rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

445 [2007/02/12]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2373 . Arndt Ellmer / Paros-Attacken / パロス攻撃
2374 . Hubert Haensel / Der Trojaner / トロヤ人
2375 . Hubert Haensel / Dantyrens Jagd / ダンティレンの狩り
2376 . Leo Lukas / Tolle Tage in Terrania / テラニアの素敵な日々
2377 . Christian Montillon / ESCHER / エッシャー

□ Perry Rhodan-Heft 2373話「パロス攻撃」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2373.html ]

 新銀河暦1345年11月、銀河系――

「自由テラナー連盟国防大臣レジナルド・ブルの、指揮下~」
「《レイフ・エーリクソンII》」
「《ゲルハルト・ロールフス》」
「《ジャック・カルティエ》」
「《ヴィトゥス・ベーリング》」
「《ヘンリー・ハドソン》」
「《ウィリアム・バフィンII》」
「発見者級艦6隻からなる、〈シシュポス艦隊〉は~」
「ジャモンディ星団方面へ、向かっていました」
「シシュポス艦隊の、発見者級艦6隻は~」
「――影バリアっ」
「――性能向上20%の、改良ヴリトラ砲っ」
「を、装備」
「〈シシュポス計画〉の、もと~」
「〈混沌の勢力〉の終末戦隊〈反逆者〉の、難破船などを、拿捕したい」

 シシュポス艦隊は、救難信号を受信――

「――〈反逆タンク〉2隻が?」
「――自由テラナー連盟の艦隊を、襲撃中?」
「シシュポス艦隊は、現地へ急行」
「――影バリアっ」
「〈反逆タンク〉2隻は、シシュポス艦隊を、正確に探知できず」
「〈反逆タンク〉2隻の、超兵器ポテンシャル・ランチャーも、効果なし」
「――どどーん」
「〈反逆タンク〉1隻、撃沈」
「残る1隻は、超空間に逃走」

 〈影バリア〉――

「温故知新」
「――影バリアは~」
「西暦3580年、《ソル・セル2》のドン・パロス博士が、開発」
「暫時、使用され~」
「以後、忘れ去られた、技術です」
「原理は、単純」
「パラトロン・バリア×デフレクタースクリーン」
「とはいえ、現在は、ハイパー物理学的抵抗増大の時代」
「それなりに、努力と工夫は、必要です」
「USOのキント技術者の意地×アルゴリアン種族の誇り」
「――ハイパー物理学的抵抗の影響は、安定化ホワルゴニウムで、克服するぞ」
「で」
「復刻した影バリアは、すばらしい効果」
「〈反逆タンク〉の超兵器ポテンシャル・ランチャーの、直撃も~」
「内側のHÜバリアを、揺さぶるところまで」

 シシュポス艦隊は、惑星ハグ・エリコに向かう〈反逆者〉を探知――

「――〈反逆タンク〉1隻と、〈反逆〉補給艦6隻が?」
「――ファラドゥル工業船団を、収奪しようと?」
「シシュポス艦隊は、現地へ急行」
「――影バリアっ」
「――どどーん」
「〈反逆タンク〉、撃沈」
「〈反逆〉補給艦6隻は、超空間に逃走」

 その時――

「シシュポス艦隊は~」
「特徴的な信号を、探知します」
「――新手の〈反逆者〉艦隊が?」
「――異宇宙から、到来した?」
「シシュポス艦隊は、現地へ急行」
「と」
「――ヨレヨレの〈反逆タンク〉や、戦隊輸送艦や、〈反逆〉補給艦?」
「――ストレンジネス・スカウト、突入っ」
「――目標は、隅の方にいる〈反逆〉補給艦だ」
「ジョン大尉が指揮する、ストレンジネス・スカウトは~」
「ストレンジネス耐性をもつ、選抜者部隊」
「異宇宙から、この宇宙へ~」
「転移したばかりの敵艦内でも、作戦可能」
「〈反逆〉補給艦を、拿捕したい」
「が」
「〈反逆〉補給艦の、乗員は~」
「ストレンジネス耐性も、そこそこにある、戦闘種族モルデール」
「異宇宙から、この宇宙へ~」
「転移したばかりでも、それなりに行動可能」
「ジョン大尉が指揮する、ストレンジネス・スカウト」
「楽な戦闘では、ありません」
「……」
「一方~」
「シシュポス艦隊は~」
「――影バリアっ」
「――どどーん」
「戦隊輸送艦《コルゴンデ》に、陽動攻撃」
「〈反逆タンク〉は、シシュポス艦隊を、正確に探知できず」
「〈反逆タンク〉の、超兵器ポテンシャル・ランチャーも、効果なし」
「でも、今回は~」
「――時間を、かせぐのだっ」
「一撃離脱・煙に巻く作戦とは、いかないのです」
「やがて」
「超兵器ポテンシャル・ランチャーは効果なし、と悟ると~」
「〈反逆者〉艦隊は、戦術変更」
「通常兵器・多機能エネルギー砲で、集中砲火」
「シシュポス艦隊の、内側のHÜバリアは、限界ばりばり」
「楽な戦闘では、ありません」
「が」
「ようやく」
「――発見者級艦《ウィリアム・バフィンII》が、〈反逆〉補給艦を、連結っ」
「――曳航して、撤退だっ」

 シシュポス艦隊は、ジャモンディ星団を遠く離れて、再集結――

「自由テラナー連盟国防大臣レジナルド・ブルは~」
「拿捕した〈反逆〉補給艦を、調査したい」
「が」
「敵艦内は、まだ、ストレンジネスばりばり」
「ジョン大尉が指揮する、ストレンジネス・スカウトが、回復するまで~」
「調査は、お預けです」

 シシュポス艦隊に、凶報が届く――

「――戦隊マシーン6基が、アルコンへ?」
「――アルコンが……次なるキャビネットに、される?」
「――アルコン帝国皇帝ボスティク1世が?」
「――危機対応計画エコディム発動を、指令した?」
「自由テラナー連盟国防大臣レジナルド・ブルの、指揮下~」
「発見者級艦6隻からなる、〈シシュポス艦隊〉は~」
「M-13球状星団へ、緊急発進」
「星系プレボンへ、向かうのでした」

追記:今回初登場の発見者級の面々

 《ヴィトゥス・ベーリング》――

「ロシア帝国の探検家――生まれは、デンマーク」
「第1回探検隊は~」
「1728年~」
「カムチャツカ半島から、海峡を抜けて、チュクチ海へ」
「――アジア大陸とアメリカ大陸は、陸続きと違うぞー」
「で」
「この海峡が、ベーリング海峡」
「……」
「第2回探検隊は~」
「ヴィトゥス・ベーリング指揮下、《聖ピョートル》」
「アレクセイ・チリコフ指揮下、《聖パーヴェル》」
「アメリカ大陸へ」
「1741年~」
「2隻は、はぐれて、別々にアラスカに到達」
「その後~」
「ベーリングの、《聖ピョートル》は~」
「アリューシャン列島の一部など、発見しながら、西へ」
「――嵐だっ」
「遭難して、コマンドル諸島の無人島へ」
「――越冬だっ」
「が」
「寒さ厳しく、ベーリングは、死んでしまいます」
「で」
「この島が、ベーリング島」

 《ヘンリー・ハドソン》――

「イギリスの探検家」
「カナダ北東部を、探検」
「1610年~」
「カナダ北部の海峡や湾を、探検中~」
「――海面凍結だっ」
「立ち往生」
「――越冬だっ」
「が」
「食料不足から、乗員反乱」
「息子と忠実な部下ともども、船を追い出されて、消息不明」
「で」
「その海峡や湾が、ハドソン海峡やハドソン湾」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 薄幸・悲惨な発見者級の面々……主力艦に名づけては、いけないような。


d-information ◆ 445 [不定期刊] 2007/02/12
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]