rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

976 [2017/04/17]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2903 . Kai Hirdt / Der Bund der Schutzgeister / 守護霊の同盟
2904 . Leo Lukas / Gerichtstag des Gondus / ゴンドゥ人の裁判所
2905 . Michelle Stern / Das verlorene Volk / 失われた種族
2906 . Michael Marcus Thurner / Das gestohlene Raumschiff / 盗まれた宇宙船
2907 . Susan Schwartz / Der Spross YETO / 若芽の《イェト》

□ Perry Rhodan-Heft 2903話「守護霊の同盟」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2903-der-bund-der-schutzgeister.html ]

 (承前)

 新銀河暦1551年9月、NGC4622銀河、巨艦《ラス・ツバイ》――

「先般――」
「銀河系で、恒星タルターンが爆発しました」
「これをめぐる第2惑星マンダームの原住民は~」
「青紫色の肌をした無毛の身長3mの超痩身のヒューマノイド」
「宇宙航行はまだなので、逃げることもできない」
「――うわーっ」
「駆けつけてきた~」
「ペリー・ローダン指揮下の《ラス・ツバイ》は~」
「――総出で救い出すのだっ」
「《ラス・ツバイ》の操縦士であるアンドリス・カントヴァイネンまでもが~」
「スペースジェットを駆って、地表に出向いて~」
「救助にあたったり」
「とはいえ」
「原住民一同は~」
「宇宙から来た救い主を~」
「おおむね不審者を見る目つきで迎えたり」
「そうした中に~」
「――ねえねえ、アナタ、星から来た人?」
「――ジャリクイの巻物に書いてあったエペチュアンの人とか?」
「――鋼鉄の筒を大砲で撃って宇宙を飛ぶの?」
「興味まるだしのSF少年テーラー――身長2.5m――がいたりして」
「アンドリス・カントヴァイネンは~」
「なりゆきと、勢いで~」
「身寄りをなくしたテーラー少年の面倒をみるコトに」
「……」
「その後、すぐ――」
「ペリー・ローダン指揮下の《ラス・ツバイ》は~」
「遠いNGC4622銀河の~」
「トオゴンドゥ種族のゴンドゥナート=〈黄金の国〉の~」
「惑星トオアロンへ」
「《ラス・ツバイ》の操縦士であるアンドリス・カントヴァイネンに~」
「充分な時間の余裕があるはずもなく」
「――オレ、アイツの面倒、ちゃんとみれてないよなあ」
「――身寄りをなくしたティーンエイジャーの心のケアって、どうすれば?」
「なんだか最近、胃が痛い」
「でも」
「テーラー少年としては~」
「養父の心労など、知る由もなし」
「基本、暇なので~」
「《ラス・ツバイ》艦内をほっつき歩いては~」
「――ねえねえ、アナタ、何してる人?」
「すっかりなじんで~」
「顔の広さは、無愛想な養父の比ではないとか」

 巨艦《ラス・ツバイ》艦内――

「マンダーム人の少年テーラーが~」
「夜中に、艦内公園施設オーギュギアをほっつき歩いていると~」
「――あれ?」
「――宇宙言語学者のウーマ・リーさん?」
「――木の小箱を使って、誰か男のヒトと話をしている?」
「声をかけるのは野暮と思って~」
「でも、つい盗み聞きしてみていると~」
「――あの恐ろしい出来事に断固たる措置をとる……?」
「――ペリー・ローダンと話さなければ……?」
「――〈守護霊の同盟〉……?」
「――何かを盗みだして……?」
「――《ラス・ツバイ》艦長カスカード・ホロンダーを罠にはめる……?」
「――大義のためなら、死も厭わない……?」
「話の内容が、どうにも穏やかならず」
「テーラー少年は~」
「養父のアンドリス・カントヴァイネンに相談」
「で」
「伝え聞いた~」
「ペリー・ローダンが~」
「《ラス・ツバイ》艦長カスカード・ホロンダーと~」
「艦内保安部門の長クラヴス・ヘルム・ルエティエンス少佐に~」
「本件のコトを話していると~」
「報告が入ったりする」
「――艦内で爆発物が大量に盗まれました」
「と、なれば」
「――罠には罠をっ」
「――テロ組織〈守護霊の同盟〉の7名を、一網打尽にするのだ」
「……」
「ところが」
「〈守護霊の同盟〉には、凄腕のハッカーもいたりして」
「ペリー・ローダンたちのもくろみはバレバレ」
「――予定を早めて決行だっ」
「艦長カスカード・ホロンダーの居室で~」
「――ばーん」
「カスカード・ホロンダー」
「クラヴス・ヘルム・ルエティエンス少佐」
「アンドリス・カントヴァイネン」
「爆発に巻きこまれた3名は、さいわい軽傷」
「さらに」
「〈守護霊の同盟〉のハッカーは~」
「――データを操作して、コイツに罪を着せるのだ」
「仕組んだりする、のですが~」
「テーラー少年は、とっても鼻が利いたりして」
「――くんくん」
「――このヒト……木箱のニオイがしないよ」
「――木箱のニオイがするのは……アマルラン・アイストとかだよ」
「家宅捜索してみると~」
「アマルラン・アイストの居室に、木箱発見」
「追及すると~」
「アマルラン・アイストは~」
「――ペリー・ローダンが立ち会ってくれるなら~」
「――尋問に応じましょう」

 巨艦《ラス・ツバイ》艦内――

「嘘がつけないように、SEMT帽でもって尋問してみると~」
「アマルラン・アイストは、曰く」
「――新銀河暦1544年~」
「――《ラス・ツバイ》艦長カスカード・ホロンダーと~」
「――艦内保安部門の長クラヴス・ヘルム・ルエティエンス少佐は~」
「――グラド人の宇宙船3隻を、破壊して~」
「――あまつさえ、隠蔽工作したのです」
「当時のログデータを調べてみると~」
「――改竄されている?」
「でも」
「当時いあわせた者の証言などを集めてみると~」
「――たしかに~」
「――当時、《ラス・ツバイ》はマゼラン雲にいて~」
「――〈アーゲンフェルトの雷〉の運用訓練をしましたが~」
「――標的は、正規に入手した無人船だったはずです」
「さらに」
「アマルラン・アイストが語るトコロによれば~」
「――事件後、数日して~」
「――バロングと称する者か接触してきたのです」
「――翌日、〈守護霊の同盟〉を結成したのです」
「――《ラス・ツバイ》が、さらなるテロ行為におよぶ場合は~」
「――断固たる措置をとる、と決めたのです」
「――しばらく活動しないでいたのですが~」
「――さきごろ~」
「――当艦の乗員2名がトオゴンドゥ種族1名を殺害したので~」
「――活動をおこすコトに決めたのです」
「……」
「ペリー・ローダンは~」
「――アマルラン・アイストは~」
「――どうやら記憶をイジられているようだ」
「急いで捜査本部を立ち上げたり」

 巨艦《ラス・ツバイ》艦内――

「捜査本部の情報マネージャ、ポーラ・イングリーンさんは~」
「改竄されたログデータを調査」
「――新銀河暦1544年にイジったみたいに工作してあるけれども~」
「――実際は、最近に改竄したのね」
「――こんな細かい工作を施せるのは……」
「――同業のキアラ・ロガウさん……とか?」
「家宅捜索してみると~」
「木箱発見」

 巨艦《ラス・ツバイ》艦内――

「アトル人の科学者シク・ドルクスタイゲルさんは~」
「先だって入手した木箱を調査」
「――容疑者を50名に絞ったわよっ」

 巨艦《ラス・ツバイ》艦内――

「テーラー少年は~」
「――木箱を持っているヒトは、他に~」
「――くんくん」
「――ミュルディン・ホーク?」
「――くんくん」
「――ハイパーエネルギー技術者のイェレム・カラタス?」
「……」
「じつは」
「イェレム・カラタスは~」
「――艦内のサイクロトラフ・エネルギータンクを破壊して~」
「――連鎖反応で、艦全体を消し飛ばしてやるっ」
「――オレは、自室の転送機で逃げるけれども」
「とか、もくろんでいました」
「でも、計画は頓挫」
「イェレム・カラタスは~」
「生命を落とし~」
「居室にあった、時限装置は~」
「テーラー少年の活躍によって~」
「――転送機にポイっ」

 巨艦《ラス・ツバイ》――

「ペリー・ローダンの孫娘ファリエ・セフェロアさんが指揮する~」
「《ラス・ツバイ》の搭載艦の1隻《ブジョ・ブレイスコル》から~」
「ペリー・ローダン宛てに、秘密の通信が届きました」
「――おじいちゃん」
「――宇宙刑務所からの救出作戦、成功よっ」
「――これから帰るわねっ」
「が」
「そのすぐ後に~」
「トオゴンドゥ種族のゴンドゥナート=〈黄金の国〉を統治する~」
「ゴンドゥあるいはガラントの~」
「後継者に内定しているグオゴンドゥであるプオショオルが~」
「ペリー・ローダンを訪ねてきたりして」
「――ゴンドゥが、楽園惑星タクォンドで待っています」
「――今すぐ発進してください」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 4月もなかばを過ぎました。


d-information ◆ 976 [不定期刊] 2017/04/17
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]