rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

980 [2017/05/15]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ドイツ・ファンタスティーク大賞 2017
◇ペリー・ローダン近況


◆ドイツ・ファンタスティーク大賞 2017

 Deutscher Phantastik Preis の本年のノミネート作は、以下のとおり(ただし海外長篇部門は省略)。
 授賞式はオーバーハウゼンのファンタスティカにて9月2日の予定。

□ Bester deutscher Roman 国内長篇部門

・Kai Meyer / Die Seiten der Welt: Blutbuch / 世界の頁:血脈の書

「サンクチュアリは滅び~」
「ビブリオマティックワールドは救われた」
「と思いきや」
「――世界の頁のはざまから黄金のイデーがあらわれて?」
「――つぎつぎとレフギウムを喰らっている?」
「フーリアさんは、この世界の危機に立ち向かう」

 ――Die Seiten der Welt「世界の頁」三部作の第3部。FISCHER FJB 刊

・Katharina Seck / Die silberne Königin / 白銀の女王

「何十年も冬にとらわれたジルベルグランツ」
「が」
「エマさんが~」
「マダム・ヴェルトフレムトのチョコレート・ショップをたずねて~」
「白銀の女王の童話を語る時~」
「すべては変わるのです」

 ――Bastei 社

・Carina Zacharias / Emba - Magische Wahrheit / エンバ――魔力の真相

「エネルギーを魔物ルナールに依存する世界」
「――ルナール・ハンターに、わたしはなるっ」
「ハンター・スクールに入学したエンバは~」
「――生命にかかわる大事故?」
「――大手術?」
「挫折して~」
「世界の秘密を知って~」
「生きるため、戦うことになるのです」

 ――Emba「エンバ」第2巻、Bastei Entertainment

・Tommy Krappweis / Ghostsitter, Band 03: Hilfe, Zombie-Party! / 助けてゾンビー・パーティ!

「幽霊列車を相続した少年トム……の活躍?」
「を描くゴーストシッター・シリーズの第3巻」

 ――Egmont Schneiderbuch 社

・Markus Heitz / Wédōra - Staub und Blut / ウェドラ――塵と血

「砂漠のただなか」
「15ヵ国の交易路が集まる城塞都市ウェドラ」
「都市をなりたたせてきた泉は~」
「かつて砂漠の民の最大の聖地でした」
「――オラたちの泉をとりかえすだ」
「戦いが、はじまるのでした」

 ――Wédōra「ウェドラ」第1巻、Knaur 社

□ Bestes deutschsprachiges Romandebüt 国内長篇新人部門

・Nadine Erdmann / Cyberworld / サイバーワールド

「2038年――」
「ジェンマ、ジャミ、ザックは~」
「ソーシャルネットワークの~」
「インタラクティブなロールプレイングゲームの世界で~」
「ヴァーチャルなアドヴェンチャーを楽しむうちに~」
「昏睡状態に」
「――出られなくなっちゃった?」
「みたいな」

 ――Greenlight Press 社

・Nicole Gozdek / Die Magie der Namen / 名前の魔法

「少年19号は~」
「――立派な名をもらって英雄になるっ」
「夢見ていたのです」
「が」
「――ティラサン・パッサリオ?」
「――ソレって何?」
「与えられた名の意味を調べに~」
「首都〈天門市〉の大きな名前資料館をめざすコトに」

 ――ivi 社

・Matthias Teut / Erellgorh - Geheime Mächte / エレルゴル――秘密の力

「大きな戦争がありました」
「が」
「今となっては~」
「ジュカーバジャーンの諸種族」
「すなわち、ヒト、ドワーフ、ウルダの沼族たちは~」
「平和に生活」
「エルフとエルフの大都市エレルゴルは~」
「すでに伝説」
「霧海の魔法の霞に隠されていたり」
「こうした時代――」
「若い治療師アタルは~」
「――瀕死のオババさまに言われて、旅に出たんだ」
「皿洗い娘セレナは~」
「――妙な手紙をもらって、旅に出たのよー」
「街のコソ泥ピツは~」
「――追われてるんだよー」
「一同は、世界に迫る災厄をまだ知りません」

 ――エレルゴル三部作の第1巻、CreateSpace

・Laurence Horn / Rodinia - Die Rückkehr des Zauberers / ロディニア――魔法使いの帰還

「悲惨な戦争の結果~」
「ロディニアは大半荒廃」
「人類は滅亡寸前」
「魔術師たちは~」
「魔法使いたちに、勝利」
「再建をはじめて~」
「気象塔は、永遠の霧の壁でロディニアを封鎖」
「が」
「1000年後――」
「ロディニアの浜辺に~」
「ひとりの魔術師を乗せた船が出現したのです」

 ――Papierverzierer 社

・Jenny Karpe / Zwei Kontinente auf Reisen / 旅する二大陸

「大海の中に小島がひとつ」
「これこそ、キラとアーロンの故郷」
「――星はめぐらない」
「――地は震える」
「――いったい、いつ砕けてしまうコトか」
「不安でいっぱいの2部族の対立は深まるばかりで」
「――この線からこっちはルアン族の土地」
「――この線からこっちはアメリカ族の土地」
「キラとアーロンは、離ればなれになってしまいました」
「――故郷を救うために、禁を犯そう」
「――ボクたち、旅に出るんだっ」

 ――neobooks 社

□ Beste deutschsprachige Kurzgeschichte 短篇部門

・Andreas Eschbach / Acapulco! Acapulco! / アカプルコ! アカプルコ!
 ――ドイツSF大賞、クルト・ラスヴィッツ賞でもノミネート

・Faye Hell / Cock Sucking Porno Vampires from hell / 地獄から来たコック・サッキング・ポルノ・ヴァンパイア
 ――短篇集 Fleisch 4『肉4』に収録、Eldur 社

・Thomas Finn / Meister Calamitas' erstaunliche Kuriositäten / カラミタス師の驚くべき好奇心
 ――Briefgestöber 社

・Nora Bendzko / Wolfssucht / 狼病
 ――Galgenmärchen『首吊り童話』1、Selfpublisher 社

・Jenny Wood / Zombie Zone Germany: Letzter Plan / ゾンビー・ゾーン・ジャーマニー:最後のプラン
 ――Amru^n 社

□ Beste Original-Anthologie/Kurzgeschichtensammlung 短篇集部門

・Andreas Gruber / Apocalypse Marseille: 13 utopische Geschichten / 黙示録マルセイユ:理想郷譚13篇
 ――Luzifer 社

・Nadja Losbohm / Die Magie der Bücher / 本たちの魔法
 ――Selfpublisher 社

・Ingrid Pointecker 編 / Heimchen am Schwert: Femtasy mit starken Frauen / 主婦帯刀:烈女フェムタジー
 ――Ohneohren 社

・Christian Handel 他 / Hinter Dornenhecken und Zauberspiegeln / 茨垣と魔鏡の向こう
 ――Drachenmond 社

・Birgit Otten 編 / Roter Mond - 9 fantastische Geschichten / 赤月――幻想譚9篇
 ――BookRix 社

□ Bestes deutschsprachiges Hörspiel/Hörbuch 音声部門

・Cornelia Funke / Drachenreiter - Die Feder eines Greifs / 竜騎兵――グリフィンの羽
 ――Atmende Bücher/Oetinger

・Andreas Suchanek / Heliosphere 2265 / ヘリオスフィア2265
 ――Greenlight Press 社

・Maya Shepherd / Märchenhaft erwählt / 童話みたいに選ばれて
 ――Maya Shepherd

・Neil Gaiman / Niemalsland / ネバーウェア
 ――Bastei 社

・Markus Heitz / Wédōra - Staub und Blut / ウェドラ――塵と血
 ――Audible 社

□ Beste deutschsprachige Serie シリーズ部門

・Aurora / オーロラ
 ――Papierverzierer 社

・Das Erbe der Macht / 力の遺産
 ――Greenlight Press 社

・Die Chroniken der Seelenwächter / 魂の監視人の年代記
 ――Greenlight Press 社

・Die Phileasson Saga / フィレアッソン・サーガ
 ――Heyne 社

・Wächter-Chroniken / 守護者年代記
 ――Papierverzierer 社

□ Bester deutschsprachiger Grafiker / アート部門

・Alexander Kopainski
 ――Die Legenden von Karinth「カリントの伝説」第1巻(Sternensand 社)に対して

・Arndt Drechsler
 ――Die zweite Finsternis『二度目の闇』(Papierverzierer 社)に対して

・Melanie Philippi
 ――Rodinia - Die Rückkehr des Zauberers『ロディニア――魔法使いの帰還』(Papierverzierer 社)に対して

・Nadine Schäkel
 ――Aventurischer Almanach『アヴェンチュリア年鑑』(Ulisses Medien und Spiel Distribution 社)に対して

・Timo Kümmel
 ――Niemand - Mehr!『誰も――もう!』(Fabylon 社)に対して

□ Bestes deutschsprachiges Sekundärwerk 二次創作部門

・Olivia Vieweg und Klaus Vieweg / Die Philosophie in Star Trek / スタートレックの哲学
 ――Cross Cult

・Markus May, Michael Baumann 他 / Die Welt von >>Game of Thrones<<: Kulturwissenschaftliche Perspektiven auf George R.R. Martins >>A Song of Ice and Fire<< / 『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界:ジョージ・R・R・マーティン著『氷と炎の歌』についての文化科学的視点
 ――transcript

・Geek!-Magazin / ギーク!マガジン
 ――Panini Comics 社

・Julian Eilmann / J. R. R. Tolkien - Romantiker und Lyriker / J・R・R・トールキン――夢想家にして詩人
 ――Oldib Verlag

・phantastisch! neues aus anderen welten / ファンタスティシュ! 異世界ニュース
 ――Atlantis 社

□ Bester deutschsprachiger Comic コミック部門

・Markus Heitz, Che Rossié 他 / Die Zwerge: Band 2. Der Thronanwärter / ドワーフ第2巻、帝位候補者
 ――Splitter 社

・Lian | Mechanical Princess / 機械化王女
 ――Selbst 社

・Michael Peinkofer, Peter Snejbjerg 他 / Ork-Saga 1: Zwei Brüder / オーク=サーガ第1巻、二人兄弟
 ――Cross Cult 社

・Kai Hirdt, Marco Castiello 他
/ Perry Rhodan Comic 1: Die Kartografen der Unendlichkeit 1 / ペリー・ローダン・コミック第1巻、無限の地図製作者1
 ――Cross Cult 社

・Martin Fisher, Ingo Römling 他 / Star Wars Rebels Comic: Bd. 1: Widerstand / スター・ウォーズ反乱者たちコミック第1巻、抵抗
 ――Panini 社

【関連サイト】
・ドイツ・ファンタスティーク大賞については
[ http://www.deutscher-phantastik-preis.de/ ]


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2907 . Susan Schwartz / Der Spross YETO / 若芽《イェト》
2908 . Kai Hirdt / Das Gesetz der Gemeni / ゲメンの法
2909 . Wim Vandemaan / Adam von Aures / アウレスのアダム
2910 . Uwe Anton / Im Reich der Soprassiden / スプラッス人の国にて
2911 . Robert Corvus / Riss im Lügennetz / 嘘の網のほつれ
2912 . Robert Corvus / Der letzte Galakt-Transferer / 最後のギャラクト・トランスファーラー
2913 . Michael Marcus Thurner / Das neue Imperium / 新帝国
2914 . Michelle Stern / Im Bann des Pulsars / パルサーの呪縛の中で
2915 . Verena Themsen / In Arkons Schatten / アルコンの影の中

□ Perry Rhodan-Heft 2907話「若芽《イェト》」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2907-der-spross-yeto.html ]

 (承前)

 新銀河暦1551年、銀河系、惑星テラ――

「先般――」
「首都テラニアで~」
「イェト・カレル少年が拾った謎の種ぽいモノが~」
「若芽《イェト》=巨大な宇宙船ぽいモノに成長したりして」
「そこから~」
「ゲメンなる種族が~」
「あらわれて、曰く」
「――ワレワレは、〈ゲショド〉の委託により~」
「――超知性体〈それ〉のかつての〈力の球形体〉を覆う防衛圏を~」
「――建設したいのです」
「――星系ソルに、最初のパキシェ根茎を植えるのです」
「自由ギャラクティカー連盟の政庁首席ヘケネル・シャロウンは~」
「――貴殿らに、退去を求めるっ」
「通告したのですが~」
「ゲメンたちは~」
「まともに交渉に応じるでもなく~」
「――ゲメンは、贈り物を持ってきたのです」
「のらりくらり」
「贈り物のひとつを~」
「イェト・カレルくんに授けよう、とかいう」

 7月12日、自由ギャラクティカー連盟の首星テラ――

「星系ソル首相カイ・チェンさんは~」
「ゲメン問題対策会議を招集」
「参加者は~」
「自由ギャラクティカー連盟の政庁首席ヘケネル・シャロウン」
「国防担当の政庁大臣バージル・ヴィテリ」
「情報機関TLDの長官マウリッツ・ヴィンガーデン」
「――困ったコトに~」
「――若芽《イェト》のバル=司令官であるハッドフニスは~」
「――1000個の細胞活性装置を贈ろう、とか告知したのです」
「その結果」
「首都テラニアのアルデバラン宙港に鎮座する、若芽《イェト》には~」
「細胞活性装置を手に入れようと、数万人が殺到」
「――困ったコトに~」
「――若芽《イェト》は、誰にでも乗船を許可しているのです」
「情報機関TLDの長官マウリッツ・ヴィンガーデンは~」
「――殺到した申請者の中に、工作員をまぎれこませてあります」
「――あと……」
「――報道屋として助言してもらおうと、スクープ屋のゾマーを雇いました」
「とかいう」
「……」
「ゲメン問題対策会議を終えて~」
「政府は公式声明を出しました」
「――ゲメンのみなさんは~」
「――細胞活性装置が本物であるコトを証明してください」
「――住民のみなさんは~」
「――平静を保つようにお願いします」

 自由ギャラクティカー連盟の首都テラニアの一角で――

「イェト・カレルくん7歳は~」
「――次の発作がきたら~」
「――ボク、もうダメかもだし」
「細胞活性装置をもらおう、とココロを決めました」
「母ミラルド・カレルさん」
「父ペンド・カレル」
「アラスの主治医ブヌル」
「に付き添ってもらうコトにしました」
「とはいえ」
「イェト・カレルくんは、いまや有名人」
「TLD工作員パラケル・フィッツジェラルド」
「TLD工作員オナ・ユタイテさん」
「両名が護衛についたりして」

 若芽《イェト》――

「――ようこそっ」
「――細胞活性装置を申請するみなさんは~」
「――割り当ての船室へどうぞ」
「イェト・カレルくんは~」
「――あれれ?」
「すぐに健康回復」
「……」
「若芽《イェト》のバル=司令官であるハッドフニスは~」
「イェト・カレルくんに対して~」
「――細胞活性装置があれば、完治しますよ」
「とかいう」
「他の申請者に対しては~」
「――自分は細胞活性装置をもらうにふさわしい人物、と証明してください」
「――さしあたり250個を分配します」
「――残りは、よそから遅れて来る申請者さん用とします」
「この発言がもとでおきた騒動は~」
「ハッドフニスが、首謀者たちを叩き出して幕」
「――申請者のみなさんは~」
「――3日のうちに、細胞活性装置にふさわしい人物を推薦してください」
「――ただし、自薦は不可です」
「船内では、さまざまに自己を演出する申請者の会が催されたり」
「翌日――」
「――目下のおよそ25万名の申請者をもって~」
「――受け入れを終了します」
「倍率は1000、というコトです」

 若芽《イェト》――

「若芽《イェト》のバル=司令官であるハッドフニスは~」
「いくつか、いろいろ語ったりする」
「――若芽《イェト》は~」
「――ゲモショム文化の産です」
「ゲモショム文化とは~」
「――超知性体ゲショドの〈時の衛兵〉の庇護下にあります」
「――サシュパヌを基質とします」
「サシュパヌとは~」
「テラナーのいうところのNGC151」
「距離1億6500万光年にある銀河」
「――若芽《イェト》は~」
「――最初のパキシュ根茎そのものです」

 若芽《イェト》――

「イェト・カレルくんは~」
「――肩に鳥をとまらせた、超痩せたヒト?」
「と出会います」
「――惑星ラッラワヴィス出身のラッラワヴィスです」
「細胞活性装置にかかわりのある種族らしい」
「イェト・カレルくんは~」
「オトナたちに~」
「――というコトが、あったんだよ」
「話してみますが~」
「――惑星ラッラワヴィス?」
「誰も知らないようです」

 若芽《イェト》――

「当然といえば当然のコトとして~」
「申請者たちどうしの他薦は失敗」
「――第二段階として~」
「――自薦を認めます」
「――ただし、決めるのはゲメンです」
「――恨みっこなしです」
「申請者一同に血判状を書かせたりしたりして」
「――落選したら、すぐに下船してもらいます」
「……」
「ここで~」
「イェト・カレルくんは~」
「――ママとパパに細胞活性装置をくれないなら~」
「――ボクも、もらわないっ」
「駄々をこねてみたりして」
「……」
「TLD工作員オナ・ユタイテさんは~」
「古文を朗読して、当選」
「TLD工作員パラケル・フィッツジェラルドも~」
「当選」

 7月18日――

「イェト・カレルくんは~」
「1個目の細胞活性装置をさずかりました」

 同日――

「情報機関TLDの長官マウリッツ・ヴィンガーデンのもとに~」
「《イェト》に潜入した工作員から届いた報告がひとつ」
「――《イェト》に巨大なプシ源がある?」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 選挙って難しいですね。


d-information ◆ 980 [不定期刊] 2017/05/15
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]