rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

618 [2010/06/07]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2546 . Arndt Ellmer / 26 Minuten bis ITHAFOR / 《イタフォル》まで26分
2547 . Marc A. Herren / Garrabo in den Tod / 死ぬまでガラボ
2548 . Hubert Haensel / Hibernationswelten / 越冬惑星
2549 . Hubert Haensel / Feueraugen / 炎眼
2550 . Michael Marcus Thurner / Die Welt der 20.000 Welten / 2万の世界を持つ世界

□ Perry Rhodan-Heft 2546話「《イタフォル》まで26分」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2546.html ]

 新銀河暦1463年4月、アンドロメダ銀河――

「ペリー・ローダン」
「モンドラ・ダイアモンドさんと、ペットのラモズ」
「コンセプト、フェルマー/ラス」
「3名を乗せた《ミクル=ジョン》は~」
「――ごごごっ」
「アンドロメダ銀河から、一路~」
「小銀河アンドロベータへ」
「名前のないF型恒星へ」
「木星によく似たガス巨星――直径15万5000km――へ」
「そこには~」
「ポリポート駅《ダラスト》が、あるわけで」
「マークス、グレク363」
「半空間シュプール・チェンジャー種族、アキカ・ウリスマキ」
「アルコニ種族、ペルボ・ラモンカ」
「留守居役一同、《ミクル=ジョン》の帰還を歓待」

 ポリポート駅《ダラスト》――

「ペリー・ローダン、曰く」
「――ここは、可及的速やかに~」
「――ポリポート駅《ダラスト》を~」
「――保安性が高くかつ可用性も高いトコロへ、移転したい」
「――つまり、惑星グリームに、引っ越しだっ」
「ペリー・ローダンは~」
「現地の3名を、ともない~」
「例の〈隠し部屋〉を、訪問」
「――玄関を入って左の壁に、端末?」
「――端末正面に、てのひら大のくぼみ?」
「――この形は……クラスB制御装置?」
「試行錯誤の上、ペリー・ローダンは、やりました」
「――かちっ」
「クラスB制御装置を、くぼみにはめこみ~」
「――ポリポート駅《ダラスト》、発進っ」
「――目標、惑星グリームっ」
「その速度、2分で1190光年」
「――ごごごっ」
「かくして」
「一仕事終えた感のある、ペリー・ローダン一行は~」
「《ミクル・ジョン》が待機する乗換場へ、もどってみたり」
「で」
「ペリー・ローダン、思うに」
「――フェルマー/ラスを、連れて~」
「――クラスC制御装置18基も、携えて~」
「――銀河系へっ」
「――球状星団M-68のポリポート駅《イタフォル》へっ」
「――搬送筒、設定っ」
「――搬送ソリ、発進っ」
「――ごごごっ」
「思い立って、から~」
「銀河系まで、片道たったの26分」

 同じ頃、惑星グリーム――

「周波王国と交戦中の銀河系+アンドロメダ銀河連盟の会談、進行中」
「マークス、グレク11、曰く」
「――周波王国の戦力、オソるるに足らず、です」
「――ヴァトロクス種族の戦光艦、およそ11万隻」
「――複製ガイド人が操る、ガイド人艦隊3万隻」
「――拠点惑星〈越冬6〉防衛に、5万隻」
「――その他の越冬惑星の防衛に、各1万隻」
「――配送デポ《クジャルダル》と《ハステイ》の防衛に、8500隻」
「――残る1万1500隻は、アンドロメダ銀河各地に展開中、です」
「――対して~」
「――銀河系+アンドロメダ銀河連盟の艦隊は、5万8000隻」
「――でも、すぐに~」
「――マークスの21万隻とか、合流です」
「――テフローダーの8万5000隻とか、合流です」
「――つまり、合計35万3000隻、です」
「かくして」
「一同、決意して曰く」
「――いまだ健在な周波王国の越冬惑星に、同時攻撃、ですっ」
「――周波王国が占拠するポリポート駅を解放、ですっ」
「――周波王国の配送デポを強奪、ですっ」

 銀河系、球状星団M-68、ポリポート駅《イタフォル》――

「ペリー・ローダン」
「フェルマー/ラス」
「両名を乗せた、搬送ソリは~」
「ポリポート駅《イタフォル》に、到着」
「――ごごっ」
「自由テラナー連盟政庁大臣ジュリアン・ティフラー」
「保安部隊・隊長タニオ・ウクズ」
「留守居役一同、ペリー・ローダンの帰還を歓待」
「ペリー・ローダンの土産は~」
「――クラスC制御装置を、18基も?」
「ペリー・ローダンの土産話は~」
「――アンドロメダ銀河の状況は、そんなことに?」
「対して」
「ジュリアン・ティフラー、宣言して曰く」
「――ロボット部隊とか」
「――小型戦闘車両とか」
「――補給とか」
「――ポリポート駅の搬送筒を通れるなら、なんでも」
「――なるたけ沢山、アンドロメダ銀河に、送りますっ」
「さらに、曰く」
「――ポスビなんかも、もっと増援を送る気ですっ」
「で」
「ジュリアン・ティフラー、さらに曰く」
「――ギャラクティカムの委託、にもとづき~」
「――戦況を、とりまとめたいのです」
「――アンドロメダ銀河まで、同行させてくださいっ」
「保安部隊・隊長タニオ・ウクズも、同行するとのこと」
「――搬送ソリ、発進っ」
「――ごごごっ」

 アンドロメダ銀河、周波王国の拠点、越冬惑星――

「惑星〈越冬6〉でも~」
「周波王国の他の惑星でも~」
「――うっ」
「ヴァトロクス種族が、ものすごい数、集団自決」
「――ヴァトロクス=クールさまは、疲弊しておられるっ」
「――われらのヴァムで、力を回復してもらうのだっ」
「――うっ」
「……」
「そんな中」
「周波トレーサー、シンナフォックは~」
「釈然としない気持ちを、抱えていました」
「――座して死を待つようなコト、やってられるかっ」
「――そうだ……起死回生っ」
「――商星《ファティコ》を、奪還するのだっ」
「――戦光艦4万隻、オレにつづけっ」

 アンドロメダ銀河、商星《ファティコ》周辺――

「ジュリアン・ティフラー」
「保安部隊・隊長タニオ・ウクズ」
「両名は、戦況視察のため~」
「小銀河アンドロベータから~」
「商星《ファティコ》へ」
「向かう、途中に~」
「――!」
「――ぐっ」
「――なんで……いきなり……重力10倍?」
「――周波王国の……反撃?」
「……」
「想定の斜め上を行く、いきなりな展開に~」
「現場指揮官アトランは~」
「マークス、グレク11」
「テフローダー提督、メルヴ・タトゥル」
「両名に対して、曰く」
「――全艦隊に、これから告げる命令を展開するのだっ」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 超がつく技術は、さすがですね。


d-information ◆ 618 [不定期刊] 2010/06/07
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]