコオリス銀河から?」
「――ダッカル空間の集塊ゲショドロムを経由して?」
「――ホオリス星に来てから?」
「――星系ソルに向かっている?」
「ちなみに」
「トオゴンドゥ種族は~」
「自分たちの死後の意識を~」
「ホオリス水晶を含んだ無機物の像に移して~」
「ホオリス・プロセッサとして活動するとか」
「――やってきた意識たちが?」
「――テラノヴァバリアに侵入できたとしたら?」
「――水星で発掘された、すごい数のハレム像の群団が?」
「――ホオリス・プロセッサになるってコト?」

 星系ソル――

「人材を集めて~」
「とってかえしたアトランは~」
「アトル人科学者のシク・ドルクスタイゲルさんの知恵を借りる」
「――ペリー・ローダンには内緒だ」
「――危険とか言って、止めようとするからな」
「タマレイルさんと~」
「ザウと~」
「超能力を有するネズミビーバーのグッキーは~」
「パラブロックをつくって~」
「アトランを連れて~」
「――痛いテレポートっ」
「テラノヴァバリアを突破」

 星系ソル、水星――

「テラノヴァバリアを抜けて、星系ソルに到着したのは~」
「グッキーと~」
「アトラン(タマレイルさんがペドトランスファーしている)」
「2名(+1名)のみ」
「――ココは、発掘現場……ではない隣の別の洞窟?」
「――でも、ココにもハレム像がいっぱい?」
「――1体、動き出したぞっ」
「グッキーが、破壊」
「――ばーん」
「次々と、動き出したりして~」
「グッキーが、さらに破壊」
「――ばーん」
「――ばーん」
「もっと、動き出したりして~」
「グッキーは~」
「アトラン(+タマレイルさん)を連れて~」
「――テレポートっ」
「テラの研究チームの考古物理学者カチャ・フスさんの居室へ」
「――急いで何とかしないとっ」
「――動き出したハレム像たちは~」
「――発掘現場のバリアのスイッチを切ろうとしているのだっ」
「グッキー+アトラン(+タマレイルさん)は~」
「装備を揃えて、発掘現場に戻ると~」
「――ばーん」
「――ばーん」
「ハレム像を破壊しながら~」
「アトランは思うのです」
「――次は、近くのアサルク市に行って~」
「――テクノ・マハディの創世計画について、謎を解き明かすのだっ」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 8月もなかばです。


d-information ◆ 1045 [不定期刊] 2018/08/13
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]