rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

987 [2017/07/03]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2914 . Michelle Stern / Im Bann des Pulsars / パルサーの呪縛の中で
2915 . Verena Themsen / In Arkons Schatten / アルコンの影の中
2916 . Kai Hirdt / Gestohlenes Leben / 盗まれた生命
2917 . Hubert Haensel / Reginald Bulls Rückkehr / レジナルド・ブルの帰還
2918 . Oliver Fröhlich / Die Psi-Verheißung / プシの約束
2919 . Wim Vandemaan / Die Enklaven von Wanderer / ワンダラーの飛び地

□ Perry Rhodan-Heft 2914話「パルサーの呪縛の中で」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2914-im-bann-des-pulsars.html ]

 (承前)

 新銀河暦1551年10月、セヴコオリス=NGC4622銀河――

「銀河系から来た巨艦《ラス・ツバイ》は~」
「星系ティジラルから10光年のトコロに潜伏中」
「――ペリー・ローダン+随員3名の足どりを追うのだ」
「わかっているのは~」
「ペリー・ローダン一行が~」
「トオゴンドゥ種族の〈黄金の国〉の~」
「次期支配者グオゴンドゥのプオショオルの~」
「旗艦《ダアイデム》で~」
「星系ティジラルについたトコロまで」
「……」
「ペリー・ローダンとおつきあい中の~」
「アトル人の科学者シク・ドルクスタイゲルさんも~」
「心中穏やかならず」

 同じ頃、星系ソプラ――

「プオショオルの旗艦《ダアイデム》では~」
「――賓客ペリー・ローダン+随員3名の足どりを追うのだ」
「わかっているのは~」
「ペリー・ローダン一行が~」
「ソプラッス人の惑星ポラッスで~」
「反乱勢力に言いくるめられたか何かで~」
「パラ転移転送機で~」
「どこかに連れていかれたトコロまで」
「……」
「こんな状況にもかかわらず~」
「プオショオルの旗艦《ダアイデム》で催される社交の宴」
「その会場で~」
「余興として連れてこられた獣が逃げて、プオショオルを襲う」
「という事件が発生」
「――たんたららーん」
「いあわせた音楽家タウナアルさんが~」
「咄嗟の機転で奏でた調べに~」
「獣の注意がそれたトコロを~」
「――ぐっさり」
「プオショオルが、始末したりして」
「――諸君、コレはすべて余興であるっ」
「というコトにして~」
「なおも続く社交の宴」
「そこへ~」
「報告が入りました」
「――惑星ポラッスのパラ転移転送機の行き先は~」
「――距離511光年のパルサーです」
「早速~」
「《ダアイデム》は、問題のパルサーへ」
「と」
「――周回軌道上に?」」
「――ヴァンテノイル種族の銀河間転移船?」
「プオショオルは~」
「さっそく、増援3隻を呼びよせて~」
「――ヴァンテノイル種族の銀河間転移船を、拿捕するのだっ」
「プオショオル座乗の《ダアイデム》は~」
「安全なトコロから事態の推移を見守ったり」

 パルサー、オト=オトッヌ周回軌道――

「ペリー・ローダンは~」
「ペーネローペ・アシッドさん」
「ディーン・タンブリッジ」
「バロン・ダンフーザー」
「随員3名と共に~」
「ソプラッス人変異体のロロックン」
「ヴァンテノイル種族のエア=エアヴェンド」
「といった面々の手引きで~」
「パラ転移転送機により~」
「トオゴンドゥ種族の〈黄金の国〉の支配に意を唱える者たちが巣くう~」
「ヴァンテノイル種族の銀河間転移船《アン=アナヴェウド》へ」
「とはいえ」
「転送の時点で~」
「トオゴンドゥ種族の〈黄金の国〉の同盟者である~」
「第二太陽系帝国のゲオン人のギ・バルを~」
「呼びこんでしまったコトで~」
「一同を見る視線は冷たかったり」
「……」
「そうこうするうちに~」
「ペリー・ローダンは~」
「捕獲したギ・バルと対話」
「ゲオン人が機密と思わない範囲で~」
「第二太陽系帝国の歴史とか情報を聞き出したりして」
「これに対して~」
「ヴァンテノイル種族たちは~」
「――捕虜の精神を壊してでも、情報を引き出したい」
「とかいう意向」
「ペリー・ローダンは~」
「捕虜ギ・バルに、耳打ちして曰く」
「――助けてやるから~」
「――わが旗艦《ラス・ツバイ》に来てはくれまいか?」
「……」
「そうこうするうちに~」
「――どどーん」
「トオゴンドゥ船3隻が襲来」
「ヴァンテノイル種族たちは~」
「――この捕虜が呼びこんだのだっ」
「処刑しようとしたトコロへ~」
「ペリー・ローダンが~」
「――逃げるぞっ」
「ギ・バルを救出」

 銀河間転移船《アン=アナヴェウド》――

「ペリー・ローダン一行+ゲオン人のギ・バルは~」
「――ヴァンテノイル種族は?」
「――銀河間転移船《アン=アナヴェウド》をパルサーに落として?」
「――襲ってきたトオゴンドゥ船3隻をまきぞえにする気でいる?」
「脱出のため~」
「バロン・ダンフーザーは~」
「《ラス・ツバイ》とハイパー無線をつなごうとしますが~」
「あえなく失敗」

 巨艦《ラス・ツバイ》――

「トオゴンドゥ船を追ってきたら~」
「いわくありげなパルサーに来てしまいました」
「――トオゴンドゥ船3隻が、未知の巨船を襲っている?」
「――ローリン型スペースジェット1隻を派遣して~」
「――未知の巨船を偵察だっ」
「ペリー・ローダンとおつきあい中の~」
「アトル人の科学者シク・ドルクスタイゲルさんも~」
「偵察部隊に参加」

 銀河間転移船《アン=アナヴェウド》――

「ペリー・ローダン一行は~」
「ゲオンのギ・バルとタッグを組んで~」
「トオゴンドゥ種族の突入部隊を巧みにいなして~」
「偵察にきたシク・ドルクスタイゲルさんの部隊と合流」
「転送機で《ラス・ツバイ》へ」
「……」
「銀河間転移船《アン=アナヴェウド》は~」
「トオゴンドゥ船3隻を道連れに、パルサーへ墜落」
「――ばーん」

 巨艦《ラス・ツバイ》――

「ペリー・ローダンは~」
「――ギ・バルの協力を得て~」
「――次は、第二太陽帝国に行くのだ」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 もう7月なんですね。


d-information ◆ 987 [不定期刊] 2017/07/03
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]