rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

476 [2007/09/17]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ドイツSF大賞 2007
◇ペリー・ローダン近況


◆ドイツSF大賞 2007

 本年の Deutscher Science Fiction Preis 受賞作品が、決定した。

□ Nominierungen in der Sparte Roman 長篇部門

・Ulrike Nolte / Die fünf Seelen des Ahnen / 祖先の五つの魂

□ Nominierungen in der Sparte Kurzgeschichte 短篇部門

・Marcus Hammerschmitt / Canea Null / カネア・ゼロ
 ――短篇集 Plasmasymphonie und andere Visionen 3 収録

【関連サイト】
・ドイツSF大賞のサイト
[ http://www.dsfp.de/ ]


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2404 . Arndt Ellmer / Versteck am Black Hole / ブラックホール近隣の隠れ家
2405 . Horst Hoffmann / Pakt gegen das Chaos / 対混沌協約
2406 . Wim Vandemaan / Die Kristall-Annalen / 水晶年代記
2407 . Hubert Haensel / Aufbruch nach Tare-Scharm / タレ・シャルムに出発

2408 . Christian Montillon / Krieg der Prozessoren / プロセッサーの戦争

□ Perry Rhodan-Heft 2404話「ブラックホール近隣の隠れ家」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2404.html ]

 紀元前2005万9813年、ファリスケ・エリゴン銀河=銀河系――

「〈混沌の勢力〉は~」
「距離4500万光年の、タレ・シャルム銀河で~」
「〈負の球体〉を、建設したい」
「ファリスケ・エリゴン銀河を統治する、超知性体アルケティムは~」
「ほかに数体の超知性体と、ともに~」
「〈混沌の勢力〉の計画を、阻止したい」
「と、いうことで~」
「超知性体アルケティムは、女将軍カムコさんに命じて曰く」
「――超技術〈夜光鎧〉を、授けよう」
「――〈法行進〉艦隊を、率いて~」
「――〈法〉付与機=《ケオス・タイ》を、タレ・シャルム銀河に、運ぶのじゃ」
「とかいう、時代」

 ファリスケ・エリゴン銀河の中枢、惑星オアゴニル――

「目下~」
「女将軍カムコさんは~」
「――〈夜光鎧〉を、探すのよっ」
「〈夜光鎧〉は、超技術」
「3つの部分――〈兜〉、〈胸甲〉、〈脛甲〉――から、なっています」
「先日、泥棒に盗まれましたが~」
「泥棒のもとから、勝手に逃走」
「でも、まだ、帰ってこないのでした」
「……」
「女将軍カムコさんは~」
「――超知性体アルケティムさま、助言をくださいっ」
「超知性体の玉座、〈アルケティム至聖所〉で、呼びかけてみます」
「でも、依然、応答なし」
「……」
「4日ほどして、知らせがありました」
「ひとつは、良い知らせ」
「――〈夜光鎧〉の〈胸甲〉が、見つかった?」
「ひとつは、悪い知らせ」
「――〈法〉付与機=《ケオス・タイ》が、盗まれた?」
「――座標は、極秘にしていたのに?」
「――惑星マラワ=ケレチが、プレッサー親衛隊に襲撃されて?」
「――騒動の後しばらくして、《ケオス・タイ》が、消えた?」
「――みんな、アイツが、来てからよっ」
「――やはり、〈混沌の勢力〉の手先であったか、ペリー・ローダンっ」

 女将軍カムコは、事態を打開せんとして、行動に出る――

「――〈夜光鎧〉の〈胸甲〉を、装着よっ」
「――そこらへんを襲撃したプレッサー親衛隊を、尾行よっ」
「〈夜光鎧〉は、超技術」
「逃走する敵艦を、見逃しません」
「難なく、隠れ家まで、追跡に成功」
「……」
「ジスタカ――」
「ファリスケ・エリゴン銀河でも有数の、大ブラックホールのひとつ」
「プレッサー親衛隊の前線基地は、ジスタカにほど近い一惑星」
「――殲滅してやるっ」
「――待機中の〈法行進〉艦隊から、1500隻を割いて~」
「――やるわよっ」
「と」
「そのとき」
「超知性体アルケティムが、心の声を送ってきました」
「――〈法〉付与機=《ケオス・タイ》を、起動じゃ」
「――〈法行進〉艦隊、発進じゃ」
「どうやら、深刻な現状を、まったく、認識していないようです」
「――おーい」
「――寝ぼけてんじゃないわよー」
「女将軍カムコさん、心で呼びかけてみますが~」
「聞こえては、いないようです」
「さて」
「気を取りなおして~」
「ここは、思うとおりに、やってみましょう」
「――さあ、プレッサー親衛隊の前線基地を~」
「――やるわよっ」

 女将軍カムコ、プレッサー親衛隊前線基地を、襲撃――

「基地で主に戦闘を担当する種族モルゴトダエルの、防戦も空しく~」
「軌道上の、〈反逆タンク〉も~」
「――殲滅よっ」
「地表の、〈反逆タンク〉も~」
「――殲滅よっ」
「敵陣、壊滅」
「……」
「女将軍カムコさん、残骸を見分します」
「――ペリー・ローダンの手がかりは、ないのかしらっ」
「――〈法〉付与機=《ケオス・タイ》の、手がかりはっ」
「すると」
「基地要員の生存者1名――グシュカル種族――と、ばったり」
「――!」
「生存者、手近な転送機に、飛びこみます」
「女将軍カムコさんも、飛びこみます」
「生存者、開発中のオゴ・ウィルスで、反撃」
「女将軍カムコさんが、ひるんだところを~」
「生存者、女将軍カムコさんの武器を、奪取」
「――ばーん」
「でも」
「〈夜光鎧〉の〈胸甲〉は、超技術」
「銃撃をいなされて、生存者の負け」
「……」
「尋問してみましょう」
「――わがプレッサー親衛隊は、〈チャダ・サライエー〉」
「――指揮官は、エカトゥス・アティモス殿だ」
「――わがプレッサー親衛隊は、幾多の小部隊からなっている」
「――小部隊というのは、それぞれ〈反逆タンク〉数ダースとか」
「――あるいは、〈反逆タンク〉数千隻とか」
「――精鋭部隊だぞー」
「――指揮官エカトゥス・アティモス殿は、別動隊を率いて重要な作戦中だ」
「――そろそろ、〈反逆者〉所属の遠距離輸送艦が、到着だ」
「――遠い異銀河で組立てた、超巨大な超特別なモノを、運んでくるのだ」
「もう少し、尋問してみましょうか」
「と、その時」
「――うっ」
「体内に埋めこまれた〈ラボラトの爪〉が、捕虜の生命を絶ったのでした」

 女将軍カムコ、惑星オアゴニルに帰到――

「女将軍カムコさんは~」
「――超知性体アルケティムさまっ」
「再度、超知性体の玉座、〈アルケティム至聖所〉で、呼びかけてみます」
「やはり、応答なし」
「――おーい」
「――寝てんじゃないわよー」
「あきらめて帰宅しよう、と思ったあたりで」
「――待たせたの」
「連絡が、とれました」
「……」
「現状を、報告すると~」
「まず」
「――〈夜光鎧〉の〈脛甲〉は、ワシが拾っておいたのじゃ」
「〈兜〉――後世にいうベクトル・ヘルメット――は、いまだ行方不明ですが」
「――そもそも、〈夜光鎧〉とは~」
「――〈負の球体〉になりかけの宙域で、自由な活動を可能とする超装置」
「――だから、ワシを守ってもらうソナタに、授けたのじゃ」
「――〈兜〉が、発見できずとも~」
「――〈法行進〉開始は、予定どおりじゃ」
「次に」
「――〈法〉付与機=《ケオス・タイ》の行方は、わからんのじゃ」
「――そもそも、アレは、別の超知性体が立案したモノでの」
「――そもそも、良くわからんのじゃ」
「話を、するうちに~」
「――どうやら、〈混沌の勢力〉の手先ではなかったのね、ペリー・ローダン」
「なんてコトも、悟ってきましたが~」
「和解しようにも、カレの居場所は、わからないのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 昔も今も、高次なヒトたちって……。


d-information ◆ 476 [不定期刊] 2007/09/17
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]