rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

493 [2008/01/14]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2421 . Horst Hoffmann / Eledains Kinder / エレダインの子ら
2422 . Arndt Ellmer / Das verlöschende Volk / 消えゆく種族
2423 . Arndt Ellmer / Berserker in Not / 狂戦士の危機
2424 . Hubert Haensel / Die Thermodyn-Zentrale / 熱力中枢
2425 . Michael Marcus Thurner / Zwei gegen INTAZO / 〈インタゾ〉に立ち向かうふたり

□ Perry Rhodan-Heft 2421話「エレダインの子ら」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2421.html ]

 紀元前2005万9813年、タレ・シャルム銀河――

「目下、〈混沌の勢力〉が〈負の球体〉を建設中」
「〈混沌の勢力〉実動部隊=終末戦隊〈反逆者〉の艦艇が、ウヨウヨ」
「タレ=シャルム銀河を囲む塁壁に、阻まれて~」
「突入困難」
「――超知性体アルケティム配下の〈法行進〉艦隊は?」
「――すでに、タレ・シャルム銀河に向って、突入?」
「以前、小耳にはさんだ、情報では~」
「――中継キャンプ〈インタゾ〉に、寄ってから?」
「――タレ・シャルム銀河に、突入する?」
「先日、小耳にはさんだ、情報では~」
「――球状星団アクオン=ゴリッサには?」
「――〈秩序の勢力〉の、秘密の橋頭保が?」
「ペリー・ローダンは、とびつきました」
「――球状星団アクオン=ゴリッサに、〈インタゾ〉が?」
「――あってほしい」

 球状星団アクオン=ゴリッサ――

「艦内時間=新銀河暦1346年11月1日」
「《ジュール・ヴェルヌ》、球状星団アクオン=ゴリッサに到着」
「そこは」
「――ごーっ」
「吹き荒れる、12級=250メガノン・スカラーのハイパー嵐」
「――タレ=シャルム銀河を囲む、塁壁が?」
「――ちょうど、球状星団アクオン=ゴリッサを横切る形になってますねー」
「と」
「――〈反逆タンク〉3隻、探知っ」
「さらに~」
「〈反逆タンク〉3隻を、追いかけて~」
「単細胞生物――さしわたし、140km――のようなモノ」
「――宇宙アメーバ4匹、探知っ」
「《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「〈パロス影バリア〉に隠れて、様子をうかがうことに」
「宇宙アメーバ1匹が、巨大な触腕で~」
「〈反逆タンク〉1隻を~」
「――くしゃ」
「宇宙アメーバ2匹が、巨大な触腕で~」
「〈反逆タンク〉2隻を~」
「――くしゃくしゃ」
「で」
「あまった宇宙アメーバ1匹が、巨大な触腕で~」
「――ちょっと待てっ……あ」
「〈パロス影バリア〉に隠れた《ジュール・ヴェルヌ》を~」
「捕らえて、はがいじめ」
「在来火器では、宇宙アメーバは駆除できません」
「ここは、やはり、ココロの力に頼りましょう」
「ペリー・ローダン、念じて曰く」
「――ボクたちはトモダチだトモダチだトモダチだ」
「宇宙アメーバは~」
「――みょ?」
「《ジュール・ヴェルヌ》を、エネルギー走査すると~」
「敵でないことが、わかったようです」
「――トモダチ?」
「どうやら、ココロの力で、会話ができそうです」
「……」
「――〈インタゾ〉に、行きたいです」
「――〈インタゾ〉は、ココにはありません」
「――〈インタゾ〉は、ドコですか?」
「――〈インタゾ〉は、エレダイン=シションのご近所です」
「――エレダイン=シションは、ドコですか?」
「ココロに、地図を描いてくれました」
「――渦状銀河の、伴銀河?」
「――タレ・シャルム銀河の、伴銀河――小タレ銀河?」
「球状星団アクオン=ゴリッサは、両銀河の中間」
「小タレ銀河まで、距離2000光年」
「なんて」
「話がはずむ、あいだにも~」
「宇宙アメーバ4匹は~」
「〈反逆タンク〉50隻を、追いつめて~」
「巨大な触腕で~」
「――くしゃくしゃ」
「やろうとします」
「と」
「――〈戦隊マシーン〉1基、探知っ」
「――!」
「宇宙アメーバ、あわてて《ジュール・ヴェルヌ》を解放」
「4匹のうち、2匹が、〈戦隊マシーン〉に立ち向かいますが~」
「――ばばばっ」
「〈戦隊マシーン〉が放射するエネルギーは、超強力」
「宇宙アメーバ2匹は、やられてしまいます」
「が」
「この犠牲、無駄ではありません」
「《ジュール・ヴェルヌ》も~」
「のこった宇宙アメーバ2匹も~」
「それぞれ、逃走成功」

 宇宙アメーバ――種族名セクンディム――

「セクンディム種族の2体は~」
「個体名を、フェリアンドゥルス――長いので、以下、フェリアン」
「個体名を、タウゼダフェルガス――長いので、以下、タウゼダ」
「と、いいます」
「セクンディム種族――」
「発祥地は、ンタンタ・タレ=シャルム銀河――小タレ銀河」
「棲息地も、ンタンタ・タレ=シャルム銀河」
「セクンディム種族は、エネルギー生命体です」
「エネルギーが、少なくなると~」
「ンタンタ・タレ=シャルム銀河の、聖地エレダイン=シションへ」
「聖地エレダイン=シションは~」
「セクンディム種族が生成された、故郷であり~」
「同時に、ダイニングキッチンでもあります」
「2体が一組に、なって~」
「――ほら、あーんして」
「――あーん」
「聖地の特異な放射エネルギーを、相手に補充してあげるという」
「ほほえましい、食卓風景」
「フェリアンとタウゼダも、そうしたカップルなのでした」
「……」
「今から1600年前まで――」
「当地には、超知性体エレダインが、いました」
「超知性体エレダインは~」
「聖地エレダイン=シションにて~」
「自分の構成要素から、セクンディム種族を生成」
「セクンディム種族は、超知性体エレダインに、お仕えしていました」
「が」
「今から1600年前――」
「〈混沌の勢力〉の大軍勢〈反逆者〉、襲来」
「超知性体エレダインは、防戦するも、あえなく戦死」
「セクンディム種族への、遺言――」
「――〈反逆者〉を、タレ=シャルム銀河から駆逐せよ」
「――聖地エレダイン=シションの座標を、死守せよ」
「で」
「少しして――」
「超知性体アルケティム、来訪」
「何百年も、かかりましたが~」
「タレ=シャルム銀河周囲の制宙権を、回復し~」
「ンタンタ・タレ=シャルム銀河の〈反逆者〉艦艇も、ほぼ駆逐」
「もちろん~」
「それには、セクンディム種族も、共闘」
「――くしゃっくしゃ」
「つぶした〈反逆タンク〉、数知れず」
「ですが」
「〈混沌の勢力〉が〈戦隊マシーン〉を、投入すると~」
「――ばばばっ」
「セクンディム種族も、不死身というわけには、いきません」
「超知性体エレダイン亡き今、新世代の誕生も、ありません」
「セクンディム種族――」
「かつては、幾百万体」
「現在は、わずかに4万体」
「……」
「セクンディム種族フェリアンとタウゼダは~」
「ペリー・ローダンを~」
「――〈秩序の勢力〉に与するモノとして、お助けしたい」
「《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「どうせ、ンタンタ・タレ=シャルム銀河に、向っているし」
「マーキングも、しておいたので~」
「探すのは、簡単」
「問題は~」
「ふたりを追跡してくる〈戦隊マシーン〉」
「そろそろ空腹、なのですが~」
「聖地エレダイン=シションに、直行するわけにもいかず」
「セクンディム種族50体に、援護してもらいましょう」
「――ばばばっ」
「50体、壊滅」
「状況、変わらず」
「ふたりの空腹も、そろそろ限界、です」

 ンタンタ・タレ=シャルム銀河外縁部、星系ギニル――

「《ジュール・ヴェルヌ》は、一時休憩中」
「ギニル人――地元のヒューマノイド種族――と、あれこれしますが~」
「――エレダイン=シションは、どこだろう?」
「わからずじまい」
「そこへ」
「セクンディム種族フェリアンとタウゼダ、到着」
「――エレダイン=シションに、いっしょに行きたいです」
「――でも、行けないかもしれません」
「――つまり、〈戦隊マシーン〉を、やりすごせば良いのだな?」
「ペリー・ローダンは、思いついた」
「セクンディム種族フェリアンとタウゼダは~」
「収縮収縮……して、直径120mの球状に」
「《ジュール・ヴェルヌ》格納庫へ、入ると~」
「――ぴとっ」
「格納庫の軽巡洋艦《ノーチラス》に、貼りつきます」
「で」
「――〈戦隊マシーン〉、星系ギニルに出現っ」
「――ミニ・アンティテンポラル干満フィールドっ」
「《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「時間バリアの、2分後の相対的未来に隠れること、幾日間」
「〈戦隊マシーン〉を、やりすごします」

 ンタンタ・タレ=シャルム銀河中央部、エレダイン=シション――

「セクンディム種族フェリアンとタウゼダは~」
「《ジュール・ヴェルヌ》を~」
「ガス星雲に隠された、聖地エレダイン=シションまで、案内」
「で」
「セクンディム種族フェリアンとタウゼダは~」
「――ほら、あーんして」
「――あーん」
「ほほえましい、食卓風景」
「一方」
「《ジュール・ヴェルヌ》は~」
「――二重恒星系?」
「――ふたつの恒星の間に、直径180万kmの入口みたいなもの?」
「――それだっ」
「ペリー・ローダンの、命令一下」
「《ジュール・ヴェルヌ》は、突入したという」

 以下、次号。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 原書の輸入、また、やります――
 希望者は、以下の説明をご確認の上、1月末日まで、ご連絡ください。
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/dtrans.html ]


d-information ◆ 493 [不定期刊] 2008/01/14
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]