rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

484 [2007/11/12]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Extra 5
[ http://perry-rhodan.net/produkte/hefte/sonderpublikationen/prextra5.html ]

 〈特別編集版〉ヘフトの5冊目。
 こんな話が、収録されています。

 Achim Mehnert / BARDIOCS Null / バルディオク零

□ Perry Rhodan-Extra 5 「バルディオク零」

 新銀河暦1346年4月30日、銀河系、惑星テラ――

「銀河系は、目下、〈混沌の勢力〉の終末戦隊〈反逆者〉の占領下」
「自由テラナー連盟の主星系ソルだけが~」
「強力無比の〈テラノヴァ・バリア〉の、おかげで~」
「唯一、独立を維持しています」
「とはいえ」
「自由テラナー連盟政庁首席、ペリー・ローダンは~」
「――《ジュール・ヴェルヌ》と、過去に行ったまま、ですねー」
「――もう2週間、帰って、きませんねー」
「留守をまかされたヒトも、大変です」

 自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル――

「財務大臣ホーマー・G・アダムズから、報告です」
「――自由テラナー連盟の巡洋艦《オロプス》が~」
「――42光年先の、恒星BSアメリスで~」
「――座礁している難破船を、発見」
「――乗員は、ケルジル人で~」
「――星系ソルの責任者を出せ、とか」
「憶えて、いるでしょうか?」
「千年以上前~」
「ペリー・ローダンは~」
「超知性体〈テルムの女帝〉と~」
「超知性体バルディオクを~」
「合体させて~」
「――超知性体テルミオクっ」
「両超知性体の紛争解決に、貢献したのでした」
「ケルジル人は~」
「超知性体〈テルムの女帝〉の発祥惑星ドラクリオホの、先住魚人族」
「強力な、暗示能力」
「強力な、女系体制」
「超知性体〈テルムの女帝〉発展期、補助種族獲得に多大の貢献」
「ひとよんで、〈宇宙のシレーヌ〉」
「――そんなヒトが、なぜいま、銀河系に?」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル、即決です」
「――《レイフ・エーリクソンII》、発進だ」

 発見者級戦艦《レイフ・エーリクソンII》は、恒星BSアメリスへ――

「スリネレさんは、ケルジル人の〈聖杯母〉」
「ケルジル人を代表して、来訪したとか」
「――超知性体テルミオクは、恩知らずでは、ありませーん」
「――超兵器〈バルディオク零〉を、体にくくりつけて来ましーた」
「――〈反逆者〉との戦争に、投入するのでーす」
「と」
「その時」
「――〈反逆者〉艦隊、恒星BSアメリスに、接近?」
「――とにかく、《レイフ・エーリクソンII》に、どうぞ」

 発見者級戦艦《レイフ・エーリクソンII》は、星系ソルへ――

「強力無比の〈テラノヴァ・バリア〉を、抜けて~」
「惑星テラに、帰還」
「と」
「――あれ、ケルジル人〈聖杯母〉スリネレさんは?」
「姿が、ありません」
「――さっきまで、公衆電話かけてましたけど?」
「――どこに?」
「……」
「じつは~」
「ケルジル人〈聖杯母〉スリネレさんは~」
「銀河系への、途上~」
「〈反逆者〉に、一度、捕獲されていたのでした」
「敵陣にて――」
「〈反逆者〉の戦隊モーティヴェーターが」
「――超強力な動機づけを、してやるぜっ」
「プシ共生体アダミクターが、寄生して」
「――〈反逆者〉さまに、つくすのだっ」
「現在の、スリネレさんを、ひとことで語るなら~」
「星系ソル破壊用・人間爆弾――もとい、魚人爆弾」
「……」
「ケルジル人〈聖杯母〉スリネレさんは~」
「プシ共生体アダミクターが、寄生しているので~」
「波動スプリンター能力なんかが、使えます」
「電話回線を経由して、テレポート、また、テレポート」
「追手を、完全に、ふりきります」
「で」
「――かちっ」
「超兵器〈バルディオク零〉、起動」
「超兵器〈バルディオク零〉は~」
「12日かけて、プシ物質6gを、マイクロ場バリア内に集積」
「集積したら」
「――ばーん」
「放出するエネルギーは、1000ギガトン核融合爆弾10億個分」
「時空構造が裂けて、星系まるごと、ひとのみです」

 惑星テラ、マウゴ・ベイ保養所――

「グロービスト――」
「〈テラノヴァ・バリア〉を熱い魂の鼓動で支える、サポーターたち」
「ときどき、燃えつきて、灰になりかかるヒトがいます」
「マウゴ・ベイ保養所は、そんなヒトたちを世話する海辺の療養施設」
「で」
「ケルジル人〈聖杯母〉スリネレさんは~」
「そんな、マウゴ・ベイ保養所に、潜伏」
「スリネレさん生来の暗示能力は、こういうとき、便利です」
「患者も、影響下」
「――ごきげんよう、スリネレさん」
「従業員も、影響下」
「――ごきげんよう、スリネレさん」
「で」
「プシ共生体アダミクターは~」
「作戦遂行に、支障のない範囲であれば~」
「スリネレさんにも、精神的肉体的な自由をあたえる」
「――ごきげんよう、みなさーん」
「すっかり、お友達」

 5月10日、星系ソル外縁――

「強力無比の〈テラノヴァ・バリア〉を包囲する、〈反逆者〉の大艦隊」
「この日」
「〈反逆タンク〉10万隻、増強」
「――集中砲火、どどーん」
「強力無比の〈テラノヴァ・バリア〉は、耐える」
「が」
「〈反逆者〉艦隊、さらに新兵器を、投入したのか~」
「突然」
「――ごごご!」
「強力無比の〈テラノヴァ・バリア〉の内側に~」
「激しい構造震動が」
「――どどどーん」
「惑星テラを、襲う激震」

 惑星テラ、マウゴ・ベイ保養所――

「――ざっぱーん」
「マウゴ・ベイ保養所を、襲う津波」
「患者も、被害甚大」
「従業員も、被害甚大」
「みなさんの窮状を、目の当たりにして~」
「――ああ……みなさーんっ」
「感極まった、スリネレさんの精神は~」
「プシ共生体アダミクターの制御に、打ち勝つのでした」
「……」
「――あれ、スリネレさんは?」
「――そういえば、公衆電話かけてましたけど?」

 発見者級戦艦《レイフ・エーリクソンII》は、星系ソルを緊急離脱――

「艦上には~」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル」
「ケルジル人〈聖杯母〉スリネレさん」
「――ここらで、放擲してくださーい」
「星間空間で、超兵器〈バルディオク零〉、点火」
「――ばーん」
「ケルジル人〈聖杯母〉スリネレさんと」
「超兵器〈バルディオク零〉は~」
「プシ共生体アダミクターを、道連れに~」
「虚空の塵と、消えたのでした」

□ Perry Rhodan-Heft

2412 . Susan Schwartz / Das Wasser von Aar / アールの水
2413 . Arndt Ellmer / Das Genetische Magazin / 遺伝子マガジン
2414 . Michael Marcus Thurner / Die Bestie Ganymed / けだものガニメド
2415 . Hubert Haensel / Armee der Mikro-Bestien / マイクロけだもの軍
2416 . Christian Montillon / Mythos Scherbenstadt / 伝説の瓦礫都市

□ Perry Rhodan-Heft 2412話「アールの水」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2412.html ]

 新銀河暦1346年7月、銀河系――

「発見者級戦艦《レイフ・エーリクソンII》は~」
「りゅうこつ座、カリーナ星雲――惑星テラから、3522光年――へ」
「艦上には~」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル」
「その妻、フラン・イミスさん」
「ブレ・ツィンガさん」
「恒星りゅうこつ座エータで~」
「アールス種族の迎えの船に、乗換えて~」
「3名は、巨大航宙施設《アールス・ジマ》へ」
「……」
「アールス種族――」
「トラドム銀河、惑星アールに発祥」
「直立歩行する、シュモクザメ」
「骨なしなので、外骨格服を着て陸上生活」
「アールス種族の〈虫〉――」
「戦乱で荒廃した惑星アールを捨てた、アールス種族の生活基盤」
「連携して稼働する、多数の航宙施設」
「バリアでくるんで、まとまって移動」
「《アールス・ジマ》は、そのひとつ」
「首長〈虫使い〉ケプリンのもと~」
「新銀河暦1312年、トラドム銀河の重税と戦乱を逃れて~」
「銀河系に、亡命」
「で」
「新銀河暦1345年、〈反逆者〉襲来のとき~」
「首長〈虫使い〉ケプリン」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルに、提案して、曰く」
「――《アールス・ジマ》を、秘密の会議場として、使ってください」
「で」
「現在、ここに~」
「銀河系諸種族の代表が、集結中」

 巨大航宙施設《アールス・ジマ》――

「首長〈虫使い〉ケプリンは~」
「種族の古い価値観を、突き崩し~」
「反対論者を、抑えて~」
「ついに」
「――アールス議会は~」
「――銀河系諸種族と共闘することに、同意です」
「――銀河系は~」
「――アールス種族の、第二の故郷です」
「が」
「反対論者マカルとヴェスマティンは~」
「――秘密結社〈アールの水〉は~」
「――《アールス・ジマ》の存続こそ第一義、と信じるっ」
「――〈反逆者〉に協力するのだ、良いではないかっ」

 巨大航宙施設《アールス・ジマ》にて、銀河諸種族の会議開催――

「さて」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世、到着」
「じつは~」
「皇帝陛下と~」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルは~」
「犬猿の仲」
「ハルト人」
「ポスビ」
「その他、諸種族が集結」
「銀河系の命運を決する、重大な会議、のはずなのに~」
「――うーっ」
「――きーっ」
「両者の舌戦により、議事進行、捗々しからず」
「で」
「ブレ・ツィンガさんは、考えた」
「――休会して、ふたりだけで話合いさせては?」
「首長〈虫使い〉ケプリンは~」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル」
「両名をつれて~」
「巨大航宙施設《アールス・ジマ》の、中央ドームへ」
「水に満たされた、施設の中で~」
「――ごぼごぼっ」
「――うーっ」
「――きーっ」
「どうやら、皇帝陛下は~」
「銀河種族の新連盟の議長に就任したい、ようです」
「と」
「その時、突然」
「巨大航宙施設《アールス・ジマ》の、中央ドーム」
「水中のアールス種族が全員、朦朧となって麻痺状態」
「――水に?」
「――毒?」
「秘密結社〈アールの水〉が、蜂起したのでした」
「で」
「反対論者マカルとヴェスマティンは~」
「――麻痺した首長〈虫使い〉ケプリンを、暗殺だ」
「――暗殺だ」
「が」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世」
「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル」
「危機的状況では、息がぴったり」
「――ばーん」
「――ばーん」
「反対論者マカルとヴェスマティンを、一撃で無力化すると~」
「――フランさん、ブレさん、後生です」
「増援を、呼んだのでした」
「フラン・イミスさんは、もとTLD工作員」
「ブレ・ツィンガさんも、百戦錬磨」
「首長〈虫使い〉ケプリンの妻スーサさんも、参戦して~」
「反対論者、制圧」
「が」
「――!」
「――〈反逆者〉艦隊に、通信を送った?」

 近隣遊弋中、〈反逆タンク〉33隻――

「――銀河系諸種族の秘密会議場から、内通者の通信?」
「――全艦、目標宙域へっ」
「カルバロン――モルダエル人の指揮官階級――シアルディスの、脳裏を~」
「手柄、の2文字がよぎりました」
「――指令部への報告は、あとで良いっ」
「――戦果を、あげてからだっ」
「で」
「目標宙域に、到着してみれば~」
「なんて、巨大な標的」
「〈反逆タンク〉33隻は~」
「とりあえず~」
「巨大航宙施設《アールス・ジマ》の重力核を、破壊」
「これで~」
「巨大航宙施設《アールス・ジマ》から、宇宙船は離脱できません」
「反逆者のおかげで~」
「巨大航宙施設《アールス・ジマ》の制御機構は、麻痺状態」
「危機的状況です」
「が」
「会議に参加していた、ポスビたちが~」
「巨大航宙施設《アールス・ジマ》の〈海洋コンピュータ〉を、手助け」
「――!」
「巨大航宙施設《アールス・ジマ》は、緊急遷移」
「難を、逃れるのでした」

 巨大航宙施設《アールス・ジマ》にて、銀河諸種族の会議再開――

「自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルには~」
「妻とブレ・ツィンガさんから授けられた、秘策がありました」
「――議長職は、皇帝陛下にくれてやれば、良いのよ」
「――花より実をとれば、良いのよ」
「――議長になったら、公務に縛られるでしょ」
「――議長にならないほうが、あれこれできるでしょ」
「――それで、良いわね?」
「かくして~」
「新銀河暦1346年7月27日――」
「――ここに、銀河諸種族の新連合~」
「――〈新ギャラクティカム〉成立を、宣言する」
「――初代議長は、朕……アルコン帝国皇帝ボスティク1世であるっ」

 7月30日、惑星テラ――

「自由テラナー連盟国防大臣レジナルド・ブルのもとに~」
「――平和ドライバーから、急使?」
「――敵の〈双頭大佐〉ダンティレン、死亡?」
「――〈双頭大佐〉ダンティレンの材料は、ロワ・ダントンのクローンだった?」
「――ペリーの息子は、敵陣で、生きてるかも?」
「朗報ですね」
「で」
「自由テラナー連盟国防大臣レジナルド・ブルのもとに~」
「――アラスの名医ゼオビト先生が?」
「――ツテもあるので、ロワ・ダントンの捜索を手伝おう?」
「――そのかわり、と言ってはなんだが?」
「――〈双頭大佐〉ダンティレンの遺体を、解剖したい?」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 感動なんだか、どん底なんだか。


d-information ◆ 484 [不定期刊] 2007/11/12
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]