rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

978 [2017/05/01]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2905 . Michelle Stern / Das verlorene Volk / 失われた種族
2906 . Michael Marcus Thurner / Das gestohlene Raumschiff / 盗まれた宇宙船
2907 . Susan Schwartz / Der Spross YETO / 若芽の《イェト》
2908 . Kai Hirdt / Das Gesetz der Gemeni / ゲメニの法
2909 . Wim Vandemaan / Adam von Aures / アウレスのアダム
2910 . Uwe Anton / Im Reich der Soprassiden / スプラッス人の国にて
2911 . Robert Corvus / Riss im Lügennetz / 嘘の網のほつれ
2912 . Robert Corvus / Der letzte Galakt-Transferer / 最後のギャラクト・トランスファーラー
2913 . Michael Marcus Thurner / Das neue Imperium / 新帝国
2914 . Michelle Stern / Im Bann des Pulsars / パルサーの呪縛の中で
2915 . Verena Themsen / In Arkons Schatten / アルコンの影の中

□ Perry Rhodan-Heft 2905話「失われた種族」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2905.html ]

 (承前)

 新銀河暦1551年10月17日、NGC4622銀河――

「自由ギャラクティカー連盟の~」
「サン計画担当・連盟全権委員であるペリー・ローダンは~」
「招かれて~」
「巨艦《ラス・ツバイ》で~」
「遠いセヴコオリス銀河=NGC4622銀河の~」
「トオゴンドゥ種族のゴンドゥナート=〈黄金の国〉を訪問」
「惑星トオアロンで~」
「トオゴンドゥ船《ダアイデム》に、随員3名と共に移乗して~」
「惑星タクォンドへ」
「当地で~」
「統治者ゴンドゥである、ナラシムと~」
「まみえることになったのでした」

 統治者ゴンドゥのナラシムの旗艦《ポトオレム》――

「ペリー・ローダンは~」
「――は、はろー?」
「ゴンドゥのナラシムと、ようやくじかに対面」
「先方は、テラナーと同盟したいようなのですが~」
「ペリー・ローダンは~」
「自由ギャラクティカー連盟の~」
「サン計画担当・連盟全権委員にすぎません」
「――では、持ち帰って、鋭意検討を……」
「――そのためにも、ソチラの情報をもう少し……」
「先方は~」
「――ならば~」
「――ゴンドゥの記憶をわけあたえよう」
「――ココには、そうした施設があるのである」
「コレによって~」
「各代のゴンドゥは歴代のゴンドゥの記憶をうけついでいくのだとか」
「で」
「ペリー・ローダンは~」
「大昔にゴンドゥであったバフォオルの~」
「息子であったトトオラルの記憶を追体験して~」
「かつて銀河系でおきた出来事を、知るコトに」

 大昔――

「銀河系の主平面の下3500光年のあたりにある~」
「コオリス銀河」
「……」
「記憶からコオリス銀河の位置関係をつかんだペリー・ローダンは~」
「――おおいぬ座矮小銀河だっ」
「と思ったり」
「……」
「コオリス銀河にある~」
「星系マドゥラントの惑星トオに発した~」
「トオゴンドゥ種族は~」
「まず、コオリス銀河に展開」

 紀元前3万3680年――

「それは~」
「レムール人の星間国家タマニウムが~」
「けだものの襲来で滅んだ後」
「レムール人の子孫であるアコン人が~」
「M13球状星団に植民して、植民者たちがアルコン人として独立する前」
「銀河系の歴史の、これまで空白とされていた時代」
「……」
「この時代――」
「トオゴンドゥ種族は~」
「ポシュコオリス銀河=銀河系に植民」

 200年後――

「トオゴンドゥ種族は~」
「ポシュコオリス銀河にゴンドゥナート=〈黄金の国〉を建てました」
「首惑星は星系プラクルのアウスカ」
「で」
「トオゴンドゥ種族は~」
「当地の超知性体と接触」
「――〈放浪者〉」
「と呼ぶコトにしたり」
「〈放浪者〉がつかわす使者を~」
「――〈親知らず〉」
「と呼ぶコトにしたり」
「……」
「記憶から〈親知らず〉のコトを知ったペリー・ローダンは~」
「――ホムンクだっ」
「と思ったり」
「……」
「ゴンドゥナート=〈黄金の国〉の初代ゴンドゥは~」
「細胞シャワーをうけました」
「それから」
「生命エネルギーを蓄えた装置=いうなれば〈蓄圧器〉をさずかりました」
「〈蓄圧器〉は、装着者の寿命を1240年あまり伸ばすシロモノで~」
「歴代のゴンドゥに、うけつがれたり」

 以後、数千年――

「ゴンドゥナート=〈黄金の国〉の首惑星アウスカは~」
「〈放浪者〉の拠点である円盤状の人工惑星〈宿〉が周回する~」
「長楕円軌道の一方の焦点にあったりして」
「トオゴンドゥ種族は~」
「――オレたちは〈放浪者〉のお気に入りだぜ」
「信じてきました」
「ところが」
「ペリー・ローダンが追体験する~」
「ゴンドゥのバフォオルの息子、トトオラルの記憶がはじまる数年前から~」
「〈放浪者〉とうまく行かなくなりました」
「ゴンドゥナート=〈黄金の国〉に組みこまれていた異種族たちが~」
「つぎつぎ離反」
「――まさか……〈放浪者〉が煽動したとか?」
「疑うようになったのだとか」

 ゴンドゥのバフォオルの息子、トトオラル――

「トトオラルは、グオゴンドゥ=次期ゴンドゥ候補ですが~」
「そうした自分の立場が気に入らない」
「もう何年も~」
「政治の世界に背を向けて~」
「当時に石器時代だった惑星トプシドの原住民に扮して混ざって~」
「――またオレの部族が勝ったぞーっ」
「みたいな暮らしをしてきたのです」
「が」

 紀元前2万8461年――

「惑星トプシドに知らせが届きました」
「――父上が、亡くなった?」
「トトオラルは~」
「跡を継ぐため、惑星トプシドをあとにしたり」
「……」
「確認すると~」
「――父上は〈放浪者〉の〈宿〉で亡くなった?」
「――〈放浪者〉が遺体を返してくれない?」
「トトオラルは~」
「旗艦《オオタント》で〈宿〉へ」
「トトオラルひとりが~」
「〈宿〉に降り立つコトを許されたり」
「……」
「〈親知らず〉が語るトコロによれば~」
「――〈放浪者〉はアナタと話したくない、と言っています」
「――《アアニコオル》の遠征の件のからみで~」
「――アナタの父上バフォオルは亡くなりました」
「――トオゴンドゥ船《アアニコオル》は~」
「――〈宿〉の軌道のもう一方の焦点を探索して、禁忌を犯したのです」
「――遺憾ながら~」
「――ゴンドゥナートとはコレにて手切れとします」
「――トオゴンドゥ種族は~」
「――ポシュコオリス銀河とコオリス銀河から、退去です」
「〈親知らず〉は~」
「――伝えるコトは、ココまでです」
「父上バフォオルの遺体は~
「けっきょく返却してくれませんでした」
「が」
「餞別に~」
「ペドゴンダイトなる貴重な物質の構造式を、くれたのでした」

 トトオラルは、ゴンドゥに就任――

「――離反した種族どもに、怒りの鉄槌をっ」
「派遣した艦隊は、離反した種族たちを打ち倒しました」
「が」
「――〈宿〉にも、怒りの鉄槌をっ」
「派遣した艦隊は、〈宿〉に打ち倒されて~」
「〈宿〉は、どこかに姿をくらましました」
「トトオラルとしては~」
「――艦隊を再編して〈放浪者〉を探すのだっ」
「ところが」
「――馬鹿なの? トオゴンドゥ種族を滅ぼすつもりなの?」
「旗艦《オオタント》の女艦長シノオさんに叱責されて~」
「トトオラルは正気にかえったりして」
「――オレは〈黄金の隊商〉で種族を新たな故郷に導くのだ」
「――(でも、いつか帰ってきたいものだ)」
「……」
「かくして」
「トオゴンドゥ種族は~」
「自分たちがいたという痕跡すべてを拭い去って~」
「ポシュコオリス銀河を発進」

 50年をへて――

「トトオラルは~」
「――記憶を永くとどめておきたい」
「ペドゴンダイトで玉座を作って~」
「〈蓄圧器〉を埋めこんだり」
「かくして」
「以後、歴代のゴンドゥは~」
「玉座に束縛されて生きるコトになりました」
「というのも」
「玉座を離れて62時間すると、死んでしまうのです」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 蓄電池の方がわかりやすかも。


d-information ◆ 978 [不定期刊] 2017/05/01
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]