rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1020 [2018/02/19]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2947 . Kai Hirdt / Rhodans letzte Hoffnung / ローダン最後の希望
2948 . Verena Themsen / Sunset City / サンセット・シティ
2949 . Michael Marcus Thurner / Die Biophore / 搬生素
2950 . Uwe Anton & Christian Montillon / Der Sternenwanderer / 星の放浪者
2951 . Michelle Stern / Die Dynastie der Verlorenen / 失われし者の王朝
2952 . Michelle Stern / Wald der Nodhkaris / ノドフカリスの森
2953 . Robert Corvus / Der Mann von den Sternen / 星から来た男
2954 . Leo Lukas / Das Kleid des Jägers / 狩衣
2955 . Leo Lukas / Der Shod-Spiegel / ショド鏡

□ Perry Rhodan-Heft 2947話「ローダン最後の希望」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 新銀河暦1551年11月、銀河系――

「アウレスのアダムは~」
「星系ヴェガにあらわれた、人工惑星ワンダラーで~」
「エルンスト・エラート一行に、出し抜かれたものの~」
「ふたつ、拾いモノをしました」
「まずは~」
「ホムンクの手足一式」
「もうひとつは~」
「人工惑星ワンダラーにある~」
「別の時間線の飛び地のひとつエンケラドゥスにいた~」
「別の時間線のペリー・ローダン少佐50歳」
「――コチラの世界のペリー・ローダンは~」
「――人類のさらなる発展をさまたげる老害なのです」
「――人類に新たな針路を示すことができる~」
「――新しい統一の象徴が要るのです」
「――昔ながらのペリー・ローダンであるアナタなら、適役です」
「――そのために~」
「――若返ってもらいます」
「アウレスのアダム+ペリー・ローダン50歳は~」
「人工惑星ワンダラーを出て~」
「直径100mのダイアナ級球形船《サラ・コンスタントII》を入手」
「細胞シャワーを目当てに、若芽《キルディン》を目指す」
「が」
「――若芽《キルディン》が、破壊された?」

 11月15日、M13球状星団のはずれ、星系ブメラサト――

「アウレスのアダム+ペリー・ローダン50歳は~」
「アルコン艦隊の封鎖網をかいくぐり~」
「惑星スムルドにアルコン人が置いた仮設基地に、潜入」
「――若芽《キルディン》の瓦礫の山で?」
「――細胞シャワーを探している……と思ったら?」
「――犠牲になったアルコン兵の遺体を回収しているだけ?」
「探っているうちに、正体がバレました」
「――!」
「脱出に際して、両名は~」
「――?」
「得体の知れない高次元的な鬼火みたいなモノとコンタクト」

 《サラ・コンスタントII》は、星系ブメラサトを離脱――

「そうして、気づいてみれば~」
「――?」
「ペリー・ローダン50歳が~」
「――若返っている?」
「ペリー・ローダン(本物)と見分けがつかないほど」
「――どうして?」
「アウレスのアダムは~」
「6次元の現象に反応するホムンクの手足を使って~」
「ペリー・ローダン50歳のU"BSEF定数を調査」
「わかりました」
「――アナタは~」
「――アナタの飛び地が埋めこんであった6次元領域の一部を~」
「――殻みたいに、まとっていたのです」
「――が」
「――鬼火みたいなモノとコンタクトした時に~」
「――殻みたいなモノは、破れてしまって~」
「――何やら時間的な現象をおこして~」
「――アナタを若返らせたのです」
「殻がなければ~」
「そもそもこの宇宙に属さないペリー・ローダン50歳は~」
「長く保ちません」
「かといって」
「人工惑星ワンダラーに戻って~」
「もとの飛び地に戻るのは、超大変」
「……」
「アウレスのアダムは~」
「テラナーの科学者や政治家や芸術家からなる~」
「人類の自立を目指す団体=テクノ・マフディと~」
「交流があります」
「テクノ・マフディの友人たちの助言を得て、ひらめきました」
「――〈播生素〉を使って~」
「――生命エネルギーを供給するのだっ」
「……」
「憶えて、いるでしょうか?」
「かつて――」
「局部銀河群のハンガイ銀河に〈負の球体〉を建設しようとして~」
「終末戦隊〈反逆者〉を率いてやってきた~」
「超知性体コルトロク」
「迎え討つため~」
「ペリー・ローダン(本物)は~」
「もと〈力強き者〉ヌスコギヌスがつくった〈播生素〉のミニアンプルを~」
「――ぷちっ」
「見事、コルトロクを討ち果たしたり」
「で」
「現在――」
「星系ボロの研究惑星ラスト・ホープでは~」
「その時の〈播生素〉を再生産できないものかと~」
「研究が続いているのだとか」

 星系ボロ――

「《サラ・コンスタントII》が、星系に進入したところで~」
「――ナノゲンによる目くらましが、不調に?」
「星系警備艦隊に見つかって~」
「――どどーん」
「《サラ・コンスタントII》は~」
「――ばーん」
「が」
「アウレスのアダム+ペリー・ローダン50歳は~」
「ナノゲンで目くらましした救命カプセルで~」
「惑星ラスト・ホープへと降下」

 惑星ラスト・ホープ――

「両名は~」
「研究施設に、無事潜入」
「テクノ・マハディ所属の科学者ペイン・ファーリングに接触」
「――〈播生素〉と、その研究成果が欲しい?」
「アウレスのアダムは~」
「肯いて曰く」
「――ワレワレは創世計画をなしとげるのだ」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 だいじょうぶ、なのでしょうか。


d-information ◆ 1020 [不定期刊] 2018/02/19
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]