rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

790 [2013/09/23]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2718 . Hubert Haensel / Passage nach Arkon / アルコンへの路
2719 . Verena Themsen / Enterkommando GOS'TUSSAN / 《ゴス・テュサン》臨検コマンド
2720 . Uwe Anton / Im Stern von Apsuma / アプスマの星の中
2721 . Leo Lukas / Der Paradieb / パラ泥棒

□ Perry Rhodan-Heft 2718話「アルコンへの路」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2718-passage-nach-arkon.html ]

 新銀河暦1514年、銀河系――

「突如、出現した~」
「新勢力、アトピック法廷」
「すなわち~」
「アトプの裁判官とか」
「その配下の~」
「オンリョン人とか~」
「変形能力者である、ジャジュ種族とか」
「で」
「アトピック法廷は~」
「――被告、ペリー・ローダン」
「――被告、アルコン帝国皇帝ボスティク1世」
「――両名を、引き渡すのだっ」
「勝手なコトを、言いはじめました」
「……」
「8月24日――」
「星系アルコンの面前に~」
「オンリョン艦隊、約8万隻が~」
「出現」
「で」
「アルコン帝国の副帝~」
「ホザリウス家のトルマナクは~」
「――非常事態宣言っ」
「クリスタル・バリア中央管制所の責任者~」
「スカドガス家のユスクロウさんは~」
「――星系アルコン周囲に、クリスタル・バリア展開っ」
「が」
「クリスタル・バリア中央管制所では~」
「変形能力者、ジャジュ種族の、工作員1名が~」
「――ばーん」
「破壊工作して、爆死」
「さらに」
「クリスタル・バリアの前に~」
「アトプ裁判官クヴの宇宙船《クヴァンク》が~」
「――ごごごっ」
「到来」
「そこへ」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世の新旗艦《ゴス・テュサンII》が~」
「――ごごごっ」
「到着したのでした」
「……」
「ちなみに」
「《ゴス・テュサンII》には~」
「――皇帝ボスティク1世の身辺警護を、引き受けたのだ」
「USOのロナルド・テケナーも~」
「同乗していますが~」
「今回、活躍の場面は、なさそうです」

 星系アルコン外縁――

「アトプ裁判官クヴの宇宙船《クヴァンク》は~」
「クリスタル・バリアに~」
「パラ現実のトンネルを、開けると~」
「オンリョン艦2隻を、従え~」
「――ごごごっ」
「突入」

 星系アルコン外縁、《ゴス・テュサンII》――

「観測していた~」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世は~」
「――アトプ裁判官クヴの宇宙船《クヴァンク》を、攻撃だっ」
「《ゴス・テュサンII》も~」
「《クヴァンク》+オンリョン艦2隻を追って~」
「トンネルの中へ」
「――ごごごっ」
「突入」

 トンネル内――

「――《クヴァンク》が?」
「――ゾンデをいくつも、射出してる?」
「――射出したゾンデが?」
「――トンネルを、安定化している?」
「……」
「ともあれ」
「《ゴス・テュサンII》は~」
「《クヴァンク》に、肉薄」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世は~」
「――撃てっ」
「――どどーん」
「が」
「トランスフォーム砲の斉射は、効果なし」
「《クヴァンク》の、超強力な防御バリアは、破れません」
「――リパルサー・ウォールと、同じもの?」
「――衛星ルナを覆っている、アレか?」
「とか」
「言っていると~」
「《クヴァンク》から~」
「――どどーん」
「凄い応射」
「《ゴス・テュサンII》は~」
「間一髪、回避」
「が」
「当面~」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世は~」
「打つ手なし」
「成り行きを見守るしか、ないようです」

 星系アルコン内、副帝トルマナク――

「アルコン帝国の副帝~」
「ホザリウス家のトルマナクは~」
「――国民に、呼び掛けをっ」
「――避難計画に、問題がっ」
「――予算がっ」
「――迷子の子猫がっ」
「再三の関係諸氏の割りこみに、うんざりしながら~」
「応えられる限り、応えよう……と尽力」
「……」
「多忙を極める中~」
「副帝トルマナクは~」
「科学者たちを招集」
「前もって~」
「――《クヴァンク》が~」
「――万一、クリスタル・バリアを、擦り抜けた場合~」
「――星系アルコンのどの座標に、出現するか?」
「計算してくるよう、申し渡しておいたのです」
「が」
「科学者たちは~」
「――そんなコト、あり得ないしー」
「こういうのを、増上慢というのです」
「――そもそも~」
「――全部テラナーが、悪いんだしー」
「こうした科学者一同が~」
「《クヴァンク》の出現予測座標を~」
「割り出せるはずもなし」
「……」
「副帝トルマナクは~」
「――ロボット艦隊、発進っ」
「――クリスタル・バリアの外に、送り出し~」
「――オンリョン艦隊を、迎撃だっ」

 星系アルコン外縁――

「アルコン帝国のロボット艦隊は~」
「――どどーん」
「果敢に、攻撃を仕掛けます」
「が」
「オンリョン艦隊は~」
「やる気なさげに~」
「適当に、あしらったりして」
「……」
「その理由は~」
「すぐに、わかりました」
「――オンリョン艦隊の増援が、到着した?」
「――3万隻?」
「――また、3万隻?」
「続々と、増えるのでした」

 星系アルコン内、クリスタル・バリア中央管制所――

「先般――」
「クリスタル・バリア中央管制所では~」
「変形能力者、ジャジュ種族の、工作員1名が~」
「――ばーん」
「破壊工作して、爆死」
「で」
「クリスタル・バリア中央管制所の責任者~」
「スカドガス家のユスクロウさんは~」
「工作員に、やられそうなところを~」
「――あ、あぶないっ」
「中央監視所の職員タラさんに、助けられ~」
「――ここは、もうダメねっ」
「――総員、撤退よっ」
「転送機で~」
「《ヴォタンタル・ジュ》へ」
「……」
「ちなみに」
「ヴォタンタル・ジュ、とは~」
「アルコン語で〈永遠の炎〉の意」
「ここでは~」
「クリスタル・バリアの配電ステーションのコードネームをいいます」

 星系アルコン内、《ヴォタンタル・ジュ》――

「撤退してきた職員は、多くが負傷」
「スカドガス家のユスクロウさんは~」
「――まずは、治療を優先よっ」
「自分の負傷に、関しては~」
「応急処置で、済ませると~」
「すぐに、管制室へ」

 星系アルコン内、《ヴォタンタル・ジュ》――

「スカドガス家のユスクロウさんは~」
「――大変なコトを、見落としていたのかも?」
「気づきました」
「――変形能力者、ジャジュ種族の、工作員は~」
「――もう1名いる……かも?」
「――今も《ヴォタンタル・ジュ》にいる……かも?」
「――だとしたら、それは……」
「――(推理中)」
「――タラさん?」
「――生命の恩人だと、思っていたのにっ」
「すぐに~」
「必要な措置を、取りました」
「警備部隊を、率いて~」
「――そこまでよっ」
「タラさん=ジャジュ種族の工作員が~」
「《ヴォタンタル・ジュ》のパラトロン・バリアを切った~」
「現場を、押さえました」
「――!」
「タラさん=ジャジュ種族の工作員は、逃走」
「が」
「すぐに、転送機室で捕獲・拘束されたり」
「――最初に?」
「――《ヴォタンタル・ジュ》のパラトロン・バリアを切って?」
「――次に?」
「――転送機室?」
「――というコトは?」
「――!」

 星系アルコン内、《ヴォタンタル・ジュ》――

「かくして」
「転送機から出現した~」
「オンリョン人の部隊は~」
「《ヴォタンタル・ジュ》を、制圧」
「……」
「星系アルコンのクリスタル・バリアは~」
「今も、展開したまま」
「ですが」
「今や、オンリョン人の制御下にあります」
「……」
「アトプの裁判官とか」
「その配下の~」
「オンリョン人とか~」
「変形能力者である、ジャジュ種族とか」
「すなわち~」
「アトピック法廷は~」
「――星系アルコンは~」
「――将来の銀河系の、アトプとオンリョン人の権力基盤として~」
「――役立つのである」
「――星系アルコンの正統な住人、ナート人は~」
「――ふたたび、星系アルコンの所有者になるのである」
「こう考えて、いるのでした」

 星系アルコン内――

「アルコン帝国皇帝ボスティク1世の~」
「旗艦《ゴス・テュサンII》は~」
「トンネルの構造亀裂を出て~」
「星系アルコン内に、出現」
「――《ヴォタンタル・ジュ》を奪還したい」
「計画を、練るのでした」

 (以下次号)

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 秋ですね。


d-information ◆ 790 [不定期刊] 2013/09/23
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]