rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

1015 [2018/01/15]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2942 . Hubert Haensel / Geschwisterkampf / 骨肉の争い
2943 . Michael Marcus Thurner / Monkey und der Savant / モンキーと学者
2944 . Leo Lukas / Moothusachs Schatz / モオトゥサクの宝
2945 . Susan Schwartz / Herr der Schutzgeister / 守護霊の主
2946 . Susan Schwartz / Notruf aus der Leere / 虚空からの救難信号
2947 . Kai Hirdt / Rhodans letzte Hoffnung / ローダン最後の希望

□ Perry Rhodan-Heft 2942話「骨肉の争い」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/erstauflage ]

 (承前)

 新銀河暦1551年11月、銀河系――

「かつてトオゴンドゥ種族がセヴコオリス銀河に連れていった~」
「戦艦《オリオン》のテラナー乗員たちの~」
「その子孫=ゲオン人は~」
「球状星団〈オリオンの地〉に、第二太陽系帝国なる国家を建設」
「――銀河系に戻って、太陽系帝国を再興するのだ」
「――遠征隊を派遣するのだ」
「遠征隊提督アムバー・デサリーヌさんが率いる~」
「巨艦《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》は~」
「夢への第一歩として~」
「新USOの司令部キント・センターを~」
「攻略しようとしました」
「が」
「USO司令官モンキーは、海千山千」
「反攻して~」
「――!」
「《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》を、あっさり制圧」

 新USOの司令部キント・センター――

「――ずぎゅーん」
「――どかーん」
「施設のあちらこちらから~」
「まだ時折、銃声などが聞こえてきたり」
「こうした中~」
「《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》に撤退する部隊を離れて~」
「施設内部に踏みとどまった~」
「ゲオン人の少佐ファオライン・セッテンバーは~」
「USO司令官モンキーに囚われたままの~」
「双子の姉妹アゴスティーナ・セッテンバーさんのコトが気掛かり」
「両名のあいだには~」
「両名のあいだでだけ通じるテレパシー、みたいな絆があったり」
「――8歳の頃に、この能力に気づいてからずっと~」
「――ボクたちを深くつないでくれていたのにっ」
「――なのに、どうして今は通じないんだっ」
「……」
「モンキーが~」
「両名の能力を充分にわかった上で~」
「アゴスティーナ・セッテンバーさんを~」
「遮蔽した部屋に入れていたのでした」

 キント・センター内部――

「ゲオン人のファオライン・セッテンバー少佐は~」
「あれこれ探って~」
「考えて~」
「アゴスティーナ・セッテンバーさんの行方を捜索」
「でも」
「施設内部が常態に復するにつれて~」
「――そろそろ身を隠しているのも限界かも」
「弱気になったトコロで~」
「情報をつかみました」
「――モンキーは《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》にいる?」
「――捕虜も連れていっているかも?」
「ファオライン・セッテンバー少佐は~」
「資材コンテナを運搬する医療関係者のIDチップを入手」
「――《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》へ、急いで戻るのだっ」

 ゲオン人の巨艦《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》――

「ファオライン・セッテンバー少佐が~」
「《イワン・イワノヴィッチ・ゴラチン》へと戻る~」
「まさしく、そのタイミングで~」
「アゴスティーナ・セッテンバーさんと~」
「テレパシー的な連絡がとれたりして」
「――!」
「――通じたっ(ひゃっほーいっ)」
「でも」
「最悪のタイミングでした」
「ファオライン・セッテンバー少佐は~」
「喜びのあまり、注意力が散漫に」
「やらかして、見つかって、包囲されて~」
「――生きて虜囚の辱めをうけずっ」
「追いつめられたり」
「と」
「そこへ~」
「USO司令官モンキーと~」
「アゴスティーナ・セッテンバーさんが~」
「つれだって、到着」
「で」
「アゴスティーナ・セッテンバーさんは~」
「USO司令官モンキーに教え諭された~」
「第二太陽系帝国なり、トオゴンドゥ種族なりの真実などを~」
「テレパシーで、ファオライン・セッテンバー少佐に開示」
「――!」
「ファオライン・セッテンバー少佐は~」
「――え? 何それ?」
「武器を取り落として~」
「投降を余儀なくされたとかいう」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 1月もなかばです。


d-information ◆ 1015 [不定期刊] 2018/01/15
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]