rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

583 [2009/10/05]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2511 . Hubert Haensel / Schatten im Paradies / 楽園に射す影
2512 . Christian Montillon / Die TRAITOR-Marodeure / 〈反逆者〉落伍兵
2513 . Christian Montillon / Der verborgene Hof / 隠された駅
2514 . Arndt Ellmer / Ein Fall für das Galaktikum / ギャラクティカムを嵌める罠
2515 . Rainer Castor / Operation Hathorjan / ハトルジャン作戦

□ Perry Rhodan-Heft 2511話「楽園に射す影」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2511.html ]

 新銀河暦1462年末、星系スターダスト――

「ティムバー・F・ホイッスラーJr」
「ホイッスラー=スターダスト社のトップにして、富豪」
「新銀河暦1377年、地元執政官選挙の遊説中に、グライダーの墜落事故」
「ほとんど全身、培養組織と人工臓器」
「――壊れたぞ」
「――交換だ」
「気がつけば~」
「――人間の部分は、どれだけ残っておるかのー」
「という、状態なので~」
「――粉骨砕身……機械のように、働きますっ」
「政界にも、返り咲き」
「スターダスト連盟の執政官を、この2期、務めているのでした」

 惑星アヴェダ、スターダスト・シティ――

「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「国防大臣ショーン・ラグランジュに、曰く」
「――あのグライダーの墜落事故のコト、とか~」
「――それからのコト、とか~」
「――超知性体〈それ〉が、意図して仕組んだコトかも、と思うのじゃ」
「――たとえば、ワシを~」
「――超知性体〈それ〉の使者、ロト・ケレーテみたいに~」
「――完全無欠の金属男にする、とか?」
「国防大臣ショーン・ラグランジュ、としても~」
「そんな疑念を、いきなり告られても、困ります」
「――え……と……」
「言いよどんで、いると~」
「――!」
「――政府部内に、警報発令?」
「――発令者は、スチュワート・レクサ中将?」
「――至急、お出向きいただきたい?」
「スチュワート・レクサ中将がいるのは、《ネオ=オリンプ》」
「かくして」
「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrと~」
「国防大臣ショーン・ラグランジュは~」
「格子型転送機を抜け、《ネオ=オリンプ》へ」

 宇宙ステーション《ネオ=オリンプ》――

「新銀河暦1410年――」
「惑星ゼウスの衛星クリアンにて、謎の構造物、発見」
「すぐに~」
「衛星クリアンの衛星軌道へと、移動して~」
「科学者たちの調査、開始」
「――《ネオ=オリンプ》と命名するっ」
「で」
「科学者たちの調査は、続き~」
「判明したことに」
「――駅ですねー」
「――数ダースの利用種族がいる転送網の、駅です」
「――お」
「――管理人の〈半空間シュプール・チェンジャー〉種族と、通信できました」
「でも」
「使えるのは、通信だけ」
「――施設の他の機能は、まったく稼働しませんねー」
「……」
「新銀河暦1416年――」
「当時の保守派の執政官は、こういう判断」
「――保安上の配慮から~」
「――《ネオ=オリンプ》による、遠隔地との通信一切を、禁ず」
「でも」
「執政官に返り咲いたティムバー・F・ホイッスラーJrは、こういう判断」
「――通信だけなら、用途限定で、やって良し」
「……」
「現在――」
「スチュワート・レクサ中将は~」
「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrに、報告して曰く」
「――救難信号を、傍受したのです」
「――というか、救難信号しか、入りません」
「いくつもの駅から~」
「――周波王国が、ポリポート駅網の征服を、開始した……ざざざ」
「とか、なんとか」
「すなわち」
「――《ネオ=オリンプ》にも、征服に来る?」
「――周囲に~」
「――スターダスト連盟艦隊150隻を、展開だっ」
「――内部に~」
「――宇宙戦闘員2万名を、展開だっ」
「――STARA=UH=III型ロボット1万体も、展開だっ」
「ちなみに」
「STARA=UH=III型とは――」
「スターダスト・タクティカル・ロボット・アドヴァンスド~」
「ウルトラ・ヘヴィ・バージョン3」
「たぶん、ホイッスラー=スターダスト社の製品」

 惑星カタラクト――

「憶えて、いるでしょうか?」
「……」
「新銀河暦1346年、星系スターダスト植民前――」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルは~」
「惑星カタラクトを、視察」
「その際」
「――ゼニアオイ色の都市が、見えるよー」
「――探知器には、映らない?」
「――手でも、さわれない?」
「そんな非物質な都市の一群を、発見」
「――青銅色の都市も、見えるだけ?」
「――紫水晶色の都市も、見えるだけ?」
「――海緑色の都市も、見えるだけ?」
「――真珠色の都市も……これは、さわれるぞっ」
「潜入、してみると~」
「謎の都市=プリュムトゥオル市は~」
「どうやら、時空を回遊する都市」
「――あちこちの非物質の都市は、全部プリュムトゥオル市の影です」
「――ルートに沿って一列に321の停車場が、ありまして」
「――プリュムトゥオル市は、ちょんちょんと、順番に停車するのです」
「あれこれ、のあげく~」
「プリュムトゥオル市は、時空の回遊を、再開し~」
「都市群の姿は、消えたのです」
「が」
「……」
「現在――」
「ウニト人2名が~」
「惑星カタラクトで、偶然」
「――紫水晶色の都市が、見えるよー」
「――なんか、さわれる感じに、なってるぞっ」
「都市の内部を、うかがうと~」
「――塔のあいだに?」
「――昆虫みたいな宇宙艦隊が、遊弋してる?」
「さらに」
「――都市の周囲に?」
「――兵士が、いっぱい?」
「――立派なガタイと、2本の脚?」
「――胴体と、ほとんど同じ長さの、尾?」
「――もし、こんな侵略者が、惑星カタラクトに上陸したら?」
「――ひー」
「が」
「侵略者一党は~」
「都市を覆うバリアに阻まれ、惑星カタラクトに上陸しないまま」
「時空回遊都市は、実体化しないまま、消えました」

 宇宙ステーション《ネオ=オリンプ》――

「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「報告を、うけると~」
「――時空回遊都市と、ポリポート網のあいだに、よもや関連が?」
「――むー」
「なんて疑念も、払拭できず」
「で」
「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「スチュワート・レクサ中将に、曰く」
「――ともあれ~」
「――〈半空間シュプール・チェンジャー〉種族に、注意喚起じゃ」
「〈力強き者〉の言語で、メッセージを送信します」
「――こちら、星系スターダスト、ポリポート駅《ネオ=オリンプ》」
「――執政官ホイッスラーの指示、により~」
「――現地責任者スチュアート・レクサが、救援を請う」
「――周波王国の侵攻が、迫っているのだ」

 1週間後、宇宙ステーション《ネオ=オリンプ》――

「――またも、通信傍受?」
「――自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルから?」
「――ペリー・ローダンに向けた、モールス信号?」
「――シンパイヲ カケルナ?」
「――レンラク サレタシ?」
「――イタフォルハ アンタイ?」

 星系スターダスト――

「――!」
「星系内に~」
「巨大な雲ドーム4つが、出現」
「直径2650km、高さ100km」
「――まさか……宇宙船?」
「雲ドームは~」
「――惑星ジックスに?」
「――惑星アヴェダにも?」
「――惑星トロンドガーデンにも?」
「――惑星カタラクトまで?」
「星系スターダストの主要居住惑星4つに、ただ着陸」

 惑星アヴェダ、〈1000の試練のセンター〉――

「惑星アヴェダの、天然記念物的な巨岩」
「形は、3000年前の月宇宙船《スターダスト》を、思わせます」
「その内部には~」
「超知性体〈それ〉の置き土産、〈1000の試練のセンター〉」
「その内部には~」
「巻物のようなもの、1000巻」
「で」
「その1巻の図が、変わりました」
「正方形に並んで、円が4つ?」
「対角線がバツの字に交差する、その交点に円がひとつ」
「交点の円は~」
「丁寧にも、黒く塗りつぶしてある」
「円の中には、輪郭線で描写した、タラニス大陸」
「で」
「精神の声が、響いて曰く」
「――四天の門が、開かれるであろう!」

 宇宙ステーション《ネオ=オリンプ》――

「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrが~」
「新規情勢の報告を、うけていると~」
「――!」
「突然」
「――ぱらぱらぱらっ」
「――〈黄金放射雨〉?」
「燃える〈黄金放射雨〉、降臨」
「滴が、ドロドロと茶色に炎上」
「人間の形を、とりました」
「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJr、思うに」
「――(黒肌だから……ラス・ツバイ?)」
「で」
「実体化したモノ、曰く」
「――ペリー・ローダンのところへ、すぐ連れていくのだ」
「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJr、応じて曰く」
「――ペリー・ローダンなら、ここにはいないのじゃ」
「――星系スターダストから、そこに行く手段もないのじゃよ……ラス」
「と、誠意をもって、呼びかける」
「と」
「実体化したモノ、応じて曰く」
「――ラス? ラス・ツバイのことか?」
「――わたしは……フェルマー・ロイドだ」
「実体化したモノは、消えました」

 球状星団ファー・アウェイ外縁――

「星系スターダストは~」
「球状星団ファー・アウェイ――直径200光年――の中に、あります」
「球状星団ファー・アウェイを囲むのは、6次元ベール」
「球状星団ファー・アウェイの外縁部から先は、探知不能で突破不能、でした」
「が」
「――!」
「突然」
「6次元ベール、消滅」
「今までベールの向うにあって、見えなかった銀河の星々が~」
「きらきらきら~」

 宇宙ステーション《ネオ=オリンプ》――

「――!」
「――駅の機能が、外部から操作をうけて、稼働してる?」
「――搬送筒を抜けて、何か来る?」
「――ごごごっ」
「搬送筒を抜けて来たのは、構造物3基」
「――合体……したら、オベリスク型?」
「――あ……ハッチが開いた?」
「降り立ったのは、2名」
「執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrは、思う」
「――イホ・トロト?」
「――ペリー・ローダンっ」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 急転なれど、直下ではなし。


d-information ◆ 583 [不定期刊] 2009/10/05
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]