rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

770 [2013/05/06]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2698 . Uwe Anton / Die Nekrophore / 搬死素
2699 . Uwe Anton / Das Neuroversum / ニューロバース
2700 . Andreas Eschbach / Der Techno-Mond / テクノ・ムーン
2701 . Christian Montillon / (未詳)
2702 . (未詳)
2703 . Bernd Perplies / Tod im All / 宇宙に死す
2704 . (未詳)
2705 . Michael Marcus Thurner / (未詳)

「書籍電子化の波は~」
「ざっぱーん」
「ドイツのヘフト業界にも、及んでいます」
「Perry Rhodan-Heft も~」
「電子化が進み~」
「紙ベースの再版として、最後に残った5版も~」
「この5月――」
「1599話をもって、終了とのこと」

□ Perry Rhodan-Heft 2698話「搬死素」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2698-die-nekrophore.html ]

 (承前)

 新銀河暦1470年1月、〈調和の帝国〉エスカリアンの銀河――

「ショロウブワの制御惑星Iの、近傍で~」
「ボットネットは~」
「異常空間――現在、星系ソルはこの中――に、つながる~」
「次元トンネルを、維持しています」
「目下」
「そこに~」
「超知性体キン・シの~」
「補助種族の艦隊と~」
「超知性体キン・シの影響下にある~」
「エスカリアンの非調和存在たちの艦隊が~」
「突入・準備中」
「そこに~」
「精神存在アルデン――超知性体タネドラルの4分の1――が~」
「再生」
「超知性体キン・シが~」
「到着」
「事態は、緊迫」
「と」
「そこに~」
「――ごごごっ」
「コスモクラート製の青い転子状宇宙船《光力》が~」
「物質化」
「……」
「《光力》の司令官は~」
「周辺宙域の全員に、通達しました」
「――超知性体キン・シは~」
「――即刻、ミニチュア宇宙を破壊すること」
「――サンブリ・ユラは~」
「――即刻、《光力》に復帰し、仕事に戻ること」
「――もちろん~」
「――ボットネットも、引き渡すこと」
「――応じない場合~」
「――〈調和の帝国〉エスカリアンの、全域を~」
「――《光力》が積載する〈搬死素〉で、破壊する」

 制御惑星I近く、《世界をしまう船》――

「ペリー・ローダンと~」
「同行者たちに、とっては~」
「悩むまでも、ないことです」
「――〈搬死素〉は、ヤバいっ」
「――断固阻止っ」
「そこへ」
「《光力》司令官の、脅迫をうけて~」
「デロリアン・ローダン――今回の一件の主犯――が~」
「《世界をしまう船》に、戻ってきました」
「で」
「ペリー・ローダン 対 デロリアン・ローダン」
「前々回からの、父子対立とか~」
「ペリー・ローダン 対 モンドラ・ダイアモンドさん」
「前々回からの、父母対立とか~」
「――がみがみっ」
「――ふんっ」
「――きーっ」
「再燃」
「……」
「ともあれ」
「ペリー・ローダンは~」
「――《光力》司令官と、交渉するのだっ」
「交渉の場は~」
「《光力》でもなく~」
「《世界をしまう船》でもなく~」
「《ミクル=ジョン》に、決まりました」

 異常空間内――

「超知性体キン・シが~」
「配下の艦隊を、率いて~」
「次元トンネルを、抜け~」
「異常空間に、到着」
「……」
「テラナー艦隊は~」
「――て、撤退だっ」
「――に、逃げろっ」
「6次元ヴェール――星系ソルを囲む――の中に、撤退」

 異常空間内:星系ファ――ファゲシ種族の故郷星系――

「超知性体キン・シは~」
「食欲のままに~」
「――ずぞぞっ」
「――ごっくん」
「星系ファの〈惑星橋〉から~」
「精神エネルギーを~」
「搾り取りました」

 異常空間内:《バジス》――

「ちなみに~」
「超知性体キン・シに~」
「わずかに、先んじて~」
「《バジス》=〈多宇宙接眼〉+供給系モジュールも~」
「異常空間に、到着」
「で」
「《バジス》と~」
「死者団脳+超知性体アルダールの遺体は~」
「星系ソルに、飛ぶために~」
「独自のバリアに、包まれたのでした」

 通常宇宙:制御惑星I近く、《ミクル=ジョン》――

「交渉の場に、あらわれた~」
「《光力》の司令官は~」
「ウサギでした」
「……」
「憶えて、いるでしょうか……?」
「昔~」
「コスモクラートは~」
「エントン人、サンブリ・ユラさんを~」
「幼少の頃~」
「種族から、引き離し~」
「工作員のようなモノとして~」
「養成」
「青い転子状宇宙船《光力》を、与え~」
「使命を、与えてきたのです」
「で」
「そうこう、するうち~」
「いつしか~」
「《光力》の船内の一角に~」
「船載脳〈ダン〉も把握していない~」
「白日夢的な世界が~」
「出来上がって、いました」
「そこは~」
「何というか~」
「サンブリ・ユラさんの~」
「絵本というか、絵日記というか~」
「そんな場所」
「で」
「その後~」
「サンブリ・ユラさんが~」
「失踪した――フリをした――後~」
「アラスカ・シェーデレーアは~」
「サンブリ・ユラさん捜索の、手掛かりを~」
「探す途中~」
「何度か~」
「そんな場所に~」
「迷いこんだ経験が、あります」
「その時~」
「もしかしたら~」
「サンブリ・ユラさんの何かと~」
「アラスカ・シェーデレーアの何かが~」
「混ざって、しまったのでしょう」
「そこは~」
「山とか、川とか、木が、あって~」
「――遅刻だ、遅刻だっ」
「燕尾服を着たウサギが、時計を見ながら、走っていたり」
「――にやにや」
「猫が、笑いだけ残して、消えてみたり」
「――どんどこ、どんどこ」
「昔のエントン人が暮らす村が、あったり」
「で」
「ならば~」
「この白日夢的な世界は~」
「単純に白日夢か……」
「といえば、さにあらず」
「サンブリ・ユラさんは~」
「この白日夢的な世界を~」
「時々、訪れて~」
「――さあ、外の世界へ、いらっしゃいっ」
「若いエントン人の女の子を、スカウトしては~」
「部下として、使ったり」
「影武者として、使ったり」
「……」
「さて」
「現在――」
「あらわれた~」
「自称・《光力》の司令官は~」
「燕尾服を着たウサギでした」
「で」
「ペリー・ローダン、思いました」
「――狂ってる」
「――三月のウサギみたいにっ」

 通常宇宙:制御惑星I近く、《ミクル=ジョン》――

「三月ウサギ――命名:ペリー・ローダン――は~」
「運転中のボットネットの、即時引き渡しは、無理っぽい」
「というのは、承知していました」
「――引き渡し期限は、10時間後だ」
「と、通告します」
「対する~」
「ペリー・ローダンには~」
「策が、ありました」
「――この座標を見ろっ」
「――当方は~」
「――コスモクラートの工廠惑星エヴォラクスの位置を~」
「――把握しているのだっ」
「と、前置きした上で、曰く」
「――そちらが~」
「――〈搬死素〉を、射出したら~」
「――当方は~」
「――即座に~」
「――ボットネットで~」
「――〈搬死素〉を~」
「――この座標に、回送してやるっ」
「三月ウサギは~」
「――ぐぬぬっ」
「――《光力》っ」
「――ボットネットを、砲撃だっ」
「回収しにきたはずの、超兵器を~」
「破壊しようとします」
「が」
「――?」
「《光力》は~」
「砲撃命令を、無視」

 同じ頃――

「デロリアン・ローダンは~」
「サンブリ・ユラさんが仕掛けておいた、経路から~」
「ナノ工作員を送りこみ~」
「――交渉成立ですっ」
「《光力》の船載脳〈ダン〉と~」
「話をつけていました」
「が」
「もちろん」
「三月ウサギは、知るはずもなし」

 同じ頃――

「サンブリ・ユラさんは~」
「――やったわっ」
「ボットネットの制御を~」
「奪取していました」
「が」
「もちろん」
「三月ウサギは、知るはずもなし」

 かくして――

「ペリー・ローダン」
「デロリアン・ローダン」
「サンブリ・ユラさん」
「一同は~」
「《光力》の三月ウサギを~」
「――ぐぬぬっ」
「詰んだのでした」

 通常宇宙:制御惑星I近く、《世界をしまう船》――

「交渉を終えて~」
「《ミクル=ジョン》は~」
「《世界をしまう船》へ」
「サンブリ・ユラさんも、加えて~」
「今後のコトなど、討議します」
「……」
「ちなみに」
「あらためて、見ると~」
「サンブリ・ユラさんの髪は~」
「身体とは別の物理法則に従うみたいに、動いていたり」
「ありていに言うと~」
「上に、なびいていたり」
「まあ」
「何というか~」
「そういうキャラ付けなのでした」
「……」
「さて」
「ペリー・ローダン 対 デロリアン・ローダン」
「父子対立とか~」
「ペリー・ローダン 対 モンドラ・ダイアモンドさん」
「父母対立とか~」
「さらに、継続」
「加えて~」
「デロリアン・ローダンは~」
「前々回の、要望を~」
「繰り返して、曰く」
「――ニューロバースを、もっと安定させるのに~」
「――細胞活性装置1基が、欲しいのです」
「――父上の活性装置を、くださいっ」
「ペリー・ローダンは~」
「――だが断るっ」
「対立は、さらに継続」
「――がみがみっ」
「――ふんっ」
「――きーっ」

 通常宇宙:制御惑星I近く、《世界をしまう船》――

「アンドロイド、エロイン・ブリゼルは~」
「観察していました」
「――精神存在アルデンが~」
「――超知性体タネドラルの欠片を~」
「――すべて回収したみたいレス」
「――超知性体キン・シを、追って~」
「――異常空間につながる、次元トンネルに~」
「――突入したみたいレス」
「ちなみに」
「次元トンネルの先の、異常空間は~」
「言葉どおりの意味で~」
「縮みつつ、あるようでした」

 異常空間内:星系ソル――

「超知性体キン・シは~」
「星系ファを、片付けると~」
「――げぷ」
「配下の艦隊を、率いて~」
「星系ソルへ」
「……」
「進路には~」
「6次元ヴェールが、立ちふさがります」
「が」
「超知性体キン・シは~」
「超高度な技を、駆使して~」
「――ぐりぐり」
「孔を、うがち~」
「6次元ヴェールは、崩壊寸前」
「と」
「そこへ」
「精神存在アルデンが~」
「超知性体キン・シに、突撃です」
「――!」
「が」
「超知性体キン・シは~」
「――ずぞぞっ」
「――ごっくん」
「精神存在アルデン――超知性体タネドラルの最後の4分の1――も~」
「喰ってしまいました」

 通常宇宙:制御惑星I近く、《世界をしまう船》――

「思えば~」
「長い捜索の旅でした」
「アラスカ・シェーデレーアは~」
「サンブリ・ユラさんと~」
「ようやく~」
「ふたりだけで~」
「話す機会を、得ました」
「……」
「ちなみに」
「思いかえせば~」
「アラスカ・シェーデレーアは~」
「クエリオン人、キトマさんに~」
「振り回され~」
「苦労ばかりでした」
「で」
「思いかえせば~」
「エントン人、サンブリ・ユラさんにも~」
「振り回され~」
「苦労ばかりでした」
「思うに~」
「サンブリ・ユラさんは~」
「最初に出会った時から~」
「――このヒト、便利に使えるかも」
「ピン、ときて~」
「アラスカ・シェーデレーアの顔に~」
「――ぺっとり」
「カピン片を、再装着したのかも」
「……」
「アラスカ・シェーデレーアは~」
「振り回されて~」
「たぶん、疲れていました」
「――ニューロバースを、もっと安定させるのに~」
「――細胞活性装置1基が、欲しいんですよね?」
「――自分の細胞活性装置を、使ってください」

 アラスカ・シェーデレーア――

「かくして」
「アラスカ・シェーデレーアは~」
「細胞活性装置を~」
「提供」
「余命62時間です」
「知人のところを、回って~」
「別れを、告げてみたり」
「……」
「回った中で~」
「ただ、ひとり~」
「モンドラ・ダイアモンドさんだけは~」
「――ウチの息子を、信じてれば、だいじょうぶ」
「――優しいコですから」
「気楽な感じ、だったという」

 それから――

「アラスカ・シェーデレーアは~」
「《光力》の三月ウサギに~」
「連絡をとりました」
「――自分が、《光力》の次の司令官になります」
「――だから~」
「――代わりに~」
「――サンブリ・ユラさんを、自由にしてください」
「……」
「三月ウサギが~」
「司令官の器でないのは~」
「明らかです」
「まあ、何というか~」
「某不思議の国の、某ウサギなわけで」
「……」
「三月ウサギは~」
「アラスカ・シェーデレーアの履歴書を、読むと~」
「異動を承認」
「かくして」
「アラスカ・シェーデレーアは~」
「《光力》へと、移乗したのでした」

 以下次号――

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 次回、ニューロバース篇・最終回。


d-information ◆ 770 [不定期刊] 2013/05/06
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]