rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

967 [2017/02/13]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2894 . Michael Marcus Thurner / Die Bannwelt / 呪惑星
2895 . Hubert Haensel / Botschaft vom Sternentod / 星死からのメッセージ
2896 . Michael Marcus Thurner / Maschinenträume / 機械の夢
2897 . Michelle Stern / Konferenz der Todfeinde / 宿敵どうしの会議
2898 . Uwe Anton / Das unantastbare Territorium / 不可侵領域
2899 . Uwe Anton / Die Sternengruft / 星墓
2900 . Verena Themsen / Das kosmische Erbe / 宇宙遺産
2901 . Michael Marcus Thurner / Das Goldene Reich / 黄金の国
2902 . Oliver Fröhlich / Im Sternenkerker / 星の牢獄
2903 . Kai Hirdt / Der Bund der Schutzgeister / 守護霊の同盟

□ Perry Rhodan-Heft 2894話「呪惑星」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2894-die-bannwelt.html ]

 (承前)

 新銀河暦1522年10月5日、オルプレイド銀河――

「ペリー・ローダンは~」
「――オルプレイド銀河の各所に設置したブラックホールによる~」
「――知性体の肉体とU"BSEF定数を切断する装置の~」
「――制御中枢が~」
「――惑星ゴアスにあるかも?」
「――ギャンリ種族の〈団結〉オペレータ=政府首脳のグルンスホドルも~」
「――惑星ゴアスにいるかも?」
「超能力を有するネズミビーバー」
「アトル人の科学者シク・ドルクスタイゲルさん」
「他、専門家5名を率いて~」
「オルプレイド銀河に覇を唱えるギャンリ種族の故郷星系トラリョムの~」
「呪惑星ともいわれる惑星ゴアスへ向かう」
「……」
「ペリー・ローダンの孫娘ファリエ・セフェロアさんは~」
「〈エオネーターの艀〉で習った航行技術を活かして~」
「対探知機能に秀でたローリン型スペースジェットを操縦して~」
「星系内をウロつくブラックホールを回避しながら~」
「ペリー・ローダン一行を、惑星ゴアスまで運搬」
「と」
「――惑星ゴアスの原物質の放射で?」
「――スペースジェットが壊れるかも?」
「ファリエ・セフェロアさんは~」
「一同を降ろすと、離れて待機」

 惑星ゴアス――

「――火星を思わせるなあ」
「そんな地表に降り立ち~」
「ペリー・ローダン一行は~」
「数えるほどしかない施設のひとつへ」

 惑星ゴアス――

「当地を拠点とするギャンリ種族のヴタウド氏族は~」
「星系トラリョムや~」
「他氏族や~」
「いたるところに~」
「工作員や情報提供者を置いて~」
「種族全体を牛耳っているらしい」
「……」
「ヴタウド氏族の氏族長バイヴタウドは~」
「助言者ネネヴタウドから報告をうけました」
「――最近ギャンリ種族とアレコレ衝突している謎の連中が?」
「――惑星ゴアスに侵入?」
「――排除だっ」

 惑星ゴアス――

「ペリー・ローダン一行は~」
「半分有機体で半分ロボットのハイブリッドな何かの群れに~」
「襲われたりして」
「――とっても速い動きっ」
「――とっても正確な動きっ」
「――このアクマめっ」
「――しかも、打たれ強い?」
「――せいやっ」
「――ばーん」
「1体1体は撃破可能なれども、かなり苦戦」
「中でも~」
「――このアクマ、特に手強いぞっ」
「――取り囲んで、袋だたきにしようっ」
「――せいやっ」
「でも」
「――!」
「――このアクマ……〈黒星嵐〉を使うぞっ」
「部隊のひとりが犠牲になりました」
「それでも、どうにか~」
「――ばーん」
「とかいう戦闘の末~」
「1体を取り逃がしたものの、他はすべて撃破」
「……」
「シク・ドルクスタイゲルさんは~」
「残骸1機を調査」
「――エネルギーの痕跡をたどれば~」
「――アクマの制御ステーションが見つかるかも」

 惑星ゴアス――

「問題のエネルギーの痕跡は~」
「じつは、侵入者を欺く仕掛けだったりして」
「でも」
「ペリー・ローダン一行は、ひっかからなかったりして」
「……」
「ヴタウド氏族の氏族長バイヴタウドは~」
「――敵ながら、やりおる」
「――ならば、次はこうだっ」

 惑星ゴアス――

「施設の中で~」
「ペリー・ローダン一行は~」
「アクマの群れに~」
「あらためて襲われたりして」
「しかも大群」
「――(コレは、ヤバイかも)」
「と」
「そこへ~」
「アヤシイ存在が出現」
「――高さ6m?」
「――ペンをさしたインク壷?」
「――中に、機械と融合した生命体みたいなのが5体?」
「アヤシイ存在は~」
「――ぎぎぎーっ」
「――ばーん」
「――ばーん」
「アクマたちを次々に撃破」
「で」
「アヤシイ存在が~」
「何者かというと~」
「――カダッブのアンテナ24742番?」
「――細胞活性装置のインパルスに惹かれて、出てきた?」

 惑星ゴアス――

「ヴタウド氏族の氏族長バイヴタウドや~」
「助言者ネネヴタウドは~」
「遠くの安全なトコロから~」
「戦況をながめていたのです」
「が」
「――カダッブのアンテナ24742番?」
「察した助言者ネネヴタウドが豹変」
「――じつは~」
「――ワレはパシュカンのヌナダイであるっ」
「――今より、共に攻撃に参加するのだっ」
「……」
「助言者ネネヴタウドは~」
「――がざざざーっ」
「ヌナダイ本来の小さな機械の群れに変じて~」
「アンテナ24742番に襲いかかったり」

 惑星ゴアス――

「この隙に~」
「グッキーは~」
「――テレポートっ」
「部隊員を、次々と施設の外に撤退させたり」
「ペリー・ローダンは~」
「しんがりをつとめて~」
「――ぎぎぎーっ」
「――がざざざーっ」
「――ぎぎぎー……どばばばーん」
「ヌナダイが~」
「アンテナ24742番を破壊して~」
「爆発であたり一面が廃墟と化す寸前~」
「――テレポートっ」
「ペリー・ローダンは~」
「グッキーに助けられて~」
「からくも脱出」
「で」
「ファリエ・セフェロアさんは~」
「一同を、スペースジェットに収容」

 惑星ゴアス――

「爆発により~」
「ヌナダイは損傷」
「どうやら~」
「アンテナ24742番に~」
「カダッブに報告を送る余裕はなかったようです」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 あと5冊。


d-information ◆ 967 [不定期刊] 2017/02/13
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]