rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

729 [2012/07/23]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ドイツ・ファンタスティーク大賞 2012
◇ペリー・ローダン近況


◆ドイツ・ファンタスティーク大賞 2012

 Deutscher Phantastik Preis の本年のノミネート作は、以下のとおり。
 授賞式は10月13日の予定。

□ Bester deutschsprachiger Roman 国内長篇部門

・Andreas Eschbach / Herr aller Dinge / 森羅万象の王
 ――Bastei Lübbe

・Bernd Perplies / Gegen die Zeit / 時間との戦い
 ――Lyx 社

・Gesa Schwartz / Nephilim / ネフィリム
 ――Lyx 社

・Kai Meyer / Arkadien fällt / アルカディア崩壊
 ――Carlsen 社

・Markus Heitz / Vernichtender Hass / アルバの伝説2――破滅をもたらす憎悪
 ――Piper 社

□ Bestes deutschsprachiges Romandebüt 国内長篇新人部門

・Andreas Gross & Hans-Peter Schultes / Im Schatten des Blutmondes / 血の月影
 ――Saphir im Stahl 社

・Janika Nowak / Das Lied der Banshee / バンシーの唄
 ――Pan 社

・Kerstin Pflieger / Die Alchemie der Unsterblichkeit / 不死の錬金術
 ――Goldmann 社

・Thilo Corzilius / Ravinia / ラヴィニア
 ――Piper 社

・Thomas Elbel / Asylon / アシュロン
 ――Piper 社

□ Bester internationaler Roman 海外長篇部門

・Brandon Sanderson / Der Weg der Könige / The Way of Kings / 王の道
 ――Heyne 社

・Carlos Ruiz Zafo'n / Marina / Marina / マリナ
 ――S. Fischer 社

・Iain Banks / Krieg der Seelen / Surface Detail / サーフィス・ディテール
 ――Heyne 社

・Patrick Rothfuss / Die Furcht des Weisen 1 / The Wise Man's Fear / 賢者の怖れ
 ――Klett-Cotta 社

・Ransom Riggs / Die Insel der besonderen Kinder / Miss Peregrine's Home for Peculiar Children / ミス・ペレグリンの特異児童院
 ――Pan 社

□ Beste deutschsprachige Kurzgeschichte 短篇部門

・Armin Rößler / Das Versprechen / 約束
 ――短篇集 Rößler & Jänchen 編 Emotio『心情』に収録、Wurdack 社

・Eddie M. Angerhuber / Die darbenden Schatten / 餓える影
 ――短篇集 Die darbenden Schatten『餓える影』に収録、Atlantis 社

・Karla Schmidt / Auf dem Wind. Allein / ひとり、風に乗って。
 ――短篇集 Harald Giersche 編 Space rocks『スペース・ロック』に収録、Begedia社

・Karsten Kruschel / Violets Verlies / 惑星ヴァイオレットの地下牢
 ――短篇集 Rößler & Jänchen 編 Emotio『心情』に収録、Wurdack 社

・Nina Horvath / Die Duftorgel / 芳香パイプオルガン
 ――短篇集 Giersche 編 Prototypen und andere Unwägbarkeiten『試作品に未評価品を添えて』に収録、Begedia 社

・Uwe Post / Träumen Bossgegner von nackten Elfen? / ボスキャラたちは裸エルフの夢をみるか?
 ――短篇集 Giersche 編 Prototypen und andere Unwägbarkeiten『試作品に未評価品を添えて』に収録、Begedia 社

□ Beste Original-Anthologie/Kurzgeschichten-Sammlung 短篇集部門

・Armin Rößler & Heidrun Jänchen 編 / Emotio / 心情
 ――Wurdack 社

・David Marusek / Wir waren außer uns vor Glück / 幸福に我を忘れる
 ――Golkonda 社

・Erik Schreiber 編 / Geheimnisvolle Geschichten 2 - Steampunk / 謎だらけの歴史2――スチームパンク
 ――Saphir im Stahl 社

・Harald Giersche 編 / Prototypen und andere Unwägbarkeiten / 試作品に未評価品を添えて
 ――Begedia 社

・Thomas Backus 編 / Die Klabauterkatze und andere Fundstücke des Grauens / 水猫、その他、恐怖の落とし物
 ――Low 社

□ Beste Serie シリーズ部門

・Justifiers / ジャスティファイアーズ
 ――Heyne 社

・Michael Schenk / Pferdelords / 騎馬卿団
 ――Arcanum 社

 Perry Rhodan / ペリー・ローダン
 ――VPM

・Rettungskreuzer Ikarus / 救命クルーザー・イカロス
 ――Atlantis 社

・Richard Schwartz / Askir/Götterkriege / アスキール・神戦
 ――Piper 社

□ Bester Grafiker / アート部門

・Crossvalley Smith
・Dirk Schulz
・Mark Freier
・Thomas Thiemeyer
・Timo Kümmel

□ Bestes Sekundärwerk 二次創作部門

・Fandom Observer / ファンダム・オブザーバー

・Hermann Ritter & Michael Scheuch / Magira - Jahrbuch zur Fantasy / マギラ――ファンタジー年鑑
 ――Fantasy Club e.V.

・Nautilus - Abenteuer und Phantastik / ノーチラス――冒険とファンタジー
 ――Abenteuer Medien 社

・phantastisch! / ファンタスティッシュ
 ――Achim Havemann

・Sascha Mamczak 編 / Das Science Fiction Jahr 2011 / SF年鑑2011年
 ――Heyne 社

□ Beste Internet-Seite / ウェブサイト部門

・www.bibliotheka-phantastika.de
・www.fantasybuch.de
・www.geisterspiegel.de
・www.phantastik-couch.de
・www.zauberspiegel-online.de

【関連サイト】
・ドイツ・ファンタスティーク大賞については
[ http://www.deutscher-phantastik-preis.de/ ]


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2657 . Leo Lukas / Geheimbefehl Winterstille / 秘密指令・冬のしじま
2658 . Verena Themsen / Die Stunde des Residenten / 政庁首席の時間
2659 . Richard Dübell / Toufec / トウフェク
2660 . (未詳)
2661 . Uwe Anton / (未詳)

□ Perry Rhodan-Heft 2657話「秘密指令・冬のしじま」
[ http://www.perry-rhodan.net/band-2657-geheimbefehl-winterstille.html ]

 (承前)

 新銀河暦1469年11月26日12:07、異空間の星系ソル――

「首都テラニア、太陽系政庁にて――」
「――先般、デロリアン・ローダンが全国放送した映像について~」
「――話合いたいと、思います」
「対策会議が、開催されました」
「で」
「侵略者代表――」
「ファゲシ〈遍在殿軍〉の最高位推進役、コソム」
「助言役のサイポラン人、マルギズ」
「親侵略者・政府代表――」
「アンブラ評議会・議長アニセー・ユバリさん――自称、サイテラナー」
「TLD長官フィドル・リオルダン」
「その助手、超能力者=静かなヴェさん」
「集まった一同は~」
「――デロリアン・ローダンと、その仲間の評判を~」
「――このようにして、落としたい」
「いくつか、計画を立てました」
「でも」
「そんなこと以前に~」
「――地震発生ナノマシンは、破壊されたしー」
「――圧力をかける効果的な手段が、ないしー」
「――けっこう、追い詰められてなくない?」
「すると」
「侵略者=ファゲシ〈遍在殿軍〉の最高位推進役、コソムは~」
「――だから、もっとファゲシ部隊を呼び寄せるべきなのだっ」
「主張します」
「対して」
「アンブラ評議会・議長アニセー・ユバリさんは~」
「――将来に有望なサイテラナーになるかもしれない若者が、怯えるしー」
「反対します」
「そこで」
「助言役のサイポラン人、マルギズは~」
「――ならば、惑星サイポルから、増援を呼ぶことで、どうでしょう?」
「仲裁に、回ったりして」
「――太陽系政庁の計算脳〈ラオツェ〉に~」
「――状況分析をしてもらっては、どうでしょう?」
「すると」
「こんな結果がでました」
「――次は、太陽系政庁が襲撃をうけるに、違いない?」
「――ならば、パラトロンバリアを展開しよう」
「――賛成っ」
「早速、パラトロンバリアを展開しました」
「ようやく~」
「会議らしく、なってきたのですが~」
「ここで」
「アンブラ評議会・議長アニセー・ユバリさんが~」
「――もうすぐ、アンブラ評議会の時間だしー」
「席をはずすことに」
「対策会議としては~」
「――アンブラ評議会で、対策会議の件を追認してもらってくださいねー」
「戻るまで、対策会議は中断です」

 星系ソル内、自由テラナー連盟の宇宙船《クラカウII》――

「宇宙船《クラカウII》は~」
「商船、貨物船、旅客船……ほぼ10万隻と共に~」
「星系ソル内のパーク軌道を、周回していました」
「……」
「クエスター・ブルノワツは~」
「宇宙船《クラカウII》の保安員」
「することも、ないので~」
「思考テニスの試合に興じたり~」
「しながら~」
「新任の政庁大臣ヴァシャリ・オラロンさんのコトを、思い出してみたり」
「――自由テラナー連盟旗艦《レイフ・エーリクソンIV》に、いるんだっけ?」

 惑星テラ、首都テラニア――

「ゲルハルト・ウクレイは~」
「タイポグラファーにして、メディア制作者……録音作品を作っています」
「既婚者にして、一男二女の父」
「一家が住むマンションは、首都テラニアの空中庭園にあります」
「幸いにして~」
「ウクレイ家の子供たちは~」
「サイポラン人に、誘拐されることもなく~」
「この日まで、過ごしていたわけです」
「が」
「……」
「息子ヨナス・ウクレイは~」
「まだ十代の若者です」
「両親に宣言して、曰く」
「――ボクは、侵略者に抗議するデモ行進に、参加するんだ」
「父ゲルハルト・ウクレイとしては~」
「――(やめさせたい)」
「――(でも、そんなコトしたら、息子の愛国心を全否定するみたいだし)」
「――うーっ(どーすれば良いのやら)」
「言葉に、詰まります」

 惑星テラ、首都テラニア、太陽系政庁――

「アンブラ評議会が終わり~」
「アンブラ評議会・議長アニセー・ユバリさんが~」
「対策会議に、戻ってきました」
「と」
「侵略者代表――」
「ファゲシ〈遍在殿軍〉の最高位推進役、コソム」
「助言役のサイポラン人、マルギズ」
「だけしか、残っていない」
「と、いうのも」
「TLD長官フィドル・リオルダンと~」
「その助手、超能力者=静かなヴェさんは~」
「抵抗運動の破壊工作者を尋問するのに、忙しいのです」
「……」
「対策会議、再開です」
「が」
「アンブラ評議会・議長アニセー・ユバリさん」
「ファゲシ〈遍在殿軍〉の最高位推進役、コソム」
「助言役のサイポラン人、マルギズ」
「現状の出席者は~」
「じつは」
「太陽系の細かい事情に~」
「あまり明るくありません」
「とりあえず」
「――太陽系政庁の計算脳〈ラオツェ〉に~」
「――積極的に参加してもらっては、どうでしょう?」
「すると」
「こんな秘密がわかりました」
「――特殊コード〈冬のしじま〉で?」
「――星系ソルにいる、自由テラナー連盟艦隊の宇宙船3万5945隻を?」
「――全船、行動不能にできる?」
「――生命維持システム以外、全機能が止まる?」
「どうやら~」
「ずっと昔に~」
「敵が、自由テラナー連盟の宇宙船で惑星テラを攻撃した場合~」
「とかいう状況を想定し、組みこんだコードのようです」
「ともあれ」
「――賛成っ」
「早速、特殊コード〈冬のしじま〉を展開しました」
「……」
「星系ソルにいる、自由テラナー連盟艦隊の宇宙船3万5945隻は~」
「全船、行動不能になったのでした」

 衛星ガニメデ跡地、秘密組織〈姿なき友人の会〉の砦――

「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルは~」
「――惑星テラのメキシコシティーで、地震に遭って、事故死したっ」
「と、見せかけて~」
「こっそりと~」
「〈姿なき友人の会〉の砦の指揮を、とっていました」
「……」
「デロリアン・ローダンは~」
「このところ」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルに~」
「小まめに通信してきます」
「――最新情報を伝えた方が良いでしょう?」
「が」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルは~」
「――今、重要案件の協議中だから」
「――ぶちっ」

 衛星ガニメデ跡地、秘密組織〈姿なき友人の会〉の砦――

「ファゲシ種族オアコノというヒトがいます」
「先般」
「惑星テラで~」
「侵略者部隊から、抵抗組織側に、寝返り~」
「抵抗組織ごと、救い出されて~」
「衛星ガニメデ跡地に、来ていました」
「……」
「現在」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルとしては~」
「――ファゲシ種族オアコノと~」
「――さらに踏みこんだ協議を、進めたい」
「優先度は、デロリアン・ローダンより上なのでした」
「……」
「ファゲシ種族オアコノは~」
「ハイパーカムで~」
「惑星テラにいる、ファゲシ種族や~」
「〈ガレオン宇宙船〉団にいる、ファゲシ種族に向けて~」
「――いろいろ話の展開が、オカシイんだよー」
「――この星系から、撤退しようよー」
「演説するのでした」

 惑星テラ、首都テラニア――

「侵略者に抗議するデモ行進が、はじまり~」
「アリナ・ウクレイ」
「レア・ウクレイ」
「ヨナス・ウクレイ」
「ゲルハルト・ウクレイの子供3人も、参加」
「が」
「開始直後」
「――びびびっ」
「ファゲシ種族の部隊が~」
「侵略者に抗議するデモ行進を、攻撃」
「参加者多数が~」
「麻痺したところを、逮捕されました」
「ゲルハルト・ウクレイの子供3人も~」
「逮捕されました」

 惑星テラ、首都テラニア――

「タニー・アブロさんは~」
「自由テラナー連盟の小型艦隊の提督です」
「地下組織とか、ネットワークを通じて~」
「部隊に指示を送ります」
「――救出作戦、準備よっ」

 惑星テラ、首都テラニア、太陽系政庁――

「アンブラ評議会・議長アニセー・ユバリさん」
「ファゲシ〈遍在殿軍〉の最高位推進役、コソム」
「助言役のサイポラン人、マルギズ」
「3名による、対策会議です」
「――人工太陽を消灯するのだっ」
「――賛成」
「早速、人工太陽を消灯しました」
「……」
「惑星テラは~」
「急に、暗くなり~」
「――ひゅうう」
「――おー寒っ」

 衛星ガニメデ跡地、秘密組織〈姿なき友人の会〉の砦――

「デロリアン・ローダンは~」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルに~」
「通信してきて、曰く」
「――トウフェクを、太陽系政庁に突入させようかと、思っています」
「――あと」
「――《レイフ・エーリクソンIV》が~」
「――特殊コード〈冬のしじま〉を、無効化しました」

 惑星テラ、首都テラニア――

「父ゲルハルト・ウクレイのもとに~」
「――ぴんぽーん」
「怪しい男女が、訪ねてきました」
「――かつて、砂漠に、デモはなく、砂だけがあった……」
「――あぁっ……ごめんなさい。ドアを、閉めないでください」
「トウフェクとシャンダ・シャーモットさん」
「だった、という」
「で」
「トウフェクとシャンダ・シャーモットさんは~」
「――子供3人を、救いたいか?」
「父ゲルハルト・ウクレイを、仲間に引きこむのでした」
「……」
「一方」
「提督タニー・アブロさんは~」
「テラ第一宇宙陸戦師団を率いて~」
「――人質を、解放するのよっ」

 星系ソル内、自由テラナー連盟の宇宙船《クラカウII》――

「太陽系政庁の計算脳〈ラオツェ〉が~」
「特殊コード〈冬のしじま〉を、展開したので~」
「宇宙船《クラカウII》も~」
「行動不能に、なりました」
「――生命維持システム以外、全機能が止まってる?」
「で」
「保安員クエスター・ブルノワツは~」
「――古き良き10BASE-5のヴァンパイアタップみたいなモノで~」
「――船載生体ポジトロニクス〈ファウスト〉の配線に割りこんだら?」
「――宇宙船の機能を止めている回路を、何とかできるかも」
「思いつくのでした」

 衛星ガニメデ跡地、秘密組織〈姿なき友人の会〉の砦――

「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルは~」
「デロリアン・ローダンの助けを借りて~」
「自由テラナー連盟旗艦《レイフ・エーリクソンIV》の~」
「政庁大臣ヴァシャリ・オラロンさんに、連絡をとる」
「――こちら、レジナルド・ブルだ」
「――!」
「……」
「さらに」
「テラ第一宇宙陸戦師団を率いる~」
「提督タニー・アブロさんに、連絡をとる」
「――こちら、レジナルド・ブルだ」
「――!」
「……」
「どちらも~」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルの生存を~」
「喜んでくれた、みたいです」
「で」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルは~」
「曰く」
「――当面の目標は~」
「――自由テラナー連盟艦隊の解放だっ」
「――裏技があるのだっ」
「――だが、裏技を使うには~」
「――太陽系政庁の計算脳〈ラオツェ〉を手に入れなければならないっ」

 衛星ガニメデ跡地、秘密組織〈姿なき友人の会〉の砦――

「現在」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルとしては~」
「――ファゲシ種族オアコノと~」
「――ずっと踏みこんだ協議を、進めたい」
「でも」
「ファゲシ種族オアコノは~」
「――超知性体アルダールの遺体を、返還してください」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルとしては~」
「――そもそも、星系ソルには、ないのだ」
「――いっしょに探す、くらいの約束では、ダメだろうか?」
「でも」
「――かならず、返還してください」
「ファゲシ種族オアコノは~」
「拘ります」
「で」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルは~」
「――ならばっ」
「――!」
「自分の左手の小指の先っぽを、担保にして~」
「ファゲシ種族オアコノと、同盟関係を結ぶのでした」

 惑星テラ、首都テラニア、太陽系政庁――

「提督タニー・アブロさん+テラ第一宇宙陸戦師団と~」
「トウフェクとシャンダ・シャーモットさんと~」
「父ゲルハルト・ウクレイの活躍で~」
「逮捕された人たちは~」
「全員、解放されました」
「ひとりの死者も、ありませんでした」

 衛星ガニメデ跡地、秘密組織〈姿なき友人の会〉の砦――

「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルは~」
「宇宙船《クラカウII》の通信を、捕捉」
「――古き良き10BASE-5のヴァンパイアタップみたいなモノで~」
「――船載生体ポジトロニクスの配線に割りこんで?」
「――特殊コード〈冬のしじま〉を、無効化した?」
「――えーと?」
「――もしかすると~」
「――《レイフ・エーリクソンIV》も、そうしたのか?」

 衛星ガニメデ跡地、秘密組織〈姿なき友人の会〉の砦――

「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルは~」
「デロリアン・ローダンと~」
「太陽系政庁への突入作戦を、協議」
「で」
「自由テラナー連盟政庁首席レジナルド・ブルは~」
「曰く」
「――じつは……」
「――オレひとりだけなら、潜入する道があるんだが……」

 以下、次号。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 ヴァンパイア・タップとトランシーバ……懐かしいですね。


d-information ◆ 729 [不定期刊] 2012/07/23
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]