rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

705 [2012/02/06]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2633 . Hubert Haensel / Der tellurische Krieg / 地球戦争
2634 . Hubert Haensel / Terras neue Herren / テラの新主人たち
2635 . Hans Kneifel / Jagd auf Gadomenäa / ガドメネアで追跡
2636 . Christian Montillon / Das Schema des Universums / 宇宙の枠組
2637 . Arndt Ellmer / Die Informationsjäger / 情報追跡者

□ Perry Rhodan-Heft 2633話「地球戦争」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2633.html ]

 (承前)

 新銀河暦1469年、異空間に転送された、星系ソル――

「エクスプローラー船《ボンベイ》は~」
「隣接星系を、調査していたのです」
「が」
「帰還の際~」
「乗っ取られました」
「〈ガレオン宇宙船〉150隻を~」
「星系ソルまで~」
「連れてきてしまう、のでした」
「……」
「〈ガレオン宇宙船〉は~」
「艫に~」
「四本腕したヒューマノイドの上半身が~」
「生えています」
「で」
「じつは~」
「四本腕したヒューマノイドは~」
「独立した生物です」
「操縦士=操縦ユニットみたいなモノとして~」
「〈ガレオン宇宙船〉と合体、しているのでした」
「……」
「星系ソルで~」
「〈ガレオン宇宙船〉150隻は~」
「――ばーん」
「78隻が、完全に破壊されたり」
「でも」
「〈ガレオン宇宙船〉は、何隻も~」
「惑星テラに、到達」
「――!」
「電磁的・音響基盤の兵器で、地表を攻撃」
「さらに」
「〈ガレオン宇宙船〉3隻が~」
「惑星テラに、降下して~」
「――どっぷーん」
「海の深いところに、沈んだり」

 〈ガレオン宇宙船〉の操縦士、ナハトアオグス・バイゾーン――

「バイゾーンの〈ガレオン宇宙船〉は~」
「――ばーん」
「大破しました」
「で」
「〈ガレオン宇宙船〉の残骸は~」
「メキシコ湾へ」
「――どっぷーん」
「で」
「操縦していた、バイゾーンは~」
「腰から下がはまった、機械装置ごと~」
「ユカタン半島へ」
「――ごっとーん」

 ユカタン半島、熱帯雨林――

「ジェロニモ・アブは、15歳のテラナー男児」
「シェボパル人のお嬢さんダイシャさんと、テント生活」
「で」
「両名は~」
「――ごっとーん」
「墜落した、バイゾーンを~」
「発見したり」
「……」
「ジェロニモ・アブは~」
「シェボパル人、ダイシャさんから~」
「シェボパル人の神話……〈雨巨人〉伝説を聞いたばかり、でした」
「で」
「墜落した、バイゾーンを、目にして~」
「――〈雨巨人〉?」
「とか、呼称したり」
「見たところ~」
「――〈雨巨人〉は……怪我してる?」
「――かなり、出血してる?」
「――どうやって、助けよう?」
「――どうやって、助けるのよ?」
「考えます」
「そうこう、するうちにも~」
「――〈雨巨人〉の腰から下がはまった、機械装置が……動いてる?」
「――装置の形が、変わった?」
「――自己修復機能?」
「……」
「ジェロニモ・アブは~」
「――テレカムで、救急車を呼ぼうっ」
「――ざざざーっ」
「テレカムは~」
「バイゾーンが展開する妨害場のせいで~」
「つながりません」

 リソスフェア・エンジニア、ベンテリ・ファッロ――

「――リソスフェアとは~」
「――別名・岩石圏~」
「――地球の表面の固いトコロのことなんだよー♪」
「ベンテリ・ファッロは~」
「リソスフェアあたりで調査・工事する、屈指の専門家です」
「……」
「自由テラナー連盟防衛省から~」
「リソスフェア・エンジニア、ベンテリ・ファッロに~」
「連絡が、ありました」
「――メキシコにおける特殊作業を、引き受けてほしいっ」
「――引き受けるのだっ」
「――可及的速やかにっ」
「で」
「こんな仕事が、まともなモノであるはずもなく~」
「リソスフェア・エンジニア、ベンテリ・ファッロは~」
「気が、進みません」
「でも」
「断れる雰囲気でも、ありません」
「しぶしぶ~」
「――わかりました……引き受けます」

 ユカタン半島、熱帯雨林――

「シェボパル人、ダイシャさんは~」
「通信リングを使って~」
「――もしもーし」
「――もしもーし」
「〈雨巨人〉=バイゾーンと、意志疎通に成功」
「一方」
「ジェロニモ・アブは~」
「両親の農園の廃墟から~」
「医療ユニットを、調達してきたり」
「……」
「〈雨巨人〉=バイゾーンは~」
「――心配なのだ」
「――当地を脅かす危険、があるのだ」
「――キミもアナタもワタシも脅かす危険、があるのだ」
「――迫っているのだ」
「で」
「ジェロニモ・アブ」
「シェボパル人、ダイシャさん」
「両名は~」
「――〈雨巨人〉=バイゾーンを、農場の出荷用グライダーに、積載だっ」
「――安全な場所に、運搬よっ」
「決意したり」

 ドン・モンウィル――

「ドン・モンウィルは~」
「人探しの依頼を受けたり」
「――対象者は?」
「――ジェロニモ・アブ?」
「――シェボパル人、ダイシャさん?」
「……」
「ドン・モンウィルは~」
「いつも、医療ユニット〈アモラブ〉を背負っています」
「――〈アモラブ〉は~」
「――定期的に透析とかを、してくれるー♪」
「じつは~」
「ドン・モンウィルは~」
「ルビー血という、不治の病を患っているのです」
「が」
「――仕事は、いつも全力でっ」

 ユカタン半島、熱帯雨林――

「ジェロニモ・アブ」
「シェボパル人、ダイシャさん」
「両名の作業は~」
「なかなか、はかどらない」
「と」
「――〈雨巨人〉の腰から下がはまった、機械装置から何か出てきた?」
「――ぞろぞろぞろ」
「バイゾーンの機械装置から出てきた、兵器群が~」
「――ばーん」
「自動的に、攻撃を開始」
「――うっ」
「シェボパル人、ダイシャさんが、負傷」
「と」
「ドン・モンウィルが、到着」
「――ばーん」
「兵器群を、破壊」
「で」
「〈雨巨人〉=バイゾーンは~」
「ドン・モンウィルに、教えたりして」
「――機械装置のココとココを、破壊すれば?」
「――自動兵器は、もう作られない?」
「――ばーん」
「……」
「一段落、ついたところで~」
「ドン・モンウィルは~」
「依頼主=ホーマー・G・アダムズに、一報を入れました」
「で」
「ホーマー・G・アダムズ、曰く」
「――〈雨巨人〉=バイゾーンの収容を手配しよう」

 メキシコ湾――

「――墜落した~」
「――〈ガレオン宇宙船〉を、引き上げるのだー♪」
「大規模な、サルベージ作業が進む」
「が」
「問題発生」
「――〈ガレオン宇宙船〉の破片が?」
「――自己分解してる?」
「――ナノコロンを、形成して?」
「――海底に、浸透してる?」
「……」
「リソスフェア・エンジニア、ベンテリ・ファッロは~」
「――オレのナノ・トレーサーを、送りこんで~」
「――ナノコロンのプログラムを、解析するんだっ」
「結果」
「わかりました」
「――ナノコロンは?」
「――地震を起こそうとしてる?」
「で」
「――地震発生までの、残り時間は?」
「わかりませんでした」

 首都テラニア――

「ホーマー・G・アダムズは~」
「自由テラナー連盟政庁首席、レジナルド・ブルを、訪問」
「……」
「じつは~」
「ホーマー・G・アダムズは~」
「しばらく前から~」
「独自に、〈姿なき友人の会〉という活動を、展開しています」
「……」
「ホーマー・G・アダムズは~」
「本日、はじめて~」
「自由テラナー連盟政庁首席、レジナルド・ブルに~」
「〈姿なき友人の会〉のコトを、打ち明けたり」
「また」
「ホーマー・G・アダムズは~」
「ささやいて、曰く」
「――危惧しているのです」
「――TLDも~」
「――政府組織の各所も~」
「――ハッキングされている、かもしれません」
「――もっとも内部の情報領域も、アレコレされているかもしれません」
「――調査しましょう」
「結果」
「わかりました」
「――アウグル人が?」
「――少なくとも2年前から、アレコレしてる?」
「……」
「さらに」
「ホーマー・G・アダムズは~」
「自由テラナー連盟政庁首席、レジナルド・ブルに~」
「ユカタン半島の〈雨巨人〉=バイゾーンのコトを、打ち明けたり」
「で」
「自由テラナー連盟政庁首席、レジナルド・ブルは~」
「――オレも、メキシコに行くっ」

 スヴォーン種族、ファノム・ペキング――

「スヴォーン種族のファノム・ペキングは~」
「ホーマー・G・アダムズから、依頼を受けたり」
「で」
「スヴォーン種族のファノム・ペキングは~」
「とある研究室で~」
「医師1名と、会う」
「……」
「この医師は~」
「アンドロイドを、作っているのですが」
「――レジナルド・ブルに、そっくり?」

 10月5日、21:17――

「メキシコシティを震源とする巨大地震が、発生」
「地面が、30m以上隆起したり、沈下したり」
「何百kmの長さの地割れが、生じたり」
「火山が、噴火したり」
「津波が、発生したり」
「死者が、数万人に達したり」
「都市が、大火に包まれたり」

 同日、11:05――

「――メキシコシティの上空に?」
「――渦状銀河の投影像が、観測された?」
「……」
「ちなみに」
「最近の細胞活性装置は~」
「持ち主が死ぬと~」
「こういう投影像が出ることになっています」
「で」
「このタイミングで~」
「メキシコシティにいた~」
「細胞活性装置所持者、といえば~」
「――まさか?」
「――自由テラナー連盟政庁首席、レジナルド・ブルが?」
「――死んだ……?」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 まだ、希望はある……のかな。


d-information ◆ 705 [不定期刊] 2012/02/06
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]