rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1031 [2018/05/07]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2958 . Wim Vandemaan / Jede Zeit hat ihre Drachen / いつの時代も竜はいる
2959 . Oliver Fröhlich / Der Flügelschlag des Schmetterlings / 蝶のはばたき
2960 . Hubert Haensel / Hetzjagd auf Bull / ブル追撃
2961 . Leo Lukas / Der Kepler-Komplex / ケプラー・コンプレックス
2962 . Kai Hirdt / Sextadim-Treibgut / 6次元漂着物
2963 . Kai Hirdt / Der Münchhausen-Roboter / ミュンヒハウゼン・ロボット

□ Perry Rhodan-Heft 2958話「いつの時代も竜はいる」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 新銀河暦1551年11月、おおいぬ座矮小銀河――

「超知性体〈それ〉の遺産の管理人エルンスト・エラートと~」
「TLD工作員オピテル・キント」
「理論時間学者アイカトウ・ザカラさん」
「加えて~」
「USO工作員その1、テラナー女性マーナズ・ウィンターさん」
「USO工作員その2、オンリョン人テッスネル・ヴェッルデリド」
「USO工作員その3、ザウという名のカエル顔の小男」
「以上の面々は~」
「星系ヴェガにあらわれた人工惑星ワンダラーで~」
「ホムンクの身体を――遺憾ながら両手足を欠いた状態で――収容」
「その示唆するトコロにしたがって~」
「ドラン《ジェイソン》に乗りこんで~」
「おおいぬ座矮小銀河、星系マドゥラントの惑星トオへ」
「で」
「エルンスト・エラート」
「オピテル・キント」
「ザウ」
「3名は~」
「当地に残る〈不和の記録〉にアクセス」
「3万年前のトオゴンドゥ種族のひとり、クウレスピウの記憶を追体験して~」
「いくらかキャパオーバー」
「体調がもどるまで、何週間もかかったりして」
「――そういえば、クウレスピウの記憶の中に~」
「――ハルト人の疫病、とかいう話題があったような?」
「――そういえば、今もハルト人の疫病とかいう話がありますねえ」
「――治療方法のない死病、とかいいますよねえ」
「とか話していると~」
「ホムンクが~」
「――治療方法、ではないですが~」
「――関連情報なら、星系ソカルで見つかるはずですよ」
「とかいうので~」
「――ひとまずTLDに中間報告を入れてから~」
「――星系ソカルに行ってみようか」

 新銀河暦1552年4月9日、銀河系、星系ソカル――

「星系ソカルは~」
「星系ソルから3万15光年」
「星系アルコンから3万5091光年」
「星系ハルタから286光年」
「太陽帝国の時代~」
「調査はしたけれども、植民には至らなかった、という」
「……」
「到着したドラン《ジェイソン》は~」
「ガス巨星ソカムブルの衛星カイキアルクで~」
「凍りついたアルコン宇宙ヨット《ヴリトラ・マディア》を発見」
「ホムンクは~」
「――そう……ソレです」
「何か知っている模様なれども~」
「あいかわらず、細かい解説はしてくれない」
「船内を調べてみると~」
「居住区に、アルコン人女性の遺体ひとつが保存されていました」
「彼女のモノとおぼしき日記をひもとくと~」
「――名前は、スウナさん?」

 アルコン暦1万854年=テラの暦で1万2000年前――

「この時代――」
「アルコン帝国は~」
「アンドロメダ銀河から来たメタン呼吸生物マークスと~」
「これに与する銀河系のメタン呼吸生物たちを~」
「相手どって戦っていました」
「……」
「そんな中――」
「ミンテロル家のトレボンの艦隊は~」
「星系ウードラパシュで、マークス艦隊のひとつを撃破」
「このトレボンが指揮する戦艦《ヴリトラ》に~」
「戦争心理学者として乗り組んでいたのが~」
「平民アルコン人のスウナさん」
「――ああ、トレボンさまっ」
「――スウナさんっ」
「ふたりは恋仲」

 ミンテロル家のトレボンの艦隊の次の任地、星系クムギア――

「――数ヵ月来~」
「――ココに、敵艦隊が集結しているのだ」
「仔細を探ると~」
「――惑星ドヴォルヌズで?」
「――マークスの同盟種族クウアウルが?」
「――アルコンのバリアを突破する新兵器を開発している?」
「さらに」
「――ハルト人の船2隻も、何やらしている?」
「……」
「ミンテロル家のトレボンがうけた命令は~」
「――メタン生命体を、駆逐だ」
「――クウアウルの研究を、押収か破壊だ」
「――ハルト人と、渡りをつけるのだ」
「というコトで」
「――突撃っ」
「――どどーん」
「消耗戦でした」
「メタン生命体の艦船に、損害多数」
「アルコン人の艦船にも、損害少なからず」
「そこに――」
「――ハルト船2隻も手向かってきた?」
「ミンテロル家のトレボンは~」
「――やむを得んっ」
「――惑星ドヴォルヌズごと、破壊だっ」
「アルコン爆弾で~」
「――どじゅうううっ」
「ハルト船2隻のうち1隻は、被弾して~」
「――ばーん」
「もう1隻は、すたこら撤退」
「マークスもクウアウルも、撤退」

 少しして、星系クムギア――

「妙な感じの球形船が、出現」
「――ワタシは~」
「――カルル人のレトゥウルです」
「――アルコン帝国に提案したいのです」
「――対ハルト人同盟を組みませんか?」
「ミンテロル家のトレボンは~」
「――まずは話を聞いてみるとしよう」
「会談の相手は~」
「カルル人、レトゥウル」
「だけでなく」
「ほっそりしたヒューマノイド、ヴェントロルド・グルヌスタン」
「同じく、ノシュナル・オルラサド」
「見慣れない種族の出身、トモウグハシュ」
「3名も同席」
「……」
「さて」
「レトゥウルの語るトコロによれば~」
「――ハルト人は~」
「――単性生殖で増えますが~」
「――親と子が、完全に同一にならないように~」
「――外部遺伝子プールというのを用いています」
「――コレを、計画的に変異させたり~」
「――ココに、他の種族の遺伝素質を持ちこんだりして~」
「――取りこんで~」
「――種族の遺伝子を新しくするのです」
「トモウグハシュの語るトコロによれば~」
「――ココに取り出しましたウィロイドを~」
「――ハルト人の外部遺伝子プールに混ぜて~」
「――ハルト人の遺伝子にまぎれこませて~」
「――時機を見て、開始インパルスで活性化するのです」
「――さすれば~」
「――ウィロイドが含む業病が発症して~」
「――ハルト人は、ばったりです」
「提案する側のレトゥウルは~」
「――では、首星に戻って~」
「――アルコン帝国の皇帝陛下のご裁可を仰いでください」
「くらいのつもりでした」
「が」
「ミンテロル家のトレボンは~」
「――皇帝陛下のご裁可を仰ぐまでもないっ」
「――提案をうけようっ」
「即決」

 星系クムギア――

「アルコン艦隊は~」
「星系に踏みとどまるマークス艦3隻を、掃討」
「この作戦を隠れ蓑にして~」
「トモウグハシュらは~」
「衛星カイキアルクにあるハルト人の外部遺伝子プールに~」
「ウィロイドを混ぜるのに成功」
「が」
「コレだけではダメとかいう」
「――あとは~」
「――ココが使われるように~」
「――他の場所にある主外部遺伝子プールを破壊しないといけないのです」
「――当然、厳重に守られています」
「――決死行なのです」
「ミンテロル家のトレボンは~」
「――その大役、このトレボンが引きうけようっ」
「即決」
「とはいえ、決死行です」
「――大切なヒトを連れていくコトはできないっ」
「スウナさんに~」
「――幸せに生きてくれっ」

 現在:星系ソカル=かつての星系クムギア――

「スウナさんの日記の描写からして~」
「トモウグハシュは~」
「おそらくトオゴンドゥ種族」
「ヴェントロルド・グルヌスタンとノシュナル・オルラサドは~」
「十中八九、ガルキド人」
「他に~」
「スウナさんがカルル人の船の中で見た何者か、というのは~」
「もしかして、ゲメンかもしれないという」
「ちなみに」
「ホムンクは~」
「――その日記は破壊すべきだっ」
「こだわりましたが~」
「エルンスト・エラートが~」
「――《ジェイソン》内部で厳重に保管しますから」
「確約したので、退いたという」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 Vritra は惑星ペルパンドロンの飛竜のコトとか。


d-information ◆ 1031 [不定期刊] 2018/05/07
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]