rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1021 [2018/02/26]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2948 . Verena Themsen / Sunset City / サンセット・シティ
2949 . Michael Marcus Thurner / Die Biophore / 搬生素
2950 . Uwe Anton & Christian Montillon / Der Sternenwanderer / 星の放浪者
2951 . Michelle Stern / Die Dynastie der Verlorenen / 失われし者の王朝
2952 . Michelle Stern / Wald der Nodhkaris / ノドフカリスの森
2953 . Robert Corvus / Der Mann von den Sternen / 星から来た男
2954 . Leo Lukas / Das Kleid des Jägers / 狩衣
2955 . Leo Lukas / Der Shod-Spiegel / ショド鏡

□ Perry Rhodan-Heft 2948話「サンセット・シティ」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 新銀河暦1551年11月、銀河系――

「アウレスのアダムは~」
「人工惑星ワンダラーから~」
「別の時間線のペリー・ローダン少佐50歳を、拾いあげて~」
「――人類には、新しい統一の象徴が要るのです」
「――昔ながらのペリー・ローダンであるアナタなら、適役です」
「改革の旗印にしよう、と夢を語ったり」
「が」
「今のままでは~」
「そもそもココに属さないペリー・ローダン50歳は~」
「長く保ちそうにありません」
「テクノ・マハディの友人たちの助言を得て~」
「――〈播生素〉で、生命エネルギーを補給するのだっ」
「〈播生素〉を研究しているという~」
「自由ギャラクティカー連盟の惑星ラスト・ホープへ」

 惑星ラスト・ホープ――

「サンセット・シティは~」
「惑星ラスト・ホープの苛酷な地表の薄明の中を、走り続ける~」
「6万名が暮らして働く、巨大移動研究ステーション」
「……」
「アウレスのアダム+ペリー・ローダン50歳は~」
「乗ってきた宇宙船を、警備隊に撃沈されましたが~」
「救命カプセルで、こっそり降下」
「――当地にも、テクノ・マハディの同志がいるのだ」
「科学者ペイン・ファーリングも、同志のひとり」
「アウレスのアダムのコトを~」
「――あの生ける伝説、アウリーム?」
「と呼んで、大感激したり」
「で」
「両名を、案内して~」
「サンセット・シティ警備隊の副隊長、同志テオ・タウレンのもとへ」
「……」
「同志テオ・タウレンは~」
「――サンセット・シティの安全が脅かされない範囲なら、良し」
「姪マル・トゥレクさん18歳と共に~」
「支援してくれるコトに」
「で」
「ペリー・ローダン50歳は~」
「テオ・タウレンの学友マット・デラノを名乗って~」
「テオ・タウレンの住居に身をひそめ~」
「アウレスのアダムは~」
「テオ・タウレンに扮して~」
「マル・トゥレクさんの手引きのもと~」
「いざ、情報収集へ」

 サンセット・シティ――

「オクストーン人のヨウコ・オルトクルさんは~」
「サンセット・シティの所長にして、警備隊長」
「――撃墜した未確認宇宙船から~」
「――救命カプセル1基が、脱出していたかもっ」
「サンセット・シティの警戒レベルを引き上げたり」

 サンセット・シティ――

「テオ・タウレン(アウレスのアダム)は~」
「――〈播生素〉を生産する〈創世計画〉について探るのだ」
「欲しいのは~」
「〈播生素〉のうち、生命を育むオン量子の方」
「――〈創世計画〉を指導するのは?」
「――科学者アルバン・モヌタリウ+科学者バージル・オベルグ?」
「研究所に探りを入れてみると~」
「――〈播生素〉運搬用のフラスコの開発にも成功している?」
「フラスコを形作る~」
「エクリッセ=ハイパー水晶を埋めこんだ赤金色の合金が~」
「〈播生素〉を保持するカプセル場を発生するとかいう」
「で」
「テオ・タウレン(アウレスのアダム)+マル・トゥレクさんは~」
「実験を見学するコトに」
「……」
「科学者アルバン・モヌタリウは~」
「――ワタシは~」
「――自分のU"BSEF定数を変える能力があるのです」
「――SEMT帽を介して~」
「――自分のU"BSEF定数の5次元への投影を~」
「――パラトロン場に反映させて~」
「――コレを道具に使って~」
「――感覚的に〈播生素〉を操作できるのです」
「――ばりばりばりっ」
「科学者アルバン・モヌタリウ+科学者バージル・オベルグは~」
「〈播生素〉を複製して増やそうとしているのだとか」
「――増やした〈播生素〉からエイリスを生成して~」
「――超知性体〈それ〉のかつての〈力の球形体〉に播けば~」
「――群がってくる超知性体なり、そのテの存在を遠ざける~」
「――虫よけになるかもなのです」
「が」
「テオ・タウレン(アウレスのアダム)としては~」
「計画のそうした壮大な部分は、どうでも良いわけで」
「――(やったぜっ)」
「――(コイツらが扱っているのは、オン量子だっ)」
「――(なんとしても頂戴するぜっ)」

 サンセット・シティ――

「所長にして警備隊長、ヨウコ・オルトクルさんは~」
「テオ・タウレン(アウレスのアダム)を、詰問」
「――どうして無関係の実験を見学したのですか?」
「これに対して~」
「テオ・タウレン(アウレスのアダム)は~」
「――あの両名は信用なりません」
「――アラスのバクフナヴァと何やらたくらんでいる疑惑が、あるのです」
「……」
「アラスのバクフナヴァは~」
「惑星ラスト・ホープの原住生物〈走れ走れ〉を研究している、生物学者」
「――〈走れ走れ〉が~」
「――噛んでつながって、53体がつらなると~」
「――不完全ながら、意識を形成」
「――知性を育むノオン量子みたいな6次元関連量子が、生成されるのだっ」
「とかいう研究を、しているとかいう」
「……」
「テオ・タウレン(アウレスのアダム)の返答に~」
「ヨウコ・オルトクルさんは~」
「――わかりました」
「了解したフリをしながら、疑いを捨てきれず」
「で」
「――テオ・タウレンの居候マット・デラノ?」
「とかいう人物を調べたトコロが~」
「――怪しいわっ」
「テオ・タウレンの住居に乗りこむと~」
「――アナタは何者なのっ」
「ペリー・ローダン50歳の正体を暴いたり」

 サンセット・シティ――

「テオ・タウレン(アウレスのアダム)は~」
「あのように語ってしまったので、仕方なく~」
「マル・トゥレクさんと共に~」
「アラスのバクフナヴァの身辺を探る」
「と」
「――バクフナヴァに協力する~」
「――〈走れ走れ〉の食習慣の専門家、テラナーのドロデナが~」
「――本当に怪しい?」
「……」
「テオ・タウレン(アウレスのアダム)+マル・トゥレクさんは~」
「ドロデナのもとに出向いて~」
「――アナタは、もしや~」
「――テフローダー国家〈新タマニウム〉の秘密諜報機関〈ガラスの島〉の~」
「――スパイですね?」
「詰問してみると~」
「大当たり」
「ドロデナは~」
「――今の自由ギャラクティカー連盟の方向性は間違っているっ」
「――だから、ボクは〈新タマニウム〉に力を貸すんだっ」
「対して」
「テオ・タウレン(アウレスのアダム)は~」
「――ならば~」
「――〈新タマニウム〉の指導者ヴェトリス=モラウドと~」
「――参謀ゼノ・コルティンに~」
「――直接に会う機会を、作ってはもらえまいか?」
「――かわりに~」
「――人工惑星ワンダラーの座標を教えよう」
「マル・トゥレクさんは~」
「テオ・タウレン(アウレスのアダム)のふるまいを見ていて~」
「不安になりました」
「――このヒト、本当に信用して良いの?」
「これに対して~」
「アウレスのアダムは~」
「――自由ギャラクティカー連盟を害するコトはしないっ」
「と、誓ってみせたり」

 サンセット・シティ――

「テオ・タウレン(アウレスのアダム)+マル・トゥレクさんが~」
「サンセット・シティの住居に戻ると~」
「――!」
「ヨウコ・オルトクルさんが~」
「銃をかまえて、待ちかまえていたり」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 だいじょうぶな感じがしません。


d-information ◆ 1021 [不定期刊] 2018/02/26
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]