rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

844 [2014/10/06]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2772 . Michelle Stern / Die Domänenwacht / ドメイン警備隊
2773 . Michael Marcus Thurner / Der Kristalline Richter / クリスタル裁判官
2774 . Hubert Haensel / Der Kosmoglobus / 秩序の天球
2775 . Oliver Fröhlich / Stadt der Kelosker / ケロスカーの都市

□ Perry Rhodan-Heft 2772話「ドメイン警備隊」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2772-die-domaenenwacht.html ]

 新銀河暦1517年――

「目下――」
「銀河系では~」
「アトピック法廷、すなわち~」
「アトプの裁判官とか~」
「大艦隊を率いる、オンリョン人とかが~」
「新秩序を構築しよう、としています」
「で」
「遠いラルハトーン銀河では~」
「ペリー・ローダンが~」
「テラナーの新造艦《ラス・ツバイ》で~」
「アトピック法廷の謎を~」
「探っていたり」

 ラルハトーン銀河、中心部――

「ラルハトーン銀河中心部の、ショリック・ドメインは~」
「クリスタル裁判官がいるトコロ」
「リパルサー・ウォールで封鎖された宙域」
「……」
「憶えて、いるでしょうか?」
「3年前――」
「ペリー・ローダンは~」
「新開発の超空間プログレス駆動を装備した~」
「《スターダイヴァー》の~」
「操縦士を務め~」
「衛星ルナのリパルサー・ウォールを~」
「無事突破」
「……」
「今回も――」
「ペリー・ローダンは~」
「やはり超空間プログレス駆動を装備した~」
「《ラス・ツバイ》の~」
「操縦士を務め~」
「多少、難渋しましたが~」
「ショリック・ドメインのリパルサー・ウォールを~」
「無事突破」

 ラルハトーン銀河、ショリック・ドメイン内――

「リパルサー・ウォールのすぐ内側の~」
「オンリョン人の監視要塞は~」
「ゾンデ2基を、射出」
「突如として出現した不審船を~」
「攻撃」
「――どどーん」
「……」
「憶えて、いるでしょうか?」
「超空間プログレス駆動は~」
「稼働時に、殺傷性の放射を出します」
「なので」
「稼働前に~」
「《ラス・ツバイ》の生身の乗員は~」
「全員、サスペンド・アルコーヴに入り~」
「一時的に、非物質化」
「すなわち」
「超空間プログレス駆動の稼働の前後~」
「《ラス・ツバイ》は~」
「実質、乗員0名になるわけで」
「……」
「とはいえ」
「《ラス・ツバイ》の艦載脳アナンシは~」
「まかせて安心」
「――迎撃します」
「――ばーん」
「ゾンデ2基も~」
「宇宙要塞も~」
「宇宙の藻屑と消えました」

 ショリック・ドメイン内――

「オンリョン人の警備艦隊は~」
「ゾンデ1基が、送信した~」
「画像を~」
「受信しました」
「――ピンボケなので~」
「――何だか、わかりませんねー」
「が」
「オンリョン警備艦隊の女司令官、ヴェッレシ・パットシャルさんは~」
「――侵入者よっ」
「直感したのでした」

 《ラス・ツバイ》――

「《ラス・ツバイ》は~」
「要塞周辺の騒動が、落ち着くまで~」
「しばらく、じっと隠れていました」
「……」
「《ラス・ツバイ》の、次なる目標は~」
「――クリスタル裁判官の座と目される~」
「――ショリック・ドメインの中央惑星~」
「――惑星ショルを~」
「――見つけたいのだ」
「が」
「簡単に、発見できるはずもなし」
「かわりに~」
「こんな情報を、入手しました」
「――惑星ヴラエラに?」
「――テント村ができている?」
「更に、入手しました」
「――ソコに、クリスタル裁判官が来る?」
「……」
「《ラス・ツバイ》の、そもそもの目標は~」
「――アトピック法廷の本拠と目される~」
「――〈時の彼方の国〉に行くために~」
「――どれかアトプの裁判官の船を~」
「――拿捕したいのだ」
「で」
「一同は、いろめきだちました」
「――ショリック・ドメインに生きるモノの、多くが?」
「――クリスタル裁判官の惑星ブラエラ来訪、という~」
「――世紀のイベントに、立ち会う?」
「――ワレワレも、行くのだっ」
「――惑星ブラエラにっ」
「《ラス・ツバイ》の乗員たちは~」
「地表降下部隊のために~」
「――のたくり~」
「――のたくり~」
「ウジムシ型異星人の扮装を、用意」

 惑星ヴラエラ近傍、《ラス・ツバイ》――

「偵察ゾンデを何基か、射出しました」
「が」
「――2基、戻りませんっ」

 オンリョン警備艦隊――

「女司令官、ヴェッレシ・パットシャルさんは~」
「無能ではありません」
「――ワタシたちも、行くのよっ」
「――惑星ブラエラにっ」

 惑星ヴラエラ近傍、オンリョン警備艦隊――

「見慣れないゾンデ2基を~」
「発見しました」
「が」
「――跡形もなく、自壊したので~」
「――何だか、わかりませんねー」
「……」
「女司令官、ヴェッレシ・パットシャルさんは~」
「――惑星ヴラエラには~」
「――クリスタル裁判官が、来訪するのよっ」
「――侵入者は、当地で~」
「――クリスタル裁判官を、狙うつもりよっ」
「直感したのでした」

 《ラス・ツバイ》――

「テフローダー、ファリエ・セフェロアさんは~」
「ペリー・ローダンの孫」
「宇宙船の操縦技術に、自信があります」
「――操縦士をします」
「おじいちゃんの抵抗の意志を、打ち砕いて~」
「地表降下部隊に、混じりました」

 地表降下部隊――

「成員は~」
「ペリー・ローダン」
「ファリエ・セフェロアさん」
「先般、金星で活躍した~」
「いわゆるヴィーナス・チームの面々」
「秘密諜報機関TLDの~」
「アボリジニ、ブルース・カタイ少佐――本業は宇宙揚陸兵の作戦リーダー」
「バウキス・フェンダー」
「オクストーン人、タキトゥス・ドレイク」
「パトリック・セント・ジョン」
「スヴォーン人、ベナー」
「以上5名に、加え~」
「ネズミビーバー、グッキー」
「……」
「地表降下部隊は~」
「ウジムシ型異星人に、扮して~」
「偽ウジムシ船に乗り~」
「――のたくり~」
「――のたくり~」
「無事、検問を抜け~」
「偽ウジムシ船が、降下を始めると~」
「作戦部隊の面々は~」
「オンリョン人に、衣装替え」

 惑星ヴラエラ――

「着陸後~」
「ファリエ・セフェロアさんは~」
「偽ウジムシ船で、留守番」
「……」
「作戦部隊の面々は~」
「偽ウジムシ船を出て~」
「オンリョン人にの扮装で、状況確認」
「惑星ヴラエラの中央官庁へ」

 オンリョン警備艦隊――

「女司令官、ヴェッレシ・パットシャルさんは~」
「無為に過ごしたのでは、ありません」
「――侵入者の足取りを、発見したわっ」
「――あの偽ウジムシ船を、撃つのよっ」
「――どどーん」

 惑星ヴラエラ、偽ウジムシ船――

「ファリエ・セフェロアさんは~」
「――逃げるしかないわっ」」
「――グッキーに、知らせないとっ」
「あらかじめ定めた、認識サインのひとつを~」
「――むん(作戦部隊ハ、至急帰到セヨ)」
「念じました」

 惑星ヴラエラ、中央官庁――

「作戦部隊は~」
「記録保管庫にアクセス」
「――貴重なデータを、手に入れたぞっ」
「が」
「発見されました」
「――撤退だっ」

 偽ウジムシ船――

「ファリエ・セフェロアさんは~」
「――もう待てないわっ」
「偽ウジムシ船を、発進させると~」
「船載転送機で~」
「――ひゅん」
「偽ウジムシ船を、脱出したのでした」

 惑星ヴラエラ、ペリー・ローダン一行――

「執拗な追跡に~」
「パトリック・セント・ジョンは~」
「――うっ……がっくり」
「死亡」
「――うっ」
「バウキス・フェンダーは~」
「負傷して、捕らわれました」
「惑星ヴラエラからの脱出は~」
「難渋しそうです」

 以下次号――

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 緊迫している、のだと思いたい。


d-information ◆ 844 [不定期刊] 2014/10/06
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]