rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

444 [2007/02/05]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ ATLAN 新シリーズ RUDYN-Trilogie

1 . Achim Mehnert / Die Psi-Kämpferin / 超能力女戦士
2 . (未詳)
3 . (未詳)

「現在刊行中の、アトラン・ポケットブック――月刊・惑星レプソ3部作」
「その閉幕後~」
「さらに、3冊、ポケットブックがでるらしい」
「惑星ルディン3部作」
「西暦32世紀」
「アトランが、伝説のUSOの大提督だったころ」
「中央銀河ユニオンの主星ルディンに、まつわる話」
「――あやしい、インパルスが?」
「――未発見の、細胞活性装置から?」
「のこのこと、探索にでかけた、アトランは~」
「いきなり、冒頭~」
「不死に目がくらんだ、USOスペシャリスト2名によって~」
「拘束されて、しまうとか」

 Fan-Pro (Fantasy Productions) 社から。
 4月、刊行開始予定。

□ Perry Rhodan-Heft

2372 . Christian Montillon / Plan der Phantome / 幽霊たちの計画
2373 . Arndt Ellmer / Paros-Attacken / パロス攻撃
2374 . Hubert Haensel / Der Trojaner / トロヤ人
2375 . Hubert Haensel / Dantyrens Jagd / ダンティレンの狩り
2376 . Leo Lukas / Tolle Tage in Terrania / テラニアの素敵な日々

□ Perry Rhodan-Heft 2372話「幽霊たちの計画」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2372.html ]

 新銀河暦1345年11月2日、銀河系、惑星ハグ・エリコ周回軌道――

「この日~」
「スヴォーン種族、コプティ・ペキンは~」
「ファラドゥル工業船団の要職〈次席工場長〉を、拝命」
「――粉骨砕身・奮励努力、いたす所存で、ございます」
「でも」
「家に帰れば、単なるオヤジ」
「10年前~」
「女房を亡くして、男やもめ」
「男手ひとつで、息子ふたり――シルとウィルガル――を、育ててきました」
「――オレの育て方が、悪かったのかなー」
「不肖の息子、シルとウィルガルは~」
「いつしか、真っ当なスヴォーンの道を、はずれ~」
「いまや、立派なコソ泥コンビ」
「頭を抱える、日々なのでした」

 ファラドゥル工業船団――

「惑星ハグ・エリコを周回する、スプリンガー転子状船4隻」
「《ファラドゥルI》から、《ファラドゥルIV》」
「船内、では~」
「手先の器用さでは定評ある、スヴォーン種族が、生産活動」
「外に、向けては~」
「口先の器用さでは定評ある、スプリンガー一族が、営業活動」
「――良い技術を、良いサービスで」
「――ファラドゥル工業船団」
「長いこと~」
「両種族は、うまくやってきました」
「でも」
「――ハイパー物理学的抵抗の、増大で~」
「――ハイテクが、いろいろダメね~」
「――宇宙船の燃費も、悪いのよね~」
「そんな時代の、到来」
「スヴォーン種族は、ハイパー物理学的抵抗にも、負けず~」
「あいかわらず、いい仕事、してるのですが~」
「田舎星系に、構えた店では~」
「お客様の足は、遠のくばかり」
「――こうなれば、行商だ」
「――そうだ、行商だ」
「保守派も、重い腰を、あげました」
「と」
「そんな、矢先」
「銀河系を制圧した、〈混沌の勢力〉」
「その軍勢、〈反逆者〉」
「その巡洋艦のようなもの、〈反逆タンク〉1隻が~」
「飛来、したのです」
「――この星系は~」
「――本日から、〈混沌の勢力〉の資源採掘星系だっ」
「――〈反逆者〉規定7カ条っ」
「――(中略)」
「――ようするに~」
「――ファラドゥル工業船団の生産物を、上納するのだっ」
「勝てる相手では、ありません」

 ファラドゥル工業船団〈次席工場長〉、コプティ・ペキン――

「この日~」
「スヴォーン種族、コプティ・ペキンは~」
「厄日でした」
「不肖の息子――自称・天下の大泥棒――シルとウィルガルが~」
「――〈混沌の勢力〉めっ」
「――〈反逆者〉の連中めっ」
「――オレたちの縄張を、勝手に荒らすなっ」
「――逆に何か盗んでやろうぜ、にいちゃんっ」
「無謀な息子、シルとウィルガルは~」
「〈反逆タンク〉行きの上納品コンテナに、隠れる」
「不遇の父、コプティ・ペキンは~」
「――あの、ばか息子どもっ」
「〈反逆タンク〉行きの上納品コンテナまで、追いかける」
「と」
「――あ……」
「上納品コンテナは~」
「スヴォーン親子3名を積んだまま、〈反逆タンク〉へ」

 ファラドゥル工業船団――

「――ハイパー通信?」
「――自由テラナー連盟国防大臣、レジナルド・ブルから?」
「――〈反逆タンク〉接近中……移転されたし?」
「――何を、いまさら?」

 ファラドゥル工業船団〈次席工場長〉、コプティ・ペキン――

「上納品コンテナは、〈反逆タンク〉へ、無事到着」
「不肖の息子、シルとウィルガルも、さすがに青い顔」
「不遇の父、コプティ・ペキンは、上納品コンテナの外を、うかがいます」
「――!」
「――なんで、テラナーが、いっぱい?」
「――この〈反逆タンク〉は、ハリボテだっ」
「つまりは~」
「銀河の火事場泥棒」
「〈混沌の勢力〉の名を騙る、詐欺」
「〈反逆タンク〉に擬装した、宙賊船なのでした」
「そうと、わかれば」
「親子3名、決死の脱出」
「ファラドゥル工業船団は、策を練り~」
「宙賊団を、無血制圧です」

 ファラドゥル工業船団――

「――ハイパー通信?」
「――また、自由テラナー連盟国防大臣、レジナルド・ブルから?」
「――〈反逆タンク〉接近中……即刻、移転されたし?」
「――だから、何を、いまさら?」
「でも」
「ファラドゥル工業船団〈次席工場長〉、コプティ・ペキンは~」
「警告を、真剣にうけとめようと、言いました」
「――よくわからないけれど、移転だ」
「――そうだ、功労者コプティ・ペキンさんが言うなら、移転だ」
「保守派も、そんな気に、なりました」

 11月4日早朝――

「ファラドゥル工業船団、発進」
「でも」
「ファラドゥル工業船団は、星系外縁まで、たどりつけませんでした」
「――!」
「星系に接近する、艦影7」
「〈反逆タンク〉1隻」
「補給艦6隻」
「今度は、ホンモノです」
「勝てる相手では、ありません」
「と」
「――?」
「――〈反逆タンク〉が、転進?」
「――超兵器ポテンシャル・ランチャー、全開?」
「――どどーん」
「でも」
「ファラドゥル工業船団の、機器は~」
「〈反逆タンク〉が攻撃した相手を、正確に探知できません」
「幽霊みたいな影が6つ、どうにか識別できるだけ」
「と」
「――!」
「――〈幽霊〉6つが、一瞬、消えた?」
「――〈反逆タンク〉を、包囲して?」
「――十字砲火?」
「――ばーん」
「〈反逆タンク〉、撃沈」
「補給艦6隻、逃走」
「〈幽霊〉6つも、完全に姿を消します」

 ファラドゥル工業船団――

「――ハイパー通信?」
「――またまた、自由テラナー連盟国防大臣、レジナルド・ブルから?」
「――移転先は……カロン星団と、されたし?」

 同じ頃、ハヨク星団近傍――

「遊弋する~」
「アルコン帝国皇帝旗艦《ゴス・テュサン》」
「〈反逆者〉司令部、執務城《クルルト》の暗号通信が、解読できました」
「――戦隊マシーン6基が、アルコンへ?」
「報告を、うけた~」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世は、蒼白です」
「――アルコンが……次なるキャビネットに、される?」
「――危機対応計画エコディム、発動だっ」

 続きます。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 エコディムは、アルコン人が祈りのあとにつける言葉――アーメン。


d-information ◆ 444 [不定期刊] 2007/02/05
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]