rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

562 [2009/05/11]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Die Tefroder

1 . Christian Montillon / Das genetische Siegel / 遺伝子封印
2 . Michael Marcus Thurner / Segler im Sternenwind / 星風の帆船
3 . Wim Vandemaan / Die Stadt der tausend Welten / 千世界都市

 Heyne 社の書き下ろしポケットブック・小シリーズ。
 今回は、「テフローダー」。
 時代は、終末戦隊〈反逆者〉撤退後。
 主役は、銀河系移民組のテフローダーらしい。
 11月から隔月刊行。全3冊を予定。

□ Perry Rhodan-Heft

2490 . Wim Vandemaan / Die dunklen Gärten / 日陰の庭
2491 . Christian Montillon / Der dritte Messenger / 3番目のメッセンジャー
2492 . Uwe Anton / KOLTOROC / コルトロク
2493 . Leo Lukas / Der WELTWEISE / 世界賢
2494 . Arndt Ellmer / Retroversion / 反転
   (途中不詳)
2500 . Frank Borsch / Projekt Saturn / サターン計画

□ 新サイクル Stardust「スターダスト」

「7月17日刊行予定の、2500話――」
「Robert Feldhoff が書くとか、言われていたのですが~」
「けっきょく、Frank Borsch が、書くようです」
「……」
「太古の宇宙ステーション――銀河系の奥で発見――を~」
「土星の輪のあたりに、置いて~」
「人類の英知を結集して、なにやら極秘な研究プロジェクト」
「で」
「〈サターン計画〉は、暴走し?」
「人類が、直面するのが?」
「過去から来た、敵?」
「超知性体〈それ〉の謎のメッセージ?」
「とか、いう」

□ Perry Rhodan-Heft 2490話「日陰の庭」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2490.html ]

 新銀河暦1347年11月9日、ハンガイ銀河――

「ここでは、目下~」
「〈混沌の勢力〉が、〈負の球体〉を建設中」
「ハンガイ銀河は、〈塁壁〉に囲まれ~」
「周囲も内部も、終末戦隊〈反逆者〉が、うようよ」
「ハンガイ銀河の中心部は、〈核壁〉に囲まれ~」
「〈負の球体〉の中核施設〈グローイン反逆者〉が、ほぼ完成」
「対する~」
「周辺住民は、〈負の球体〉建設反対運動」
「ペリー・ローダン指揮下、突撃艦隊アルケティムと~」
「意識集合体〈ニュークリアス〉と~」
「〈法〉付与機《ケオス・タイ》は~」
「〈核壁〉内へ」
「さらに」
「ローダンの息子カンティランが指揮する~」
「〈平和ドライバー〉のオレオン・カプセル〈緑団〉2500隻も~」
「〈核壁〉内へ」
「ま、2340隻に、減りましたが」
「さらに」
「カルタン人、ダオ=リン=ヘイさんが、実質指揮官の~」
「ハンガイ銀河遠征隊+《ソルセル=1》+《ソルセル=2》も~」
「〈核壁〉内へ」
「さらに」
「地元住民の反対運動〈ノクアー=カンサハリーヤ〉から~」
「地元カルタン人、ログ=アエル=ミンさんの指揮、のもと~」
「ウルトラ艦隊1万6000隻も」
「〈核壁〉内へ」
「ま、1万800隻に、減りましたが」
「かくして」
「〈負の球体〉建設反対運動の面々は~」
「待ち合わせ宙域ガンマ――〈グローイン反逆者〉まで20光年――に、集結」

 宙域ガンマ――

「ローダンと、カンティランと、ログ=アエル=ミンさんは~」
「作戦会議」
「ローダン、曰く」
「――〈グローイン反逆者〉総攻撃の予定は、本日18:00」
「――が」
「――地元のウルトラ艦隊は、出撃を遠慮してもらえまいか?」
「今回の作戦宙域は、ブラックホールの縁」
「ウルトラ艦隊の主力=カルタン人の三胴船の、性能では~」
「投入できる範囲が、極度に制約されてしまう」
「――オレオン・カプセルは、苦労かけるが、参加してほしい」
「ブラックホール周辺の、作戦行動とあっては~」
「オレオン・カプセルでも、難はあります」
「でも」
「〈振動プシ〉起因の、探知機能の支障については~」
「超能力カルタン人〈振動チーム〉を乗せて、補佐をうければ、問題なし」
「――銀河系の諸艦艇+オレオン・カプセルが、一丸となって突撃だ」
「ちなみに」
「〈法〉付与機《ケオス・タイ》は~」
「――待機だ」
「〈戦隊マシーン〉のような大物が出現したら、介入することに」
「……」
「ローダン指揮下の《ジュール・ヴェルヌ》以下、突撃艦隊アルケティムは~」
「〈法〉付与機《ケオス・タイ》を、離脱」
「ハンガイ銀河遠征隊+《ソルセル=1》+《ソルセル=2》と、共に、集結」
「周囲には~」
「オレオン・カプセルが、集結」
「12:00――」
「――発進っ」

 ハンガイ銀河遠征隊、クェーサー級LFT-BOX《アトス》の、場合――

「リニア航行で、20光年」
「30秒で、〈グローイン反逆者〉がパラトロン砲の射程内に」
「でも」
「敵総大将コルトロクも、迎撃準備は怠りなし」
「〈グローイン反逆者〉周囲には、〈反逆タンク〉10万隻の防御陣」
「――どどーん」
「――ばばーん」
「戦闘開始」
「LFT-BOX《アトス》は、〈反逆タンク〉4隻に包囲され~」
「――被弾っ」
「――損害大っ」
「緊急遷移で戦域離脱も、できず~」
「――くちゃ」
「あとには、高密度の物質塊があるばかり」
「それも、1時間後には拡散、後には何も残らない」

 平和ドライバーのオレオン・カプセル《雷鳴青》の、場合――

「操縦する、平和ドライバー、デュウレト・ギレイ」
「補佐する、超能力カルタン人〈振動チーム〉のウィーア=ナ=ダジ」
「――どどーん」
「――ばばーん」
「戦闘中」
「平和ドライバー、デュウレト・ギレイは、敵の影響下に置かれます」
「――(あれ? 何でだろ?)」
「――(ペリー・ローダンを、暗殺したい?)」
「オレオン・カプセル《雷鳴青》は~」
「《ジュール・ヴェルヌ》に、収容を求めます」
「が」
「――(えーと?)」
「――(オレは、どうしてペリー・ローダンを、暗殺したかったんだろう?)」
「――い、いけないっ」
「――!」
「《ジュール・ヴェルヌ》に収容される、直前」
「オレオン・カプセル《雷鳴青》は~」
「――自爆ばーん」

 〈グローイン反逆者〉攻防戦は、続く――

「でも」
「戦況は、明らかに、攻める側に不利」
「〈グローイン反逆者〉襲撃は、失敗に終わるのでしょうか」
「が」
「戦況とは、明らかに、無関係に~」
「突然」

 〈グローイン反逆者〉内部――

「――ばーん」
「異変発生」
「外観こそ、変化はありませんが~」
「重要な機器が、壊れてしまいました」

 〈グローイン反逆者〉攻防戦――

「――!」
「――〈振動プシ〉が……消滅した?」
「――〈グローイン反逆者〉が機能停止……ということ?」
「ローダンは、号令一下」
「――攻撃中断・撤退だっ」

 宙域ガンマ――

「被害を、確認しましょう」
「――クェーサー級LFT-BOX《アトス》と《ポルトス》が?」
「――オレオン・カプセル290隻も?」
「――撃沈、と思われます」
「ところで」
「――〈グローイン反逆者〉に、一体なにが?」
「超ハイテク技術者、アルゴリアン夫妻に、尋ねても~」
「わからない」
「意識集合体ニュークリアスに、尋ねても~」
「黙して語らず」
「人々、思うに」
「――いまだ知られていないが、協力してくれるヒトが、いるのだ」
「で」
「この推測は、的を得ていました」
「〈グローイン反逆者〉を、麻痺させたのは~」
「あの世のモノとなった、新しい存在形態の〈世界賢者〉、なのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 Perry Rhodan-Heft に、月宇宙船《スターダスト》のペーパークラフト綴じこみ付録がつくらしい。2490話から3回分載予定。
[ http://www.perry-rhodan.net/aktuell/news/2009050602.html ]


d-information ◆ 562 [不定期刊] 2009/05/11
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]