rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

989 [2017/07/17]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2916 . Kai Hirdt / Gestohlenes Leben / 盗まれた生命
2917 . Hubert Haensel / Reginald Bulls Rückkehr / レジナルド・ブルの帰還
2918 . Oliver Fröhlich / Die Psi-Verheißung / プシの約束
2919 . Wim Vandemaan / Die Enklaven von Wanderer / ワンダラーの飛び地
2920 . Leo Lukas / Die besseren Terraner / 良い方のテラナー
2921 . Michael Marcus Thurner / Die Gewitterschmiede / 雷雨の鍛冶場
2922 . Uwe Anton / Die Nacht der 1000 / 千人の夜
2923 . Michelle Stern / Angriff auf den Spross / 若芽への攻撃

□ Perry Rhodan-Heft 2916話「盗まれた生命」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2916-gestohlenes-leben.html ]

 (承前)

 新銀河暦1551年、銀河系、M13球状星団、惑星ギルモマル――

「アトピック法廷の余計なお世話と~」
「ティウフォル人の襲来おかげで~」
「アルコン人の帝国は、瓦解」
「もとアルコン帝国の中心部だったM13球状星団は~」
「いくつもの〈星の男爵領〉に分かれました」
「なかでも大きい、惑星ギルモマルが束ねる〈星の男爵領〉は~」
「貴族階級の没落と~」
「下層階級の台頭により~」
「貴族の系譜の男爵グノトル家のイェルゲオと~」
「庶民が選挙した男爵セゴス・イシレアの~」
「両名が治めるトコロとなっていたり」
「こうした惑星ギルモマルの首都シェルノスに~」
「成長する宇宙船=若芽《キリディン》が出現」
「船内から、ゲメンなる種族のバル=司令官カルナイムが~」
「――ワレワレは、〈ゲショド〉の委託により~」
「――超知性体〈それ〉のかつての〈力の球形体〉を覆う防衛圏を~」
「――建設したいのです」
「――惑星ギルモマルに、第3のパキシェ根茎を植えるのです」
「――贈り物といっては何ですが~」
「――〈星の男爵領〉ギルマモルと周辺のすべての生命体を招待します」
「――細胞シャワーによる不死をさしあげます」
「いろいろあって、けっきょく~」
「貴族の系譜の男爵グノトル家のイェルゲオは~」
「若芽《キリディン》の発見者である~」
「知恵遅れのスプリンガーの娘キリディンちゃんと~」
「キリディンちゃんの保護者=祖母クエンドレッサをともない~」
「若芽《キリディン》へ」

 惑星ギルモマルの首都シェルノス近郊、若芽《キリディン》――

「ゲメンのバル=司令官カルナイムは~」
「3名をゲメン曰くの細胞シャワーのもとへ案内」
「説明によると~」
「かつて超知性体〈それ〉の惑星ワンダラーにあった細胞シャワーとは~」
「少し違うようです」
「――1回で52アルコン年だけ身体を若返らせる装置なのです」
「――必要な分だけ、何回でもかかれます」
「子供は消えてなくなってしまうような気がしますが~」
「――そういうコトはありません」
「――もちろんコレで~」
「――キリディンちゃんの知恵遅れも癒やせます」
「どうも理屈がよくわかりません」
「で」
「キリディンちゃんの祖母クエンドレッサは~」
「――保護者として、ためしにアタシが処置してもらうとしようかね」
「男爵であるグノトル家のイェルゲオも~」
「――それなら、余も処置してもらおうっ」

 惑星ギルモマル――

「グノトル家のイェルゲオの留守中をまかされた~」
「バルグク家のザロイアさんは~」
「副官、コルバ家のエヴェエイアスが勝手をするのに~」
「手を焼いたりする」
「――オルボノト家の傭兵艦隊に?」
「――若芽をトランスフォーム砲で砲撃しろ、と指示した?」
「オルボノト家が拒否してくれて、事無きを得たり」

 若芽《キリディン》――

「細胞シャワーの処置を終えて~」
「キリディンちゃんの祖母クエンドレッサは~」
「――はっ」
「ピチピチの赤毛の美女に戻って、目覚めたり」
「また」
「グノトル家のヴェルゲオは~」
「――はっ」
「――若返っているだけ……ではない?」
「――当時より筋肉隆々……みたいな?」
「だけでなく」
「――あたりまえだ、この馬鹿者めがっ」
「病気で長年だんまりだった付帯脳も~」
「――当時より毒舌……みたいな?」
「回転が良くなった頭で、アレコレ考えるに」
「――今回のオレは~」
「――アルコン年で52年を2回分=104年分、若返ったというけれども~」
「――アルコン年の104年というのは~」
「――テラナーどもの使う暦で124年」
「――処置時間をテラの単位に換算してみると~」
「――ちょうどぴったり124分」
「――どうして惑星テラの単位……?」
「――細胞シャワーというからには~」
「――超知性体〈それ〉のトコロの技術だろうし?」
「――アルコン人は、昔のお気に入りに過ぎないし?」
「――テラナーは、今のお気に入りだし?」
「――でも?」
「――てコトは、まだゲームは続いているのか?」
「――まさか?」
「――惑星テラの若芽《イェト》の騒動は、みせかけで?」
「――この惑星ギルモマルの若芽《キリディン》は、連中の作戦?」
「コワい考えが浮かんでしまったりする」
「……」
「ともあれ」
「キリディンちゃんも~」
「細胞シャワーにかかって~」
「7年のあいだカタコトしか話せなかったのが~」
「あれこれ語って活発に動けるようになったという」

 若芽《キリディン》――

「グノトル家のヴェルゲオは~」
「――画像処理で、もとの歳にみせて、っと」
「――オレの若返りは秘密にしておこう」
「とかしているうちに~」
「――あれ?」
「付帯脳に~」
「身体の制御を乗っ取られて~」
「――細胞シャワーを強奪して、わがモノとするのだっ」
「ロボットに命じて、勝手な作業をはじめたり」
「と」
「その時――」
「キリディンちゃんが~」
「――ららら~」
「いまだかつて誰も聞いたコトのない歌を~」
「――ららら~」
「歌いはじめたりして」
「と」
「ロボットは、作業を停止」
「グノトル家のヴェルゲオの付帯脳も、通常運転に復帰」
「……」
「その後――」
「グノトル家のヴェルゲオは~」
「――オレ、正常」
「――自我も記憶も、何も問題ない」
「――そうだ……問題ないのだ」
「――さて……オレの宮殿にもどるコトにしよう」
「正常と思いこんでいるあたりが~」
「みていて不安ではあるのですが」

 同じ頃――

「グノトル家のイェルゲオの留守中をまかされた~」
「バルグク家のザロイアさんは~」
「――巨船1隻があらわれた?」
「――グワロン級2隻を船尾でつないだみたいな……?」
「といえば~」
「思い当たるのは、ひとつだけ」
「――もとアルコン帝国皇帝陛下ボスティク1世の旗艦《ゴス・テュサンII》?」
「とりいそぎ出向いて~」
「ボスティク1世に拝謁することに」
「……」
「――くれぐれも、驚かれませぬように」
「事前に忠告されてはいたのですが」
「――!」
「かたわらにハルト人サウル・マウドをともなう~」
「もと皇帝陛下は~」
「もうアルコン人には見えません」
「ハルト人のような黒い肌」
「頭は無毛」
「両眼はハルト人さながらに赤い」
「右腕は異常なほど筋肉が盛り上がって~」
「そうした変わりはてたありさまでしたが~」
「――朕は、アルコン帝国皇帝であるっ」
「――いまよりギルモマルの全軍は朕が指揮するっ」
「――若芽《キリディン》を制圧するか破壊するのだっ」
「――惑星ギルモマルを犠牲にしてもかわまぬっ」
「――銀河系を脅かすゲメンを排除するのだっ」
「言うコトはあいかわらず、の皇帝陛下なのでした」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 そろそろ、NEO刊行。


d-information ◆ 989 [不定期刊] 2017/07/17
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]