rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

609 [2010/04/05]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ ATLAN Marasin-Trilogie

1 . Rüdiger Schäfer / Im Schutz des Paladin / パラディンの庇護のもと
2 . Achim Mehnert / Tschirque der Kreuzwächter / 十字守護者のチルケ
3 . (未詳)

 Fan-Pro社が4月に刊行開始する、ポケットブック・シリーズ。

「はじまりは~」
「西暦3114年、USTRAC」
「新型パラディンの立会試験中、アトランに一通の報告が」
「――トリリス・オクトを、惑星エルトルスで見た?」
「トリリス・オクトは、古代の謎種族イロヒムが育成したプシ・ファイター」
「アトランとの因縁、浅からず」
「――行くぞ、惑星エルトルスへっ」
「西暦3114年の惑星エルトルスは~」
「カルスアル同盟の首都惑星――すなわち、敵陣」
「とりあえず、手近な戦力=試験中のパラディンを、連れて~」
「アトランの無謀な作戦が、始まるのでした」

□ Perry Rhodan-Heft

2537 . Leo Lukas / Der Handelsstern / 商星
2538 . Robert Feldhoff & Uwe Anton / Aufbruch der LEUCHTKRAFT / 《光力》の旅立ち
2539 . Marc A. Herren / Schreine der Ewigkeit / 永遠の杜
2540 . Christian Montillon / Unter dem Schleier / ヴェールの下
2541 . Christian Montillon / Geheimprojekt Stardust
/ スターダスト極秘計画

□ Perry Rhodan-Heft 2537話「商星」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2537.html ]

 新銀河暦1463年3月、アンドロメダ銀河、もと星系シカテモ――

「周波王国の超兵器〈商星〉が、いきなり撤退」
「猛烈な構造振動に、やられて~」
「ペリー・ローダン指揮下の《ミクル=ジョン》は、あちこち故障」
「ペリー・ローダンも、意識喪失」
「そこへ」
「アトラン指揮下の《ジュール・ヴェルヌ》が~」
「――腰がくびれた、オベリスク状の物体……宇宙船?」
「――格納庫に、収容だっ」
「かくして」
「――なぜ、蛮人がココに!」
「感動の再会と、なったとか」

 《ジュール・ヴェルヌ》は、現地抵抗艦隊と合流――

「ペリー・ローダンは~」
「――テフローダー、メルヴ・タトゥル?」
「――ガイド人、ダオレ・ハフォ?」
「現地抵抗艦隊と、まずは情報交換」
「《ミクル=ジョン》に便乗、してきた~」
「――影マークス、グレク1=プラル?」
「――マークス原理主義者、グレク11?」
「も、議論に参加」
「マークス原理主義者、グレク11、曰く」
「――同胞の重戦闘艦2500隻が、ベンガル星団に向かっています」
「さらに、曰く」
「――周波王国の命令コードを解析した成果も、提供します」
「で」
「既知の情報をつなぎあわる、と~」
「――周波王国の冬眠惑星6つ、の所在も?」
「――周波王国の〈商星〉4つ、の所在も?」
「――周波王国の〈配送デポ〉、の所在も?」
「――もちろん、ポリポート駅全駅の、所在も?」
「いろいろ、わかってきました」
「と、なれば、当然」
「――冬眠惑星に、攻撃だっ」
「と、なるところを」
「ペリー・ローダン、曰く」
「――まずは、〈商星〉を調査だっ」
「――周波王国が見せしめに新星化した、恒星シカテモを~」
「――現地抵抗運動の象徴、に転用してやろうではないかっ」
「で」
「――ご近所で、座標が知れた〈商星〉は……」
「――《第1商星》――距離2万光年?」
「《ジュール・ヴェルヌ》なら、さほど時間を要しません」

 《ジュール・ヴェルヌ》は、《第1商星》へ――

「途上~」
「アブラハム・カマロ」
「アイリス・シェトルさん」
「ポンゾン・メレツ」
「クカン・ティカ」
「《ジュール・ヴェルヌ》の科学者陣は~」
「マークス原理主義者グレク11が、持ちこんだ~」
「U"BSEF検知器の機能原理、について~」
「講義を、うけます」
「ところが」
「《ジュール・ヴェルヌ》は、超高速」
「――もう、到着?」
「講義は、中断です」

 《ジュール・ヴェルヌ》は、《第1商星》を、偵察――

「遠目には~」
「――直径100万kmの、オレンジ色の恒星?」
「――疑似物質の投影像、ですねー」
「超優秀な探知装置で、偽装の中をのぞいてみましょう」
「――中核は直径16.5kmの球体?」
「――最長117kmの、螺旋状の塔が、いくつも突き出て?」
「――全体のさしわたしは、250.5km?」
「――表面は……煤けてますねー」
「――噂のヴァトロクス=ヴァムに、食われた痕?」
「――内部に、プシ物質が……920グラム?」
「で」
「偵察を、終えて~」
「《ジュール・ヴェルヌ》は、ホロイン恒星五角形に、帰到」
「ホロイン恒星五角形には~」
「銀河系から連れてきた、ポスビ船2万5000隻が、待機中」

 3月31日――

「ペリー・ローダンは~」
「アトランに、向かって曰く」
「――星系シカテモを破壊した〈商星〉は、唯一機能する〈商星〉とかいう」
「――ならば」
「――このペリー・ローダンが、超知性体〈それ〉から、もらいうけた~」
「――クラスB制御装置っ」
「――少ないけれど、プシ物質っ」
「――これらを、用いて~」
「――星系シカテモを破壊した〈商星〉を、操作できるかもっ」

 4月1日――

「《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「星系シカテモを破壊した〈商星〉に、向かう」
「――直径少なくとも2000kmの恒星に、偽装してますねー」
「距離409光年のところで~」
「――《ミクル=ジョン》、発進っ」
「《ミクル=ジョン》は~」
「破損した〈戦光艦〉ハシケに、偽装」
「乗員は~」
「ペリー・ローダン」
「グッキー」
「影マークス、グレク1」
「コンセプト、コンセプト、フェルマー/ラス」
「先頭ロボット100体」
「全員が、ダルチュルカ兵に、扮装」
「破損した〈戦光艦〉ハシケ=《ミクル=ジョン》が、接近すると~」
「――〈戦塔艦〉から、身元確認を、求められましたっ」
「でも」
「マークス原理主義者、グレク11からもらった~」
「周波王国の命令コードを解析した成果は、効果覿面」
「――許可が、出ました」
「――〈商星〉まで、誘導してくれる?」
「難なく、〈商星〉の格納庫へ」
「が」
「格納庫内は、がらん、として何もなし」
「――探知器にも、何も掛かりませんねー」
「ペリー・ローダンは~」
「――えーと……まさか……ヤバイかも?」
「とか、思うのですが」

 《ファティコ》の出来事――

「77全期ごとに開催される、〈見合いの儀〉」
「でも」
「ピュ・スカルブンクは~」
「向こう側へ渡る門の前で、しりごみしたり」
「ピュ・スカルブンクには、6体の同世代マエドントが、いるのですが」
「――おくびょーものー」
「と、からかわれたり」
「前世代マエドント、ピュ・スツラパポセルは~」
「――正しい選択を、するのですっ」
「――(面倒なコ、よねー)」
「と、教え諭してくれたり」
「そもそも」
「77全期前の〈見合いの儀〉の頃は~」
「ピュ・スカルブンクの遺伝子提供者が、若過ぎて~」
「原型を同じくする同世代マエドント、からは~」
「ピュ・スツルブコルンが、向こう側に渡っただけ」
「つまり」
「ピュ・スカルブンクに、してみれば~」
「――今回が、はじめての機会なんだよー」
「前世代マエドント、ピュ・スツラパポセルは~」
「――外典メディア館で、お勉強してらっしゃいっ」
「――(ホント、面倒なコ、よねー)」
「かくして」
「ピュ・スカルブンクは~」
「1頭の乗用トカゲの背中に~」
「――ぺっとり」
「貼りついて、〈見合いの儀〉におもむく」
「……」
「体内時計が、新たなる77全期の開始を、告げ~」
「鋼製のクリトンが、訓示を述べると~」
「〈見合いの儀〉に参加する、7の7倍の一同は~」
「ロボットに導かれ、トンネルに入る」
「一方」
「トンネルの、向こう側からは~」
「調光人に導かれて、〈見合いの儀〉に参加する子供たち50名」
「テフローダーの少女サトワちゃんも、そのひとり」
「何の気なしに、一頭のトカゲに跨がる」
「と」
「跨がってみて、わかったのですが」
「――トカゲの背中のイボイボが、生きてる……スライム?」
「――ピュ・スカルブンク……だよ?」
「サトワちゃんと~」
「ピュ・スカルブンクは~」
「精神・肉体とも、完璧に共鳴」
「――えーと?」
「――サトワの、〈パラ腺〉のサグ率と?」
「――ピュ・スカルブンクの、プシメンタル対話膿管と?」
「――相性最高?」
「サトワちゃんのサグ率は、急上昇」
「――なんでも、できそうね」
「――なんでも、できそうだ」

 《ファティコ》の出来事――

「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「《ファティコ》を、旅してまわる」
「隔離区画を、いくつも抜けて~」
「多種多様な住人たちと、知り合います」
「また」
「他の旅人とも、遭遇して言葉を交わす」
「――誰が、わたしたちに、こんなことをさせるのかしら?」
「――それは、こっちも聞きたいよー」
「わからないまま、旅路はつづき~」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアの経験値は、上がっていきます」

 《ファティコ》の出来事――

「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「余命いくばくもない軟体生物ラウシャと、遭遇」
「――前には、ボクにも……」
「――ピュ・スツルブコルンという、パートナーがいたのだけれど……」
「――1次予選で、負けて……」
「――ピュ・スツルブコルンは、廃棄処分されて……」
「軟体生物ラウシャは、不良品としての後半生に耐えられず~」
「死にかけて、いるのでした」
「で」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「――ぜったい、勝ち残るのよ」
「――ぜったい、勝つのだ」
「闘志に、目覚め~」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは、放浪をやめました」
「――勉強よ」
「――訓練だ」

 《ファティコ》の出来事――

「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「〈夕焼け越えの地〉に、根城をかまえ~」
「当地の動植物層を保護育成する、仕事をしながら」
「――勉強よ」
「――訓練だ」
「指導教官ケズケトは~」
「ふさふさ尻尾と肉食獣の頭を除けば、サトワちゃんと同じヒューマノイド」
「ある日」
「指導教官ケズケト、曰く」
「――ひとり、1匹、捕ってくるのだ」
「――殺すことを、学ぶのだ」
「で」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「ペア7名で、狩人パーティを組み~」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「――ケズケト、捕ったわっ」
「他には~」
「昆虫の群れをパートナーとする、鳥人間」
「プシポテンシャル網生物をパートナーとする、4本腕女戦士」
「が、任務達成」
「かくして、1次予選は終了」

 《ファティコ》の出来事――

「次なる戦いは、いきなり最終選抜」
「――頭を使え」
「――計画を、立てるのだ」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアが、秀逸なアイディアで、勝ち抜くと~」
「指導教官ケズケト、教えて曰く」
「――《ファティコ》は、〈商星〉だ」
「――サトワの基質は、惑星クシャトリアから採ってきたのだ」
「――周波トレーサー、ヴァストレアス閣下は~」
「――《ファティコ》の司令官で、あらせられるのだ」
「――ハトルジャン銀河の諸種族から遺伝子原版を集め、飼育して~」
「――アンスレスタ銀河に発祥した共生体と、組合せておられるのだ」

 《ファティコ》の出来事――

「じつは」
「――最終選抜のあと、超選抜がある?」
「合格すれば~」
「――周波トレーサー、ヴァストレアス閣下の、脇に控えて?」
「――現地採用参謀に、なれる?」
「超選抜の、課題は~」
「周波トレーサー、ヴァストレアス閣下、ご自身による出題」
「――生意気なギャラクティカーを、ビビらせるには?」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは、思い切りよく」
「――居住星系ひとつ〈商星〉で、ばーん、で決まりよねー」
「合格」
「かくして」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「戦闘従卒ブストリンを、襲名」
「――星系シカテモを、超新星にするのよっ」
「――ばーん」

 《ファティコ》の出来事――

「サトワちゃん、思うに」
「――もし、サトワがオバサンになったら?」
「――サトワの別のクローンが、サトワの地位を脅かすかも?」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「――どっかーん」
「《ファティコ》深部の、遺伝子プールを破壊」
「技術員連中も、皆殺し」
「でも」
「周波トレーサー、ヴァストレアス閣下は~」
「――意気や良し」
「にっこり笑うと、お咎めなし」

 《ファティコ》の出来事――

「サトワちゃん、思うに」
「――もし、サトワがヴァストレアス閣下を、暗殺したら?」
「――ヴァストレアス閣下の地位は、サトワのモノになるかも?」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは~」
「ヴァストレアス閣下を、襲撃しようとします」
「でも」
「周波トレーサー、ヴァストレアス閣下は~」
「――意気や良し」
「――だが」
「――安全措置は、施してあるぞ」
「――ワシが死んだら、オヌシも死ぬのだ」
「にっこり笑うと、お咎めなし」
「だけで、なく」
「――次の仕事?」
「――生意気なギャラクティカーの中心人物をひとり、捕獲せよ?」
「――できれば、細胞活性装置所持者が、良い?」
「サトワ+ピュ・スカルブンク・ペアは、思い切りよく」
「――簡単よねー」
「――〈商星〉に、おびきだし、で決まりよねー」

 かくして――

「サトワちゃんの野望は、止まらない」
「――いつか、ヴァストレアス閣下を、あーもして、こーもして」
「――サトワが、ハトルジャン銀河を支配して」
「――夢は、宇宙一シアワセなお姫さま」
「――負けるな、サトワっ」
「――夢を叶えるのよっ」
「――目指せ、ファクターIっ」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]


◆今回のひとこと

 おいしい役ドコロ、ですね。


d-information ◆ 609 [不定期刊] 2010/04/05
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]