rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

657 [2011/03/07]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2585 . Frank Borsch / Der Tanz der Vatrox / ヴァトロクスの踊り
2586 . Wim Vandemaan / Die Sektorknospe / 《芽》
2587 . Christian Montillon / Krieg in der Schneise / 林道の戦い
2588 . Arndt Ellmer / Aufmarsch der Titanen / 巨人たちの行進
2589 . Arndt Ellmer / Tod der Frequenzfolger / 周波トレーサーたちの死

□ Perry Rhodan-Heft 2585話「ヴァトロクスの踊り」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2585.html ]

 (承前)

「今日、アンスレスタ銀河・周波王国の指導者の地位を争う~」
「ヴァトロクス種族の周波トレーサー、ヴァストレアルさま」
「もちろん~」
「ヴァストレアルさま、だって~」
「甘酸っぱい青春のようなモノ、はあったという」

 979万年前、ブラ=ノク=ゾ銀河、惑星ヴォイドゥル――

「若き日のヴァストレアルさまは~」
「ヴァトロクス女性エクアルマさんと、運命の出会い」
「……」
「当時~」
「エクアルマさんは~」
「惑星ヴォイドゥルのヴォイドゥラル人のあいだで、人望があったり」
「当時~」
「周波トレーサー候補ヴァストレアルさまは~」
「エクアルマさんに、助けてもらって~」
「――ヴォイドゥラル人を、周波王国に協力させることができたよー」
「この功績により~」
「ヴァストレアルさまは、周波トレーサーに任官されたり」

 数年後、惑星シクトゥル――

「ヴァストレアルさまは~」
「エクアルマさんと、運命の再会」
「が」
「両名は~」
「当地の生命体に、裏切られて~」
「殺されてしまうのでした」
「……」
「最初のハイパー物理学的抵抗増大の時代が~」
「終わりに近づいた頃の、出来事でした」

 ドゥエシャン銀河――現在のアンドロメダ銀河――

「第2のハイパー物理学的抵抗増大の時代になって~」
「ヴァストレアルさまは~」
「――はっ」
「再生されることに」
「最初に思い出したのは~」
「――エクアルマさんっ」
「でした」
「――オレが謀殺されてから、150万年以上たってるんだよね?」
「こうした考え方に慣れるのに、随分かかったり」
「……」
「ヴァストレアルさまは~」
「長い遠征に、参加」
「長ーい遠征に、参加」
「長ーーい遠征に、参加」
「その後、ようやく~」
「エクアルマさんの足取りを、追えるようになりました」

 惑星タモンタイン――

「ヴァストレアルさまは~」
「――エクアルマさん……やっと会えたっ」
「……」
「エクアルマさんは~」
「研究施設に、勤務していました」
「この地で~」
「ヴァストレアルさまと~」
「エクアルマさんは~」
「愛し合ったり、するのでした」

 それから――

「ヴァストレアルさまは、周波トレーサーです」
「危険な任務が、目白押し」
「――うっ」
「何度も、死んで~」
「――はっ」
「何度も、再生されて~」
「いつも、最初に思い出すのは~」
「――エクアルマさんっ」
「紆余曲折のすえ~」
「――エクアルマさん……やっと会えたっ」
「いつも、エクアルマさんのもとに、たどりつくのでした」
「ちなみに」
「ヴァストレアルさまは~」
「エクアルマさんを探す、毎回の紆余曲折において~」
「義務を、放棄したり」
「越権行為を、したり」
「いろいろと、画策もする」
「でも」
「もちろん」
「艦隊司令に処罰されたり、しないように~」
「巧妙に立ち回るのは、忘れません」

 惑星〈越冬5〉――

「エクアルマさんは~」
「越冬惑星――死んだヴァトロクス種族を再生する――のひとつ~」
「惑星〈越冬5〉に、勤務することに、なりました」
「で」
「エクアルマさんは、知るのですが」
「――ヴァトロクス・クローンは、子供を作れない?」
「――しかも、再生は50分の1の率で失敗する?」
「――つまり?」
「――ヴァトロクス種族は、減少の一途?」
「何百万年の未来だか、わからないけれど~」
「ヴァトロクス種族の終焉は、運命づけられているのでした」
「で」
「悲しいコトを知ってしまった、エクアルマさんは~」
「世をすねて、老けこみました」
「それでも」
「ヴァストレアルさまの愛は、揺るぎなく」
「ある日~」
「ヴァストレアルさまとしては、あれこれ、考えた結果~」
「エクアルマさんに、向かって曰く」
「――死んで、若いクローン肉体に再生してみたら、どうだろう?」
「エクアルマさんは、言われてびっくり」
「――アナタは、何もわかっていないわっ」
「ヴァストレアルさまが、がっくりするのを~」
「慰めようとも、しないのでした」
「……」
「ヴァストレアルさまは~」
「周囲から、こんな警告を、うけたり」
「――エクアルマは、女性たちのヴァム教団の一員だ」
「――現体制の転覆を、目論んでいるのだ」
「ヴァストレアルさまは~」
「もちろん、耳を貸しませんでした」
「……」
「しばらくして~」
「エクアルマさんは、自殺しました」
「1週間後に~」
「クローン肉体に再生してのけました」
「が」
「覚醒経過で、問題があり~」
「新しい肉体は、目が見えないとか」
「それでも~」
「エクアルマさんのクローン再生成功は~」
「ヴァトロクス種族の女性たちにとって~」
「解放の象徴、のようなもの」
「ヴァトロクス種族の女性たちは~」
「昔抱いた感動や研究の衝動を、ふたたび取り戻したのでした」
「……」
「ヴァストレアルさまは~」
「――エクアルマさんが、オレのもとから離れていってしまう」
「――ゆっくりと」
「――でも、確実にっ」
「――うぉぉっ」
「……」
「エクアルマさんは~」
「障害を有する女性たちと、会合を持つようになって~」
「――もっと多くの女性が、積極的に死んでみられるようにっ」
「支援しようと、頑張っています」
「と、いうか」
「ヴァストレアルさまも、気づいて、びっくりしたのですが~」
「いまや」
「エクアルマさんは~」
「本当に~」
「現体制・転覆の目論見を、推進していたりする」
「すなわち」
「エクアルマさんは~」
「ヴァム蒐集者を称し~」
「同志女性たちと共に、女性たちのヴァム教団を再興し~」
「ヴァトロクス=クールさま、ヴァトロクス=ダーグさまから~」
「ヴァムを奪い取ることを、画策していたのでした」
「……」
「ヴァストレアルさまは~」
「――このままでは、エクアルマさんが、官憲の手にかけられる事態にっ」
「説得を、試みます」
「――思い直してくれっ」
「が」
「エクアルマさんは~」
「――触らないでっ」
「ヴァストレアルさまの腕に~」
「――!」
「血が出るくらい、爪を立て~」
「無理矢理、身を引き離したり」
「……」
「そうこう、するうちに~」
「周波メディエーター、ケドスモ閣下は~」
「エクアルマさん一党を、告発」
「――エクアルマの共犯者の女性たちは~」
「――ヴァム拡散・遺伝子標本破棄の刑っ」
「――エクアルマは~」
「――〈魂魄房〉幽閉の刑っ」
「で」
「周波メディエーター、ケドスモ閣下は~」
「エクアルマさんを~」
「――ばーん」
「射殺」
「共犯者の女性たち数千名が処刑され~」
「女性たちのヴァム教団の再興計画は、粉砕されたのでした」

 12年後――

「ヴァストレアルさまは~」
「――エクアルマさんの〈魂魄房〉を、手に入れたぞ」
「――エクアルマさんの遺伝子標本があれば、再生できるのだ」
「じつは~」
「エクアルマさんの遺伝子標本は~」
「――あのとき、オレの腕に立てた爪の先が折れて残っていたからなっ」
「――エクアルマさんっ」
「――むぎゅうう」
「ヴァストレアルさまの愛は、揺るぎなく」
「ずっと機会をうかがってきた、のでした」

 現在、周波王国の研究ステーション《トザハナス》――

「周波トレーサー、シンナフォックさまは~」
「ライバル=ヴァストレアルさまが~」
「――とんでもない告白だな、おい」
「仰天するやら、あきれるやら」
「で」
「一度は銃口を向けたものの~」
「けっきょく、撃つのはやめにして~」
「――自殺しないように、拘束して、監禁しておくのだっ」
「なんて、命ずるに、とどまりました」
「と」
「そのとき……」
「周波王国の研究ステーション《トザハナス》の司令室から~」
「周波トレーサー、シンナフォックさまに、緊急報告」
「――ジャラノク種族の円錐台宇宙艦が超多数?」
「――攻撃を、仕掛けてきてる?」
「――当方の防衛艦隊では?」
「――敗北は、決定的?」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 残り14冊……。


d-information ◆ 657 [不定期刊] 2011/03/07
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]