rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

446 [2007/02/19]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2374 . Hubert Haensel / Der Trojaner / トロイの木馬
2375 . Hubert Haensel / Dantyrens Jagd / ダンティレンの狩り
2376 . Leo Lukas / Tolle Tage in Terrania / テラニアの素敵な日々
2377 . Christian Montillon / ESCHER / エッシャー
2378 . Christian Montillon / Der Erste Kybernetiker / 第一サイバネティカー

□ Perry Rhodan-Heft 2374話「トロイの木馬」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2374.html ]

 新銀河暦1345年11月、銀河系、M-13球状星団――

「アルコン帝国の中枢、惑星アルコンI――別名、水晶界」
「アルコン人、アシュタイは~」
「職業、探知技師」
「勤務先、宙港都市シュルカイ」
「惑星最大の宙港都市、シュルカイは~」
「シュルク――直径120kmの着陸床を有する、宙港本体――と~」
「高さ2kmの防壁の外に、環状に広がる都市部から、なります」
「本当なら、大変な賑わい」
「が」
「アルコン帝国は、目下、〈混沌の勢力〉の終末戦隊〈反逆者〉の占領下」
「資源の移動・浪費は、ご法度です」
「今日も、最低限の宙港職員が、施設の維持管理」
「宙港は、さびしいかぎり」
「……」
「星系アルコンには~」
「〈反逆タンク〉が、35部隊――1万6940隻」
「戦隊工場〈反逆ゴト〉と〈反逆カー〉が、計2112基」
「などが、うようよ」
「惑星アルコンI、〈賢者の丘〉テク・ラクトランには~」
「〈闇のオベリスク〉」
「遠からずして~」
「惑星アルコンIも~」
「アコン人の主星ドロラー」
「太古遺産の惑星ハヨク」
「の、ように、〈碁盤の目〉状に解体されて~」
「〈キャビネット〉――カオテンダーの部品――にされてしまう、運命」
「さびしいかぎり、なのでした」

 11月26日、M-13球状星団、星系プレボン――

「星系アルコンから、794光年」
「自由テラナー連盟国防大臣レジナルド・ブルの、指揮下~」
「発見者級艦6隻からなる、〈シシュポス艦隊〉は~」
「恒星プレボンを、対探知遮蔽に、利用して~」
「補給艦と、待ち合わせる、予定」
「惑星プレボンの政府首長に、挨拶しておきましょう」
「――そんな次第で、恒星プレボンの影で、待たせてもらいます」
「惑星プレボンの政府首長は、アルコン帝国の忠臣でした」
「――皇帝陛下に、テラナーの動きを、報告しなければっ」
「……」
「そうこう、するうちに~」
「惑星テラから~」
「自由テラナー連盟ポントン級艦隊テンダー《ナールホエール》が~」
「〈カラポル構造バーナー〉を、運んできました」
「……」
「新兵器〈カラポル構造バーナー〉――」
「開発者は、物理学の大家、ボールドウィン・カラポル博士」
「惑星ハヨク〈キャビネット〉化の際、収集したデータを、もとに~」
「高次観測装置〈セクスタント〉と、サルクリット共振器を~」
「組合せ・応用してみた、試作品」
「惑星アルコンIの〈キャビネット〉化を、阻止したい」

 アルコン皇帝ボスティク1世が、星系プレボンに到着――

「――余も、手をこまねいて見ているわけには、いかんのだっ」
「自由テラナー連盟国防大臣レジナルド・ブルと、緊急会談」
「――〈影バリア〉技術を、供与せよっ」
「――ダメです」
「――〈カラポル構造バーナー〉技術を、供与せよっ」
「――ダメです」
「皇帝ボスティク1世」
「祖国は、敵の占領下」
「現在、艦隊を率いて、浪々の身の上」
「立場は、弱い」
「対して~」
「自由テラナー連盟国防大臣レジナルド・ブル」
「皇帝陛下には、個人的な恨みも、あり」
「わざとらしく、横柄です」
「――ところで、皇帝陛下」
「――?」
「――星系アルコンに突撃部隊を送るので、案内のヒトを貸してください」
「――(きーっ)」
「皇帝ボスティク1世」
「無礼なテラナーに、歯噛みしますが、詮ないこと」
「高貴な心で、割切って~」
「親衛隊員シャロワインを、派遣するのでした」

 自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルの作戦――

「先日、拿捕した〈反逆〉補給艦に~」
「――隠し部屋を、準備だ」
「――隠れるのだ、突撃部隊11名と、シャロワインっ」
「作戦が~」
「惑星テラに古代から存する、あの高名な戦法」
「〈トロイの木馬〉作戦」
「であるのは、お約束」

 惑星アルコンI、〈賢者の丘〉テク・ラクトラン――

「皇帝宮殿〈水晶宮〉の目と鼻の先に、そびえたつ〈闇のオベリスク〉」
「周囲を覆う、直径3kmの黒い地域」
「その黒いドームの中、から~」
「――!」
「小型の〈闇のオベリスク〉数千が、発進」
「惑星アルコンIの〈キャビネット〉化、開始です」
「……」
「惑星アルコンI、各地で~」
「設置された小型〈闇のオベリスク〉――〈闇のマーカー〉――が~」
「活動開始」
「〈闇のマーカー〉と〈闇のマーカー〉を、結ぶラインで~」
「灰色の霧状力場〈次元霧〉が、発生」
「――すっぱり」
「――ぴったり」
「地表を、〈碁盤の目〉状に、仕切っていくのです」

 自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブルの作戦遂行――

「〈トロイの木馬〉――〈反逆〉補給艦――は~」
「発見者級艦《レイフ・エーリクソンII》に、曳航されて~」
「星系アルコンまで、わずか数光年の、宙域へ」
「――救難信号っ」
「戦隊工場〈反逆カー〉に、収容されて~」
「アルコン三惑星系のどれかの、大ホールへ、転送」
「――〈カラポル構造バーナー〉、作動だ」
「――転送機で、撤退だっ」
「――ばーん」
「〈トロイの木馬〉――〈反逆〉補給艦――は~」
「分子破壊爆弾で自爆して、あとは塵しか残さない」
「……」
「惑星アルコンI、各地で~」
「灰色の霧状力場〈次元霧〉が~」
「――ふつふつ」
「――さっぱり」
「地表に、ふたたび、陽射しがふりそそぐのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 Der Strukturbrenner 構造バーナー――当初は〈構造燃やし〉としてました。


d-information ◆ 446 [不定期刊] 2007/02/19
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]