rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

561 [2009/05/04]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Extra 8
[ http://perry-rhodan.net/produkte/hefte/sonderpublikationen/prextra8.html ]

 4月24日刊行の、〈特別編集版〉ヘフト8冊目。
 こんな話が、収録されています。

 Frank Borsch / Das Stardust-Attentat / スターダスト殺害事件

□ Perry Rhodan-Extra 8 「スターダスト殺害事件」

 新銀河暦1347年5月――

「どことも知れない、遠方の星系スターダスト」
「超知性体〈それ〉の、手引きにより~」
「そこに逃げのびた人類がいた、という話」
「……」
「私財を投げうって、民間植民団を率いてきた~」
「もとロボット成金、ティムバー・F・ホイッスラーJr」
「――物資欠乏に悩む、入植地のため~」
「――ハイパー水晶を、大量収集したい」
「ホワネット――ハイパーな生活を営む原住生物――は~」
「恒星スターダスト周囲に、ハイパー水晶を排泄していました」
「――それだっ」
「かくして」
「もとロボット成金、ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「星系スターダストの、ハイパー水晶成金に」
「さらに」
「――惑星カタラクトに、未知のヒューマノイドが?」
「と聞けば~」
「チューイン星山地帯を、単独行」
「――ロキンガー種族と、仲良くなったぞ」
「ロキンガー村長の息子シャルド・スルブンドを、連れ帰ったり」
「とにかく、ロマンと冒険が大好き」
「今日も~」
「シャルド・スルブンドを、かたわらに~」
「《ニュー・グッドホープ》で、ホワネットの生態調査など」

 惑星アヴェダ、スターダスト・シティ――

「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「執政官選挙を、来月=6月18日に控えて、選挙準備をあれこれ」
「――これで、オレも、お役ご免」
「――引退したら、静かな暮らしだ」
「立候補する気は、ないのですが」
「最後に達成したことが、ひとつ」
「――ロキンガー種族と、インドキミ種族を、投票に参加させたい」
「――星系のすべての知性体は、単一共同体で仲良くやってもらいたい」
「で」
「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「まず、惑星ジックスへ」

 惑星ジックス、海底都市アーウゲン――

「インドキミ種族は、水棲の知性体」
「――ぷくぷく」
「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「インドキミ種族に、種族代表会議のようなモノの開催を、依頼」
「その席上」
「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「民主主義について、熱く語る」
「と」
「インドキミ種族代表のひとり、ライラヴィ、応じて曰く」
「――インドキミ種族は~」
「――皮膚受容体を通じて、水の些細な化学変化を知覚したり」
「――高度な意志疎通が、出来ますから」
「――テラナーの、原始的な民主主義というのは、良くわかりません」
「――でも」
「――感銘しました」
「――選挙に、参加しましょう」
「で」
「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「続いて、惑星カタラクトへ」

 惑星カタラクト、チューイン星山――

「ロキンガー種族は、じつは未来から来た旅行者の子孫」
「隠れ潜むのが、種族の家訓」
「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「村長に、熱く語りかけます」
「が」
「――選挙に……参加したくありません」
「まあ、思ったとおり、でした」

 5月10日――

「入植者の大半は~」
「ティムバー・F・ホイッスラーJrの、出馬を望んでいました」
「でも」
「本人は~」
「――公職なんて就いたら、ロマンと冒険の生活が、できないし」
「立候補する気は、なかったのですが」
「……」
「地域平和研究会・党員テルマク・イストバンが、来訪」
「――政治地図を塗りかえるような勢力が、勃興しましてな」
「――軍に基盤を持つ、星警党のラベア・フルトクが~」
「――住民の不安を煽り、防衛艦隊設立を公約に掲げて~」
「――勢力を、伸ばしているのです」
「……」
「入植地の現状は、といえば~」
「艦隊建造に、ハイパー水晶を回す余力は、ありません」
「農業振興・食料生産が、至急の課題」
「持参した物資に依存する生活から、脱却するのが先決です」
「なので、当然」
「星警党のラベア・フルトクの、支持者獲得は由々しき事態」
「それでも」
「ティムバー・F・ホイッスラーJrには~」
「立候補する気は、なかったのですが」
「……」
「ティムバー・F・ホイッスラーJr宛、匿名の脅迫状が、舞い込む」
「――選挙出馬、なんてしたら?」
「――どうなるか、考えてみろ?」
「これが、ティムバー・F・ホイッスラーJrの心に、火を点けました」
「――ほほう」
「――どうなるか、教えてもらおうじゃないかっ」

 5月17日、選挙戦開始――

「ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「今後4週間に渡る選挙演説会の計画を、つぶさに検討」
「……」
「星警党のラベア・フルトクが、自説を開陳すれば~」
「その場で、反論」
「――叩きつぶすっ」
「ティムバー・F・ホイッスラーJrは、もちろん~」
「――ロキンガー種族と、インドキミ種族と、仲良くやっていきたい」
「という、立場」
「身辺警護に、あたる~」
「ロキンガー村長の息子シャルド・スルブンド――立派に成長――の存在が~」
「論より証拠」

 6月10日、惑星アヴェダ、スターダスト・シティ――

「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「ティムバー・F・ホイッスラーJrに、曰く」
「――わたしも、星警党のラベア・フルトクのことは、憂慮していたのです」
「――手配します、ので~」
「――インドキミ種族のところへも、ぜひ行って語ってきてください」

 惑星ジックス、海底都市アーウゲン――

「星警党のラベア・フルトクは、一足先に~」
「――戦いは、美徳だっ」
「インドキミ種族代表のひとり、ライラヴィに~」
「完全装備の戦闘服を、贈呈」
「対して」
「到着した、ティムバー・F・ホイッスラーJr、語るに」
「――共に、平和な明日の社会をっ」
「――ワレワレの未来は、そこにあるっ」
「感銘した、インドキミ種族代表、ライラヴィは~」
「――ぷくぷく」
「もらったばかりの、完全装備の戦闘服を、破壊したり」
「ところが」
「この素敵な瞬間に、暗殺者が乱入」
「――ばーん」
「インドキミ種族代表、ライラヴィ、即死」
「で」
「インドキミ種族一同は、取り乱し~」
「騒動勃発」
「入植者数名が、犠牲になります」
「……」
「ティムバー・F・ホイッスラーJr、考えるに」
「――このままでは、被害が広がってしまう」
「――最後には、インドキミ種族弾圧にまで、発展してしまう」
「――それまでに」
「――わたしが、犯人を挙げてみせるっ」
「で」
「調査の結果~」
「――犯人は、マーティ・ザイマンド?」
「――もと自由テラナー連盟艦隊の、ミッション・スペシャリスト?」
「――過去の、悲惨な作戦で?」
「――心に傷を、負っていて?」
「――小さな無人島に楽園を建設して、ひとり住まい?」
「動機は、何でしょう?」
「――魚人が、魚みたいな目で、じーっと見るから?」
「――心の傷が、開いてしまった?」
「――魚人が、怖いよー?」
「――魚人がヒトじゃないなら、絶滅させて良いだろう?」
「――だから?」
「――魚人に選挙権、なんて許さない?」
「なんて動機、から~」
「犯人マーティ・ザイマンドは~」
「すでに4月の時点から、インドキミ種族の海底洞窟網に、潜伏」
「辛抱強く、機会をうかがい~」
「今回の狼藉に、及んだあげく~」
「じつは、まだ~」
「インドキミ種族の海底洞窟網に、潜伏しているのでした」

 惑星ジックス、海底都市アーウゲン――

「ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「――わたしが、囮になろう」
「単身、インドキミ種族の海底洞窟網へ、入る」
「囮ですから」
「――宇宙服のエネルギーバリアは、切っておこう」
「そんな、ティムバー・F・ホイッスラーJrを、眺めて」
「犯人マーティ・ザイマンドは~」
「――あの宇宙服を奪って、認識コードを使えば~」
「――ここから、脱出可能……かな」
「でも」
「のこのこ、出てきたところで」
「――この海底洞窟網は、完全に封鎖されている?」
「――おとなしく、投降しろ?」
「――いやだ……魚人、怖いよー」
「心の傷は、もう限界」
「犯人マーティ・ザイマンドは~」
「――ばーん」
「絶望のあげく、自殺」
「かくて、事件は悲しい帰結を迎えたのです」

 6月15日、惑星ジックス、海底都市アーウゲン――

「ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「インドキミ種族を、あらためて説得」
「――犯人マーティ・ザイマンドは、孤独な男だったのだ」
「――魚人に抱く恐怖を、相談できる友が、いなかったのだ」
「――不幸な出来事、だったのだ」
「さらに」
「――かのペリー・ローダンなら、こう言うだろうっ」
「――星系スターダストの全種族は~」
「――平和的に、たがいを尊重しながら、生きていくべきなのだっ」
「そして」
「論より証拠」
「ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「宇宙服を、脱ぎ捨てると~」
「すっぽんぽんで、怒り醒めやらぬインドキミ種族の群衆の中へ」
「――どっぷん」
「で」
「感銘をうけた、インドキミ種族は~」
「――ぷくぷく」
「ティムバー・F・ホイッスラーJrを、迎え入れ~」
「――インドキミ種族代表のひとりに、なってください」
「――ついては」
「――水の些細な化学変化が、わかるように~」
「――皮膚受容体を、植えてあげましょう」
「――少し、我慢してください」
「ティムバー・F・ホイッスラーJr」
「――むー」
「立派に耐えてみせたとか、いう」

 6月18日、惑星アヴェダ、スターダスト・シティ――

「すっかり片付いた、執政官執務室で~」
「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「選挙速報を、聞いてみたり」
「――星警党のラベア・フルトクが……優勢?」
「でも」
「――ロキンガー種族は、棄権したけれど?」
「――インドキミ種族が?」
「――ホイッスラーJrに、4000万票の組織票?」
「――やったぜ」
「かくして」
「新・執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrに、すべてを託して~」
「――これで、オレも、お役ご免」
「――心置きなく、引退だぜ」
「とか、思ったのですが」
「新・執政官ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「――就任後、最初の仕事として~」
「――シグルト・エックナトムを、財務大臣に任命するっ」
「なんて具合で」
「星系スターダストに、新政府・発足」

 これが、Perry Rhodan-Heft 2500話につながるわけです。

□ Perry Rhodan-Das Rote Imperium
[ http://perry-rhodan.net/produkte/buecher/heyne/roteimperium/ ]

3 . Wim Vandemaan / Die Zukunftsbastion / 未来の砦

 Heyne 社刊行、書き下ろしポケットブック・シリーズ「赤い宇宙の帝国」。
 その最終巻。

□ Perry Rhodan-Das Rote Imperium 3巻「未来の砦」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/buecher/heyne/roteimperium/3.html ]

 〈飛び領土〉実験――

「それは~」
「惑星コペルニクスの科学者たちが~」
「以前から、暖めていた計画でした」
「それが~」
「〈反逆者〉の銀河系制圧で~」
「火急の案件に」
「――相対時間の異なる、ドルーフ宇宙に移住して~」
「――加速していく時間の、中で~」
「――研究を、加速するのだ」
「そして~」
「通常宇宙で、6ヶ月」
「ドルーフ宇宙では、2000年が、経過」
「新銀河暦1344年11月――」
「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンは~」
「ドルーフ宇宙のロートハイム銀河――旧称、カルウィク銀河――へ~」
「招待、されるのです」
「が」
「たどりついた、〈赤い宇宙の帝国〉は~」
「〈支体房〉からリモコンクローン〈支体〉たちを操る実質不死の三頭支配者」
「――総督バヴォ・ヴェリヌ」
「――女将軍ジョハリ・イファマ」
「――ジャーッコ・パトロ博士」
「3名のもとで~」
「――超量子計算脳技術を、駆使した~」
「――クワントロニクスは~」
「――計算ゼロ秒、未来を予見する?」
「――トランスパテイン技術を、実用化した~」
「――超兵装・超自爆機構装備の流体戦艦を操る、少女戦士は~」
「――クワントロニクス武装で、全身を武器化する?」
「超科学が生んだ、超恐怖政治」
「反政府主義者アンジュミスト一党は、劣勢で~」
「原住民――ドルーフも、他種族も――は、奴隷の身分」
「唯一~」
「強靱なガジニ・バリアに隠れた、ホウホム種族だけが、独立を維持」
「という、状況」
「さらに」
「――宇宙間転移門前に、〈通常宇宙侵攻艦隊〉続々集結中?」
「――侵攻……艦隊?」
「けっきょく」
「反政府主義者アンジュミストの側に立った、ローダンですが~」
「少女戦士ファラシューちゃんに、捕獲され~」
「――手間かけさせないでよねっ」
「――ぺしっ」
「超平手打ちを喰らって、意識朦朧」
「女将軍ジョハリ・イファマのもとへ、連行されるのでした」

 西暦197X年、ニューヨーク、マンハッタン――

「ライランド・ウォーカーは、私立探偵」
「カルメン・スターウッドさんは、秘書で恋人」
「常連オヤジから、本日の依頼は~」
「――やんごとなき老婦人の手に、ガジニ・エメラルドを、取り戻せ?」
「――盗んだのは、モーロック・スマルヤ?」
「――住所まで、わかってるのかよっ」
「――うさんくさいなー」
「続いて、妙齢のご婦人が、やってきて」
「――お名前は……デボラ・ローダンさん?」
「――行方不明のお兄さん、ペリーを……探して欲しい?」
「――よろこんでー」
「で」
「私立探偵ライランド・ウォーカーは~」
「ニューヨークの下町――ドルーフやホウホムが住む――で、聞きこみ」
「――ペリー・ローダンは、どこだ?」
「うさんくさい方の依頼を、後回しにしていると」
「――!」
「高度な技術で、襲撃されたり」
「廃墟同然の宙港で~」
「巨船の隣に、ホウホムたちのテント村」
「ウロウロ、していると~」
「――秘書の身柄は、預った……ガジニ・エメラルドの方を、優先しろっ」
「脅されたり」
「やむなく、うさんくさい方の依頼を、優先処理」
「教えられた住所に、モーロック・スマルヤを訪ねると~」
「豪邸の前で、なんだか耳鳴りが」
「――52万7076の平方根は?」
「――726ですが、何か?」
「――えーと、これって、オレの台詞?」
「で」
「モーロック・スマルヤに、会ってみると~」
「――ホウホム……なんですね?」
「――そう」
「あっさり、ガジニ・エメラルドを、渡してくれました」
「――わたしは、何をしたのだろう?」
「――さあ」
「さっぱり、要領を得ないのですが~」
「ガジニ・エメラルド、入手成功」
「でも」
「秘書は、惨殺死体になってるし」
「耳鳴りは、するし」
「いろいろ、気づきはじめるし」
「――オレ……ペリー・ローダン?」
「ペリー・ローダンかもしれない、私立探偵ライランド・ウォーカーは~」
「ローダン家の在所、マンチェスターへ」
「――ローダン家の墓所は、どこですか?」
「――アンタの方が、良く知ってるでしょ?」
「ローダン家累代之墓に、たどりついてみると」
「――デボラ・ローダン……享年3歳?」
「――ひぃっ」
「そこへ出現した~」
「デボラ・ローダンさん(大)、曰く」
「――ここは、〈心論会〉の中です」
「そもそも~」
「〈心論会〉――〈メンタル・シンポジオン〉とルビを振りたい――とは?」
「――クワントロニクスを相互接続した〈クワントロニクス連合会〉に?」
「――接続してきたヒトの魂も、取りこんだりして?」
「――できてしまっている、仮想世界?」
「――他にも?」
「――ヒトが絡まない〈心論会〉も、いくつかあるみたいで?」
「――それぞれ、接触・交流なんかも、している?」
「――未来は、こんな精神だけの世界、になるかも?」
「話はふくらみますが、とりあえず」
「ここは、〈赤い宇宙〉の〈クワントロニクス連合会〉基盤の〈心論会〉」
「デボラ・ローダンさん(大)、曰く」
「――アナタのように、生身のヒトのU"BSEF定数の複製、もいれば~」
「――わたしのように、〈心論会〉で生まれたモノ、もいるのです」
「だと、すれば」
「私立探偵ライランド・ウォーカー、認めたくない認識ですが」
「――オレは、ペリー・ローダン(生身)のU"BSEF定数の複製?」
「――ペリー・ローダン(生身)とは、別のモノ?」
「かくして」
「私立探偵ライランド・ウォーカー=ペリー・ローダン(複製)、は~」
「ペリー・ローダン(生身)と、ふたたび一体となろう、と決意」
「――出口がどこにあるか、教えてくれまいか?」
「このあたりの、どこかを想定しての、問いかけでしたが」
「デボラ・ローダンさん、応えて曰く」
「――ゴビ砂漠……」
「つまり」
「――わたしの都市……テラニアかっ?」
「デボラ・ローダンさん、続けて」
「――〈心論会〉には、いくつも世界があるけれど~」
「――建設者は、誰もどこにもテラニアを造ろうと、しなかったのです」
「――行っても、あるのは砂漠だけ」
「でも」
「ペリー・ローダン(複製)は、そこにおもむく決意を固めていました」
「――あのときも、砂漠しかなかったさ」
「――そこに、わたしは、銀河系の神経中枢を築き上げたんだ」
「……」
「私立探偵ライランド・ウォーカー=ペリー・ローダン(複製)、は~」
「まず、中国へ」
「ラマ教の聖者から~」
「予言と、気合いの平手打ち3回を~」
「――ぺぺぺしっ」
「もらって~」
「現地案内人3名を募り、ラクダに揺られて砂漠の旅」
「到着したのは、古都カラ・ホト」
「そこで待つのは、カシミール王」
「〈心論会〉について、語るに」
「――〈心論会〉は、それ自体が一個の宇宙」
「――電算機のパワーで維持するシムセンス仮想世界とは、違うのだ」
「――少量のPEW金属のようなものに、〈心論会〉を納めることもできるぞ」
「また」
「〈クワントロニクス連合会〉の意向を、語るに」
「――〈赤い宇宙の帝国〉のクワントロニクスは~」
「――機能を大きく制約された、上~」
「――奴隷のように、酷使されておる」
「――〈クワントロニクス連合会〉は~」
「――〈赤い宇宙の帝国〉から独立したいと、かく思う」
「なんて、話の途中」
「現地案内人のひとりタメルが、突然」
「――ばーん」
「ペリー・ローダン(複製)を、襲撃」
「現地案内人のひとりタメルは~」
「〈赤い宇宙の帝国〉の派遣員(複製)だったのです」
「ペリー・ローダン(複製)、絶体絶命」
「が」
「――あれ?」
「ペリー・ローダン(複製)、奇跡の逆転」
「自分でも、どうして生きのびたのか、良くわからない」
「わからない、まま」
「ペリー・ローダン(複製)は、現実世界のペリー・ローダンのもとへ」
「合体」
「……」
「――はっ」
「ローダンが覚醒したのは~」
「女将軍ジョハリ・イファマの戦艦《栄光未来》、艦上でした」

 〈赤い宇宙の帝国〉正規軍、女将軍ジョハリ・イファマ――

「女将軍ジョハリ・イファマは~」
「――〈心論会〉に、ローダンの豊富な経験と知識を、取りこんで~」
「――ホウホム種族のガジニ・バリア機構を、ハッキングさせるのよっ」
「かくして」
「〈心論会〉内部では~」
「やんごとなき老婦人の依頼=脅迫を、うけて~」
「私立探偵ライランド・ウォーカーが、ガジニ・エメラルドを入手」
「これ、すなわち」
「現実世界では、ガジニ・バリア機構をハッキングするに同じ」
「強力無比なガジニ・バリアが、機能を停止すれば~」
「あとは、貧弱な防衛体制しか、ありません」
「〈赤い宇宙の帝国〉正規軍を、前に~」
「ホウホム種族は、無力な子羊のようなもの」
「……」
「〈赤い宇宙の帝国〉国営放送のサキスター・リープヒェン、報じて曰く」
「――先日、〈赤い宇宙の帝国〉に侵攻した~」
「――非道なホウホム種族の、愚劣な野望は~」
「――女将軍ジョハリ・イファマ閣下の獅子奮迅の活躍の結果~」
「――潰えたのです」
「……」
「で」
「宿願を果たした、女将軍ジョハリ・イファマは~」
「――もう、ローダンは、用済みよっ」
「なんだか~」
「総督バヴォ・ヴェリヌは、他にも用途があるようなコト、言ってましたが?」
「どうやら~」
「〈赤い宇宙の帝国〉の三頭支配者の辞書に、足並み、という言葉がない」
「――人間砲弾にして、処分してしまうのよっ」
「――発射っ」
「――ばーん」

 ドルーフ艦《昼と早晩277号》――

「アンジュミスト、ダーウィン・カンタレラは~」
「モバイル・クワントロニクス〈エレミア〉の助言を得て~」
「――肉は何kgだい、エリー?」
「ローダン(偽物)、を用意」
「人間砲弾=ローダン(本物)と入れ替えると~」
「ローダン(本物)を、ドルーフ艦《昼と早晩277号》へ」
「で」
「早速~」
「アンジュミスト+被支配異種族=連合軍の、作戦見直し」
「――〈赤い宇宙の帝国〉三頭支配者の〈支体房〉の場所が、わかった?」
「――総督バヴォ・ヴェリヌの〈支体房〉は?」
「――星系シアメド第4惑星ウトガルド、ヨツンハイム地下壕施設?」
「さらに、ローダンが知らされたことには」
「――総督バヴォ・ヴェリヌの〈支体〉1体が?」
「――宇宙間転移門の神経系部品に、使われている?」
「――つまり?」
「――総督バヴォ・ヴェリヌ(本体)を、始末すれば?」
「――宇宙間転移門も、機能停止?」
「しかし」
「――第4惑星ウトガルドは?」
「――生命ストッパー・バリアに、覆われているので?」
「――細胞活性装置とかを携行していないと、すぐ死んでしまう?」
「――その上?」
「――第4惑星ウトガルドは?」
「――人工的なエネルギーをダメにするバリアにも、覆われているので?」
「――高度な技術は、持ちこめない?」
「かくして」
「――72時間後に、星系シアメドに総攻撃を、かけるから?」
「――こっちは、総督バヴォ・ヴェリヌ(本体)を、始末しろ?」
「アンジュミスト+被支配異種族=連合軍の期待を、一身に背負い~」
「ローダンは~」
「――SERUN宇宙服も、なし?」
「――この岩……ぱっくり割ったら、中空部分に苔が生えてる?」
「――まさか、ここに入れって?」
「――ちょっと、待て……(あ)」
「ローダンは、単なる苔むした岩に、入れられて~」
「――(うわー)」
「第4惑星ウトガルドに、降下=墜落することに」

 星系シアメド第4惑星ウトガルド――

「――あー、死ぬかと思った」
「ローダンを、待っていたのは~」
「長靴から首出した蛇、みたいな異星人3体と、遭遇」
「――は、はろー?」
「――ワタシは〈オフォスアピア最後の軍団〉のクデルーです」
「――助力はありがたいが、その軍団というのは、どこに」
「――アナタの目の前に、ほら全員が」
「――こっちの巨大ハンマー持ってるのが、コウー・ラドゥーム」
「――こっちが、オージャ……ワタシらふたりの、おかーさんです」
「この宇宙にいるのは、3体だけ、とか」
「とりあえず~」
「ローダン――〈オフォスアピア最後の軍団〉は〈鼻王〉と呼称――は~」
「〈オフォスアピア最後の軍団〉の、協力で~」
「ヨツンハイム地下壕施設へ」
「が、いきなり」
「――は、鼻王さまっ」
「――コウー・ラドゥームっ」
「――うっ」
「施設への突破途上、〈オフォスアピア最後の軍団〉1名、死亡」
「――おかーさんは、遺体を食べて、産みなおすそうです」
「とかいう、経緯で~」
「ここからは~」
「クデルーひとりが、コウー・ラドゥームの形見の巨大ハンマーを担いで~」
「ローダンに同行」
「と」
「ローダンとクデルーは~」
「マンドラゴラの彫像みたいなモノと、遭遇」
「――は、はろー?」
「――ワタシは、ゴーレム」
「アンジュミスト陣営のクワントロニクスらしい」
「――細胞活性装置のインパルスを受けるまで、ここで寝て待っていたのです」
「とりあえず~」
「ゴーレムも、1名と数えることにして」
「ローダンは、両名をともない~」
「ヨツンハイム地下壕施設を、捜索」
「――救命艇の、格納庫?」
「――救命艇内の転送機が、受入れ側に設定されてる?」
「つまり」
「施設の緊急脱出用、ということ」
「――この転送機を起動して、転極すれば、施設中心に行ける?」
「もちろん、そうですが」
「それこそ~」
「待ち構える、総督バヴォ・ヴェリヌの目の前で、実体化してしまう、かも」
「で」
「ゴーレムが、提案」
「――12時16分まで、待つのです」
「12時16分は、アンジュミスト総攻撃のX時」
「――混乱に乗じて、突入するのです」

 流体戦艦《調停天使》――

「〈赤い宇宙の帝国〉の少女戦士は、危険な兵器」
「素材は、思春期前・限定」
「身に帯びるのは、クワントロニクス戦闘服」
「透明で四角いヘルメットには、思考物質トランスパテインがたっぷん」
「トランスパテインは、少女と戦闘服を連動させて、超兵器に変える」
「たとえば」
「――手が変形して、刃物に?」
「――腕が変形して、マシンガンに?」
「身体機能は、超高性能」
「さらに」
「トランスパテインを、摂取すると」
「――一時的に、超能力が?」
「でも」
「トランスパテインを常時補給していないと、死んでしまう」
「思春期を迎えると、トランスパテインに喰われて、死んでしまう」
「……」
「少女戦士ファラシューちゃんは~」
「そろそろ、お年頃」
「トランスパテインに喰われる=寿命が、近づいています」
「そんな」
「少女戦士ファラシューちゃんの、心の中で~」
「少女戦士に調整される時に消去された、過去の記憶が、ふっと」
「――死んだ、ママの……顔?」
「記憶遺伝子の情報が、自動解凍して」
「――両親は、アンジュミスト?」
「父は、アンジュミストの指導者でした」
「――お兄ちゃんが、いたような……」
「アンジュミストの作戦で~」
「少年戦士の素材として、〈赤い宇宙の帝国〉へ供出」
「――妹も、いたような……」
「ファラシューちゃん自身が~」
「少女戦士の素材として、〈赤い宇宙の帝国〉へ供出された、とき~」
「――ママは、こんなこと言ったのよ」
「――あたしの方が可愛いから、だから、作戦に送り出す……って」
「心の深いところの仕掛けが、計画どおり作動」
「――あたしは、アンジュミストの道具として~」
「――〈赤い宇宙の帝国〉に、潜入したのよっ」
「……」
「〈赤い宇宙の帝国〉のもとで~」
「ファラシューちゃんは、全記憶を消去されて、少女戦士に」
「少女戦士ファラシューちゃん+流体戦艦《調停天使》の、初陣は~」
「――アンジュミストの宇宙船1隻を、破壊せよ」
「――ばーん」
「撃沈したアンジュミストの宇宙船には、ママが乗っていたのです」
「……」
「かくして」
「少女戦士ファラシューちゃん」
「シンクロする、流体戦艦《調停天使》のクワントロニクスに、命令一下」
「――一般乗員を、全員排除するのよっ」
「――星系シアメドに、急行よっ」

 12時16分、星系シアメド――

「〈心論会〉に接続=潜入していた、サイコゲリラ数百万名が~」
「身体に隠していたプシトロピンを、遊離」
「仕掛けておいた、シナプス解放」
「一斉に、いろんなモノが怖いと、叫びはじめました」
「――尖ったモノが、怖いよー」
「――高いトコロが、怖いよー」
「――地震がー」
「――雷がー」
「――火事がー」
「――オヤジがー」
「――饅頭がー」
「――熱い茶がー」
「――ひー」
「〈心論会〉は、恐慌に陥り~」
「まともな思考は、一片たりと残っていない状況に」
「〈赤い宇宙の帝国〉のクワントロニクスは~」
「どれも、恒常的に〈心論会〉に参加していたので~」
「どれも、すべて麻痺」
「クワントロニクスを搭載した〈赤い宇宙の帝国〉正規艦隊は~」
「一時的ながら、全艦・操艦不能に」
「アンジュミスト艦隊は、星系シアメドに突入すると~」
「――どどーん」
「――ばーん」
「麻痺した正規艦隊を、次々撃破」
「抗戦可能な、敵艦は~」
「流体戦艦、わずか数隻」

 星系シアメド第4惑星ウトガルド、ヨツンハイム地下壕施設――

「〈赤い宇宙の帝国〉の非常警報は~」
「ヨツンハイム地下壕施設にも、到達」
「――救命艇の転送機が、自動起動したぞっ」
「――転送機を転極するんだ、ゴーレムっ」
「――!」
「ローダンと、クデルーと、ゴーレムは~」
「転送機で、ヨツンハイム地下壕施設の中心部へ、突入」

 星系シアメド第58惑星バタヴァト――

「アンジュミスト、トモコ・アマヤ・ヨさん、指揮のもと~」
「10万名と、ロボットが、降下」
「――ジャーッコ・パトロ博士の〈支体房〉を、探すのよっ」
「ところが」
「指揮官トモコ・アマヤ・ヨさん」
「途中から、こっそり単独行動」
「勝手知ったる〈支体房〉に、たどりつく」
「……」
「じつは」
「トモコ・アマヤ・ヨさんは~」
「ジャーッコ・パトロ博士の、秘密諜報機関の一員」
「本体は、この施設の〈支体房〉に置いてある」
「つまり」
「トモコ・アマヤ・ヨさん〈支体〉は~」
「スパイとして、アンジュミストに潜入していたのです」
「が」
「トモコ・アマヤ・ヨさん〈支体〉、最近、思うに」
「――アンジュミストたちも、けっこう良いわよね?」
「――もう、わたし、充分に生きたじゃない?」
「という、ことで」
「トモコ・アマヤ・ヨさん〈支体〉は~」
「――ジャーッコ・パトロ博士(本体)を、殺して」
「――自分(本体)も、殺して」
「――いろいろなコトを、終わらせよう」
「なんて覚悟の、単独行動」
「ところが」
「じつは」
「ジャーッコ・パトロ博士(本体)も~」
「――もう、ワシ、充分に生きたで、なー」
「ていう、感じで」
「すでに、生への執着は、ないのでした」
「――ダモクレス効果、を知ってるか、なー」
「――宇宙終末思想の宗教とか、馬鹿にしとらんと、なー」
「――ちゃんと、考えてみた方が良いかも、なー」
「――けっきょく、なー」
「――科学者一党は、何にも成し遂げてないので、なー」
「――昔のドルーフ侵攻の頃の重積ゾーンの残滓を、維持しただけで、なー」
「――異宇宙との扉なんて、大それたモノ、造っておらん、なー」
「――ダモクレス効果、も解明できんで、なー」
「――で、なー」
「――クワントロニクスの託宣を、ヒントに、なー」
「――科学者一党は、なー」
「――ローダンを、鍵にしたら、なー」
「――通常宇宙と、再接続できるかもと、思いついて、なー」
「――ほれ、ローダンなら、ドルーフ宇宙に来た経験もあるし、なー」
「――探知が簡単な〈深淵の騎士〉のオーラ、も付いておるし、なー」
「――もとの、宇宙に帰ろうとして、なー」
「――けっきょく、なー」
「――科学者一党は、何にも成し遂げてないので、なー」
「――ところで、なー」
「――最後に、一曲、歌ってくれんか、なー」
「なんて、ジャーッコ・パトロ博士(本体)の最期の願いを、拒絶して~」
「トモコ・アマヤ・ヨさん〈支体〉は~」
「ジャーッコ・パトロ博士(本体)を~」
「――ばーん」
「トモコ・アマヤ・ヨさん(本体)も」
「――ばーん」
「本体が、死んだので」
「トモコ・アマヤ・ヨさん〈支体〉も」
「――ばったり」
「……」
「トモコ・アマヤ・ヨさんの戦闘服の、クワントロニクスは~」
「友軍に、簡潔な通信を送る」
「――パトロとトモコ、死亡」

 星系シアメド第4惑星ウトガルド、ヨツンハイム地下壕施設――

「ローダンと、クデルーと、ゴーレムは~」
「施設の奥で、総督バヴォ・ヴェリヌ2名と、ばったり」
「一方は、ちょいと調子がマトモでない〈支体〉――個体名コルキー」
「一方は、マトモな総督バヴォ・ヴェリヌ」
「ローダンは、マトモな総督バヴォ・ヴェリヌと、対峙して~」
「総督バヴォ・ヴェリヌが語る、通常宇宙侵攻の動機を、聞いてみる」
「――通常宇宙に、戻って~」
「――M87銀河の水晶惑星モノルに、おもむいて~」
「――〈中枢部の建造者〉のバイオ物理学的ハイパー再生を、使ってみたい」
「ローダン」
「――(そんなに、長生きしたいのか)」
「と、感じつつ、思わずツッコミをいれたり」
「――水晶惑星モノルは、ホワルゴニウムであろう?」
「――ハイパー物理学的抵抗の影響で~」
「――ハイパー水晶は、みんなダメなのでは?」
「総督バヴォ・ヴェリヌは~」
「――うるさいっ」
「――水晶惑星モノルは、ホワルゴニウムだけで、出来ているのはないっ」
「――ネオ・ホワルゴニウムが、混ぜてあるはずだっ」
「まあ、思いこみ、なのでしょうが」
「もう少し、総督バヴォ・ヴェリヌが語る動機を、聞いてみましょう」
「――17年前――」
「――LGK9098――〈赤い宇宙〉の銀河カタログ番号――銀河に~」
「――クワントロニクス探査船を派遣した際の、映像だ」
「――大規模な宇宙航行文明が、繁栄する~」
「――立派な銀河……だった」
「突然」
「投影された星々が、輪郭をなくして」
「――ふっ」
「消えました」
「総督バヴォ・ヴェリヌ、続けて曰く」
「――こうして、知るかぎり45の銀河が消滅したのだ」
「――それぞれ、わずか半秒なのだ」
「――見せた映像は、これでもスローモーションなのだ」
「――これが、ダモクレス効果……なのだが」
「――アンジュミスト連中は、信じようとせぬっ」
「総督バヴォ・ヴェリヌ、さらに曰く」
「――かつて、〈赤い宇宙〉の時間軸は~」
「――通常宇宙の時間軸と、反対を向いていた」
「――両宇宙の接触で~」
「――〈赤い宇宙〉の時間軸は、上書きされて~」
「――逆向きに、なってしまった」
「――でも」
「――時間は、独立した要素ではなくて~」
「――空間や重力や質量と、不可分に結びついている」
「――永遠には続かない」
「――近い将来、〈赤い宇宙〉の銀河は、すべて消えて~」
「――〈赤い宇宙〉は、ぱちん、と弾けてしまうのだ」
「――残り時間は、計算不能なのだが~」
「――〈赤い宇宙〉には~」
「――超知性体も、いない」
「――コスモクラートも、カオタークも、干渉しない」
「――高次勢力は、干渉する価値を認めていないのだっ」
「総督バヴォ・ヴェリヌ、肩を落として」
「――新天地の、はずが~」
「――〈赤い宇宙〉は、とんだ落とし穴だった、というわけだ」
「総督バヴォ・ヴェリヌ、ローダンを、散歩に誘い~」
「大樹を、見上げ~」
「さらに展望を、語ろうとしますが」
「――!」
「クデルーが、ふたりの対話の世界に割りこんで」
「――ばーん」
「クデルー、激闘」
「コルキーとマトモな総督バヴォ・ヴェリヌ2名を、殺害」
「ローダンは、現実に引き戻されます」
「――もちろん、死んだ総督バヴォ・ヴェリヌは〈支体〉だな」
「――ゴーレム、〈支体房〉はどこだ?」

 星系シアメド第4惑星ウトガルド、ヨツンハイム地下壕施設――

「ローダンと、傷ついたクデルーは~」
「〈支体房〉設備の前に、立ち~」
「液体に漬かった、年老いた総督バヴォ・ヴェリヌ(本体)と、対面」
「ローダン、曰く」
「――もう、引退したら、どうかね?」
「総督バヴォ・ヴェリヌ、応じて曰く」
「――オマエサンに、言われたくないわいっ」
「クデルーは、ハンマーで〈支体房〉設備に、殴りかかろうとします」
「その時~」
「まさかの、総督バヴォ・ヴェリヌの反撃」
「〈支体房〉に漬かった、総督バヴォ・ヴェリヌの手が~」
「――手が変形して、槍に?」
「――クワントロニクス武装?」
「――しゅんっ」
「――クデルーっ」
「総督バヴォ・ヴェリヌのクワントロニクス武装は~」
「クデルーの脳天を、さっくり串刺し」
「それでも~」
「――ごんごんごん」
「ハンマーに叩かれ、〈支体房〉設備にヒビが入る」
「総督バヴォ・ヴェリヌは、液体からむっくり上体をおこし~」
「ローダンの方を、向いて~」
「――しゅんっ」
「常人には躱しようのない速度で、クワントロニクス武装の槍を、繰り出す」
「が」
「――しゅんっ」
「――がし!」
「ローダン、とっさに片手で槍の穂先をつかみ、受け止めたり」
「――クワントロニクス武装?」
「今度は、総督バヴォ・ヴェリヌが、驚く順番」
「ローダンが気がつけば~」
「左頬が黄金色に光って、けっこう熱い」
「――まさか?」
「そこは~」
「以前、少女戦士ファラシューちゃんに、捕獲された時~」
「超平手打ちを喰らった、まさにその場所」
「――あのとき、クワントロニクス武装の一部が、付着したのか?」
「トランスパテインは~」
「少女戦士に数々の奇蹟をなさしめる、超物質」
「思えば~」
「〈心論会〉で、〈赤い宇宙の帝国〉の派遣員タメルに襲撃されたときも~」
「――このクワントロニクス武装が、助けになったのか?」
「……」
「じつは」
「この、超平手打ち」
「少女戦士ファラシューちゃんの、〈赤い宇宙の帝国〉潜入時点から~」
「アンジュミストのクワントロニクスが、予見していた計画だったとか」
「……」
「ともあれ」
「総督バヴォ・ヴェリヌ(本体) VS ローダン」
「クワントロニクス武装 VS クワントロニクス武装」
「総督バヴォ・ヴェリヌの手槍が~」
「――しゅんっ」
「ローダンの左頬が、みょーんと広がって、楯を形成」
「――がしっ」
「ローダンの手は、クデルーのハンマーをつかんで、〈支体房〉設備を」
「――ごんごんごん」
「で」
「――しゅんっ……がしっ」
「――ごんごんごん」
「――しゅんっ……がしっ」
「――ごんごんごんごごごごんっ」
「――ばーん」
「〈支体房〉設備は、砕け散り~」
「総督バヴォ・ヴェリヌ(本体)、死亡」
「……」
「かくして」
「本体が、死んだので」
「総督バヴォ・ヴェリヌ〈支体〉は、すべて」
「――ばったり」
「宇宙間転移門の部品をしていた、バヴォ・ヴェリヌ〈支体〉も」
「――ぱったり」

 星系シアメド、〈赤い宇宙の帝国〉正規艦隊――

「遊弋中の、女将軍ジョハリ・イファマの戦艦《栄光未来》」
「艦上には、女将軍ジョハリ・イファマの〈支体房〉があります」
「そこへ~」
「少女戦士ファラシューちゃんの、流体戦艦《調停天使》が、接近」
「女将軍ジョハリ・イファマは、最期の瞬間まで、知りませんでしたが~」
「これは、いわゆる特攻でした」
「……」
「流体戦艦は~」
「超強力な、飛ぶ武器庫」
「でも、忘れてならないのは~」
「流体戦艦自体が、超強力な爆弾のようなもの」
「……」
「流体戦艦が、変形・膨張」
「――パトロ=ロットっ」
「少女戦士+流体戦艦の、超自爆装置パトロ=ロットの発動で~」
「直径1光秒の、あらゆるものが消滅」
「女将軍ジョハリ・イファマも~」
「戦艦《栄光未来》も〈支体房〉も~」
「――!」

 星系シアメド、第16惑星ドルーフォン――

「〈赤い宇宙の帝国〉国営放送のサキスター・リープヒェン、報じて曰く」
「――〈赤い宇宙の帝国〉の三頭支配者は、全員死亡」
「――〈赤い宇宙の帝国〉の元帥のひとりが、無条件降伏を宣言しました」
「――〈赤い宇宙の帝国〉は、潰えたのです」
「……」
「〈赤い宇宙の帝国〉の首都惑星ドルーフォンでは~」
「恐怖政治の、終焉」
「帝都ライデン・シティ――墜落した残骸のおかげですっかり荒廃――は~」
「ドルーフ船団の、監視下に」
「〈赤い宇宙の帝国〉が滅亡した、いま~」
「アンジュミストたちとドルーフ種族が、新しい国家を建設することでしょう」

 星系シアメド第4惑星ウトガルド――

「作戦完了の一報を、うけて~」
「ドルーフ艦《昼と早晩277号》が、到着」
「ローダンは、頭の中、ぐるぐるです」
「――都市ミュンヘンのイザー博物館で〈窓〉=〈時碇〉が開いて~」
「――〈赤い宇宙〉から、〈反逆者〉との戦いを支援しましょう」
「――エルンスト・エラートにも、会えるかも」
「――とか、誘われて、来てみれば~」
「――〈赤い宇宙の帝国〉の正史が、あーもあろ?」
「――アンジュミストから聞いた歴史が、こーもあろ?」
「――〈心論会〉が、そーもあろ?」
「――総督バヴォ・ヴェリヌの最後の話=ダモクレス効果は、どこまで本当?」
「――アイツ、いったい、何したかったんだよー」
「――うー……もう何も、わからねーっ」
「手にしているのは、金色の砂時計、のようなもの」
「モバイル・クワントロニクス〈エレミア〉、曰く」
「――ソレは、十全に機能する、〈心論会〉の複製です」
「――時がほとんど止まっていますが、一個の宇宙です」
「――お願いします」
「――ソレを、通常宇宙に運んでください」
「ローダンは、頭の中、ぐるぐるですが」
「――つまり」
「――コレは、〈赤い宇宙〉を逃げ出すノアの箱船、ってこと?」
「あるいは」
「パンドラの箱、かもしれませんが」
「……」
「ローダンは~」
「――これで、帰れるぞ」
「と、思ったのですが」
「モバイル・クワントロニクス〈エレミア〉、曰く」
「――そういえば、もうひとつ、約束が残っていました」
「で」
「ローダンは~」
「過去のミュンヘンから呼ばれた男と、対面」
「――えーと……どなたでしょう?」
「――キミに、この金色の砂時計を、授けよう」
「……」
「こうして」
「エルンスト・エラートという、男は~」
「西暦1971年6月7日~」
「ミュンヘン市街のイングリッシュガーデンで~」
「奇妙な体験を、したわけで」
「それ以来~」
「じつは、時間旅行の理論が、わかってしまって」
「未来の出来事を、見ることができるように」
「と」
「このへんは、皆さん、すでにご承知のはずの話です」
「……」
「かくして」
「ローダンは、最後の大任を全うし~」
「ジャーッコ・パトロ博士の研究施設の、小型宇宙間転移門経由~」
「ローダンは、通常宇宙へ」
「新銀河暦1344年の通常宇宙、都市ミュンヘンのイザー博物館に、到着」
「〈赤い宇宙〉では~」
「あんなにいろいろ、あったのに~」
「戻ってみれば、一瞬の出来事だったという」

 西暦1971年、惑星テラ、スイス――

「ひとりの男が~」
「列車に、揺られて~」
「スイスのチューリッヒ、ホッピンガー・キー銀行へ」
「金色の砂時計を~」
「7通の指示書――5年ごとに、開封するように――と一緒に、預けます」
「――地下5km以下の地底に、収納庫を建設すること」
「――コレだけを収納して、他のモノは入れないこと」
「――作業が終わったら、関係書類を破棄すること」
「――終わったら、ボクの口座は解約……残金はアナタに差し上げます」
「――地下収納庫の建設期限は、2437年です」
「――えーと」
「――大丈夫、アナタたちが、やり遂げてくれるのは、ちゃんと見ています」
「――時間を超えて、感謝です」
「――by、エルンスト・エラート(作家)」
「で」
「時は、流れ~」
「ペリー・ローダンが第三勢力を、建国して~」
「財務相ホーマー・G・アダムズのGCCは、この銀行を買収・経営統合」
「ビューフィンガー・スピールモント・ホイッスラー社の一部に」
「で」
「時は、流れ~」
「エルンスト・エラートは、大怪我たり、失踪して」
「で」
「時は、流れ~」
「西暦2437年――」
「ドランの攻撃で、太陽系帝国は国土荒廃」
「チューリッヒも、焼け野原」
「銀行の過去の業務を知るものは、もう誰も生きてはいません」
「で」
「時は、流れ~」
「新銀河暦1344年――」
「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンは~」
「〈赤い宇宙〉で、夢とも思える体験をして、帰ってきて」
「真っ先に、駆けつけたのが」
「財務政庁大臣ホーマー・G・アダムズのところ」
「――コペルニクスの科学者の妙な依頼を、断ったか?」
「――はい……少し前に」
「少なくとも、すべてが夢ではないようです」
「で」
「金色の砂時計は、まだチューリッヒの地下に、あるのでしょうか」
「もし」
「あの時、ローダンが聞いた話が、真実として~」
「未来が純粋精神の世界になる、のだとしたら~」
「ここには、純粋精神の世界の先駆である〈未来の砦〉が~」
「その遠い未来を、待っているのでした」

□ Perry Rhodan-Action
[ http://www.perry-action.de/ ]

29 . Verena Themsen / Das Wanderer-Backup / ワンダラー・バックアップ
30 . Hans Kneifel / Das dunkle Korps / 闇ミュータント部隊
31 . (作者未詳) / Das Erbe des Divestors / 能力剥奪者の遺産
32 . (作者未詳) / Eismond Iridul / 氷衛星イリドゥル
33 . (作者未詳) / Zwischen 42 Welten / 42惑星の間
34 . (作者未詳) / Kind des Asteroiden / 小惑星の子
35 . (作者未詳) / Zielpunkt Physiotron / 標的ヒュジオトロン
36 . (作者未詳) / Sonnendämmerung / 星々のたそがれ

 活劇主体の企画物ヘフト・シリーズ。
 第3部 Wega-Zyklus / ヴェガ篇 の第5話。

□ Perry Rhodan-Action 29話「ワンダラー・バックアップ」
[ http://www.perry-action.de/cgi-bin/heft_zyklus_3.pl/5.html ]

 西暦2169年7月――

「サクオラ――フェロン人の超能力テロリスト」
「連合帝国の首都テラニアの一角は、灰燼と帰し~」
「――サクオラめっ」
「ミュータント部隊から、とか~」
「金星のクレスト・ミュータント学校から、とか~」
「超能力者を、勧誘したり、誘拐したり」
「――サクオラめっ」
「連合帝国大執政官ペリー・ローダンは~」
「金星の、古代アルコン要塞に、追いつめたつもりが~」
「捕えられ、スペースジェットで、星系ヴェガへ」
「……」
「途上」
「ローダンは、意識をなくしたまま」
「でしたが」
「――はっ」
「――ここは……手術台の上?」
「――うわ……胸郭を開かれて、手術されてるよー」
「という、悪夢なんだか、現実なんだか」
「おぼろげに、記憶に刻まれたり」

 西暦2169年7月6日――

「調度の整った宿舎、のようなトコロで~」
「――はっ」
「ローダン、覚醒」
「――オ目覚メデスカ?」
「世話してくれるロボットの名前は~」
「――SMSR=08R15SN8937、デス」
「――面倒だから、サムと呼ぼう」
「どうやら~」
「4日間、意識を失っていたようです」
「――むー」
「奇妙な記憶が、2つ」
「――胸郭を開かれて、心臓手術されてた?」
「――超存在〈それ〉の〈永遠の生命の星〉ワンダラーを、再訪してた?」
「夢か現実か、よくわからない」
「とりあえず」
「世話ロボット・サムに、あれこれ聞いてみましょう」
「――同行なしに、部屋から離れてはなりません?」
「――そもそも、この戸は外からしか、開かない?」
「――ここは……?」
「――宇宙ステーション《ワンダラー・バックアップ》?」
「もっと、聞いてみましょう」
「――《ワンダラー・バックアップ》には?」
「――転送機とハイパー通信機は、あるのだな?」
「――居住施設から、点検シャフトが伸びている?」
「――でも、防御バリアで、塞いである?」
「なんて、やっていると」
「フェロン人超能力者、サクオラの立体映像が、出現」
「――金星の古代アルコン要塞の一件は、貴官を捕える罠だったのだ」
「――わはは」
「さらに」
「――あれこれ考えても、逃げられはせぬっ」
「――《ワンダラー・バックアップ》を、ぐるりと見せてやろう」
「……」
「あらわれた、案内役は~」
「フェロン人超能力者、サクオラ」
「テレパス、エヴァ・マチェクさん――当地では、サクオラの右腕」
「アムリトラジ・ムトゥ」
「ヒュプノ、アーネスト・キンデマー」
「テレポーター、タコ・カクタ」
「で」
「まず」
「ローダンとして、聞いてみたいのが」
「――タコ……どうして、敵方に寝返ったのだ?」
「サクオラ、代りに回答して曰く」
「――3K職場なのに、給料が安かったのでは?」
「信じられない、と思う、ローダンですが~」
「テレポーター、タコ・カクタ、黙して語らず」
「次に」
「ローダンとして、聞いてみたいのが」
「――サクオラ……わたしに、何か手術とか……?」
「サクオラ、素直に、したぞ、と肯定」
「――ここへ来る時、ステーション底部の機器に、トラブルがあったのだ」
「――貴官は死にかけて、手術で一命をとりとめたのだ」
「信じていいものか、と思う、ローダンです」
「そうして」
「一行は、宇宙ステーション《ワンダラー・バックアップ》を、ぐるぐる」
「転送機を、抜けると~」
「――ロボット猛獣が闊歩する、森?」
「――人工的に複製された、密林、瀑布、海洋?」
「――まさか……遠くに見えるのは?」
「どうやら、ここは~」
「超存在〈それ〉の、人工惑星ワンダラーを、真剣に模して建造されたらしい」
「遠く見える、人工物の集積は~」
「人工惑星ワンダラーの機械都市の、正確なミニチュアらしい」
「そうして」
「一行は、本日のツアーの目的地=ヒュジオトロンの塔へ、到着」
「ローダン、驚愕」
「――ヒュジオトロン?」
「相対的不死をもたらす超技術装置が、本当にあるのでした」

 《ワンダラー・バックアップ》、ヒュジオトロンの塔――

「このヒュジオトロンは~」
「どうやら、本物を真似て組み立てた、実験機のようです」
「首席科学者ウリヴァウェ・ムネロサルクは~」
「ローダンの組織標本を、採取して、分析して」
「――ふむふむ」
「サクオラは~」
「ローダンの細胞活性装置を、取り上げて、分析に回して」
「――ふむふむ」
「サクオラも~」
「ローダンの長男トマス・カーディフの悲劇的伝説は、知っています」
「――貴官の細胞活性装置を奪って身につけると死ぬ……のだったか?」
「自分で身につけようとは、さすがにしない」
「――だが、こうすれば、どうだっ」
「ローダンの細胞活性装置を~」
「このヒュジオトロンに、一時的に組み込んで~」
「――被験体を、連れてくるのだっ」
「連行されたのは~」
「アンデルセン曹長――金星で捕虜になった、連合帝国艦隊の陸戦隊隊員」
「ローダンは~」
「――(やめさせなくてはっ)」
「誰もが、実験に注目する中~」
「テレポーター、ケンドリッヒ・ハイザルの不意を、突き~」
「銃を奪って、サクオラを」
「――ばーん」
「でも」
「テレポーター、タコ・カクタが、身を楯にして、サクオラを守る」
「テレキネシス能力者、ナーロンが介入して~」
「ローダンを、瞬時に武装解除」
「――やめるんだっ」
「が」
「アンデルセン曹長は、偽ヒュジオトロンに、入り~」
「――ぎゃー」
「オソロシイことになったところを、サクオラが射殺」
「実験は、失敗です」

 《ワンダラー・バックアップ》、居住区画――

「ローダンは、丁重に部屋まで連れ戻されます」
「テレポーター、タコ・カクタが、細胞活性装置を返しに来たので~」
「ローダンとして、もう1度、聞いてみたいのが」
「――タコ……どうして、敵方に寝返ったのだ?」
「――3K職場なのに、近隣住民に嫌われるからです」
「信じられない、と反駁する、ローダンですが~」
「テレポーター、タコ・カクタ、テレポートして姿を消す」
「……」
「翌朝――」
「サクオラが、ローダンを来訪」
「秘密を明かして、自分の優位性を誇示」
「――超能力者の超能力を、〈剥奪〉できるのだ」
「――〈剥奪〉した超能力を、部分的に超能力者に返すこともできる」
「――その時、オマケとして吾輩の意志を、押しつけることもできる」
「――これが、タコが寝返った真相だ」
「――わはは」
「さらに、優位性を誇示」
「――一度に〈剥奪〉できる超能力は、ひとつではない」
「――一度に、3つだ」
「――わはは」
「さらに、こんな主張も」
「――フェロン人は、超存在〈それ〉の正当な後継者である」
「――なのに、テラナーに横取りされたのだ」
「――本当は、5次元的思考だって可能だぞ……吾輩のように」
「――わはは」

 2日後――

「あらわれた、救いの天使は~」
「テレパス、エヴァ・マチェクさん――サクオラの右腕……のはず」
「――つまり?」
「――ミュータント部隊の古株、アンドレ・ノワールが?」
「――ヒュプノ・ブロックを、かけておいた?」
「ローダンと会ったら作動する仕掛け、とかいう」
「かくして」
「逃走開始」
「――使っていない転送機が何台か、あるのですっ」
「――さあっ」
「で」
「《ワンダラー・バックアップ》縦断耐久レース」
「途上」
「追撃する、サクオラ配下の超能力者たち」
「襲いかかる、ジャングルのロボット猛獣」
「飛来する、ピグミー族の毒矢」
「で」
「転送機ホールに、到達」
「――その1台を、起動させてくださいっ」
「――さあっ」
「テレパス、エヴァ・マチェクさんは、追手を迎撃」
「ローダンは、転送機を起動」
「で」
「――逃げるぞっ」
「ローダンは、エヴァ・マチェクさんに、手をさしのべますが~」
「転送機の送出フィールドに捕えられ、自分だけ」
「――ひゅん」

 《ワンダラー・バックアップ》、転送機ホール――

「テレパス、エヴァ・マチェクさんは~」
「息もたえだえで、床に横たわっています」
「と」
「サクオラ、到着」
「テレパス、エヴァ・マチェクさんを助け起こして、曰く」
「――ご苦労であった」
「――かくして、ローダンは敵陣からの脱出に成功、ということだな」
「――せっかく播いた種だし、大きく育つと良いよなあ」
「――わはは」

□ Perry Rhodan-Heft

2489 . Michael Marcus Thurner / Schach dem Chaos / 混沌に王手
2490 . Wim Vandemaan / Die dunklen Gärten / 日陰の庭
2491 . Christian Montillon / Der dritte Messenger / 3番目のメッセンジャー
2492 . Uwe Anton / KOLTOROC / コルトロク
2493 . Leo Lukas / Der WELTWEISE / 世界賢
   (途中不詳)
2500 . Robert Feldhoff / Die fernen Stätten / 彼方の地

□ Perry Rhodan-Heft 2489話「混沌に王手」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2489.html ]

 新銀河暦1347年、ハンガイ銀河――

「ここでは、目下~」
「〈混沌の勢力〉が、〈負の球体〉を建設中」
「ハンガイ銀河は、〈塁壁〉に囲まれ~」
「周囲も内部も、終末戦隊〈反逆者〉が、うようよ」
「ハンガイ銀河の中心部は、〈核壁〉に囲まれ~」
「〈負の球体〉の中核施設〈グローイン反逆者〉の建造が、急ピッチ」
「対する~」
「周辺住民は、〈負の球体〉建設反対運動」
「ペリー・ローダン指揮下、突撃艦隊アルケティムと~」
「意識集合体〈ニュークリアス〉と~」
「〈法〉付与機《ケオス・タイ》は~」
「〈核壁〉内へ」
「ローダンの息子カンティランが指揮する~」
「〈平和ドライバー〉のオレオン・カプセル〈緑団〉2500隻も~」
「〈核壁〉内へ」
「途中、合流した~」
「カルタン人、ダオ=リン=ヘイさんが、実質指揮官の~」
「ハンガイ銀河遠征隊+《ソルセル=1》+《ソルセル=2》も~」
「〈核壁〉内へ」

 ハンガイ銀河、〈核壁〉内、待ち合わせ宙域アルファ――

「ローダンの指示、のもと~」
「ダオ=リン=ヘイさん、指揮下~」
「《ソルセル=1》+《ソルセル=2》は~」
「――〈グローイン反逆者〉を、探索よ」
「――先行突入している《ソル》中央艦体も、捜索よ」
「ところで」
「〈平和ドライバー〉のオレオン・カプセル〈緑団〉2500隻は~」
「――充満する〈振動プシ〉のおかげで、操船が巧くいかないよなー」
「――3番目のコスモ・メッセンジャーが、〈核壁〉を抜けてくれたらなー」
「――物理法則が、少しまともになってー」
「――探知装置とか、もう少し機能するだろうけれど」
「とか、活動不能」
「そこで」
「〈平和ドライバー〉指導者カンティラン、頼んで曰く」
「――〈平和ドライバー〉エジュ・メリアさんを~」
「――《ソルセル=1》に、客人として乗艦させてください」

 ハンガイ銀河、〈核壁〉――

「3番目のコスモ・メッセンジャーは~」
「――ごんごんごごん」
「相変わらず、〈核壁〉を抜けられない」
「でも」
「〈核壁〉を一時的に通行可能としていた、ハイパー振動は~」
「そろそろ、終息の気配」
「……」
「地元カルタン人、ログ=アエル=ミンさんの指揮、のもと~」
「地元の抵抗運動組織〈ノクアー=カンサハリーヤ〉の艦隊」
「通称、ウルトラ艦隊1万6000隻が~」
「〈核壁〉突破を、敢行しようという」
「ところで」
「カルタン人は~」
「充満する〈振動プシ〉の影響で、各種超能力、発現中」
「中でも~」
「〈振動チーム〉とされる、超能力カルタン人は~」
「――〈振動プシ〉があっても、方向がわかるのよねー」
「ウルトラ艦隊の、操艦の要です」
「で」
「ウルトラ艦隊は、〈核壁〉を突破……したのですが」
「――1800隻、足りない?」
「しかも、直後に」
「――〈反逆タンク〉3部隊が、接近?」
「――ようし、新型NKH砲を試す、絶好の機会だわっ」
「――戦闘開始よっ」
「――どどーん」
「でも」
「新兵器の効果は、それほどでも」
「逆に」
「――〈反逆タンク〉3部隊の、一斉砲撃?」
「――ひー」
「――て……撤退よっ」
「ウルトラ艦隊は、〈核壁〉を逆走しようと……したのですが」
「〈核壁〉のハイパー振動、沈静化傾向、著しく」
「――通行不能?」
「退路を断たれ、前方には迫る敵」
「――〈反逆タンク〉3部隊の、集中砲火?」
「――ひー」
「ウルトラ艦隊は、やられる一方」
「そこへ」
「《ソルセル=1》、到着」
「――どどどどーん」
「ウルトラ艦隊と共同戦線を張り、〈反逆タンク〉3部隊を撃退」
「で」
「《ソルセル=1》に同乗していた、カルタン人ダオ=リン=ヘイさんは~」
「ウルトラ艦隊指揮官、ログ=アエル=ミンさんに、曰く」
「――ウルトラ艦隊の残存艦1万800隻を~」
「――ローダンの指揮下に、お入れなさいっ」
「ウルトラ艦隊指揮官、ログ=アエル=ミンさん、しぶしぶ肯いたり」
「……」
「ところで」
「ウルトラ艦隊に必須の〈振動チーム〉ですが」
「――1万名以上、いて?」
「――ウルトラ艦隊の艦ごとに、2名も3名も、いる?」
「ならば」
「ダオ=リン=ヘイさんは、考える」
「――〈振動チーム〉の余剰人員を?」
「――オレオン・カプセルに派遣する、というのは、どうかしら?」

 《ソルセル=1》艦内――

「客人〈平和ドライバー〉エジュ・メリアさんは、見た」
「――あれは……〈弦特使〉が1体?」
「――極秘裏に、ウルトラ艦隊を監視しようと?」
「〈平和ドライバー〉エジュ・メリアさん、早速~」
「ダオ=リン=ヘイさんに、報告しようとします」
「――あのー」
「――忙しいので、後にしてくださる?」
「――う」
「いきなり拒絶された、〈平和ドライバー〉エジュ・メリアさん」
「考えるに」
「――ウルトラ艦隊指揮官、ログ=アエル=ミンさんも?」
「――ダオ=リン=ヘイさんも?」
「――まさか、お二人とも〈弦特使〉の影響下に?」
「そこで」
「〈平和ドライバー〉エジュ・メリアさんは~」
「ダオ=リン=ヘイさんが、ローダンに帰還予定を報告する~」
「その、ハイパー無線に、割りこんだ」
「――あのー」
「――通話中なので、後にしてくださる?」
「――う」
「やはり拒絶された、〈平和ドライバー〉エジュ・メリアさん」
「でも」
「……」
「ハイパー無線の向う側では~」
「ローダンとカンティランが、異変を察知」
「――〈平和ドライバー〉エジュ・メリアさんて、間の悪いコなの?」
「――ウチでは一番、節度とタシナミに秀でたコなんですけどねー」
「――《ソルセル=1》艦内で、何かあったとか?」
「――何が、あったんでしょう?」
「――(いろいろと、コワい想像)」
「――最悪の場合を、想定するのだっ」
「かくして」
「待ち合わせ宙域アルファでは、警戒警報が発令されたという」

 待ち合わせ宙域アルファ、〈法〉付与機《ケオス・タイ》――

「意識集合体ニュークリアスは~」
「代表者ファウン・スズケさんを、派遣」
「ローダンに、曰く」
「――意識集合体ニュークリアスは~」
「――これより、〈法〉付与機《ケオス・タイ》の奥に身を潜め~」
「――気配を殺して、敵の超知性体コルトロクを、待ちます」
「――意識集合体ニュークリアスの残エネルギーは、もうギリギリです」
「――だから、奇襲一撃に、すべてを賭けるのです」
「――好機と見たら、合図をください」
「と、ローダンに、カプセル型通信機を託して」
「さらに、曰く」
「――敵の超知性体コルトロクは、〈弦特使〉経由で~」
「――〈法〉付与機《ケオス・タイ》の、コトも」
「――泉快速艇《ルーマイトロン》の、コトも」
「――異宇宙の〈力強き者〉と〈播生素〉の、コトも」
「――こちらの手の内は、すべてお見通し」
「――警戒する理由も、ないでしょう」
「――だから……かならず来るはずです」

 11月7日、待ち合わせ宙域アルファ――

「《ソルセル=1》+ウルトラ艦隊が、到着」
「と」
「突然」
「〈法〉付与機《ケオス・タイ》、格納庫に~」
「おぼろ黒いモノが、出現」
「敵の超知性体コルトロク、です」
「同時に」
「無数の巨大昆虫〈弦特使〉が、出現」
「泉快速艇《ルーマイトロン》と、積載した〈播生素〉に、群がります」
「待ち合わせ宙域アルファは~」
「影に、覆われ~」
「乗員たちは、行動の自由が一切効かない」
「ローダンも、カプセル型通信機のボタン一押しが、できません」
「とはいえ」
「そこは、ローダン」
「――あ」
「蹴つまずいた、はずみで」
「――ぽち」
「かくして」
「突然」
「それまで気配もなかった、意識集合体ニュークリアス、出現」
「――!」
「――ばばばっ」
「プシオン的な稲妻的なモノを~」
「敵の超知性体コルトロクに、直接、撃ちこむ」
「――ぎぇぇぇぇぇっ」
「乗員たちの、心に忘れられない絶叫を残して~」
「敵の超知性体コルトロクは~」
「傷ついて、弱って、逃走したのでした」
「……」
「意識集合体ニュークリアスは~」
「ローダンに、曰く」
「――今回の成功は、奇襲効果の賜物です」
「――敵の超知性体コルトロクが回復するまでの時間を~」
「――無駄にしないでください」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 アンジュミストは、クラース・アニューム氏の信奉者=アニューミスト。
 語源と訳語は、難しいですね。


d-information ◆ 561 [不定期刊] 2009/05/04
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]