rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

511 [2008/05/19]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]



◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2439 . Hubert Haensel / Menschen für Stardust / スターダスト移民団
2440 . Leo Lukas / Armee der Schatten / 影の軍団
2441 . Leo Lukas / Die letzten vierzig / 最後の40人
2442 . Arndt Ellmer / Stützpunkt im Chaos / 混沌の基地
2443 . Christian Montillon / ESCHERS Plan / エッシャーの計画

□ Perry Rhodan-Heft 2439話「スターダスト移民団」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2439.html ]

 新銀河暦1346年、星系ソル――

「自由テラナー連盟の主星系は~」
「〈混沌の勢力〉の終末戦隊〈反逆者〉に、包囲されています」
「超知性体〈それ〉が、使者ロト・ケレーテを、派遣」
「提案、したのが~」
「〈遠隔転送転轍機〉の向こうの避難所=遠いどこかの星系スターダストへ~」
「逃げたい者は、逃げても良い、という方策」
「――〈遠隔転送転轍機〉の設置期間は、かぎられています」
「――つまり、新銀河暦1346年11月13日になったら、閉鎖です」
「――設置は、1回かぎり」
「――用途は、惑星テラと自由テラナー連盟の植民惑星の、人々の避難限定です」
「が」
「〈遠隔転送転轍機〉には~」
「深刻な、問題が」
「――通過すると、ハイパー水晶の9割が、ダメになってしまう?」

 星系スターダスト調査隊、レジナルド・ブル――

「恒星スターダストと、第1惑星パルガの、間には~」
「厚さ数mmの未知物質にくるまれた、ハイパー水晶が~」
「カルムヴァットも~」
「ホワルゴニウムも~」
「その他の、ハイパー水晶も~」
「ごろん・ごろんと~」
「それはもう、大量に」
「さらに」
「恒星スターダストと、第1惑星パルガの、間には~」
「直径数mの、網状の球体生物が~」
「ふわり・ふわりと~」
「それなりに」
「宇宙船が、接近すると~」
「H"Uバリアなどに、寄ってきて~」
「ハイパー・エネルギーを、喰っていく」
「……」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル」
「スカラベ級重装甲小型艦《SK=PRAE=011》で~」
「球体生物を、調査中」
「――網が、空っぽなのと?」
「――網が、一杯なのと?」
「――なんか、2種類、いますね」
「さらに、調査」
「――空っぽなのが、惑星パルガで、物質を喰って?」
「――恒星スターダスト近くで、排泄行為?」
「――それが、あのハイパー水晶?」
「マーク・ロンドン超能力少年、命名して曰く」
「――あれを、ホワネットくんと、呼ぼうよー」

 星系スターダスト植民団――

「9月1日――」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrの私設移民団が~」
「星系スターダストの惑星アヴェダに、着陸」
「到着後、数日」
「――宇宙ステーション第1号を、建設するのだ」
「――名前は《ソラー・システム》」
「鋭意、建造中」
「……」
「一方」
「自由テラナー連盟にも、政府の威信というのが、あったり」
「物資満載のコンテナ多数が、星系スターダストに、次々、到着」
「9月7日――」
「政府移民団の《アーク001》――500m角のサイコロ輸送船――で~」
「第1陣、20万人が~」
「星系スターダストに、到着」

 星系ソル――

「――〈反逆タンク〉536部隊?」
「――戦隊要塞〈反逆コーン〉2基?」
「――〈テラノヴァ・バリア〉を、一斉砲撃?」
「星系ソルの絶対防衛線〈テラノヴァ・バリア〉は、震撼」
「――!」
「いまだかつてない、衝撃に~」
「いまだかつてない、付随現象」
「すぐ、納まったから、良いような、ものの~」
「――あー、恐ろしや恐ろしや」

 星系スターダスト植民団――

「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrの到着から、2週間――」
「政府移民団の《アーク》20隻で~」
「400万人が、到着」
「惑星アヴェダのスターダスト・シティも~」
「あれよあれよ、と急成長」
「民間移民団代表、富豪ティムバー・F・ホイッスラーJr」
「政府が派遣した暫定執政官、シグルト・エックナトム」
「両者の関係も、良好です」
「で」
「問題と、いえば~」
「――足りないよー」
「――足りないぞー」
「ハイパー水晶の、慢性的な品不足」
「ロボットも、工場も、宇宙船も~」
「ハイパー水晶なしには、動きません」
「そこで」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrは、考えた」
「――恒星スターダスト周囲の、ハイパー水晶を、なんとか」
「――でも、ホワネットくんがいると、宇宙船が安全に作業できないのだ」
「――だから、ホワネットくんがいなければ、こう、ざっくざっく……と」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrは、さらに、考えた」
「――スカラベ級重装甲小型艦4隻に、強力なHÜバリア発生装置をっ」
「――1隻目、HÜバリア展開っ」
「と……ホワネットたちは、HÜバリアにつられて、すーっと」
「――1隻目、HÜバリアを切れっ」
「――2隻目、HÜバリア展開っ」
「と……ホワネットたちは、HÜバリアにつられて、すーっと」
「――3隻目っ」
「――4隻目っ」
「こうして」
「ホワネットたちは、点滅するHÜバリアの間で、ぐるぐる回り~」
「富豪ティムバー・F・ホイッスラーJrは、大量のハイパー水晶を収集」
「かくして~」
「ハイパー水晶を商う、ホイッスラー=スターダスト社、創業」
「民間移民団に~」
「――さあ、使うがよいっ」
「政府移民団にも~」
「――さあ、使うがよいっ」
「……」
「9月16日――」
「政府移民団の《アーク100》到着」
「《アーク》100隻が、運搬したのは、コンテナ数千本」
「内容は~」
「入植地維持に必要な、貨物」
「入植者8億人」
「……」
「同日、9月16日――」
「惑星ジックスで、こんな事件がありました」
「――おさかなおさかな」
「入植者の少女インダーラちゃんが、銀色の魚2匹と交友関係」
「翻訳機を、つかってみると~」
「――わたしは、アウテリア」
「――わたしは、ペスス」
「――種族の名前は、インドキミ」
「――ともだち?」
「入植者の少女インダーラちゃんは~」
「海底の、魚の家に、招待されたり」
「スターダスト星系、他にも知性体がいるのかも」

 星系スターダスト調査隊、レジナルド・ブル――

「星系スターダストは~」
「球状星団ファーア・ウェイ――直径200光年――の中」
「これまで~」
「宇宙航行文明の電波ひとつとして、受信していません」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル」
「――スカラベ級重装甲小型艦《SK=PRAE=112》に~」
「――ホーク・コンヴァーター、増設っ」
「――ハイパー水晶も、満載っ」
「――周辺宙域を、探査するのだっ」
「探査任務を、あたえるのでした」

 〈遠隔転送転轍機〉閉鎖、1週間前――

「自由テラナー連盟政庁大臣ホーマー・G・アダムズから~」
「星系スターダスト暫定執政官、シグルト・エックナトムさんへ~」
「秘密の荷物、コンテナ3つ」
「――ヴァリオ1000型ロボット?」
「――と、繭マスク、多数?」
「――遠く離れて、しまっても?」
「――自由テラナー連盟の意志を、体現してくれますように?」

 〈遠隔転送転轍機〉閉鎖、前日――

「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルの、もとへ~」
「スカラベ級重装甲小型艦《SK=PRAE=112》」
「球状星団ファーア・ウェイ探査行から、帰到」
「――高度文明、なにひとつ見つからず、か」
「……」
「星系スターダスト植民者の、もとへ~」
「《アーク》最終便、到着」
「その船内、には~」
「超知性体〈それ〉の使者ロト・ケレーテが~」
「銀球ごと、便乗」
「で」
「超知性体〈それ〉の使者ロト・ケレーテ、曰く」
「――わたしは、別の仕事があるので~」
「――ここらで、失礼します」
「――星系スターダストのみなさん」
「――超知性体〈それ〉は、干渉しないし、当面、その予定もありません」
「――ただ……ちょいと、置き土産が、あります」
「――〈銀河の謎〉パート2っ」
「――星系スターダストに、細胞活性装置2基を、隠してありますっ」
「――どうぞ、ご自由に、お使いください」
「――ではっ」
「超知性体〈それ〉の使者ロト・ケレーテを乗せた~」
「銀球は~」
「宇宙のかなたに、消えていったという」
「で」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル、曰く」
「――つまらぬモノだが、置き土産だ」
「みずから指揮する、スカラベ級重装甲小型艦から~」
「ハイパー水晶の貯蔵分すべてを、搬出」
「――さらばだっ」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルを乗せた~」
「スカラベ級重装甲小型艦は~」
「〈遠隔転送転轍機〉を抜けて、星系ソルへ」

 11月13日――

「〈遠隔転送転轍機〉、消滅」
「で」
「首都テラニアに、帰還した~」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル」
「移民計画・陣頭指揮で、よれよれの~」
「自由テラナー連盟政庁大臣ホーマー・G・アダムズ」
「両名のもとへ、USO司令部キント・センターから、朗報です」
「――ロワ・ダントンは、無事?」
「――いまだかつてないロワ・ダントン部隊も、無事?」
「――星系ソルへ、向おうとしている?」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 ホイッスラー一族、やりますね。


d-information ◆ 511 [不定期刊] 2008/05/19
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]