rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

667 [2011/05/16]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2595 . Michael Marcus Thurner / Wanderer am Scheideweg / 岐路に立つワンダラー
2596 . Christian Montillon / Requiem für das Solsystem / ソル系に捧ぐ鎮魂歌
2597 . Christian Montillon / Hyperkälte / ハイパー冷気
2598 . Marc A. Herren / Tod einer Superintelligenz / ある超知性体の死
2599 . Marc A. Herren / Der letzte Tag / 最終日
2600 . Uwe Anton / Das Thanatos-Programm / タナトス・プログラム

□ Perry Rhodan-Heft 2595話「岐路に立つワンダラー」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2595.html ]

 新銀河暦1463年5月、閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉――

「閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉では~」
「――影マークスのプラル」
「――ハイパー水晶生命体、エスヌル種族のクルンスタル」
「――半空間シュプール・チェンジャー種族のアキカ・ウリスマキ」
「――〈アンスレスタの奇蹟〉の警備員アグレステル」
「上記の面々が~」
「プシ供給装置2基のプシ物質を、使って~」
「閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の防護殻の~」
「割れ目とか~」
「穴とか~」
「閉じる作業を、しておりました」
「――あー、こんなにしてくれて、なー」
「超知性体〈それ〉が防護殻から吸い出したプシ物質の、補充状況」
「現在、99.6パーセント」
「……」
「じつは~」
「しばらく前から~」
「いや、けっこう前から~」
「超知性体〈それ〉の拠点=人工惑星ワンダラーは~」
「閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の中を、こっそり遊弋していました」
「もともと~」
「閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の中には~」
「2万の円盤惑星が、巡っていますが~」
「その中に混じって~」
「凍っている円盤惑星が、ひとつ」
「これこそが~」
「じつは、人工惑星ワンダラー」
「だったのでした」
「……」
「で」
「上記の面々が~」
「人工惑星ワンダラーを、観測していて~」
「――何だろう、アレ?」
「――地表に?」
「――拡散ヴェール――直径2600km、高さ100km――?」
「――機械都市の上空に?」
「――赤金色の輝く球体が1個、上昇していく?」
「――ばーん……?」
「――涙滴型の雫が、たくさん飛び散って?」
「――見たかんじ、爆発したみたいな?」

 〈林道〉宙域――

「出現した〈パラロクス武器庫〉の周囲では~」
「――ぶおーっ」
「ハイパー・エネルギー雷雨が、荒れ狂っています」
「……」
「芽《クイーン・オブ・セントルイス》の操縦士ピート・ローランドは~」
「ペリー・ローダンに、曰く」
「――〈パラロクス武器庫〉を~」
「――閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉に、運ぶのに~」
「――〈絶縁時空吸入トンネル〉を、建設中だぜ」
「――完成まで、あと、約1時間かかりそうだぜ」
「……」
「そうこうする、うちに~」
「ヴァトロクス=ヴァム配下=ジャラノク種族の円錐台宇宙艦隊が~」
「――ごごごっ」
「ハイパー・エネルギー雷雨に、群がってくる」
「どうやら~」
「まだ~」
「〈パラロクス武器庫〉を探知していない……ようです」
「……」
「ペリー・ローダンは~」
「〈銀球〉編隊に、命じて曰く」
「――ジャラノク種族の円錐台宇宙艦隊を、攻撃だっ」
「――できるかぎり、撹乱するのだっ」
「――できるかぎり、僚艦の援護とかで、手一杯にさせるのだっ」
「――が」
「――できるかぎり、乗員が死なないように、注意だっ」

 閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉――

「閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の商星では~」
「面々が~」
「人工惑星ワンダラーを、観測していて~」
「考えていました」
「――さっきの、赤金色の輝く球体がばーん……みたいな現象って?」
「――超知性体〈それ〉に、起因するモノだよね?」
「――超知性体〈それ〉の、気配がしてる?」
「――超知性体〈それ〉が?」
「――腹すかして、目を光らせてる……みたいな?」
「――怯えてる……みたいな?」
「――腹がへって、死ぬーっ……みたいな?」
「……」
「――半空間シュプール・チェンジャー種族のアキカ・ウリスマキ」
「――影マークスのプラル」
「両名は~」
「閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の商星の中にある~」
「機械都市の複製品のところへ、行ってみます」
「と」
「――!」
「――ばーん……?」
「――じゅるじゅるじゅる……?」
「――超知性体〈それ〉が?」
「――機械都市の複製品を、破壊して?」
「――解放されたエネルギーを、食べてる?」
「……」
「両名は~」
「閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の商星の中にある~」
「アンスリアン人の墓所へ、行ってみます」
「と」
「――!」
「――ばーん……?」
「――じゅるじゅるじゅる……?」
「――超知性体〈それ〉が?」
「――アンスリアン人の墓所を、破壊して?」
「――解放されたエネルギーを、食べてる?」

 〈林道〉宙域――

「〈銀球〉編隊は~」
「ジャラノク種族の円錐台宇宙艦隊を~」
「巧く、足止めしていました」
「……」
「そうこうする、うちに~」
「――!」
「――ヴァトロクス=ヴァム、出現?」
「――なんか、明らかに存在を感じるんですけど?」
「――あれ?」
「――攻撃してこないですねー」
「……」
「――えーと?」
「――まだ、攻撃してこないですねー」
「……」
「そうこうする、うちに~」
「〈パラロクス武器庫〉の近くに~」
「――!」
「光り輝くもの――直径1500km、長さ8500km――出現」
「芽《クイーン・オブ・セントルイス》の操縦士ピート・ローランドは~」
「――〈パラロクス武器庫〉を~」
「――〈絶縁時空吸入トンネル〉で、運ぶんだぜ」
「――!」
「――失敗だぜ」
「――微調整が、巧くいっていないんだぜ」
「――必要な調整作業に、あと、もう1時間かかりそうだぜ」
「……」
「そうこうする、うちに~」
「ジャラノク種族の円錐台宇宙艦隊が~」
「――ごごごっ」
「〈パラロクス武器庫〉の近くに、群がってくる」
「……」
「ペリー・ローダンは~」
「〈銀球〉編隊に、命じて曰く」
「――今より~」
「――ジャラノク種族の円錐台宇宙艦隊を~」
「――狙い撃ちして、破壊して良しっ」
「命じたあと~」
「ペリー・ローダンは~」
「――たくさんジャラノク種族が、犬死にだっ」
「――だーっ」
「涙するのでした」

 閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉――

「閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の商星では~」
「面々が~」
「人工惑星ワンダラーを、観測していて~」
「――機械都市の上空に?」
「――2個目の赤金色の輝く球体が、上昇していく?」
「――1個目のときより、大きい?」
「……」
「――でたーっ」
「――超知性体〈それ〉が、でたーっ」
「――猛烈に、腹すかして、目を光らせてる……みたいな?」
「――猛烈に、腹がへって、死ぬーっ……みたいな?」
「――!」
「――ばーん……?」
「――じゅるじゅるじゅる……?」
「――超知性体〈それ〉が?」
「――円盤惑星を何個か、破壊して?」
「――うわー」
「――食べてる」
「――解放されたエネルギーを、食べてるよー」
「……」
「さらに」
「――!」
「――ばーん……?」
「――じゅるじゅるじゅる……?」
「――超知性体〈それ〉が?」
「――閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の防護殻に、穴を開けた?」
「――穴の直径は……12万km?」
「――うわー」

 〈林道〉宙域、数時間経過――

「ここまで~」
「〈銀球〉編隊は~」
「圧倒的に数の多い、ジャラノク種族の円錐台宇宙艦隊の動きを~」
「巧く、封じていました」
「が」
「――も、もう、保たないっ」
「……」
「そうこうする、うちに~」
「芽《クイーン・オブ・セントルイス》の操縦士ピート・ローランドは~」
「――〈パラロクス武器庫〉を~」
「――〈絶縁時空吸入トンネル〉で、運ぶんだぜ」
「――!」
「……」
「――成功だぜ」
「――芽《クイーン・オブ・セントルイス》も~」
「――〈パラロクス武器庫〉も~」
「――《ミクル=ジョン》+〈銀球〉編隊も~」
「――閉鎖空間〈タリン=アンスレスタ〉の、バリアの手前~」
「――3万kmのところに、再物質化したぜ」
「……」
「ペリー・ローダンは~」
「〈銀球〉編隊に、問い掛けて曰く」
「――今より~」
「――伝令に、行ってもらいたいっ」
「で」
「志願したのが~」
「ベティ・タウフリーさんの乗る1基」
「エリトリア・クシュさんの乗る1基」
「で」
「ペリー・ローダンは~」
「両名に、伝言を、託して曰く」
「――行き先は~」
「――〈タリン=アンスレスタ〉から~」
「――タラニス島を、通って~」
「――惑星テラだっ」
「……」
「そうこうする、うちに~」
「警報発令」
「――ハイパー・エネルギー・スペクトルの高次元周波領域で?」
「――高い数値を示す?」
「――拡散エネルギー事象みたいなものが?」
「――飛んでくる?」
「――ヴァトロクス=ヴァムだ!」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 食ってばかり……。


d-information ◆ 667 [不定期刊] 2011/05/16
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]