rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

953 [2016/11/07]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2880 . Michelle Stern / Tod im Aggregat / 〈集合体〉に死す
2881 . Verena Themsen / Angriff der Gyanli / ギャンリの攻撃
2882 . Hubert Haensel / Die letzte Transition / 最後の遷移
2883 . Leo Lukas / Der Mechanische Orden / 機械化騎士団
2884 . Robert Corvus / Unter allem Grund / いかなる理由をもってしても
2885 . Robert Corvus / Der Leidbringer / 悲しみもたらすもの
2886 . Michael Marcus Thurner / Der Schwarze Sternensturm / 暗黒星嵐
2887 . Susan Schwartz / Tagebuch des Widerstands / 抵抗日誌

□ Perry Rhodan-Heft 2880話「〈集合体〉に死す」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2880-tod-im-aggregat.html ]

 (承前)

 新銀河暦1522年8月、オルプレイド銀河――

「当地の諸種族は~」
「ギャンリ種族に抑圧されてきました」
「……」
「ペリー・ローダンを探しにきた~」
「巨艦《ラス・ツバイ》の~」
「超能力を有するネズミビーバー、グッキーは~」
「ペリー・ローダンの孫娘ファリエ・セフェロアさん」
「理論時間学者アイカトウ・ザカラさん」
「ルア・ヴィルタネンさん」
「フォーゲル・ツィールロス」
「といった面々と~」
「対探知能力にすぐれたローリン型スペースジェット《ハーヴェイ》で~」
「オルプレイド銀河を囲う塵の帯の中へ」
「――塵の中だと、テレパシーが使えないよー」
「――航法も難しいわねー」
「当地のホガルティ種族に紹介された~」
「当地の航海士トア=アヌム=ケの案内で~」
「諸種族の難民が塵の奥深くに宇宙船をよせあった〈集合体〉へ」

 〈集合体〉――

「ギャンリ種族のショド氏族の~」
「オーソドックス=オペレータ、ウィドマドルと~」
「そのアシスタント、フィトミルと~」
「他2名は~」
「――塵の覆いを航行するため、必要なデータをぶんどるぞ」
「と、いきまいて~」
「難民支援に動員された塵ダイバー宇宙船《タイミス》の~」
「乗員、アイッセルのサリノスを~」
「――同族が住むトコロを大陸ごと破壊するぞ」
「と、脅して~」
「《タイミス》に隠れて、こっそり〈集合体〉に潜入」
「で」
「ここ最近あらわれた謎の異人のうちふたり」
「ルア・ヴィルタネンさん」
「フォーゲル・ツィールロス」
「両名をおびきよせるコトで~」
「同行していた航海士トア=アヌム=ケをおびきよせて~」
「襲撃」
「――!」
「ウィドマドルと~」
「フィトミルは~」
「他2名の犠牲のもとに~」
「ルア・ヴィルタネンさんを拘束」
「フォーゲル・ツィールロスを拘束」
「航海士トア=アヌム=ケの遺体を入手」
「遺体の細胞は、塵の帯の情報を記憶するとかいう」
「――やったぞーっ」
「ウィドマドルは~」
「細胞記憶の複写をおさめた媒体を、にぎりしめて~」
「――《タイミス》に戻って、脱出だっ」
「ところが」

 〈集合体〉――

「ギャンリ種族2名に拘束された~」
「ルア・ヴィルタネンさんは~」
「髪に隠した〈全能性・技術性=前駆細胞〉を使って~」
「自分たちの拘束を解く」
「で」
「フォーゲル・ツィールロスは~」
「――!」
「ダゴルの技で、フィトミルと対戦」
「錆びた床を踏み抜くほどの大立ち回りを演じて~」
「フォーゲル・ツィールロスは、勝利」
「フィトミルは、死亡」
「でも」
「ギャンリ種族のウィドマドルは~」
「逃げてしまいました」
「ルア・ヴィルタネンさん」
「フォーゲル・ツィールロス」
「両名は~」
「――グッキーに連絡よっ」
「――塵ダイバーたちに警告してもらわないとっ」
「……」
「話をうけた~」
「当地の調整役にして~」
「ギャンリに対する抵抗運動の最高指導者である~」
「アイッセルのペドコスは~」
「――すべての宇宙船は離陸禁止だっ」

 〈集合体〉、塵ダイバー宇宙船《タイミス》――

「ギャンリ種族のウィドマドルは~」
「アイッセルのサリノスから、聞きました」
「――すべての宇宙船は離陸禁止?」
「そうこうするうちに~」
「サリノスは~」
「――こっそり」
「ウィドマドルからデータ媒体を盗もうとして~」
「――!」
「撃たれてしまったり」

 〈集合体〉――

「――ギャンリ種族は〈流体〉という物質に依存しているのです」
「――流体池に浸かって共同夢をみないと~」
「――眠っても休養にならないのです」
「――6日も寝ないとオカシクなるのです」
「とかいう話なので~」
「アイカトウ・ザカラさんは~」
「そうしたギャンリ種族が潜入を脱出に使いそうな船を、リストアップ」
「グッキーは~」
「リストアップされた船を、順次に臨検」
「で」
「《タイミス》も臨検」
「そこで~」
「――撃たれて死んだ遺体?」
「アイッセル2名からサリノス殺人事件のコトを聞いたり」
「――ギャンリが潜伏しているのは、ココかも」
「でも」
「ギャンリ種族のウィドマドルは~」
「とっくに逐電したあとでした」
「――《タイミス》は発進してよしっ」

 〈集合体〉――

「ギャンリ種族のウィドマドルは~」
「〈集合体〉にスパイゾンデをばらまいて~」
「あれこれ探ったりする」
「――《ハーヴェイ》?」
「――異人たちの船かも?」」
「――アレを使って脱出するとしようか」

 〈集合体〉――

「ルア・ヴィルタネンさんは~」
「髪の〈全能性・技術性=前駆細胞〉を使って~」
「見つけました」
「――アレは……ギャンリ種族の技術に由来するスパイゾンデ?」
「――ギャンリ種族が《ハーヴェイ》の近くにいる?」
「グッキーは~」
「――意識不明のギャンリ種族3名のひとりを餌にしよう」
「――逃げまわっているギャンリ種族に~」
「――餌が《ハーヴェイ》に移される、と思わせるんだっ」
「……」
「ギャンリのウィドマドルは~」
「餌にくいつきましたが~」
「最後の最後で罠に気づきました」
「かくして、銃撃戦」
「――ずぎゅーん」
「――ばーん」
「けっきょく~」
「ギャンリのウィドマドルは~」
「捕獲されました」
「ところが」
「データを記録した媒体を持っていません」
「不敵に笑って語るコトには~」
「――《タイミス》には眠っていた者がひとりいたのだ」
「――離陸直線に目覚めたはずだ」
「――《タイミス》が塵の帯を抜け出たら~」
「――データ転送する手筈になっているのだ」
「――〈集合体〉が滅びるのは時間の問題なのだ」

 《ハーヴェイ》は、塵の帯を離れて落ち合う予定の座標へ――

「――巡洋戦艦《サミー・ゴルトシュタイン》が、いない?」
「グッキーが~」
「テレパシーで連絡をつけてみると~」
「――ギャンリ種族に発見されて、他の場所に隠れた?」」

 新銀河暦1522年8月28日――

「《ハーヴェイ》は《サミー・ゴルトシュタイン》に帰還」
「と、その時――」
「ギャンリ種族の船4隻が~」
「《サミー・ゴルトシュタイン》に接近」
「――どどーん」
「攻撃してきたり」

 以下次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 11月ですね。


d-information ◆ 953 [不定期刊] 2016/11/07
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]