rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

875 [2015/05/11]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇ペリー・ローダン1980


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2802 . Hubert Haensel / Bastion der Sternenmark / 星境の稜堡
2803 . Marc A. Herren / Unter dem Sextadim-Banner / 〈6次元呪旗〉のもとで
2804 . Michael Marcus Thurner / Hüter der Zeiten / 時代の守護者
2805 . Michael Marcus Thurner / Para-Patrouille / パラ・パトロール
2806 . Christian Montillon / Aus dem Zeitriss / 〈時割れ〉より来たる
2807 . Leo Lukas / Sternspringer über Swoofon / スヴォーフォン上空の〈星駒〉

□ Perry Rhodan-Heft 2802話「星境の稜堡」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2802-bastion-der-sternenmark.html ]

 (承前)

 西暦紀元前2010万3191年――

「ファリスケ=エリゴン銀河――現実時でいう銀河系――で~」
「ティウフォル人の艦隊は~」
「〈呪旗〉をかかげて、星系を次々と蹂躙」
「居住する種族たちは~」
「右往左往しながら、この危機を乗り越えようとしていました」
「……」
「そうした時代――」
「――ラール人アヴェストリ=パシクと、その一党が~」
「――時間修正、したいのかも?」
「――人類を誕生、させないかも?」
「ペリー・ローダンの指揮のもと~」
「テラナーたちの巨艦《ラス・ツバイ》は~」
「行方をくらませたラール人たちの《ラルハトーン》を、追うのです」

 《ラス・ツバイ》――

「ラヨン人ゴイロ・シャックネルから、連絡が入りました」
「――ラヨン人の政府要人に、引き合わせるから?」
「――星境の惑星ヴェッンバックの稜堡まで、来てほしい?」
「ペリー・ローダンとしては~」
「――搭載巡洋艦《ブジョ・ブレイスコル》で、行くコトにして~」
「――母艦《ラス・ツバイ》には、周囲を偵察させたいのだが?」
「ラヨン人ゴイロ・シャックネルとしては~」
「――船は、何でもかまいません」
「指示された座標は~」
「――銀河系サウスサイドの?」
「――テラナーにとっては未探査同然の星域?」
「……」
「途上」
「星図を、更新してみたり」
「ティウフォル人の犠牲者の救難信号を拾って~」
「葉っぱ型の宇宙船と、接触してみたり」
「など、しながら~」
「一行は、目的の星域へ」

 マーズ級巡洋戦艦《ブジョ・ブレイスコル》――

「星系キョテリに、到着すると~」
「ラヨン人ゴイロ・シャックネルの《ティックニュト》が、出迎えました」
「で」
「《ブジョ・ブレイスコル》は~」
「艦内の時計で~」
「新銀河暦1517年11月26日――」
「惑星ヴェッンバックの首都ミクトッリ、宙港ミクト4に着陸」

 惑星ヴェッンバック――

「ここは~」
「ラヨン人の星間国家ラヨナトの~」
「辺境星域の、地球型惑星」
「――パワフルだなあ」
「――種族のるつぼですねえ」
「ラヨン人ゴイロ・シャックネルは~」
「――政府要人との面接は、ここ2日のうちに日程調整します」
「――それまで、乗員の上陸は控えてください」
「が」
「ペリー・ローダンは~」
「《ラルハトーン》追跡のコトを思って、気もそぞろ」
「で」
「ラヨン人ゴイロ・シャックネルは~」
「賓客ペリー・ローダン」
「孫娘ファリエ・セフェロアさん」
「両名を誘って、曰く」
「――ミクトッリ市街遊覧飛行と、洒落こみませんか?」

 《ブジョ・ブレイスコル》、停泊中――

「ラヨン人には、思いもよらないコトですが~」
「読者の皆さんは、すでにご存知の通り」
「テラナーとその一党は、およそ礼儀というモノを知りません」
「……」
「超能力を有するネズミビーバー、グッキー」
「アトル人科学者、シク・ドルクスタイゲルさん」
「《ブジョ・ブレイスコル》司令官にして宇宙陸戦隊長、リッコ・ユカワ中佐」
「3名は~」
「――偵察に行こうっ」
「――テレポートっ」

 首都ミクトッリ――

「超能力を有するネズミビーバー、グッキーは~」
「本復を遂げた超能力を、せっせと行使」
「――むんっ」
「大勢の思考を、まとめ読みしてみると~」
「――この時代のラール人は〈法典〉を支援する?」
「――だから、誰もがラール人に感謝している?」
「さらに」
「――この惑星にも、ラール人がいる?」
「で」
「グッキーは~」
「――むんっ」
「問題のラール人を、探し当てました」
「――これって……?」
「――ボクらが探してる《ラルハトーン》の乗員では?」
「――アトランを騙した、ペイ=ケヤンさんがいるぞ」
「さらに」
「――《ラルハトーン》は、宙港ミクト2に停泊している?」

 首都ミクトッリ、遊覧飛行中――

「ペリー・ローダン」
「ファリエ・セフェロアさん」
「両名は~」
「途上~」
「ラヨン人ゴイロ・シャックネルから~」
「まず、ファリスケ=エリゴン銀河の概況を、聞きました」
「――ティウフォル人の侵攻を前に~」
「――危機に立つ諸種族は〈法典〉に救いを求めて、加盟したがる?」
「――でも?」
「――目下〈法典〉に加盟するのは、100種族?」
「――ヘタな種族を加えると、お荷物になる?」
「――だから、審査するのか」
「すなわち」
「――異種族を、〈法典〉に受け入れられるか?」
「――持ち合わせる技術を、〈法典〉に受け入れられるか?」
「――まずは面接しなくては、はじまらない?」
「――技術水準は、うまく合うか?」
「――行動様式は、うまく馴染むか?」
「――行動基準を広げる余地が、あるか?」
「――こうした全部をパスして、はじめて~」
「――最小限の摩擦と技術格差で、異種族同士が手を取り合える?」
「加えて」
「――惑星ヴェッンバックでは?」
「――いくつも活動が、進んでいる?」
「――〈時代の守護者〉たちは?」
「――おおよそこの半年間、一種の早期警戒システムを構成している?」
「ラヨン人政府のコトも、聞きました」
「――〈先見委員会〉に2陣営があって?」
「――目下?」
「――両陣営の代表、各1名が、惑星ヴェッンバックに向かってきている?」
「一方は~」
「〈稜堡主義者〉のブラックテル・コイシャン」
「この陣営は~」
「――防衛に適した惑星群に籠城するコトを、主張する?」
「――惑星ヴェッンバックも、そうした稜堡のひとつに改修したい?」
「もう一方は~」
「〈亡命主義者〉ヴェックトゥル・モケッル」
「この陣営は~」
「――銀河間の虚空に疎開するコトを、主張する?」
「さらに、加えて」
「ラヨン人ゴイロ・シャックネルは~」
「――他にも〈オン計画〉というのがあるのです」
「――でも、極秘だから、話せないのです」
「……」
「ペリー・ローダン」
「ファリエ・セフェロアさん」
「両名は~」
「遊覧飛行の最後に~」
「政庁〈深宮〉まで、案内されました」
「――一見、直径200mの平坦なドーム建築ですが~」
「――地下に200階層以上も続いているのです」
「加えて、曰く」
「――ここで~」
「――〈稜堡主義者〉一派の代表、ブラックテル・コイシャン」
「――〈亡命主義者〉一派の代表、ヴェックトゥル・モケッル」
「――ピュジュルグ、コッントル・コウッコイ」
「――以上の顔ぶれと、面接の予定です」
「ちなみに」
「この時代のピュジュルグとは、〈先見委員会〉が選任した役職」
「〈先見委員会〉が、賛否同数に割れた時~」
「ピュジュルグの一票が、意味を持つという」

 《ブジョ・ブレイスコル》、停泊中――

「ペリー・ローダンは~」
「グッキーから、偵察の報告を受けました」
「そんな中に~」
「――ラヨン人の政府要人たちは?」
「――このペリー・ローダンに会いにくるのではない?」
「というのも」
「――ラヨン人の政府要人たちにとっては?」
「――《ラルハトーン》のラール人たちとの会見が、重要?」
「――ティウフォル人に対する共同戦線について、話をしたい?」
「もちろん」
「ラヨン人の政府要人たちは~」
「《ラルハトーン》が、未来から来たコトも~」
「ラール人アヴェストリ=パシクの本来の意図も~」
「知らないわけで」

 ラヨナト政府要人たちの到着後――

「――!」
「警報発令」
「――惑星ヴェッンバック上空に?」
「――ティウフォル人の〈星塁〉2隻が、出現?」
「……」
「ペリー・ローダンは~」
「――手を貸そうっ」
「申し出ますが~」
「ラヨン人ゴイロ・シャックネルは~」
「――手を出されては、困ります」
「――《ブジョ・ブレイスコル》は、防御バリアから出てはダメですっ」
「とはいえ」
「読者の皆さんは、すでにご存知の通り」
「ペリー・ローダンは、ヘソ曲がりです」
「――よかろう」
「――《ブジョ・ブレイスコル》は、動かさないっ」
「《ラス・ツバイ》を、呼び寄せたり」

 惑星ヴェッンバック上空――

「ラヨン人の艦隊が~」
「ティウフォル人の〈星塁〉2隻を攻撃」
「なれど、戦果はかんばしからず」
「対して~」
「〈星塁〉2隻から~」
「〈星駒〉多数が発進」
「……」
「そうしたトコロへ~」
「《ラス・ツバイ》参上」
「――〈星塁〉の〈6次元呪旗〉に、照準っ」
「――ハイパーパルス砲、発射っ」
「――ばりばりばりっ」
「〈星塁〉2隻は、逃げ出しました」
「星系内に残った〈星駒〉数隻も~」
「――どどーん」
「――ばーん」
「次々に撃沈」
「が」
「〈星駒〉の1隻が~」
「沈む直前、搭載艇1隻を射出」
「血に飢えた、ティウフォル人の一隊が~」
「――わらわら」
「惑星に降下してきます」

 惑星ヴェッンバック――

「かくして」
「地上戦勃発」
「――どどーん」
「――ばーん」
「ティウフォル人たちは、驚異的な強さを発揮」
「地上防衛部隊を、圧倒して~」
「〈深宮〉に、突入」
「……」
「超能力を有するネズミビーバー、グッキーは~」
「探ってみて、曰く」
「――ティウフォル人の〈戦闘衣〉に?」
「――第2の脳みたいな機能〈コンメントゥム〉がある?」
「――ティウフォル人は~」
「――戦闘にノッてくると?」
「――〈コンメントゥム〉と共生関係になって?」
「――反応速度が、何倍にもなる?」
「……」
「ペリー・ローダンは~」
「リッコ・ユカワ中佐が指揮する宇宙陸戦隊に~」
「――出撃だっ」
「――〈深宮〉に、突入し~」
「――ゴイロ・シャックネルや、政府要人を救うのだっ」
「で」
「ペリー・ローダン自身は~」
「グッキーと共に、ひとあしさきに~」
「――テレポートっ」

 惑星ヴェッンバック、〈深宮〉内部――

「〈深宮〉の地下は、すでに戦場」
「――どどーん」
「――ばーん」
「グッキーは~」
「負傷した、ラヨン人ゴイロ・シャックネルを~」
「――テレポートっ」
「《ブジョ・ブレイスコル》へ」
「ペリー・ローダンも~」
「――テレポートっ」
「安全なところへ」
「そこへ~」
「宇宙陸戦隊+TARA型戦闘ロボット部隊が、到着」
「――どどーん」
「――ばーん」
「苦戦しましたが~」
「ティウフォル人たちを、なんとか始末」
「〈深宮〉の深部に立て籠もっていたラヨン人たちも、救出」
「とはいえ」
「犠牲者も出ました」
「この戦いで~」
「ラヨン人の政府要人ブラックテル・コイシャンは~」
「落命したのでした」

 惑星ヴェッンバック――

「今回の事件によって~」
「ラヨン人たちは~」
「審査リストのテラナーの項に、大きく花丸」
「ラヨン人ピュジュルグ、コッントル・コウッコイは~」
「ペリー・ローダンに、礼を述べると~」
「あらためて、面接の日程を取り決めたり」
「……」
「ところで」
「ペリー・ローダンたちは~」
「――《ラルハトーン》のラール人たちは~」
「――どうして、おとなしいのか?」
「――どうして、惑星ヴェッンバックを防衛して、点を稼がなかったのか?」
「いぶかしんだりして」

 惑星ヴェッンバック――

「ラヨン人ピュジュルグ、コッントル・コウッコイは~」
「《ブジョ・ブレイスコル》の医療施設に、連絡をとり~」
「入院中のラヨン人ゴイロ・シャックネルと、話をしました」
「――〈時代の守護者〉たちの早期警戒システムは~」
「――どうして十全に機能しなくなったのか?」
「いぶかしんだりして」
「ともあれ」
「ピュジュルグ、コッントル・コウッコイによれば~」
「――ラヨン人国家ラヨナトは~」
「――星系キョテリに〈紫深〉1基を配備するコトを~」
「――ジクアマ種族に、正式に依頼したのだ」

 以下、次号

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆ペリー・ローダン1980

□ 早川書房:宇宙英雄ローダン・シリーズ

[2015/5/8]
496 . ビーストロアの恐怖
   「最後の軍団」+「ビーストロアの恐怖」

 コレの当時のドイツでは……。

□ Perry Rhodan-Heft
・第15サイクル Die Kosmischen Burgen / 宇宙の城
 900~999話。
 西暦3586~3587年の事件を描く。

[1980/8/19]
991 . Kurt Mahr / Die letzte Horde / 最後の軍団
[1980/8/26]
992 . Peter Griese / Bestienrummel / 獣の咆哮

□ Perry Rhodan-Taschenbuch Planetenromane ポケットブックス

[1980/8]
209 . H. G. Ewers / Saboteure wider Willen / 不本意な破壊工作者

□ Atlan-Heft
・第3枠サイクル König von Atlantis / アトランティスの王
 300~499話。
 西暦2648~2650年の事件を描く。

[1980/8/19]
464 . Peter Terrid / Dorkh erwacht / ドルク目覚める
[1980/8/26]
465 . Detlev G. Winter / Eine Handvoll Freiheit / 一握りの自由

【関連サイト】
・総合的にはこちらを:
Perrypedia
[ http://www.perrypedia.proc.org/wiki/ ]
・訳付のタイトルリストはこちらを:
Perry Rhodan-Heft のタイトルリスト
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/title/list/rhodan_heft/ ]
Perry Rhodan-Taschenbuch Planetenromane のタイトルリスト
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/title/list/rhodan_tb/ ]
Atlan-Heft のタイトルリスト
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/title/list/atlan_heft/ ]


◆今回のひとこと

 beastroar ……英訳ですね。


d-information ◆ 875 [不定期刊] 2015/05/11
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]