rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

591 [2009/11/30]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2519 . Arndt Ellmer / Die Sonnen-Justierer / 恒星調整隊
2520 . Hubert Haensel / Grenzgängerin des Schleiers / ヴェールを越える女
2521 . Michael Marcus Thurner / Kampf um KREUZRAD / 《十字輪》争奪戦

2522 . Uwe Anton / Winter auf Wanderer / ワンダラーの冬
2523 . Christian Montillon / Am Rand von Amethyst / アメジストの市境で

□ Perry Rhodan-Heft 2519話「恒星調整隊」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2519.html ]

 新銀河暦1463年、アンドロメダ銀河――

「ギャラクティカムは~」
「アンドロメダ銀河に巣喰う周波王国を、なんとかしたい」
「――艦隊を、送りこむのだ」
「アトランは、考える」
「――このアトランが整備した、恒星転送機網により~」
「――アンドロメダ銀河が伴う、小銀河クォールの~」
「――恒星転送機ザクラン・トリオまでは、一足飛び」
「――あとは~」
「――このアトランが、《ジュール・ヴェルヌ》で先行し~」
「――アンドロメダ銀河の恒星転送機ホロイン恒星五角形と~」
「――恒星転送機ザクラン・トリオを、接続し~」
「――ギャラクティカム艦隊を、受け入れよう」
「もしくは」
「――恒星転送機ホロイン恒星五角形・稼働に、手間暇かかるなら~」
「――恒星転送機ザクラン・トリオに配置した、《ツォイト80》から~」
「――状況転送機のハイウェイ」
「――半空間トンネルで、アンドロメダ銀河外縁の惑星ケムテンツへ」
「――そこから、アンドロメダ銀河本体へ、自力航行すれば良いであろ?」
「で」
「アトラン指揮下《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「ホロイン恒星五角形へ、直接出向き~」
「星系進入を、果たせず」
「それでも」
「あきらめ悪く~」
「周囲の恒星転送機など、うろうろしてみたり」

 1月30日、アンドロメダ銀河、恒星転送機マルティカ=デュオ――

「アトラン指揮下、《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「――恒星転送機マルティカ=デュオ、稼働成功」
「――ホロイン恒星五角形に、接続できた……はず?」
「――突入っ」

 ホロイン恒星五角形、《ジュール・ヴェルヌ》――

「――出現っ」
「――やったぞ……ホロイン恒星五角形だっ」
「アトラン、すかさず」
「――恒星転送機調整惑星の中枢計算脳〈ホル〉に、無線をっ」
「――無視されましたっ」
「――むぐっ」
「《ジュール・ヴェルヌ》は、超強力な牽引場に捕捉され~」
「調整惑星へ、強制着陸」
「アトラン、すかさず」
「――上陸部隊、このアトランに続けっ」
「――目標、恒星転送機制御センター塔っ」
「と」
「中枢計算脳〈ホル〉は~」
「どうやら、アトランの細胞活性装置のインパルスに、誤魔化されたらしい」
「――おかえりなさいませ、マガンっ」
「――この〈ホル〉、全力でお仕えいたしますっ」
「アトラン、すかさず」
「――恒星転送機調整部隊、作業にかかれっ」
「……」
「部隊を指揮するカニオ・サルキュインは、アルグストラン人」
「アルグストラ人は~」
「大きくなりたくて、惑星アルグストラに移民した、シガ人の子孫」
「身長、およそ45cm」
「――作業は、ぎりぎりまで、絞りこめっ」
「――恒星転送機ザクラン・トリオへの安定接続を、特急調整っ」
「――おーっ」
「とはいえ」
「すでに、日付は1月30日」
「このまま、恒星転送機航路が開通しなければ~」
「2月15日には~」
「ギャラクティカム艦隊の第1陣は~」
「《ツォイト80》の状況転送機で~」
「惑星ケムテンツに到着」
「という運びと、なっているのでした」

 ホロイン恒星五角形、アトラン――

「アトランは~」
「中枢計算脳〈ホル〉と、昔話に花を咲かせます」
「――レムール人が、ホロイン恒星五角形を建造したのは~」
「――紀元前5万0300年のこと?」
「――でも」
「――50年後には、すでに忘れ去られた?」
「――2万2000年が、経過して~」
「――未来から来た〈島の王〉が、施設をふたたび動かして?」
「――パドラーたちが、星系周囲に時空迷宮の罠を仕掛けた?」
「――記録に残る最後の利用は、西暦2405年?」
「――ふむふむ」
「……」
「恒星転送機調整部隊は~」
「――調整っ」
「――おーっ」
「鋭意努力すれども、進捗は亀の歩みのごとし」
「アトランは~」
「――むー」
「飽きてきました」
「《ジュール・ヴェルヌ》に、搭乗すると~」
「――あとは、まかせたっ」
「――《アトランティス》と《ノーチラスIV》を、残しておくっ」

 《ジュール・ヴェルヌ》は、ベンガル星団へ――

「ベンガル星団――惑星テフロッドから、4500光年」
「半月前~」
「銀河系における、周波王国艦隊との戦闘で~」
「周波王国〈戦光艦〉の残骸から回収した、データを解析した、結果~」
「どうやら、ベンガル星団から来たらしい」
「とかいう、解析結果、だったのです」

 ベンガル星団外縁から40光年、白黄色の恒星――

「恒星の上層に隠れた《ジュール・ヴェルヌ》」
「探知してみましょう」
「――距離20光年に、船影あり?」
「――よしよし……気づかれなかったみたいだ」
「――ベンガル星団の縁に、周波王国〈戦光艦〉の艦影2ダース?」

 オレンジ色のK型恒星に隠れた、《ジュール・ヴェルヌ》――

「――距離1000光年の範囲に、周波王国〈戦光艦〉の艦影1000隻?」
「さらに広域を、探知すると」
「――2000光年から4000光年の範囲で?」
「――ガイド人とテフローダーの戦闘、計14件を確認?」

 次の、赤色巨星――

「ここまで~」
「――確認された周波王国〈戦光艦〉は、8500隻?」
「――〈戦塔艦〉も、数百隻?」
「……」
「こうして~」
「隠れては探知、を繰り返すこと8回」
「《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「ベンガル星団まで、距離4光年まで接近」
「――周波王国〈戦光艦〉編隊、多数?」
「――どれもベンガル星団から出ていく針路を、とって?」
「――目的地は、ハーデス暗黒星雲?」
「――追跡だっ」
「――気づかれないよう、充分に距離をとれっ」
「《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「周波王国〈戦光艦〉の一編隊を、こっそり尾行」
「やはり、目的地はハーデス暗黒星雲でした」
「が」
「――暗黒星雲の中は、探知が効かない?」
「見失って、しまいます」
「かくして」
「アトラン、憮然として曰く」
「――惑星ケムテンツへ、行くのだっ」
「……」
「紆余曲折は、ありましたが~」
「《ジュール・ヴェルヌ》は、惑星ケムテンツにて~」
「《ノーチラスI》、《ノーチラスII》と、無事合流し、情報交換」

 2月15日11時55分、星系クラルトモック、惑星ケムテンツ――

「――!」
「星系外縁に、直径1000kmの赤く輝く環が発生」
「12:00――」
「――ごごごっ」
「ギャラクティカム艦隊の第1陣1600隻が、到着」
「主力は、ポスビ艦1500隻」
「加えて、自由テラナー連盟、ハルト人、アルコン人、スプリンガーの各艦隊」
「で」
「――ポスビ艦1050隻っ」
「――モトランス・プラットフォーム《マイルズ・カンター》っ」
「――および、数隻は~」
「――アンドロ・ベータ銀河、惑星グリームで、基地設営っ」
「続いて」
「――ポスビ艦25隻は、惑星ケムテンツで、留守番だっ」
「そして」
「――残りの全艦は、ホロイン恒星五角形へっ」
「――ごごごっ」
「とはいえ」
「ホロイン恒星五角形までは、通常駆動系で25日の道程」

 その頃、ホロイン恒星五角形――

「ガイド人の転子状艦1隻が、出現し~」
「――ばーん」
「――あ……時空迷宮にやられた」
「……」
「《ジュール・ヴェルヌ》は、トラフィトロン駆動装備」
「惑星ケムテンツから、ホロイン恒星五角形までは、わずか数時間」
「――ごごごっ」
「――あれは……時空迷宮にやられたガイド人の転子状船?」
「もちろん」
「《ジュール・ヴェルヌ》は、アトランが搭乗しています」
「時空迷宮にやられることなく、無事に星系内へ」
「……」
「現地・恒星転送機調整部隊は~」
「――調整っ」
「――おーっ」
「鋭意努力すれども、いまだ恒星転送機ザクラン・トリオは接続ならず」

 10時間後――

「――星系外縁に、ガイド人の転子状艦250隻?」
「――ばーん」
「――あ……10隻が時空迷宮にやられた」
「とはいえ、240隻が、星系内に侵入したわけで」
「危機的状況」
「その時」
「恒星転送機調整部隊が~」
「――調整っ」
「――完了っ」
「接続先、恒星転送機ザクラン・トリオから~」
「ポスビ艦2000隻が、大挙到着」
「ガイド人の艦隊も、さらに500隻が駆けつけますが~」
「――どどーん」
「――ばばーん」
「戦端が、開かれれば~」
「結論は、見えています」
「ガイド人の艦隊、ほぼ壊滅」
「ポスビ艦隊、損害なし」
「ところが」
「――星系外縁に、周波王国〈戦光艦〉各種とりまぜ600隻?」
「――ガイド人の転子状艦3000隻?」
「戦端が、開かれたら~」
「結論は、わかりません」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 「ご主人様」にマガンとルビを振りたい。


d-information ◆ 591 [不定期刊] 2009/11/30
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]