rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

673 [2011/06/27]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2601 . Leo Lukas / Galaxis in Aufruhr / 暴動の銀河
2602 . Michael Marcus Thurner / Die Todringer von Orontes / オロンテスの死格闘士
2603 . Michael Marcus Thurner / Die instabile Welt / 不安定惑星
2604 . Wim Vandemaan / Die Stunde der Auguren / アウグル人の時間
2605 . Verena Themsen / Die Planetenbrücke / 惑星橋

□ Perry Rhodan-Heft 2601話「暴動の銀河」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2601.html ]

 新銀河暦1469年9月、両カンダ銀河のあいだ――

「商船《バジス》は、ドサンティに攫われて~」
「両カンダ銀河のあいだへ」
「ドサンティが発する~」
「ハイパー物理学的な、パニック放射みたいなもの、にやられて~」
「乗員たちは~」
「――わー」
「機器類は~」
「――ぴー」
「なすすべも、ありません」
「で」
「ペリー・ローダンとしては~」
「――全乗員、商船《バジス》から避難だっ」
「……」
「ドサンティのモミの実宇宙船の数百隻が~」
「商船《バジス》に、群がります」
「一方」
「商船《バジス》の搭載艇が~」
「商船《バジス》から、散っていきます」
「もちろん」
「パニック放射みたいなもの、にやられて~」
「まともに航行なんて、できません」
「ドサンティのモミの実宇宙船の別の数百隻が~」
「商船《バジス》の搭載艇に、群がって~」
「――どどーん」
「攻撃したり」

 《ミクル=ジョン》、逃走中――

「ペリー・ローダン」
「モンドラ・ダイアモンドさん+ペットのラモズ」
「グッキー」
「ハイパー物理学者ネモ・パルティジャン――星系スターダスト出身」
「以上は~」
「《ミクル=ジョン》で、商船《バジス》から緊急発進」
「が」
「――よろよろ~」
「《ミクル=ジョン》は、いろいろ、まともに機能していない」
「でも」
「――よろよろ~」
「ペリー・ローダンは~」
「苦労の甲斐あって、《ミクル=ジョン》を超空間へ」
「……」
「ハイパー物理学者ネモ・パルティジャンは~」
「パニック放射みたいなものに、やられて~」
「酷く、苦しんでいました」
「が」
「《ミクル=ジョン》が超空間に入ると、すぐに回復」
「……」
「ペットのラモズは~」
「パニック放射みたいなものに、やられて~」
「相当暴れて、衰弱していました」
「で」
「《ミクル=ジョン》が超空間に入ると、いきなり昏睡状態に」
「さらに~」
「――ラモズの後肢の踵の皮が?」
「――膨らんで、変色してる?」
「……」
「ハイパー物理学者ネモ・パルティジャンは~」
「《ミクル=ジョン》の船載脳を、使って~」
「パニック放射みたいなものを、分析したり」
「――ドサンティとドサンティ宇宙船から放射される~」
「――パニック・逃走インパルスのほかに~」
「――もうひとつ、パラノーマルな影響が、あるみたいです」
「――両カンダ銀河のあいだの物質橋だか~」
「――両カンダ銀河全体だかの~」
「――全般的に不安定なかんじのする~」
「――背景ノイズみたいなもの、があるみたいです」
「で」
「背景ノイズみたいなものを、〈パラゆらぎ〉と呼称することに」
「……」
「さて」
「自由テラナー連盟艦隊の、非常事態規定にしたがうなら~」
「ちりぢりになった部隊の集結点は~」
「近隣のソル型恒星にすべし」
「と、いうことに、なっています」
「――もっとも近い、ソル型恒星は……距離775光年っ」
「かくして」
「《ミクル=ジョン》は、その星系へ」
「……」
「ちなみに」
「周囲の事情を探って、わかったことが~」
「――両カンダ銀河は~」
「――現地では、ドサ銀河とザソア銀河、と呼ばれてる?」
「――両カンダ銀河のあいだの物質橋のあたりで~」
「――あれこれ戦闘行為がされてるような?」

 ソル型恒星系――距離775光年――

「《ミクル=ジョン》は~」
「到着・早々~」
「――《バジス》のテンダー1隻を、探知っ」
「――でも、損傷著しくて、もう少しで、恒星に落ちそう?」
「《ミクル=ジョン》は~」
「救援に、向かう」
「……」
「テンダー《キショルム》の乗員は、大半が、意識不明」
「意識があったのは~」
「エルトルス人の警備隊長、シナイド・ヴェルデルビルトさん」
「バアロル教団の音楽司祭、リノル・コグ=ラアル」
「以上、2名だけ」
「――恒星の超高次元周波領域放射の強烈な爆発によって~」
「――みんな意識を失ったのですっ」
「……」
「《ミクル=ジョン》は~」
「恒星に墜落しそうな、テンダー《キショルム》を、救い~」
「ペリー・ローダンは~」
「決断して、曰く」
「――修理のため、第2惑星に着陸だっ」
「ちなみに」
「――恒星は、モルフェウスと命名っ」
「――第2惑星は、オロンテスと命名っ」
「ちなみに」
「――生命の兆候は、確認できない、みたいです」
「――星系モルフェウスは無人、みたいです」

 第2惑星オロンテスの手前――

「第2惑星オロンテスには、衛星がひとつ」
「で」
「《ミクル=ジョン》+テンダー《キショルム》が~」
「衛星の前を、通りかかると~」
「――無線通信?」
「――ずっと、繰り返してる、みたいです」
「ちなみに、文面は……」
「――キレイじゃない……死の危険……不利な流れ……」
「よく、わかりません」
「で」
「グッキーは~」
「ハイパー物理学者ネモ・パルティジャンを連れて~」
「――衛星に、テレポートっ」
「……」
「グッキーと~」
「ハイパー物理学者ネモ・パルティジャンは~」
「太古のステーションを、発見」
「――だいぶ前に、放棄されたみたい?」
「――かつての住人は、イモムシ似の生命体だったみたい?」
「――無線通信は、全自動で発信されていたみたい?」
「――およそ6000年前に?」
「――〈世界の鞭〉とかいう災厄が、あったとか?」
「……」
「ともあれ」
「《ミクル=ジョン》+テンダー《キショルム》は~」
「第2惑星オロンテスへ」

 第2惑星オロンテス――

「《ミクル=ジョン》+テンダー《キショルム》は、着陸」
「そうこう、するうち~」
「テンダー《キショルム》の乗員が、意識を回復したようです」
「で」
「ペリー・ローダン」
「モンドラ・ダイアモンドさん」
「グッキー」
「以上は~」
「テンダー《キショルム》へ」
「……」
「ペリー・ローダンは、落胆です」
「――950名の全員が……非戦闘員?」
「――えーと……専門は?」
「――商品説明のプロ?」
「――苦情処理のプロ?」
「思えば~」
「商船《バジス》は、商船だったのでした」
「でも」
「ペリー・ローダンは~」
「非戦闘員一同を、鼓舞するために~」
「――諸君っ」
「にっこり笑って、演説してみたり」
「と」
「その席上~」
「グッキーが、気がつきます」
「――あの緑+黒・基調の服と化粧の、おねーさん……?」
「――メンタル安定化……してる?」
「と」
「――!」
「――ばーん」
「――地面から、古い感じの戦闘ロボット部隊が、穴を掘って、出てきて?」
「――テンダー《キショルム》を、攻撃してる?」
「かくして」
「グッキーは、戦いにおもむいたり」
「あの緑+黒のおねーさんも、参戦したり」
「その正体は~」
「――養成中のTLD工作員……ヘアタ・ネロヴェルデさん?」
「グッキーは~」
「――遊んでやるっ」
「調子に乗って~」
「古い感じの戦闘ロボット部隊を、全部破壊」
「……」
「テンダー《キショルム》の修理は、順調です」
「が」
「あまり、落ち着いていられる状況でもない、みたいで」
「……」
「――どうやら~」
「――惑星オロンテスの地底は、洞窟が網みたいになっている、みたいです」
「――でも、探知できない、みたいです」
「かくして」
「地下に偵察部隊を、派遣しようということになり~」
「隊長は、グッキー」
「隊員は、エルトルス人の警備隊長、シナイド・ヴェルデルビルトさん」
「隊員は、バアロル教団の音楽司祭、リノル・コグ=ラアル」
「――がんばれー」
「――ぐっどらっくー」
「――にゃあ」
「ラモズが、昏睡状態のまま……鳴いたとか・鳴かないとか」
「……」
「ちなみに」
「ラモズの後肢の踵……ですが」
「そうこうする、うちに~」
「――ラモズの後肢の踵の皮から?」
「――蔓みたいなものが、長く生えた?」
「――うねにゅるにゅる……」
「ラモズは~」
「繭っぽくなってしまった、という」

 第2惑星オロンテス、惑星の地殻のずっと下の方――

「シブという名の存在が~」
「決断を、下していたりして」
「――地表に来た侵入者に~」
「――断固たる態度を、とらなければっ」
「――侵入者が、〈世界の鞭〉の遮蔽を破ったら~」
「――また、影響下に置かれてしまうっ」
「――死格闘士、出撃だっ」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 暑くなってきました。


d-information ◆ 673 [不定期刊] 2011/06/27
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]