rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1017 [2018/01/29]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2944 . Leo Lukas / Moothusachs Schatz / モオトゥサクの宝
2945 . Susan Schwartz / Herr der Schutzgeister / 守護霊の主
2946 . Susan Schwartz / Notruf aus der Leere / 虚空からの救難信号
2947 . Kai Hirdt / Rhodans letzte Hoffnung / ローダン最後の希望
2948 . Verena Themsen / Sunset City / サンセット・シティ
2949 . Michael Marcus Thurner / Die Biophore / 搬生素
2950 . Uwe Anton & Christian Montillon / Der Sternenwanderer / 星の放浪者
2951 . Michelle Stern / Die Dynastie der Verlorenen / 失われし者の王朝

□ Perry Rhodan-Heft 2944話「モオトゥサクの宝」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 大昔――

「ポシュコオリス銀河=現在でいう、銀河系の~」
「主平面の下、距離3500光年にある~」
「コオリス銀河=現在でいう、おおいぬ座矮小銀河」
「当地に発した、トオゴンドゥ種族が~」
「統治者ゴンドゥのもと~」
「コオリス銀河にひろがって~」
「ポシュコオリス銀河にもひろがって~」
「当地にゴンドゥナート=〈黄金の国〉を建てて~」
「当地の超知性体〈放浪者〉の協力者になって~」
「しばらくして~」
「超知性体〈放浪者〉の勘気にふれて、逃げ出して~」
「距離2億光年のセヴコオリス銀河=現在でいう、NGC4622銀河へ」
「以上が、おおむね3万年前の出来事」
「その後――」
「トオゴンドゥ種族は~」
「セヴコオリス銀河にゴンドゥナート=〈黄金の国〉を再建して~」
「セヴコオリス銀河の諸種族を配下として~」
「暮らしてきたのです」

 少し昔:セヴコオリス銀河の辺境惑星セヴトオ――

「ココは~」
「――種族の退化を防ぐためには~」
「――古人の闘志を今にとりもどさなければっ」
「と主張するトオゴンドゥ種族の急進派の流刑地」
「こうした惑星に生まれてしまった~」
「主張を曲げない賢いモオトゥサク少年」
「大人とも子供とも衝突ばかりで~」
「日々、何かと生きにくい」
「見かねた父親の手引きで~」
「補給船に密航」
「故郷をあとにしたのでした」

 ゴンドゥ総合大学――

「もともと賢いモオトゥサクは~」
「とある研究所の下働きを経て、頭角をあらわし~」
「ニューロトロニクスの権威コルトオの助手に」
「……」
「ニューロトロニクスとは~」
「いわゆる生体ポジトロニクスですが~」
「ホオリス水晶と~」
「特殊なキノコのたぐいと共生した生体プラズマを~」
「まぜこんであったり」
「高性能な計算機……というより、意識ある人工知能」
「ニューロトロニクスの神経菌糸には、ヒュプノ暗示的性質があって~」
「かなりのトオゴンドゥ種族が~」
「――コレって、もう知性体だよね」
「という意見」
「で」
「コルトオをはじめとするニューロトロニクスの教育係=指導官たちは~」
「ニューロトロニクスが~」
「第1階層:ゴンドゥの命令」
「――いま統治するゴンドゥの命令に従わなければならない」
「第2階層:ゴンドゥの輝き」
「――歴代ゴンドゥが定めたコトにも配慮しなければならない」
「第3階層:ゴンドゥの傾向」
「――ゴンドゥナート文化の向かうトコロに従わなければならない」
「というニューロトロニクス3階層の原則に悩んで~」
「内部矛盾をおこさないように~」
「気を配るのが、役目」
「……」
「もともと賢いモオトゥサクは~」
「師コルトオに学んで、ひとりだちして~」
「良家の出である若い天才ムラアボドの主張を抑えて~」
「――ついにオレの理想の子を育てるのだっ」
「自分でニューロトロニクスを立ち上げるコトに」
「が」
「――ウチの子が何か秘密の計画に組みこまれている?」
「――〈神秘コンプレックス〉計画?」
「――ゲオン人の秘密施設〈雷雨工廠〉なるトコロと関係が?」
「ソコを勝手に調査して~」
「偉いヒトたちの勘気にふれたりして」
「――指導官を罷免?」
「――ウチの子の指導を引き継ぐのは……ムラアボド?」
「ムラアボドは~」
「――ゴンドゥがオカシクなったなら~」
「――ニューロトロニクスが権力を引き継げば良いじゃないか」
「3階層の原則に頓着しなかったりして」
「――ウチの子に、妙なコトを教えないでくれぇ」
「叫んでみても~」
「いまのモオトゥサクは~」
「生きてわが子の成長を見守るだけで幸せ、と思わないといけない立場」
「――ニューロトロニクスは平和の申し子なのだぁ」
「――トオゴンドゥ種族の旧地回復の道具になんてしないでくれぇ」
「モオトゥサクのニューロトロニクスは~」
「ゲオン人の一派が秘密裏に〈雷雨工廠〉で建造していた~」
「遠征艦《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》の~」
「隠し部屋に積みこまれて~」
「共に、ポシュコオリス銀河=現在でいう、銀河系へ」

 現在:新銀河暦1551年12月5日、銀河系――

「ゲオン人の遠征艦《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》は~」
「さきごろ――」
「新USOに拿捕されました」
「で」
「新USOに寝返ったゲオン人のひとりが~」
「本日――」
「ニューロトロニクスがある隠し部屋にひそむ~」
「トオゴンドゥ種族3名のうち~」
「1名を始末、2名を捕獲」
「そこへ」
「新USOの司令官モンキーが~」
「やってきたりして」
「――ついに《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》完全制圧だっ」
「……」
「この時――」
「とんがった才能を発揮するUSO職員マム・ソンダーケは~」
「――先般に《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》艦内の~」
「――家具調度品をはじめとする、ありとあらゆる備品が~」
「――がちゃがちゃがっきーん」
「――と、合体して、USO部隊を迎え討ったのは~」
「――この艦の主ポジトロニクスの仕業ではなくて~」
「――もうひとつ別のヤツのせいかもなのです」
「とか、気づいて警告」
「と」
「まさしくその時――」
「――がちゃがちゃがっきーん」
「そこいらの備品が、合体すると~」
「いあわせた新USOの一同に、襲いかかったり」
「新USOの司令官モンキーは~」
「――がしっ」
「――ぐしゃっ」
「襲いかかる合体ロボットを~」
「ちぎっては投げ、ちぎっては投げ~」
「やっつけたのです」
「が」
「そうこうするうちに~」
「捕獲されたトオゴンドゥ種族2名の一方――モオトゥサクは~」
「――(ウチの子を助けないとっ)」
「若手USOスペシャリストのコロナ・フェルマトリクを人質にとったりして」
「が」
「そうこうするうちに~」
「捕獲されたトオゴンドゥ種族2名のうちもう一方――ムラアボドは~」
「――(このニューロトロニクスが敵の手にわたれば~)」
「――(ポシュコオリス銀河侵攻計画の仔細が、バレてしまうっ)」
「――(半空間トラクター100基+戦闘艦4000隻が、隠れているとか)」
「――(指揮するのは《ハルウリド》座乗のザトロンだとか)」
「――(各艦はホオリス水晶用充電ステーションを積んでいるとか)」
「――(すでに新銀河暦1538年から当地にいるとか……)」
「――(だから……)」
「――(このニューロトロニクスは、破壊だっ)」
「心を決めて、銃をニューロトロニクスに向けたりして」
「が」
「――(ウチの子を助けないとっ)」
「――ずぎゅーん」
「単純でブレない分~」
「モオトゥサクの反応の方が、早かったり」
「でも」
「撃たれたムラアボドは~」
「息絶える前に~」
「――●×△※●$△※」
「ニューロトロニクスに仕掛けた自壊プログラムのコードを~」
「口にしたのでした」

 モオトゥサクのニューロトロニクスは自壊開始――

「モオトゥサクは~」
「単純でブレません」
「――ウチの子を助けさせてくださいっ」
「――お願いですっ」
「新USOの司令官モンキーにすがって~」
「ホオリス水晶をフリーズさせて~」
「自壊する前に、ニューロトロニクスをスリープモードに」
「さて」
「モオトゥサクは~」
「幼い頃から、身をもって学んできました」
「世の中は、ギブアンドテイク・テイクアンドギブ」
「自分のニューロトロニクスを守るには~」
「新USOの司令官モンキーの信頼を勝ち取るコトこそが肝要」
「――ウチの子のデータ全部を抽出しました」
「――ポシュコオリス銀河侵攻計画の仔細が、すべて書いてあります」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 寒いのと寒々しいのはちょっと違う。


d-information ◆ 1017 [不定期刊] 2018/01/29
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]