rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

675 [2011/07/11]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2603 . Michael Marcus Thurner / Die instabile Welt / 不安定惑星
2604 . Wim Vandemaan / Die Stunde der Auguren / アウグル人の時間
2605 . Verena Themsen / Die Planetenbrücke / 惑星橋
2606 . Hubert Haensel / Unter dem Stahlschirm / 鋼傘の下
2607 . Wim Vandemaan / Der Fimbul-Impuls / フィムブル=インパルス

□ Perry Rhodan-Heft 2603話「不安定惑星」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2603.html ]

 新銀河暦1469年9月、両カンダ銀河のあいだの、惑星オロンテス――

「ペリー・ローダンは~」
「――《バジス》を脱出した別の船から、救難信号?」
「――コルヴェット《ハール・デフィン》と《センコ・アフラト》?」
「――場所は……距離447光年の宙域?」
「15分後――」
「――《ミクル=ジョン》で、救援に発進だっ」
「到着まで~」
「10時間から、15時間」

 距離447光年の宙域――

「《ミクル=ジョン》が、到着してみると~」
「――どどーん」
「――ばーん」
「クオルネア・ケルツェンの翼状船団」
「サビュル人のチューリップ船団」
「両陣営が~」
「戦闘中」
「で」
「コルヴェット《ハール・デフィン》と《センコ・アフラト》は~」
「巻きこまれていたり」
「――どどーん」
「クオルネア・ケルツェンの翼状船団」
「サビュル人のチューリップ船団」
「両陣営共が~」
「コルヴェット《ハール・デフィン》と《センコ・アフラト》を~」
「攻撃しています」

 クオルネア・ケルツェンの翼状船――

「グッキーは~」
「《ミクル=ジョン》から~」
「クオルネア・ケルツェンの翼状船に~」
「――テレポートっ」
「……」
「クオルネア・ケルツェンは~」
「身長90cm」
「セイウチ似の顔をしたヒューマノイド」
「――きしゃあーっ」
「きわめて攻撃的」
「が」
「危険なのは、その攻撃性だけではありません」
「クオルネア・ケルツェンには~」
「タントラムという、特殊な器官があるのです」
「で」
「状況が、見込みのないこと、になると~」
「――絶望したーっ」
「クオルネア・ケルツェンは、あっさり自決」
「で」
「クオルネア・ケルツェンが、自決すると~」
「――か!」
「電撃波――ハイパー・エネルギー的な怖ろしい波――、発生」
「で」
「電撃波は~」
「周囲の生命体に、激痛を与え~」
「――うぎゃああ」
「周囲の宇宙船を、破壊する」
「――ばーん」

 サビュル人のチューリップ船――

「グッキーは~」
「サビュル人のチューリップ船に~」
「――テレポートっ」
「……」
「サビュル人は~」
「植物知性体」
「――トウモロコシ?」

 《ミクル=ジョン》船内――

「モンドラ・ダイアモンドさんのペットのラモズは~」
「少し前から~」
「脚環から、蔓みたいなものが~」
「――うねにゅるにゅる……」
「生えてきて~」
「完全に、蔓みたいなものに、覆われて~」
「繭っぽく、なっていたり」
「ラモズの右眼からは~」
「12cmの長さのトゲが、生えていたり」

 《ミクル=ジョン》――

「《ミクル=ジョン》に乗る、わずかな人たち~」
「ペリー・ローダン」
「モンドラ・ダイアモンドさん」
「ハイパー物理学者ネモ・パルティジャン」
「3名は~」
「知恵を、出し合いますが~」
「なかなか~」
「コルヴェット《ハール・デフィン》と《センコ・アフラト》を~」
「困った状況から、脱出させられない」
「――どうしたものか……」
「と」
「そこへ」
「――《バジス》を脱出した巡洋艦が2隻……出現?」
「――巡洋艦《ミシシッピ》と《タブリル》?」
「で」
「両艦が、出現したおかげで~」
「クオルネア・ケルツェンの翼状船団」
「サビュル人のチューリップ船団」
「両陣営は~」
「一時的に、戦闘行為をやめたりして」
「で」
「コルヴェット《ハール・デフィン》と《センコ・アフラト》は~」
「困った状況から、脱出できたのです」
「で」
「《ミクル=ジョン》と~」
「コルヴェット《ハール・デフィン》と《センコ・アフラト》と~」
「巡洋艦《ミシシッピ》と《タブリル》は~」
「戦闘宙域の近隣の恒星に、隠れ~」
「コルヴェット《ハール・デフィン》と《センコ・アフラト》は~」
「手持ちの物資で~」
「損害を修復、するのでした」

 戦闘宙域の近隣の恒星――

「クオルネア・ケルツェンの翼状船団」
「サビュル人のチューリップ船団」
「両陣営は~」
「《バジス》残党が隠れる恒星を~」
「包囲したり」
「――どどーん」
「……」
「――突破して、脱出だっ」
「《ミクル=ジョン》と~」
「コルヴェット《ハール・デフィン》と《センコ・アフラト》と~」
「巡洋艦《ミシシッピ》と《タブリル》は~」
「脱出を、試みます」
「が」
「――どどーん」
「巡洋艦《ミシシッピ》は~」
「――ばーん」
「と、撃沈」
「とはいえ」
「残る4隻は~」
「――無事、突破成功?」
「かと、思われたのです」
「が」
「途中~」
「クオルネア・ケルツェンの翼状船の1隻で~」
「――絶望したーっ」
「クオルネア・ケルツェンが、自決」
「――か!」
「電撃波、発生」
「で」
「電撃波が~」
「《ミクル=ジョン》を、押し包んだり」

 《ミクル=ジョン》船内――

「電撃波は~」
「《ミクル=ジョン》を、押し包みました」
「が」
「――しゅるしゅるしゅるう」
「ラモズの右眼のトゲに、吸収されてしまったり」
「で」
「モンドラ・ダイアモンドさんのペットのラモズ――オオヤマネコ似――は~」
「――!」
「姿を変えて……繭から出現」
「出現した~」
「オレンジ色の毛皮をした、ヒューマノイドは~」
「周囲を、見回すと~」
「――あー」
「――どうやら、けっこう長く寝ちまったみたい、だけどー」
「――素敵なことに、ホームに帰ってこれたみたい、だしー」
「とか、言うのでした」

 惑星オロンテス――

「テンダー《キショルム》で~」
「ヘアタ・ネロヴェルデさん――TLD工作員・養成コース履修中――は~」
「仲裁者・死格闘士アウクロウの世話係になったり」
「で」
「ヘアタ・ネロヴェルデさんが~」
「仲裁者・死格闘士アウクロウを、連れて~」
「――ここが、医療ステーションよっ」
「案内した、ところで~」
「死格闘士アウクロウは~」
「ロル=エリちゃん――〈パラゆらぎ〉のおかげで死にそうな少女――と~」
「出会うのでした」
「で」
「死格闘士アウクロウは、曰く」
「――ロル=エリちゃんを、助けたいです」
「ヘアタ・ネロヴェルデさんと」
「エルトルス人、シナイド・ヴェルデルビルトさんと、共に~」
「地底にある一族の居住地へ」
「……」
「ちなみに」
「死格闘士アウクロウは~」
「先般、一族の方向性に逆らって~」
「来訪した異人に関わって、味方して~」
「――裏切者っ」
「と、仲間から誹られる立場です」
「……」
「かくして」
「死格闘士アウクロウは~」
「地底にある一族の居住地で~」
「――うぎゃああ」
「残酷な制裁を、うけたりして」
「でも」
「死格闘士アウクロウは~」
「――ロル=エリちゃんを、助けてください」
「死格闘士1体――〈パラゆらぎ〉を遮蔽する能力者――の心を動かし~」
「《キショルム》まで、来てもらうことに、成功」
「で」
「ロル=エリちゃんは~」
「無事回復した……とかいう」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 ヘフトの山が、湿気ってます……。


d-information ◆ 675 [不定期刊] 2011/07/11
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]