rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

533 [2008/10/20]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Das Rote Imperium
[ http://perry-rhodan.net/aktuell/news/2008091701.html ]

1 . Michael Marcus Thurner / Die fossile Stadt / 化石都市
2 . Christian Montillon / Requiem für Druufon / ドルーフォンに鎮魂歌
3 . Wim Vandemaan / Die Zukunftsbastion / 未来砦

 Heyne 社刊行、書き下ろしポケットブック・シリーズ「赤い宇宙の帝国」。
 11月から、隔月刊行開始。

「時代は、新銀河暦1344年――〈時称作戦〉以前のローダン登場」
「自由テラナー連盟の主星系ソルは~」
「〈混沌の勢力〉の終末戦隊〈反逆者〉に、包囲され~」
「希望が、ほとんど見えません」
「――惑星コペルニクスの科学者たちを?」
「――相対時間の早い宇宙に、移住させて?」
「――対抗策とか超ハイテクを、開発させる?」
「かくして、人類の異宇宙植民」
「ドルーフの故郷星系第22番惑星に、住むことに」
「でも」
「人類を、ずーっと、ほうっておいて~」
「結果が良い方に転ぶなんて、ごく稀なこと」
「植民者は~」
「ドルーフの故郷星系で、迫害されて、逃げ出して~」
「3つの惑星に隠れて、雌伏すること200年」
「周囲の種族を、制圧」
「ドルーフも、制圧」
「自称、〈赤い宇宙の帝国〉」
「現在の首都は、惑星ドルーフォンの、ライデン・シティ」
「で」
「ローダンと、再度の接触」
「――もちろん、〈混沌の勢力〉との戦いを支援しますとも」
「――ただし、報酬はいただきます」
「とか、うそぶく〈赤い宇宙の帝国〉の総督ですが」
「どうやら~」
「――(通常宇宙も、まさかの制圧?)」
「マズイ、と感じたローダンは~」
「〈赤い宇宙の帝国〉の反乱組織と手をにぎり、逃げる」
「なんて、話に~」
「旧暦1971年のエルンスト・エラートの話が、リンクしたり」
「〈赤い宇宙〉の方が相対時間が早い、というあたりとか」
「いろいろ、設定が難しい、ようで」

□ Perry Rhodan-Extra 7
[ http://perry-rhodan.net/aktuell/news/2008092902.html ]

 10月17日刊行の、〈特別編集版〉ヘフト7冊目。
 こんな話が、収録されています。

 Hubert Haensel / Die Stardust-Maschine / スターダスト=マシン

□ Perry Rhodan-Extra 7 「スターダスト=マシン」

 新銀河暦1346年――

「自由テラナー連盟の主星系ソルは~」
「〈混沌の勢力〉の終末戦隊〈反逆者〉に、包囲されています」
「超知性体〈それ〉が、使者ロト・ケレーテを、派遣」
「提案、したのが~」
「〈遠隔転送転轍機〉の向こうの避難所=遠いどこかの星系スターダストへ~」
「逃げたい者は、逃げても良い、という方策」
「――〈遠隔転送転轍機〉の設置期間は、かぎられています」
「――つまり、11月13日になったら、閉鎖です」
「――設置は、1回かぎり」
「――用途は、惑星テラと自由テラナー連盟の植民惑星の、人々の避難限定です」
「かくして~」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJr率いる、民間植民団」
「暫定執政官シグルト・エックナトム率いる、政府植民団」
「数千万人規模の、星系スターダスト植民地、誕生」
「環境良好、ではあるのですが~」
「ハイパー水晶不足は、少々深刻」

 もと富豪ティムバー・F・ホイッスラーJr――

「――恒星スターダスト近くに、ハイパー水晶を貯めこんでいる生物?」
「――ホワネットくん?」
「――習性がアレなら、ハイパー水晶、採り放題なのでは?」
「かくして」
「課題があると、燃える男」
「技術者=富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「ハイパー水晶を、大量採取」
「ハイパー水晶を商う、ホイッスラー=スターダスト社、創業」

 惑星アヴェダ、スターダスト・シティ――

「暫定執政官シグルト・エックナトムは~」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrと、物資の分配について、会談」
「――ハイパー水晶なら、民間移民団も政府移民団も、自由に使うがよいっ」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrは、とっても気前が良い」
「で」
「11月13日――星系ソルと連絡途絶の日――が、過ぎ~」
「クリスマス・イブ」
「演説会で~」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrと、また、対面」
「――諸君、ハイパー水晶なら、格安でけっこうっ」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrの人気、ウナギのぼり」
「で」
「暫定執政官シグルト・エックナトムは、思うわけです」
「――(初代大統領選挙、アイツは強敵だ)」
「――(オレは政治のプロだ。オレの方が、適任なのに……)」
「が」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJr」
「――ワシは、たんなる技術者じゃ」
「――政治には、別に適任者がおるっ」
「大統領選に立候補、する気はないとのこと」
「で」
「暫定執政官シグルト・エックナトムは、思うわけです」
「――(良いヤツだ、アイツは朋友だ)」
「で」
「いろいろ、話をするうちに~」
「暫定執政官シグルト・エックナトム、曰く」
「――そういえば」
「――星系スターダスト初期調査時の報告、なのですが」
「――惑星カタラクトに、未知のヒューマノイドがいたとかいう……」
「――どうしました?」
「かくして」
「課題があると、燃える男」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJr」
「瞳を、きらーんと輝かせて」
「――ロマンだ」

 数週間後――

「暫定執政官シグルト・エックナトム」
「おしどり探偵アストリン&マロウシェを雇うと、曰く」
「――じつは、正月明けから~」
「――富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrが、行方不明なのだ」
「――捜索を、依頼したい」
「……」
「おしどり探偵アストリン&マロウシェは~」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrの足取りを、追跡」
「惑星カタラクトへ」
「異ヒューマノイドの記録がされた、ほど近くへ」
「すると」
「――宇宙船の5次元性機器が?」
「――全部ダメ?」
「5次元エネルギー吸収場が、あるようです」
「――あ」
「――立派なグライダーが、墜落してる」

 少し前、新銀河暦1347年1月7日――

「グライダーが、墜落したので~」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「徒歩で、異ヒューマノイドと会えそうな地点へ」
「――小川を、渡ると~」
「――ほら、足跡が」
「――数週間、サバイバル教室に通った成果が、あったわい」
「――ほら、異ヒューマノイド、発見」
「――あ」
「捕獲され~」
「異ヒューマノイド――種族名ロキンガー――が住む~」
「チューイン星山村に、連行されます」
「……」
「何週間か、経過しました」
「――どうして、ワシを帰らせてくれんのじゃ?」
「――何を、怖がっておるのじゃ?」
「――キミらの歴史くらい、なぜ、教えてくれんのじゃ?」
「村には、宇宙航行できないとないような資材が、あるし」
「洞窟では、ハイテク機械が、うなっているし」
「――あの機械が、5次元エネルギー吸収場の発生装置かの?」
「……」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「次第に、ロキンガー種族の生活に、溶けこんだり」
「――狩りに行くなら、一緒に行くぞ」
「――ほら、テラナー2名、発見」
「――あ」
「2名――おしどり探偵アストリン&マロウシェ――を捕獲し~」
「チューイン星山村に、連行すると」
「村長、曰く」
「――こうまで、人数が、増えてしまっては~」
「――もう、秘密にしては、おけないですね」
「語ります」

 ロキンガー種族の物語――

「ロキンガー種族の銀河には~」
「〈負の球体〉が、ひとつ」
「――なんとか、しなくては」
「――でも、どうすれば」
「――そういえば~」
「――太古に、とある超知性体が~」
「――〈負の球体〉建設を、阻止したとか」
「――それだっ」
「時間を遡行すること、200万年」
「が」
「惑星カタラクトに、座礁」
「――しかも?」
「――数千年、余計に遡りすぎた?」
「――これだと、例の超知性体と、行き違いだっ」
「かくして」
「時間航行者=時間遭難者の子孫は~」
「――時間パラドックスを、起こしてはいけない」
「――未来のハイテクは、出自を隠蔽・停止・解体するのだ」
「とはいえ」
「村長としては、村民の生活も大事」
「――機械は、このとおり残して、稼働させているのです」

 富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrと探偵2名――

「テラナーが3人寄れば、悪い知恵」
「――機械なら、技術屋にまかせるのじゃ」
「――では、われわれは、脱走計画を」
「まんまと、脱出」

 そして――

「シグルト・エックナトム率いる、派遣団が~」
「惑星カタラクト、チューイン星山村に、やってきました」
「――商売くらい、いいでしょう?」
「――商売くらいなら、仕方ないですね」
「交流開始」
「で」
「かくして」
「課題があると、燃える男」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrは~」
「村長の息子を、スターダスト・シティに、連れ帰ったり」
「あれこれ、面倒をみるのでした」

□ Perry Rhodan-Action
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/praction/index.html ]

15 . Achim Mehnert / Trabant der Opulu / オプル衛星
16 . Marc A. Herren / Tarkalons Abgrund / タルカロンの奈落
17 . Hans Kneifel / Das Auge des Kosmos / 宇宙の眼
18 . Timothy Stahl / Tod über Ekhas / エクハスを覆う死
19 . (作者不詳) / Die gläsernen Kinder / ガラスの子供たち
20 . (作者不詳) / Splitter des Feindes / 敵のかけら
21 . (作者不詳) / Die Puppe Tanisha / 人形タニシャ
22 . (作者不詳) / Feinde des Lebens / 生命の敵たち
23 . (作者不詳) / Jagdziel Rhodan / 獲物はローダン
24 . (作者不詳) / Kristallschmerz / 水晶の痛み

 隔週刊の企画物ヘフト・シリーズ。
 13話開始の、第2部 Kristallmond-Zyklus / 水晶月サイクル の3冊目。

 □ Perry Rhodan-Action 15話「オプル衛星」
[ http://perry-action.de/cgi-bin/heft.pl/15.html ]

 西暦2167年6月、銀河系、惑星タルカロン周辺――

「アルコン植民惑星タルカロン――住民はタルカ人」
「なにやら操られた、ポスビのフラグメント船11隻が、襲来」
「なにやら怪しい、月のようなものも、うろうろ」
「なにやら壮絶なことに、なっているのでした」

 月のようなもの、地表――

「連合帝国大執政官ペリー・ローダン」
「巻きこまれ型、主人公」
「タルカ人、タニシャ・カビルちゃん――10歳」
「掻きまわし型、ゲストヒロイン」
「タニシャ・カビルちゃんは、超能力者ですが~」
「そのテレポート能力は、目標限定」
「一度でも触ったヒトを標識にして、跳躍できるだけ」
「――知らないヒトのところには、行けないんだからね」
「……」
「そんな両名が、喧嘩やなにやら、しながら~」
「破損したポスビ搭載艇で、月のようなものの地表に墜落」
「射出座席みたいな仕掛けのおかげで、とりあえず、両名共に無事ですが~」
「ポスビ搭載艇は、爆発ばーん」
「地表には、致死性放射線が縦横無尽」
「ペリー・ローダン――細胞活性装置所持者――は、まだ良いのですが~」
「タニシャちゃんには、ちとツラい」
「宇宙服で、地表を飛んでいると~」
「――縦穴発見」
「――のぞいてみよう」
「縦穴を、下ってみると~」
「水晶が蓋していて、先に行けない」
「で」
「この発見を、偶然と思ったのですが~」
「よく見れば、周囲に縦穴がいっぱい」
「直径は50cmから8m」
「と」
「ローダン、異変に気づきます」
「――?」
「――なんだか今、重力が変わった?」
「――この天体が、軌道変更した?」
「同時に」
「タニシャちゃんは、別の異変に気づきます」
「――!」
「――ポスビ・プラズマに感じたのと同じ、説明できない感じなんだから」
「――オプルって、何?」
「――ヒトの名前? それとも、種族の名前?」
「と」
「――ぐらぐらっ」
「――どどーん」
「足元で、いきなり爆発」
「地表が、あちこち、ぱっくり割れて」
「――おわっ」
「――きゃあぁぁぁ……」
「タニシャちゃんは、爆風に飛ばされ、ローダンと別の割れ目へ」
「土埃の向こうで、怪しい影が近づいてきたりして」
「――なによ?」
「――寄らないでよっ」
「――きゃあ」
「ローダンのところへ、テレポート」
「で」
「ローダンはローダンで~」
「土埃の向こうに、明るい色の振動水晶を発見」
「驚愕して、いたり」
「――なんで?」
「――どうして、デメトリア星団の例の水晶が?」
「……」
「かくして」
「――オプルなんて悪いヒト、知り合いなんかになりたくないんだから」
「――まさか、デメトリア星団の〈エネルギーの君主〉たちが?」
「両名、呆然としながら、宇宙服にて飛行継続」

 近隣宙域――

「宇宙アカデミー研修船団24隻は~」
「――アルコン植民惑星タルカロンで、事件発生?」
「――あそこには、現在、チーフがいるのよっ」
「惑星タルカロン救援に、馳せ参じる」
「もちろん」
「――どどーん」
「研修生だらけの研修船が~」
「不穏なポスビのフラグメント船に、敵うはずなし」
「研修船《ヴァルゲン》は、撃沈」
「添乗していた、名高い超能力者ベティ・タウフリーさんは~」
「士官候補生ギブソン・ハイネスと~」
「救命艇で、なすすべもなく~」
「駆けつけた太陽系艦隊と、フラグメント船団との戦闘を~」
「遠く、ながめるばかり」
「……」
「太陽系艦隊の少数部隊は、惑星タルカロンをなんとか防衛」
「なぜ、少数、かというと~」
「じつは、同じころ~」
「かつてのアルコン帝国の副帝都=星系ヴォガの惑星ツァリトから、緊急呼集」
「太陽系艦隊の主力は、全軍そちらに集結中」
「――巨大にふくれたケシの実みたいな、金色の未知宇宙船が1隻?」
「そいつに苦戦、しているのでした」

 月のようなもの、地表――

「ローダンは~」
「――この月のようなものを〈オプル衛星〉と名付けよう」
「タニシャちゃんは~」
「――(また、勝手に決めてさ)……ふん、認めてあげても良いわよ」
「なんて、やりあいながら」
「……」
「ローダンは~」
「――この縦穴にも、例の水晶?」
「――この縦穴にも、例の水晶?」
「タニシャちゃんは~」
「致死性放射線の影響も、あるし」
「――オプルなんて悪いヒトの気配、感じたくないんだから……うっ」
「調子、悪そうです」

 近隣宙域――

「名高い超能力者ベティ・タウフリーさんの救命艇は~」
「《ホンコン》に、収容されました」
「艦長テベディア・ホルヌングから、話を聞くと」
「――まだ、研修船24隻中18隻は、ポスビと戦ってるのね?」
「で」
「《ホンコン》は~」
「フラグメント船2隻を、追跡」
「――?」
「――月のようなものが、自律制御で軌道を変えてる?」
「なんてことに、気がつきます」
「が」
「直後に、いきなり」
「――!」
「――ひーっ」
「全乗員を襲う、悪意・悪意・悪意」
「名高い超能力者ベティ・タウフリーさんは~」
「衝撃で、しばらく、超能力が使えなくなって、しまうのでした」

 月のようなもの=オプル衛星、地表――

「――ごごごごっ」
「地殻変動」
「火山も、噴火」
「岩礫が、宙に舞い~」
「溶岩と大粒の砂塵が、それはもう凄いことに」
「ローダン、曰く」
「――大丈夫だっ」
「タニシャちゃん、曰く」
「――こわいよー(根拠もないくせにっ)」
「絶体絶命」

 オプル衛星近傍、《ホンコン》――

「――全バリアが、やられましたっ」
「――修理するのだ、猛速度でっ」
「と」
「――未確認物体探知っ」
「円筒形――全長20m、直径5m――のモノが、すーっと」
「名高い超能力者ベティ・タウフリーさんが~」
「――この物体、この月のようなものと、関係が?」
「とか、考えていると~」
「――月のようなもの、加速しましたっ」
「と、さらに」
「――第2の未確認物体探知っ」
「円錐形――全長60m、直径10m――のモノが、すーっと」
「名高い超能力者ベティ・タウフリーさんは~」
「――光を吸収する青い水晶みたいなものが、ついてるわね」
「――サーチライトよっ」
「光を向けた、とき~」
「――ごごごごっ」
「溶岩、岩礫が、宙に舞い~」
「未確認物体探知ふたつは、溶岩と一緒に燃えて~」
「見失って、しまうのでした」
「《ホンコン》も、大被害」
「――撤退だっ」
「やむなく、惑星タルカロンへ」
「……」
「このとき、太陽系艦隊は~」
「惑星タルカロンを襲撃したフラグメント船団を、1隻を残して撃破完了」
「最後の1隻は、星系外へ逃走したとか」

 オプル衛星、地表――

「――ぷしゅ」
「タニシャちゃんの宇宙服が、破損」
「酸素が」
「――しゅるしゅるしゅる……」
「ローダンが、文字通り、飛んできて」
「――大丈夫だっ」
「なんとか、間に合いました」

 《ホンコン》、惑星タルカロンに到着――

「名高い超能力者ベティ・タウフリーさんは~」
「惑星タルカロン臨時政府代表メクターと、会見」
「――え?」
「――チーフが、テレポーターの女の子とフラグメント船へ?」
「――だって、フラグメント船は1隻を残して、撃沈したって?」
「そこへ、凶報」
「――フラグメント船団最後の1隻が、戻ってきた?」
「――封鎖を突破して、惑星タルカロンへ一直線?」
「――地表に標的になりそうなものは……《ホンコン》?」
「《ホンコン》乗員には、即時撤退命令」
「が」
「フラグメント船団最後の1隻は、封鎖突破の際にズタボロになって~」
「それでも、巨大な残骸が~」
「――ひゅー」
「宇宙港に墜落」
「《ホンコン》と、撤退中の乗員の、真上へ」
「――どこっ」
「――ばーん」

 オプル衛星、地表――

「ふたりで酸素とエネルギーを分け合って~」
「ローダン、曰く」
「――だ、大丈夫だっ」
「さすがに、大丈夫では、ありません」
「で」
「タニシャちゃんは、考えます」
「――さっき、砂塵の中で追いかけてくるヤツが、迫ってきたでしょ」
「――そのとき、タッチしたのと、同じ効果があったかも」
「――連中の住居に、テレポートできれば……」
「でも」
「タニシャちゃん、もう悲しいくらいに体力がなくて」
「ローダンは、バリアに空気を溜めて、細胞活性装置をタニシャにかけて」
「――できるか?」
「――できるに決まってるでしょ」
「タニシャちゃん、超能力発揮」
「――テレポートっ」
「……」
「――ここは?」
「――なんか、宇宙船司令室みたいだが?」
「――あ、影のヒト、出現」
「が」
「そのとき、タニシャちゃんが、気づいたことに」
「――あれ?」
「――惑星タルカロン臨時政府代表?」
「惑星タルカロンにいるヒトの存在が、感知できる」
「ここまでの、間に~」
「オプル衛星は、惑星タルカロンに、ずんずん迫っていたのでした」
「で」
「タニシャちゃん、超能力発揮」
「――テレポートっ」
「両名は~」
「惑星タルカロン臨時政府代表メクターのところへ」

 惑星タルカロン――

「そこは~」
「墜落したフラグメント船の影響で、騒乱、混乱、阿鼻叫喚」
「なのでした」

□ Perry Rhodan-Heft

2461 . Horst Hoffmann / Der unendliche Raum / 無限空間
2462 . Leo Lukas / Der Fund von Amienolc / アミエノルクの発見
2463 . Uwe Anton / Isokrain der Kosmitter / コスミッターのイソクライン
2464 . Arndt Ellmer / Das Archaische Programm / アルカイック・プログラム
2465 . Hubert Haensel / Nach der Stasis / 停滞の後

□ Perry Rhodan-Heft 2461話「無限空間」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2461.html ]

 新銀河暦1347年、ハンガイ銀河――

「目下、ハンガイ銀河では~」
「〈混沌の勢力〉が〈負の球体〉を建設中」
「〈混沌の勢力〉実動部隊=終末戦隊〈反逆者〉の艦艇が、ウヨウヨ」
「あちらこちらに、〈原混沌胞〉増殖中」
「物理法則が、オカシクなりはじめ~」
「探知も、ままならず」
「直進も、ままならず」
「普通の宇宙船は、まっすぐ航行できないありさま」

 ハンガイ銀河中心近く、惑星ウィノラIII――

「そこは~」
「ハンガイ銀河中心部を包む〈内塁壁〉から、8000光年」
「アトラン指揮下、ハンガイ銀河遠征隊は~」
「惑星ウィノラIIIに、基地設営」
「ロナルド・テケナー指揮下の《ソル》と、合流」
「で」
「アトランは、計画する」
「――〈内塁壁〉を突破するため~」
「――敵艦を、分捕るのだっ」
「まずは~」
「戦隊輸送艦を、拿捕」
「――《トラッカー》と、命名するっ」
「次に~」
「〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族の、サイクロン観測船を、拿捕」
「――《ルックアウト》と、命名するっ」
「そして~」
「――エントロピー・サイクロン《アカズ》を、拿捕だっ」

 第3ヴタヴァン星域――

「エントロピー・サイクロンは~」
「周囲の宙域から、〈播生素〉――生命と知性の素――を、吸引」
「知性体は、無気力状態・活動不能」
「迎える結果は、ご臨終」
「エントロピー・サイクロン《アカズ》は~」
「1週間、停滞の後~」
「――ぐおぉぉぉぉーっ」
「と、タラウキス星域方面へ、北上」
「第3ヴタヴァン星域には~」
「生命のかけらも、残っていません」
「……」
「サイクロン観測船《ルックアウト》は~」
「生存者なしの、遭難船のフリ」
「――自動救難信号、発信開始だ」
「アトランと、ミルク・ウナマト少尉指揮下のモム・セリマー種族11名は~」
「隠し部屋に、潜んでいます」
「と」
「集まってきた、〈反逆タンク〉の一群」
「ガンシュカル人――〈反逆者〉の技術種族――が、移乗してきて~」
「――捨てるには、まだ惜しいかな?」
「――修理に、回しておけっ」
「聞いていた、隠し部屋のアトラン一行」
「――よしっ」
「――リサイクルは、大切だぞ」
「で」
「筒型輸送艦――はじめて見る型――が、接近」
「サイクロン観測船《ルックアウト》を、収容して、発進」
「いきなり」
「トリョルタン喉――宇宙空間の大渦巻き――に、突入」
「――うわっ」
「――なんてモノ、移送に使ってるんだっ」

 サイクロン観測船《ルックアウト》――

「到着したのは~」
「――サイクロン・ステーション〈アカズ=8〉?」
「半球状空間――底面直径78km、高さ39km――の、内部」
「――底面も、よく見れば、球面の一部?」
「つまり~」
「ここは、巨大球体の上の微細なドームの中」
「巨大球体の直径を、戦闘服のポジトロニクスで計算してみましょう」
「――128万4000km?」
「――恒星並み?」
「――光の速さで、横断4秒?」
「――これが、エントロピー・サイクロン《アカズ》本体?」
「あれこれ、考えてみましょう」
「――本体は、超空間にあって?」
「――サイクロン・ステーションは、単なる入口?」
「――トリョルタン喉を経由してのみ、出入り可能?」
「難攻不落な感じ、がします」
「で」
「筒型輸送艦は、床の格納庫に~」
「サイクロン観測船《ルックアウト》を、降ろす」
「――〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族が?」
「――修理開始まで、サイクロン観測船を調査する?」
「……」
「アトランは、号令」
「――潜入部隊、出撃っ」
「――がんばりまーす」

 エントロピー・サイクロン《アカズ》――

「アトランと、ミルク・ウナマト少尉指揮下のモム・セリマー種族11名は~」
「デフレクターで姿を消して、出撃」
「《アカズ》外殻――厚さ1km弱――を、通り抜け~」
「《アカズ》の内側――恒星級の空洞――へ」
「そこは~」
「――球体が、いくつも?」
「――閉じた世界が、いくつも?」
「――独自のルールをもった、ひとつのいわゆる無限空間?」
「ずらりと並ぶ、無数の建物・土地区画」
「車両、移送カプセルが、飛び交っています」
「アトラン、モム・セリマー11名に向かって、曰く」
「――わたしとミルク・ウナマト少尉は、先行偵察だっ」
「――残り10名は~」
「――サイクロン観測船《ルックアウト》から、全装備を搬出っ」
「――偽装がバレるのは、時間の問題だっ」
「――可及的速やかに、《アカズ》外殻のどこかに、潜伏基地を設置だっ」

 エントロピー・サイクロン《アカズ》内部――

「アトランと、ミルク・ウナマト少尉は~」
「偵察中」
「――〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族が、大勢?」
「――一緒にいる、オレンジ色の輝く生き物1体は、何でしょー?」
「――雲みたいな形からすると、〈戦隊モーティヴェーター〉の仲間、だが?」
「――エントロピー・サイクロンの住人かー、操縦者かー?」
「――面倒だ……〈物質モドキ〉と呼ぶことにするぞっ」
「で」
「〈物質モドキ〉は、《アカズ》中央部方面へ、ふわふわノコノコ」
「尾行すること、数km」
「行く先に~」
「明るく輝く雲の壁、のようなモノ」
「〈物質モドキ〉は、100m手前で立ち止まり~」
「なにやら、待っている様子」
「と」
「――軽く視覚がズレる感じで、橋みたいなモノが見えないか?」
「雲壁から、するする伸びる、あくまでも物質的な感じの黄金の橋」
「〈物質モドキ〉が、渡っていくと~」
「動きにつれて、深紅に光る感じ」
「――あー、行ってしまうよー」
「モム・セリマー、ミルク・ウナマト少尉は~」
「エントロピー・サイクロン耐性保持者として、自信があります」
「――たったったっ」
「追跡しようと、無謀な行動」
「――無念でありますー」
「金橋の渡橋・失敗」
「さて、一方」
「アトランは~」
「まずは、沈着冷静に、思考して」
「――雲壁の向こうは、さっき無線傍受した〈エントロピー空間〉?」
「――金橋は、〈物質モドキ〉用のエアロックみたいなもの?」
「その上で、無謀な行動に」
「――オレも、やってみるっ」

 エントロピー・サイクロン《アカズ》外殻――

「モム・セリマー10名は~」
「――あ、こんなところに、別のサイクロン観測船」
「――発進準備万端だ」
「――ここに、潜伏場所を作ろうっ」
「とか、やっていると」
「……」
「サイクロン観測船《ルックアウト》を調査していた~」
「〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族が、隠し部屋、発見」
「――侵入者だっ」
「エントロピー・サイクロン《アカズ》艦内に、警報発令」

 エントロピー・サイクロン《アカズ》内部――

「アトランは、金橋を雲壁に向けて進む」
「だんだん、頭がぐるぐるしてきます」
「ずんずん、思考がへんなことに」
「――すとれんじねす?」
「まだまだ、雲壁には遠いのに~」
「とっくに、《アカズ》の奥まで、来ているような」
「境界なんてないのに、踏みこえられない」
「――でも、オレは、すすむのだ」
「――でも、オレは、すすむじゃないよー」
「とか」
「ぱーっ、と致命的なことになる、その前に~」
「――ナニヲヤットル、バカモノッ」
「付帯脳、介入」
「アトランを、現実に引き戻します」
「……」
「ミルク・ウナマト少尉は~」
「右も左もわからない、行動力皆無のアトランを、連れて~」
「とにかく、逃げて」
「モム・セリマー仲間と、合流」
「――撤退だー」

 エントロピー・サイクロン《アカズ》外殻――

「サイクロン・ステーション〈アカズ=8〉の格納庫から~」
「発進準備万端のサイクロン観測船1隻が、緊急発進」
「当然ながら、警報発令」
「が」
「ここでは、追撃、間に合わず」
「サイクロン観測船は、半球空間を脱出成功」
「トリョルタン喉を抜け、通常空間へ」

 サイクロン観測船、逃走中――

「船内では~」
「――はっ」
「――オレ、すすむくん?」
「――むう、アトランだっ」
「アトラン、意識回復」
「と、同時に、ピンとくるものが」
「――脱出だ」
「――でも、追跡してくる〈反逆タンク〉は、まだ射程外だよー?」
「――オレの勘を、信じろっ」
「……」
「間もなく~」
「アトランの勘どおり~」
「サイクロン観測船は、遠隔操作で自爆」
「――ばーん」
「直前、辛くも脱出した~」
「アトランと、ミルク・ウナマト少尉指揮下のモム・セリマー種族11名」
「戦闘服のエネルギー系を全面停止して、死んだフリ」
「〈反逆タンク〉一隊を、やりすごし~」
「《リチャード・バートン》に、救助されるのです」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 増量、しすぎですね。


d-information ◆ 533 [不定期刊] 2008/10/20
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]