rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

449 [2007/03/12]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Extra 4
[ http://perry-rhodan.net/produkte/hefte/sonderpublikationen/prextra4.html ]

 3月9日刊行、〈特別編集版〉ヘフトの4冊目。
 こんな新作が、収録されています。

 Wim Vandemaan / Das Andromeda-Monument / アンドロメダ記念碑

□ Perry Rhodan-Extra 4 「アンドロメダ記念碑」

 新銀河暦1345年、自由テラナー連盟の首都テラニア――

「ダリエネ・ロヤさん――33歳」
「〈テラノヴァ・バリア〉支援ボランティア、グロービストのひとり」
「パラ現実に、囚われます」
「で」
「じつは、この事件~」
「アンドロメダ銀河のかつての独裁者、〈島の王〉の、秘密計画に~」
「端を発して、いるのでした」

 およそ2万年前、アンドロメダ銀河の惑星ティカガル――

「テフローダーの一団が、開発中の秘密兵器〈メンタル・カタパルト〉」
「制御が、非常に困難でした」
「――開発は、中止であるっ」
「〈島の王〉の、決断で~」
「開発中の秘密兵器〈メンタル・カタパルト〉も~」
「テフローダー開発チームも~」
「ダッカル空間に、封印」
「が」
「開発主任セヴェル・ディムラトとスタッフは、不屈の努力」
「加えて、好条件」
「現実界――現在の惑星テラ――に、つながります」

 新銀河暦1345年、自由テラナー連盟の首都テラニア――

「ダリエネ・ロヤさん――33歳」
「星系ソル防衛ボランティア、グロービストのひとり」
「わが身を、犠牲に~」
「〈メンタル・カタパルト〉の脅威から、人類を救うのでした」

□ Perry Rhodan-Heft

2377 . Christian Montillon / ESCHER / エッシャー
2378 . Christian Montillon / Der Erste Kybernetiker / 第一サイバネティカー
2379 . Arndt Ellmer / ESCHERS Liste / エッシャー名簿
2380 . Horst Hoffmann / Es kam aus der Sonne / 太陽から来たる
2381 . Uwe Anton / Der Dunkle Ermittler / 暗黒捜査官

□ Perry Rhodan-Heft 2377話「エッシャー」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2377.html ]

 新銀河暦1346年1月、自由テラナー連盟の首都テラニア――

「太陽系政庁に~」
「――〈エッシャー〉は、危険だぁぁっ」
「――政庁首席ペリー・ローダンに、会わせろぉぉっ」
「なにやら口走る、カワイソウな雰囲気の男がひとり」
「ローレンス・サヴォワール博士――サイバネティカー」
「――ばったり」
「医療施設に、収容」
「やがて、正気が、もどります」
「政庁首席ペリー・ローダンは、話を聞いてみることに」
「――話す、前に~」
「――通信を、遮断してください」
「――月面脳〈ネーサン〉とも、遮断してください」
「――とにかく、全部、遮断してください」

 ローレンス・サヴォワール博士は、語る――

「出身は、テラナー植民惑星ディアカト」
「ディアカト人は、環境適応人」
「テラナーとの最大の相違は、眼がひとつ、ということ」
「ローレンス・サヴォワール博士は~」
「赤外線と、紫外線と、あと、少しだけ人の心が、見えるのでした」
「……」
「田舎惑星ディアカトで、サイバネティクス博士号を、取得」
「あれこれ、悩んで~」
「惑星テラ、〈ワリンジャー・アカデミー〉へ」
「しばらくは~」
「高名な人々に、アゴで使われる毎日」
「が」
「物理学者、ボールドウィン・カラポル博士と、知合いになって~」
「――ロダン・コーワ博士が、極秘計画〈エッシャー〉に、新人募集中でね」
「――優秀なサイバネティカーを、募っているのだが?」

 新銀河暦1340年10月5日、――

「ローレンス・サヴォワール博士は~」
「ロダン・コーワ博士の極秘計画〈エッシャー〉に、参加」
「感動します」

 極秘計画〈エッシャー〉とは――

「――テフローダーの〈思考塔〉計画を、下敷きにしてるのだー」
「紀元前1万7200年――現在から2万2000年前――~」
「〈島の王〉の指令で、テフローダーは〈思考塔〉計画を、推進」
「結果は、惨憺たる有様」
「関係者は、全員死亡だった、らしい」
「――16年前――新銀河暦1324年に、資料を発見してな~」
「――ひらめいた、わけなのだー」
「……」
「施設の心臓部は、〈思考房〉」
「〈思考房〉には、〈十字繭〉が、64基」
「〈十字繭〉には、〈プロセッサー〉が、各1名」
「〈プロセッサー〉被験者は、サート・フードのようなものを、装着」
「〈エッシャー〉ポジトロニクスと、神経網のようなものを、構成」
「完成すれば~」
「パフォーマンスは、シントロニクスに、勝るとも・劣らない、とか」
「が」
「――性能が、上がらないのだー」
「――使ってるハイパー水晶のせいかも――という意見も、あるのだけれど」
「極秘計画〈エッシャー〉は、一進一退」

 幾年が、経過――

「ローレンス・サヴォワール博士は~」
「ロダン・コーワ博士代行の地位にまで、出世したり」
「シビル・ビター博士、ウィルバンタ・ギリアード博士――友達もできました」
「が」
「極秘計画〈エッシャー〉は、一進一退」
「……」
「ローレンス・サヴォワール博士は~」
「政庁首席ペリー・ローダンと、対面したり」
「大家になった、ボールドウィン・カラポル博士とも、親交はつづいています」
「が」
「極秘計画〈エッシャー〉は、一進一退」

 新銀河暦1344年11月3日、極秘計画〈エッシャー〉に、転機が――

「――〈混沌の勢力〉の軍勢〈反逆者〉が、銀河系に侵攻してからなのだー」
「――〈プロセッサー〉被験者が、減りましたからね」
「一進一退、どころから~」
「いまにも、閑古鳥が、鳴きそうな~」
「極秘計画〈エッシャー〉の心臓部、〈思考房〉」
「そこへ」
「――!」
「突如、来訪したのが~」
「意識集合体〈ニュークリアス〉の代表者、ファウン・スズケ」
「――意識集合体〈ニュークリアス〉は、〈エッシャー〉を、支援するわっ」
「――〈エッシャー〉は、パラ・ポジトロニクスに、なれるかもっ」
「大変ありがたい話、なのですが」
「――パラ・ポジトロニクスとは?」
「――さあ?」
「意識集合体〈ニュークリアス〉の代表者、ファウン・スズケ」
「肝心のところは、教えてくれないのでした」
「……」
「自由テラナー連盟は~」
「極秘計画〈エッシャー〉を、研究計画の上位に置くように、なりました」
「TLDは~」
「黒服の二人組を、出向させるように、なりました」
「パル・アストゥイン」
「メルラン・ミュル」
「神出鬼没、〈エッシャー〉施設の内外で、あれこれ」
「――ま、ふたりが来てくれてから、順調なのだー」
「――〈プロセッサー〉被験者を、探してくれますしね」
「でも」
「――あれから、意識集合体〈ニュークリアス〉は、来ませんね」
「ところで」
「――最近、〈プロセッサー〉やると、頭痛がしませんか?」
「――最近、科学者のくせに、非科学的なこと、してますよ」
「――おかしい気が、するのだけれど」
「――ま、いいや……」
「……」
「ローレンス・サヴォワール博士は~」
「見た」
「極秘計画〈エッシャー〉の心臓部、〈思考房〉」
「そこで」
「ロダン・コーワ博士と、意識集合体〈ニュークリアス〉が、なにやら」
「――うっ」
「ローレンス・サヴォワール博士は~」
「頭痛に、襲われます」
「あとで、確認してみても~」
「監視ビデオには、なにもなし」
「――おかしい気が、するのだけれど」
「――うーん」
「で」
「ローレンス・サヴォワール博士は~」
「気がつきます」
「――これは……後催眠ブロック?」

 やがて――

「自由テラナー連盟は~」
「極秘計画〈エッシャー〉に、希少物質サルクリットを、提供」
「――微量なのに」
「――短時間なのに」
「――使ってるハイパー水晶の効率が、飛躍的にっ」
「と」
「――うっ」
「――被験者、死亡?」
「――死亡?」
「さらに」
「極秘計画〈エッシャー〉の施設にも、異変」
「――ミリメートル単位の、無数の球体が?」
「――外壁に、吸いこまれて?」
「――〈ニュークリアス〉の分身、みたいな?」

 新銀河暦1345年4月25日――

「ローレンス・サヴォワール博士は~」
「――はっ」
「気がつきます」
「――36人が、死んだ?」
「――4月23日、ロダン・コーワ博士も、死亡?」
「――4月16日、シビル・ビター博士も、死亡?」
「――4月17日、ウィルバンタ・ギリアード博士も、死亡……?」
「――36人とも、急性心不全?」

 新銀河暦1346年1月、自由テラナー連盟の首都テラニア――

「太陽系政庁で~」
「ローレンス・サヴォワール博士――サイバネティカー」
「話しすぎて、息も絶えだえ」
「――とりあえず、今は、そこまで」
「――少し、休むのだ」
「政庁首席ペリー・ローダンは、話をさえぎります」
「で」
「振り返ると~」
「命令して、曰く」
「――重装備部隊を、テラニア市内、トーラ通りに派遣」
「――目標は、〈エッシャー〉だっ」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 高次な人々って、あいかわらず。


d-information ◆ 449 [不定期刊] 2007/03/12
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]