rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

439 [2007/01/01]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2367 . Arndt Ellmer / Rekruten des Chaos / 混沌の兵士狩り
2368 . Rainer Castor / Sonderschaltung Tanta / 特別回路タンタ
2369 . Michael Marcus Thurner / Quartier Lemurica / レムリカ基地
2370 . Michael Marcus Thurner / Die Milliardenstadt / 十億都市
2371 . Horst Hoffmann / Der Sternenfindling / 星の捨て子

□ 2367話「混沌の兵士狩り」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2367.html ]

【訂正】集中思索者

「Konvergente Denker 〈集中思索者〉――考えるヒト」
「惑星アングール・アル=タレを庇護する、高次なモノ」
「Konvergenzlehrer 〈集中師〉――教えるヒト」
「体長2.5m、針金細工っぽい昆虫、のようなモノ」
「〈集中思索者〉の教えをもとに、民を導く現世の化身が、〈集中師〉」
「なのでした」

 新銀河暦1345年11月、球状星団ケンタウルス座オメガ――

「恒星転送機〈テロック・デュオ〉の、制御機構は~」
「アトラン指揮下の、コンビトランス艦隊を~」
「恒星転送機〈カラグ恒星12面体〉不正使用の廉で~」
「無効に、転送」
「〈集中思索者〉は~」
「コンビトランス艦隊を~」
「超空間の藻屑、となる運命から、救い~」
「アトランに、歴史を語るのでした」

 1500万年前、〈形成者の門〉宙域、ハールド星団――

「この宙域で~」
「アイロン人は、発展」
「やがて、肉体を捨て、精神集合体になりました」
「自称〈ハールドの形成者〉」
「――宇宙船が、難破してるぞ」
「――救援だ」
「いいヒトです」
「さて」
「この宙域は~」
「超知性体〈テルムの女帝〉の〈力の球形体〉の、辺縁部」
「――そなたに、〈コンプ〉を山ほど、派遣しましょう」
「〈コンプ〉は、空飛ぶ巨大結晶」
「超知性体〈テルムの女帝〉の、情報端末」
「無限の知識の、宝庫です」
「そして」
「この宙域に~」
「〈混沌の勢力〉の軍勢〈反逆者〉が、到来」
「――〈混沌の勢力〉の下僕と、なるのだー」
「〈反逆者〉は~」
「精神集合体〈ハールドの形成者〉と、故郷惑星アイロン・アイロンを~」
「銀河間の虚空に、強制連行」
「〈反逆者〉は~」
「故郷惑星アイロン・アイロンを~」
「赤道部分で、真っ二つ」
「〈モデュル〉――〈テルムの女帝〉の辺境警備要塞――のようなものに改装」
「〈反逆者〉は~」
「精神集合体〈ハールドの形成者〉と、〈コンプ〉を~」
「統合・融合・合体させて~」
「〈反逆者〉の下僕である〈合成体〉を、生成」
「――〈混沌の勢力〉の下僕の銀河を、増やすのだー」
「――イヤです」
「――遠くに、逃げます」
「〈合成体〉は~」
「〈混沌の勢力〉の軍勢〈反逆者〉から、脱走」
「〈コンプ〉だった、部分は~」
「――超知性体〈テルムの女帝〉のところへ、帰る」
「と、主張します」
「でも」
「精神集合体〈ハールドの形成者〉だった、部分は~」
「――〈秩序の勢力〉に、亡命だ」

 〈合成体〉は、エランテルノーレ銀河の〈物質の泉〉へ――

「エランテルノーレ銀河に、接近すると~」
「〈秩序の勢力〉所属の青い転子状船が、無警告砲撃」
「――ばーん」
「――貴様は、〈混沌の勢力〉の鉄砲玉かっ」
「話も聞いて、もらえません」
「ならば」
「――信用して、くれるかも」
「あの〈モデュルのようなもの〉、を破壊してみましょう」
「でも~」
「やはり、話を聞いて、もらえません」
「かくして~」
「〈合成体〉は~」
「〈秩序の勢力〉からは、敵の鉄砲玉として~」
「〈混沌の勢力〉からは、脱走兵として~」
「両陣営から、追われる身となったのです」

 〈合成体〉は、ヴァッサーマル銀河の〈汎銀河統計者〉に、相談――

「〈汎銀河統計者〉は~」
「〈秩序の勢力〉にも、〈混沌の勢力〉にも、与せず~」
「全宇宙の情報を、集積・蓄積することが、生甲斐」
「無限の知識の、宝庫です」
「〈汎銀河統計者〉トシ、助言して、曰く」
「――ホル・アナスンタ星団に、隠れるが、吉」

 3万5000年前、ホル・アナスンタ星団――

「かくして~」
「〈合成体〉は~」
「ホル・アナスンタ星団――球状星団ケンタウルス座オメガ――へ」
「惑星アングール・アル=タレごと、超空間に隠れます」
「自称、〈集中思索者〉」
「とはいえ~」
「三つ子の魂百まで……とか」
「――宇宙船が、難破してるぞ」
「――救援だ」
「レムール人難船者を、救ったり」
「いままた~」
「コンビトランス艦隊を、救ったり」

 新銀河暦1345年11月、球状星団ケンタウルス座オメガ――

「アトランは~」
「辞任はしたけれど、もと〈秩序の勢力〉の〈深淵の騎士〉」
「昔話を聞いて、納得です」
「――わたしは、〈秩序の勢力〉の追っ手では、ない」
「――いま、銀河系は、〈混沌の勢力〉の軍勢〈反逆者〉の占領下なのだ」
「――キミも、惑星テラに亡命して、力を貸してはくれまいか?」
「〈集中思索者〉、即決して曰く」
「――イヤです」
「――もっと、遠くに、逃げます」
「――さよならです」
「――アナタと艦隊は、すぐに、もとの場所に戻します」
「アトランは、急展開に、驚愕です」
「コンビトランス艦隊が、もといた座標に戻れば~」
「恒星転送機〈テロック・デュオ〉の、制御機構は~」
「コンビトランス艦隊を~」
「もう一度、無効に、転送」
「今度は、〈集中思索者〉の助けは、望めません」
「超空間の藻屑、です」
「――せめて、ちょっと、座標を、ズラしてくれぇぇ……」

 11月20日、恒星転送機〈テロック・デュオ〉――

「――はっ」
「気づけば~」
「惑星アングール・アル=タレにいた~」
「アトランと、老ハルト人と、ハルト人の子供は~」
「コンビトランス艦隊、艦上に」
「艦隊は~」
「恒星転送機〈テロック・デュオ〉の~」
「ちょっとだけ外側の座標に、戻っていました」
「――ほっ」
「と、したのも、束の間」
「さして、まもなく~」
「――!」
「恒星転送機〈テロック・デュオ〉で~」
「――ゆらーり」
「転送フィールド形成の、きざし」
「……」
「同時刻~」
「恒星転送機〈カラグ恒星12面体〉では~」
「コンビトランス艦隊が音信不通となって、はや20日」
「ハルト人、コルノル・レルズ――〈カラグ恒星12面体〉の留守居役――が~」
「増援のハルト船100隻を、転送しようと、していました」
「が」
「このまま、転送すれば~」
「恒星転送機〈テロック・デュオ〉の、制御機構は~」
「再実体化した、ハルト船100隻を~」
「無効に、転送」
「超空間の藻屑、です」
「……」
「――砲撃だっ」
「――どどーん」
「アトラン指揮下の、コンビトランス艦隊は~」
「恒星転送機〈テロック・デュオ〉の転送フィールドを~」
「緊急砲撃、6秒間」
「――ゆらーり……」
「転送フィールドは、消滅です」
「とりあえず~」
「ハルト船100隻は、救われたのでした」

 コンビトランス艦隊、発見者級戦艦《エドモンド・ハレー》――

「老ハルト人、エルファー・コモは、コンビトランス艦隊乗組員」
「アトランと、共に~」
「惑星アングール・アル=タレを、放浪中~」
「――ワシは、イイ歳でのー」
「――死ぬ前に、子供を生む、ところなのじゃ」
「と、出産」
「そして、いま、艦上で、天寿まっとうの、大往生」
「アトラン、ハルト人イホ・トロトなどの、面々は~」
「豪快なハルト人の最期を、看取るのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 新年という感じが、なかなかしません。


d-information ◆ 439 [不定期刊] 2007/01/01
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]