rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

600 [2010/02/01]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2528 . Christian Montillon / Transmitter-Roulette / 転送機ルーレット
2529 . Frank Borsch / Der Weg des Vatrox / ヴァトロクスの道
2530 . Frank Borsch / Der Oxtorner und die Mehandor / オクストーン人とメハンドールたち
2531 . Marc A. Herren / Das Fanal / 烽火
2532 . Michael Marcus Thurner / Der Tod eines Maahks / あるマークスの死
2533 . (未詳)
2534 . Christian Montillon / Der Gesandte der Maahks / マークスの使節

□ Perry Rhodan-Heft 2528話「転送機ルーレット」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2528.html ]

 新銀河暦1463年、銀河系――

「ポスビ船が1隻、航行中」
「船上には~」
「USO司令官モンキー」
「ロナルド・テケナー」
「船上には、他に~」
「〈反逆者〉種族、ガンシュカル人が1名――名をジャルストグ」
「〈反逆者〉種族、モルダエル人が2名」
「今日は~」
「ロナルド・テケナーが、〈反逆者〉狩りの魔手から救った、尊い生命を~」
「同じ境遇の〈反逆者〉残党を収容する、隠れ里惑星T=1だかT=2に~」
「連れて、いくのです」
「……」
「道すがら~」
「USO司令官モンキー、語ります」
「――アコン企業アチャティ・ユマが、怪しいのだ」
「アチャティ・ユマ――略称AU」
「転送機販売で、巨万の富をなしていたり」
「ご承知の、とおり~」
「〈反逆者〉は、アコン人の主星ドロラーを、衛星もろとも解体」
「超機動要塞カオテンダー《ヴルタファー》の、部品に転用」
「《ヴルタファー》は、〈反逆者〉艦隊共々、局部銀河群を撤退し~」
「もう、戻る見込みは、ありません」
「〈反逆者〉に対する恨みの念は、他種族の比でなく」
「とはいえ」
「――それで〈反逆者〉狩り、というのは、短絡的すぎでは?」
「USO司令官モンキー、応じて曰く」
「――〈反逆者〉残党襲撃事件で~」
「――現場で、直前に、AUの営業マンが目撃された事例が、90%」
「――そのAU営業マンたちが~」
「――AU本社船《レムチャ・オヴィル》に、出入りするのが~」
「――確認できた事例が、80%」
「――相当にクサいのに、シッポがつかめんのだ」
「すると」
「ガンシュカル人、ジャルストグ、曰く」
「――そういえば」
「――ワタシが住んでた惑星でも、襲撃の2ヶ月前~」
「――AUの営業部隊が、転送機の営業に、来てましたねー」
「――AU重役、ハロルのシムルも、来てましたねー」
「――AU重役、ハロルのシムルと、〈反逆者〉狩りを関係づける証拠を~」
「――あれこれ、探してはみたのですが」
「――むう」
「……」
「やがて」
「ポスビ船は、隠れ里惑星に、到着」
「ガンシュカル人1名と、モルダエル人2名は~」
「シフトに乗って、第2の故郷へ、降下していくのでした」

 2月20日、AU本社船《レムチャ・オヴィル》――

「AU本社船《レムチャ・オヴィル》――」
「船体は、長軸5600mの回転楕円体をふたつに切った、その下半分」
「回転楕円体の断面には~」
「今はなき、惑星ドロラーの風景が作りこまれ~」
「風景の上には、透明なドーム」
「――ぱーん……ぱふぱふっ」
「本日は、新製品〈繭型転送機〉の御披露目会」
「……」
「ピカスのベラトは、AU本社船《レムチャ・オヴィル》の、警備責任者」
「――テフローダー犯罪捜査官のアエルガル・エグレガ氏から、問い合わせ?」
「問い合わせというか、告発は、直截でした」
「――AU重役、ハロルのシムル氏は、ある殺人事件に関与しています」
「――証拠も、あるのです」
「警備責任者ピカスのベラトは~」
「テフローダーのアエルガル・エグレガを~」
「人目を避けて、船に呼び入れ~」
「面と向かって、話を聞くことに」
「――AU重役、ハロルのシムル氏は、〈反逆者〉狩りの一味です」
「――AU本社船《レムチャ・オヴィル》を、調査させてください」
「警備責任者ピカスのベラト、としては~」
「――(新製品御披露目会で騒ぎでもおこされたら、減俸ものだし)」
「――どこでも、見ていただいてけっこうですよ」
「――(機密区画は、どうせ立入禁止だし)」
「……」
「ところが」
「テフローダーのアエルガル・エグレガは~」
「――秘密装備っ」
「機密区画に、たちまち侵入」
「と」
「――殺気?」
「ナイフを振りかざした、アコン人3名が~」
「テフローダーのアエルガル・エグレガを、襲撃」
「――うっ」
「テフローダーのアエルガル・エグレガは~」
「負傷しつつも、襲撃者1名を返り討ち」
「そこへ」
「警備責任者ピカスのベラト――遠隔監視していた――が~」
「警備員2名を率いて、駆けつけます」
「襲撃者2名を、拘禁します」
「で」
「医師が到着」
「テフローダーのアエルガル・エグレガの傷を、診ようとします」
「が」
「――自分で、できるからっ」
「怪我人は自分で処置して、立ち去ってしまう」
「ふてくされた、医師は~」
「床の血痕から、DNA分析」
「――テフローダーと、違う?」
「――テラナー?」

 AU本社船《レムチャ・オヴィル》――

「警備責任者ピカスのベラトに、部下から報告」
「――拘禁した2名が?」
「――独房で、喉を切られて、殺された?」
「――オレの職場で、何やら起こっている?」
「――雇い主が、オレを騙している?」
「――むう」
「ふてくされた、警備責任者ピカスのベラトは~」
「自分も立ち入れない超機密区画――しかも広大――に、潜入しようと」
「――そうだ……都合の良いヤツが、いるではないかっ」
「かくして」
「警備責任者ピカスのベラトと~」
「テフローダーのアエルガル・エグレガ=ロナルド・テケナーは~」
「――秘密装備っ」
「超機密区画に、たちまち侵入」
「と」
「――500m級の宇宙船が、1隻?」
「――〈反逆者〉狩り戦闘機の母艦……みたいな?」
「――状況転送機が、1基?」
「――宇宙船が、気づかれずに出入り可能……みたいな?」
「そこへ」
「――殺気?」
「襲撃」
「――ばーん」
「襲撃者一味の中には~」
「AU重役、ハロルのシムルの姿も、ありました」
「警備責任者ピカスのベラトは、無線で警備隊を呼び寄せ~」
「――ばーん」
「――どどーん」
「激闘のすえ~」
「襲撃者一味、撃退」
「AU重役、ハロルのシムルは~」
「新製品〈繭型転送機〉の1基に、逃げこみます」
「警備責任者ピカスのベラトと~」
「テフローダーのアエルガル・エグレガ=ロナルド・テケナーは~」
「追跡しますが~」
「――あ」
「タッチの差で、取り逃がしたり」
「推測するに、おそらくは~」
「《レムチャ・オヴィル》の姉妹船へと、逃れたものと思われ」
「気になるのは~」
「襲撃者のひとりが、遺したセリフ」
「――アコン烽火は、もう止められないぜ……」
「がっくり」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 気がつけば、見えない境界に到達。


d-information ◆ 600 [不定期刊] 2010/02/01
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]