rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1032 [2018/05/14]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2959 . Oliver Fröhlich / Der Flügelschlag des Schmetterlings / 蝶のはばたき
2960 . Hubert Haensel / Hetzjagd auf Bull / ブル追撃
2961 . Leo Lukas / Der Kepler-Komplex / ケプラー・コンプレックス
2962 . Kai Hirdt / Sextadim-Treibgut / 6次元漂着物
2963 . Kai Hirdt / Der Münchhausen-Roboter / ミュンヒハウゼン・ロボット

□ Perry Rhodan-Heft 2959話「蝶のはばたき」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 新銀河暦1551年12月、銀河系、星系ソル――

「アウレスのアダムは~」
「異時間線産のペリー・ローダンを連れて~」
「土星の衛星タイタンの~」
「テクノ・マハディ仲間のアジトのひとつ研究施設ロス107へ」
「ペリー・ローダンは、体調が悪いので~」
「ココで、人工睡眠させるコトに」

 翌年3月31日――

「アウレスのアダムは~」
「――さて、計画開始だっ」
「号令一下~」
「惑星テラのテクノ・マハディの同志たちは~」
「コンピュータウィルスをばらまき~」
「当局の技術者たちは~」
「コレを駆除」
「が」
「この騒動の陰で~」
「星系ソルの大型ポジトロニクスのすべては~」
「テクノ・マハディの制御下に置かれたりして」

 その後――

「星系ソルに流れるニュース」
「――超知性体ズッドウン配下のズムシャン種族の艦隊が~」
「――第一グドゥン・スルシャイの指揮のもと~」
「――侵攻してきました」
「テクノ・マハディの同志たちは~」
「探知結果をイジったり~」
「無線通信を偽造したり~」
「飛行ドローンで立体映像を投影したりして」
「くわえて~」
「大型ポジトロニクスがらみのホンモノの事故も続発」
「――侵略者に、虐殺されるっ」
「パニックを演出」

 4月1日――

「――首都テラニアは大停電です」
「とかいう事態の中~」
「レジナルド・ブルは~」
「――ウチに帰らないとっ」
「――女房と娘が待っているんだっ」
「が」
「グライダーが墜落」
「テラニア気象制御基地に勤務する気候改造技師である~」
「ダリオ・ベクティルに~」
「助けられたり」
「ダリオ・ベクティルは~」
「パターン認識に秀でていました」
「――疑問なのですけれどもー」
「――ズムシャンがおこす爆発の映像が、毎度同じなんですよー」
「――ズムシャンの映像が、24パターンしかないんですよー」
「――もしかしたら、全部CGなのかも?」
「……」
「勘の良い連中が、勘づきはじめたトコロで~」
「テクノ・マハディの同志のひとり~」
「自由ギャラクティカー連盟の有数のポジトロニクス技術者である~」
「タンゴ・ブロシュが~」
「全媒体で一斉配信」
「――マハディストであるタンゴ・ブロシュが、お知らせします」
「――みなさんが見ている惑星テラ侵略は、狂言芝居です」
「もちろん」
「テクノ・マハディの同志が裏で糸を引くのは内緒のまま」
「――真のズムシャンは~」
「――この狂言芝居の陰で~」
「――目下、太陽系政庁を占拠しています」
「――この事態を打開できるのは~」
「――ミスタ・テクノ・マハディただひとりです」
「……」
「アウレスのアダムは~」
「――すべて計画どおりだっ」
「――さて、次の段階に進もうかっ」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 けっきょく何がしたいのやら。


d-information ◆ 1032 [不定期刊] 2018/05/14
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]